久留米地区 川散策 ラーメンマン

2011年7月3日
昨夜の更新後、急遽、友達と久留米にラーメンを食べに行くことになってしまい、朝は久留米にいました。
ので、そのまま昼過ぎまで川で羽化殻探しをしていました。

それにしても水量が多かったです。
e0002314_2236786.jpg

この場所では水上バイクで遊んでいる人がいるのですが、波が結構たってます。平日にも水上バイクに乗っている人がいるんでしょうか。だとしたら羽化するトンボが心配です。
でもアレ見ているととても面白そう。やってみたい。

さて、何故か目的のナゴヤサナエの羽化殻が見つかりません。
オナガサナエばかり。
e0002314_22364762.jpg

e0002314_22391736.jpg

例年なら見つかるはずですが。原因は不明です。まぁ多分、河川敷に増水した跡があったので流されたのでしょう。オナガサナエの羽化殻も少ないですし。
せっかく新規開拓しようと広範囲で歩き回ったのですが・・。

ところで、前から思っていたのですが、オナガサナエやナゴヤサナエ、コヤマトンボなど流水性のトンボの古い羽化殻にはたまにとても小さなクモが入ってませんか?いつも同じ種類のクモです。あと繭のようなものとその幼虫も(何系の幼虫かもわかりません)。止水性のトンボ羽化殻では見たことありません。あれは何でしょう?羽化殻を住家にするクモや幼虫なんているのでしょうか。

さて、夕方には福岡市の自宅に戻ってきました。
福岡自然研究部の通称Shouエネ子女史から興味深いトンボ情報を聞いたので、現地へ直行することに。
調査の詳細については『福岡自然研究部のブログ』にそのうちアップされるかもしれません。(また丸投げでスイマセン)。エネ子さん、どうもありがとうございました。
いや~、夏って日が落ちるのが遅いから夕方遅くまで外にいることが出来ていいっすね。

オシマイです。
[PR]

by bobtuck | 2011-07-03 22:40 | 久留米地区 | Comments(4)  

Commented by エフ at 2011-07-04 13:26 x
羽化殻に住んでいるクモは、ヤゴカラカリグモですよ。
ってウソです(笑)
そう言われれば、羽化殻にクモが住みついているのをよく見ますね。
このクモの同定は、エネ子女史に任せましょう(笑)
Commented by つばさ2号 at 2011-07-04 22:51 x
bobtuckさん こんばんは
私も天気に翻弄されましたが、写真は少ないながら
撮れてるので恵まれている方でしょう。ただ午後は
雷雨ばかりで思い切りは楽しめませんでした。でも
先の休日は会社へ行く用事があり、2時間限定という
条件で黄色メスの静止に遇えました。しかしここ晴天
続きなのに休みが木曜まで無いのでつまらないですね。

さてナゴヤコース行きたいです。何人か行った方がいて
その成果を見るとなおさらですね。

それにしても、さすが抜殻の利用者までよく目が
行くものです。確かに何かあるとすぐもぐり込む
生物っていますよね。それと「夕方遅くまで外にいること」

先日ジンジャーの花を見て、子供の頃そんなのんびり
した時間の過ごし方ができたなあって思い出しました。
今は帰宅せねばならないので、この記事を見て改めて
そんな時間制限の無いフィールドワークをしたくなり
ました。 ああラーメン食べたい(笑) ではまたです。
Commented by bobtuck at 2011-07-08 22:12
エフさん、お返事おそくなりました。
よ~く見るといつも同じ種類のクモなんですよね。こちらのは赤と黒が混じった色のクモです。流されるかもしれないのに・・と不思議に思います。エネ子さんもさすがにクモまでは手がまわらないかも?!
Commented by bobtuck at 2011-07-08 22:18
つばさ2号さん、お返事おそくなりました。
相変わらず、いい写真を多数撮られていますね。こちらはずっとまともに写真を撮っていないので飛翔写真の撮り方を忘れてしまうかもです(笑)
自分は数年前までは夏場は20時頃まで外でトンボ探しをしていたのですが、最近は少し気力がなくなったのかもしれません。
九州もやっと晴れ間が出てくるようになってきました。勘を取り戻したいです。
あ、こっちのラーメンはどこも安くて美味しいですよ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

<< 刺激 福岡地区 池散策 羞恥心 >>