久留米地区 川散策 ラーメンマン

2011年7月3日
昨夜の更新後、急遽、友達と久留米にラーメンを食べに行くことになってしまい、朝は久留米にいました。
ので、そのまま昼過ぎまで川で羽化殻探しをしていました。

それにしても水量が多かったです。
e0002314_2236786.jpg

この場所では水上バイクで遊んでいる人がいるのですが、波が結構たってます。平日にも水上バイクに乗っている人がいるんでしょうか。だとしたら羽化するトンボが心配です。
でもアレ見ているととても面白そう。やってみたい。

さて、何故か目的のナゴヤサナエの羽化殻が見つかりません。
オナガサナエばかり。
e0002314_22364762.jpg

e0002314_22391736.jpg

例年なら見つかるはずですが。原因は不明です。まぁ多分、河川敷に増水した跡があったので流されたのでしょう。オナガサナエの羽化殻も少ないですし。
せっかく新規開拓しようと広範囲で歩き回ったのですが・・。

ところで、前から思っていたのですが、オナガサナエやナゴヤサナエ、コヤマトンボなど流水性のトンボの古い羽化殻にはたまにとても小さなクモが入ってませんか?いつも同じ種類のクモです。あと繭のようなものとその幼虫も(何系の幼虫かもわかりません)。止水性のトンボ羽化殻では見たことありません。あれは何でしょう?羽化殻を住家にするクモや幼虫なんているのでしょうか。

さて、夕方には福岡市の自宅に戻ってきました。
福岡自然研究部の通称Shouエネ子女史から興味深いトンボ情報を聞いたので、現地へ直行することに。
調査の詳細については『福岡自然研究部のブログ』にそのうちアップされるかもしれません。(また丸投げでスイマセン)。エネ子さん、どうもありがとうございました。
いや~、夏って日が落ちるのが遅いから夕方遅くまで外にいることが出来ていいっすね。

オシマイです。

by bobtuck | 2011-07-03 22:40 | 久留米地区  

<< 刺激 福岡地区 池散策 羞恥心 >>