福岡地区 池・川散策 386号線

2011年5月2日
心置きなく大暴れができるGW2日目です。
晴れてはいるのですが、黄砂の影響で風景がぼんやりしています。風も強そうなので、成虫はあまり期待できそうにありません。
ので、今日もキイロヤマトンボの幼虫探しの旅に出ることにしました。

昨日は遠賀川水系でしたので、今日は筑後川水系の河川へ行くことにしていました。
向かって南下していると、
・・・
・・・
『昨日と同じでキイロヤマ探しは夕方でいっか~!』
となりまして、池めぐりをしながらゆっくり川を目指すことに。

最初に、とある池に寄ったところ、ラッキーなことにオツネントンボがいました。
オツネントンボ♂。
e0002314_20251384.jpg

e0002314_20252243.jpg

県内では貴重な内陸部のオツネントンボです。福岡県の南限を更新することになると思います。温暖化のこの時代、九州の北方系のトンボ達は今後どうなっていくのでしょうか。

クロイトトンボ羽化直後♀。
e0002314_20285079.jpg


今日は主に甘木周辺を調べていたのですが、がっかりするような池の連続でした。20ヶ所ほど池をまわりましたが、ほとんどハズレの池でした。コサナエ属がなかなか見つからない。
前にPedさんに教えて頂いた例の池にも寄りました。あの池は見た感じはベッコウトンボがいそうで素晴らしいですね。網を入れましたが目的のヤゴは採れませんでした。

シオヤトンボ♂。
e0002314_20325050.jpg

コシアキトンボ幼虫。
e0002314_20331656.jpg


そうこうしているうちに夕方になり、目星をつけていた筑後川水系河川へ。
e0002314_20372158.jpg

写真右の竹林下が堰になっているので、砂底になっていないかな?と昔から思っていた場所です。
けどまぁ妄想と現実は違うもので、単なる泥底でした。ヤゴはほとんど採れませんでした。

ニホンカワトンボ橙色翅型♂。
e0002314_20432518.jpg

タベサナエ未熟♀。
e0002314_20433891.jpg


オツネントンボとニホンカワトンボを確認できたので、今日は多少収穫はあったと思います。
それにしても、この時期にしては今年は成虫が異常に少なく感じます。他の地域もこんなものなのかな。

オシマイです。

by bobtuck | 2011-05-02 21:12 | 福岡地区  

<< 福岡地区 島散策 福岡自然研究... 福岡地区 池・川散策 雨のち晴れ >>