福岡地区 川散策 ヤラレタ

2010年4月4日
昨日のトンボ記です。
河川中流域に行ってきました。狙いはホンサナエの羽化探しです。昨年は4月の中旬に羽化を探していたら、もう成熟個体がいたという結果でした。ですので、今年は少し早い時期に探すことにしていました。過去の記録をみると北九州では4月5~19日あたりで羽化殻の記録があります。おそらく福岡市近郊だとピークは今週あたりでしょうか。

さて、川に着きましたら、水がかなり増水しています。普段は穏やかな浅瀬なんですが、今日は白瀬がたっていて深くなっています。一応、川に入って探してはみましたが、流れが強く、危険を感じたので探索は中止することにしました。そんなに雨が降っていたのかな?ダムの放水でもしていたのかな?
ダビドサナエを見つけたのみでした。
ダビドサナエ♀羽化直後。
e0002314_231339.jpg

何ヶ所かまわりましたが、この川はどこも増水していて、入ることが危険な状態でした。

さて、行く場所がなくなったので、例のムカシトンボの場所へ。
またまた偶然にもNさんにお会いしました。完全にムカシトンボに魅了されたみたいです。これは私の狙い通り笑。
さて、トンボを探しますが、羽化殻がほとんど見つかりません。この場所はヒメクロサナエが多く、ムカシトンボも羽化殻がよく見つかるのですが、今年はムカシトンボはおろかヒメクロサナエもほとんど見つかりません。
実は昨年の大雨で山道が土砂崩れになっているので、上流の方で護岸工事をしているのです。
e0002314_236203.jpg

工事で水をせき止めて、水を一気に流すということをしているので何らかの影響があるものと思います。ヒメクロサナエが見られなくなっているのは流れてくる泥のせいで幼虫が生息できなくなっているのではないか?と思っています。まぁ、この場所は私が生まれる前から護岸工事を何度もしていると思うので、数年たてば少しづつ個体数が回復してくれるとは思いますが、もっといい工事の方法はないものでしょうか。ムカシトンボの名を使って(県のRDBにランクされているので)発注者に文句言ってやろうか。
ヒメクロサナエ未熟♂。
e0002314_23151381.jpg

ホソミイトトンボ♀。
e0002314_231655.jpg

ブログ作成中のたった今、アシナガバチに刺されてしまいました。何で家の中にアシナガバチがいたのか・・。アシナガバチに刺されるのは何回目かな・・。
オシマイです。

by bobtuck | 2010-04-05 23:20 | 福岡地区  

<< 番外編 山本来襲 軍団山本の宴 福岡地区 池・川散策 ツケ >>