久留米地区 川散策 何とかなる?

2010年1月30日
今日は久留米方面の大河に行ってきました。目的は採集困難と言われるナゴヤサナエのヤゴ探しです。
福岡のナゴヤサナエについては、幼虫の記録は50年ほど昔に遠賀川水系で採集されているにすぎません。現在、少数が生息している久留米方面では幼虫は未知と思います。久留米地方での羽化ポイントがわかってきていますので、羽化シーズンに陸に泳いでくるヤゴを待ち伏せて採る方法だと幼虫の採集が可能かもしれませんが、これから羽化する個体をいきなりアルコール標本にしてしまうのは個人的に心が痛むのです(蝶を飼育して羽化してすぐ標本にする行為もあまりいい気持ちに思わない)。

デカイ川の下流部の深い場所にいるらしいヤゴですが、何かの文献にコンクリートブロックの隙間で採集した・・みたいなことが書いてあったので(文献名は忘れました。文献を収集し過ぎてまだ整理できてない・・)、『頑張れば何とかなるんじゃねーか?』と思いチャレンジしてきました。あと、岸辺近くにいるヤゴも1頭くらいいないかな?と。
e0002314_20222160.jpg

コンクリートの隙間に網と足を突っ込んでは、ガサガサするという繰り返しでした。最も苦手な水生昆虫の採り方です。
河川の下流域ですので他のヤゴもなかなか網に入りません。砂泥がある場所は全部網を入れ、枝が重なってエビが入るような場所は可能な限り網を入れたのですが、ナゴヤサナエは採ることが出来ませんでした。
アオハダトンボ属、アオモンイトトンボ、ダビドサナエ属が採れただけ。
e0002314_20374536.jpg

生きたナゴヤサナエのヤゴがあの長い腹をクネクネ動かすことのシュミレーションだけはバッチリしていたんだけどなぁ。
このあたりではシバ漬漁とかしていないかな。シバ漬漁だと採りやすいみたいですね。
残念でしたが、またチャレンジしてみます。福岡もナゴヤサナエがクリークにもいるかもしれないので、時間かかってもいいから筑後平野の大河、クリークを攻めていきたいです。
最近、稀種ばかり狙っているからか良い成果がでないなぁ・・。
オシマイです。

by bobtuck | 2010-01-30 20:49 | 久留米地区 | Comments(0)  

<< 番外編 山本アゲイン 軍団山本... 福岡地区 川散策 室見川になぜ... >>