福岡地区 湿地散策 悲しい気持ち

2010年1月10日
懲りずに今日も湿地に行ってきました。
諦めが悪い奴と思われそうですが、粘り強い奴と思ってください。

今日は場所を変えました。成虫の数は昨日探していた場所ほど多くはありませんが、毎年サラサヤンマが2~3頭飛んでいて、産卵も何回か確認したことのある場所です。福岡市南区にある湿地です。

しかし、到着して愕然としてしまいました。整備されていたのです。ここは谷の奥まで湿地が広がっていたのですが・・。
e0002314_2143174.jpg

私の知りうる福岡市内でサラサヤンマの繁殖地と思われる場所はここしかなかったのですが(単発的に色々な所で確認はされていますが)。他に市内に産地あるかな。ここはウチワヤンマの未熟個体が集まる場所で市内には比較的少ないヒメアカネもいたのに・・。
写真奥の山の向こうは住宅地です。街中の貴重な湿地だったのですが。住宅地の中の湿地はやはりこうなってしまうんですね。悲しい気持ちになりました。
この谷の少し奥の細流には福岡県RDBにも掲載されているムカシトンボも生息しています。どうかこれ以上整備が進まないよう願います。

近くの池に行きました。また愕然としてしまいました。
e0002314_21125726.jpg

多分、これは昨年の大雨でこうなってしまったのでしょう。所々に水たまりがありますが、土砂で覆われてしまっています。昨年の大雨のため、こういう状態になった池は他にもいくらかあります。

ここはウチワヤンマやベニイトトンボなどがよく見られた池です。
『まてよ、ここにはウチワヤンマが沢山いたし、ひょっとして水たまりでウチワヤンマのヤゴが簡単に掬えるのではないか??』
と思い、この池に網を入れることにしました。
長時間粘りましたが、シオカラトンボ属ばかりが入るという結果でした。
e0002314_21274017.jpg

ヤブヤンマ幼虫。
e0002314_21281739.jpg

シオカラトンボ幼虫。
e0002314_21283074.jpg

他の種はオオシオカラトンボとモノサシトンボが入った程度でした。他の種のヤゴが全く確認出来なかったのが不思議でなりません。
ウチワヤンマは埋もれてしまったのか。それとも泥の奥深くに潜んでいるのでしょうか。大きいウチワヤンマのヤゴも見てみたいです。
オシマイです。
[PR]

by bobtuck | 2010-01-10 21:38 | 福岡地区  

<< 福岡地区 湿地散策 物凄く集中した 福岡地区 湿地散策 ランプ >>