久留米地区 池散策 いちサラリーマン

2011年10月22日
雨との予報だったので、進んでいなかった内業を済ませようと考えていたんですが(近頃、夜になると頭痛がひどくPCを見るのもきつい)、ふと窓から南の方の空を見ると太陽が少し見えるようです。そして福岡地方平野部は風が強い感じです。

という訳で風があまり吹かないであろう久留米内陸部方面行きを敢行しました。
この秋はコバネアオイトトンボ探しに力を入れたいと言ってましたが、迷アカネが飛来してしまったので、全然コバネアオイトトンボを探しに行けなかったのです。

さて、春に行った池で可能性を感じた池があったので、そこに行くことにしました。
e0002314_16341528.jpg

種名はよくわからないのですが、カヤツリグサ科っぽい植物が覆い茂っているのです。なんかカンガレイとは違う感じの植物っぽいのですが、とにかくイっぽい植物が覆い茂っているのです。日本語おかしいですね。意味を汲みとっていただけたらありがたいです。

天気が悪いのも影響してか(今日は終日どん曇りだった)、トンボもあまり活発ではありません。
アオイトトンボ連結産卵。
e0002314_1639457.jpg

マユタテアカネ♂。
e0002314_16395417.jpg

アジアイトトンボ♀産卵。
e0002314_16401232.jpg

アオモンイトトンボ交尾。
e0002314_16402579.jpg

アオイトトンボはそこそこいるのですが、どれだけ探しても目的のコバネアオイトトンボは見つかりませんでした。
今日はもう帰ろうかな~と思ったんですが、この場所からそう遠くない場所にコバネアオイトトンボの既知産地があることを思い出したので、状況を見に行くことにしました。

福岡県のコバネアオイトトンボですが、記録上は1950年代は田川地区で多数記録されており、能古島でも記録があります。70年代に県南地域で1ヶ所、80年代に北九州市で1ヶ所(北九州の産地は個人的には疑問に思っている)の記録です。1990年代以降は3ヶ所、未発表産地1ヶ所の計4ヶ所しかありません。
現在、県内で確実に知られている記録上の産地はおそらく1ヶ所のみでしょう(未発表産地もどれだけ探しても今は見つからないので)。県内にはほとんどトンボ屋がいないから調査不足もあるので、今後見つかる可能性はあるとは思いますけど。
以前にも書きましたが、とにかく、この残る1ヶ所の産地は、色々あって今とても危ないのです。既知産地には行かない主義の自分ですが、これまた色々と事情があるので行ってきました。
立ち入り禁止の場所なんで、呼び止められてしまったのですが、腕章と県からの身分証を見せ説明したところ許可してもらいました。初めて身分証が役立ちました(笑)

久しぶりに訪れた池はだいぶ変わっていました。オオフサモが覆い茂って水面がほとんどありませんでした。大丈夫なんでしょうか?前からここはノシメトンボが他地域よりは多かったのですが、ノシメトンボ増えすぎでは?池の乾燥化が進んでる証拠なんじゃないの?と心配になりました。
ナツアカネ♂。
e0002314_17234567.jpg

かろうじて、コバネアオイトトンボを確認することが出来ました。
コバネアオイトトンボ♀。
e0002314_1719208.jpg

e0002314_17192735.jpg

天気も悪かったし、あまりここに来ることはないから実態はよくわかりませんが、まさかこれ1頭だけってことはないとは思いますけど・・。ただ、池を見て本当に心配になってしまいました。
福岡県のコバネアオイトトンボ。行く末が心配でならんです。

10月は県内隅々まで調べたいのですが、私はいちサラリーマンでありますから、今の自分ではこの調査頻度が限界ですね。

オシマイです。
[PR]

by bobtuck | 2011-10-22 18:41 | 久留米地区 | Comments(7)  

Commented by つばさ2号 at 2011-10-22 20:31 x
こんばんは 一応コバネ無事でよかったですね。
写真を見た限りこちらより環境は良い気がしますが、
それでもそんな状況ですか。ただ草隠れの術の使い手
ですので草むらに潜んでいると思います。

こちら(隣県)は年によってはかなりの数が出ましたが、
隣が直売所で最近拡張され、客の印象をよくするためか、
草刈をまめにやるため、成熟までの居場所が奪われてます。
大変貴重な場所と思いますが、金にならないものは切り捨て
なんですよね。追い打ちをかけるよう地震で沼の水が抜けて
ピンチです。

話変わりますが、以前肥薩線が好きと書かれましたよね。
今日の新聞に秘境駅ランキングが出ていて、肥薩線の
真幸と大畑がベスト10に入ってました。 私もそこを通り
たくて大昔に気動車特急「おおよど」に博多から宮崎まで
通しで乗りました。
Commented by bobtuck at 2011-10-22 23:58
つばさ2号さん、こんばんは。一番上の写真の場所は見た感じ多産してそうなんですが、全く・・でした。
これまで何ヶ所か県外の産地に行ったことありますが、コバネアオイトトンボは産地にはそれなりの個体数がいる印象があるので、今日の既知産地には不安定さをとても感じます。

肥薩線は実家の鹿児島に帰る時、青春18切符でよく利用していましたよ。鉄道に詳しくはないんですが、スイッチバック式の駅や変わったループ線がありますね。肥薩線で帰ってた一番の理由は景色が素晴らしかったからだったんですけどね。天気が良い時は最高の眺めでした。
Commented at 2011-10-23 15:58 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by bobtuck at 2011-10-23 23:08
非公開でコメント頂いた○○さん。こんばんは。
場所はその通りです。コバネアオイトトンボはアオイトトンボより探し方がちょっと特殊なので、この場所みたいなもともと個体数が少ない生息地だと見つけにくいのかもしれませんね。でも、ここの個体数がそんな状態だったとは知りませんでした。最後の1頭にならなければいいのですが・・
会誌には載せると思います。今回の件は会誌に載せる前でも構いませんよ。いつでもいいです。
この生息地のことはとても心配です。何かあれば教えてください。協力したいです。
Commented at 2011-10-24 15:46 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 八宝斎 at 2011-10-30 02:16 x
今宵は悪天候の中おつかれさまでした。
今宵のBBQ&ライト採集会の模様をオイラのHPにアップしてもよかですか?それともアップしてもらえますか?


それにしてもアナタは本当に無邪気だ。素直さが物凄く伝わる。昔から全然変わっていないのが嬉しい。虫への信念が全く変わってなかったのはもっと嬉しかった。
以後もよろしく。
Commented by bobtuck at 2011-10-30 20:48
八宝斎さん、お疲れでした!てか、八宝斎って名前傑作ですね!
アップしていいですよ。ここにはトンボ記事しか載せないことにしてるんでアップしません。そちらでの私のwebネームは猫飯店にしてくださいね
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

<< 筑豊地区 池散策 とめられない 福岡地区 島散策 SPARK >>