北九州地区 川・細流・湿地散策 驚きの連続

2012年2月11日
普段新聞は見ないんですけど、職場にあった新聞をたまたま読んでいたら、なんともクソな記事を見てしまいました。売る奴の気がしれないけど、自分的には買う奴の気もしれないっすね。

自分は小学生の頃からチョウが好きでたまらない人間でした。チョウは標本にしたら綺麗ですからね。でも、綺麗な標本が目的で採集しているわけでもなかったので、産地で1頭採集すればそれで満足という感じでした。
で、福岡に来て、チョウ屋の中には(ごくわずかですが)100も200も数で採る人がいることを知って、それを自慢げに話す人が実際にいたりして、『くだらん』と思ってトンボにチェンジしたんです。これは事実です。これはとてもカルチャーショックでした。福岡に来るまでそんな人はいないと思っていたからです。自分が今、チョウ屋の人とあまり接したがらないのは、こういう話を聞きたくないからです。
昆虫の世界では、種が後で2種に別れたりすることも多く、標本がとても重要ですし、目撃記録なんてのはほんの参考記録にすぎませんから(目撃データだけってのにこだわることは正直甘っちょろいと思う)自分もトンボを採集していますけど、1地区1~2個体しか採集していません。殺生していますから、自分は責任もって今後の役に立つ様、記録しています。

このニュースの、この輩はチョウが好きなんでしょうか。調べる楽しみを持っていないんでしょうかね。自分の知人でないことを祈ります。

さて、話題をキリッと変えて。
今日は早朝から北九州地区へ遠出をしてきました。目的はまたもやキイロヤマトンボ探しです。今日は大分県との県境の川を攻めてきました。
この川に来るのは2009年以来です。
川に着くと、上空に何か飛んでいます。
未確認飛行物体か??
e0002314_22133145.jpg

飛行船でした(上を飛んでいる猛禽の方が気になる)。
e0002314_22135490.jpg

話題の飛行船スヌーピーJ号です。この飛行船、1月15日にも見たんですよ。田川市上空で。
毎朝見ているアサデス九州の放送によると日本唯一の飛行船らしいですよ。

さて、この川です。上流方向を望む風景。写真左が大分県、写真右が福岡県。
e0002314_22204827.jpg

この地点より上流域(大分県側)にはキイロヤマトンボが生息していますので、流されてくるおこぼれを狙ってやって来たのです。おこぼれ狙いとは自分も相当追い詰められているのです。
しかしまぁ、2009年の記事にも書いていますが、福岡県側は川に降りることが難しいのです。地元の人しか知らない道を探して川に降りてみるも、淵になっていて深くて川に入れないし、大分県側からアプローチしてみようと試みますが、川の流量が多いので大変厳しいです。この川の福岡県側は観念して諦めることにしました。

場所を変えて、同じ水系の支川を探してみることに。
e0002314_22273049.jpg

とんでもなく岩盤底の河川でした。ヒメサナエ狙いに変えて網を入れてみることに。
実はタモ網がもう破れてきました。まだ買ってあまり時間が経ってないのに・・
e0002314_2233525.jpg

結束バンドを使う。面倒臭がりなので、これが自分の修理法です。
e0002314_2234342.jpg

私のタモ網はそのうち結束バンドだらけになると思います。

オジロサナエ幼虫。
e0002314_22311598.jpg

オナガサナエ幼虫。
e0002314_22314251.jpg

ニホンカワトンボ幼虫。
e0002314_22315747.jpg

e0002314_2232769.jpg

コシボソヤンマ幼虫。
e0002314_2237643.jpg

ミズカマキリ。
e0002314_22373422.jpg

あまり川の成果がありませんでした。

引き返して、遠賀川水系でヤゴ探しをしようか迷ったのですが時間もロスしますし、付近に目ぼしい川もないため、今後のためにもこの地区あたりをウロウロすることにしました。
この地区の福岡県境から1kmも離れていない大分県側で、以前エゾトンボの生息地を見つけたことがあったので、福岡県のこの地区も可能性が高いと思うので湿地探しをしてみることにしました(福岡のエゾトンボは現段階では3例の記録のみです)。
湿地を探していたら、何となく雰囲気を感じた細流があったので、念のため網を入れてみることに。
e0002314_22494743.jpg

タベサナエ幼虫。
e0002314_2250198.jpg

コヤマトンボ幼虫。
e0002314_22502169.jpg

コオニヤンマ幼虫。
e0002314_22504077.jpg

オニヤンマ幼虫。
e0002314_22505683.jpg

アサヒナカワトンボ幼虫。
e0002314_22511626.jpg

e0002314_22512893.jpg

ニホンカワトンボ幼虫。
e0002314_22514723.jpg

左がニホンカワトンボ。右がアサヒナカワトンボ。
e0002314_22521944.jpg

あまり細流で網を入れることがないので、個人的には面白かったです。
『アレが入ったらどうしよう』とドキドキしながら網を入れてました。

この細流すぐ近くに湿地がありました。
e0002314_2256422.jpg

シオヤトンボ幼虫。
e0002314_22582510.jpg

暗くなってしまったので網をほとんど入れることが出来なかったのですが、かなり広い湿地で、期待大でした。というかここには多分エゾトンボいるんじゃないでしょうか。
夏に草がどの程度茂るのかわかりませんが、ここは今まで見たことのあるエゾトンボの生息地そっくりです。
答えは今夏に出します。
それにしても、この場所は遠いです・・。でも自分の住んでいる福岡市とは池といい湿地といい、自然度が全然違うので驚きの連続でした。今日は成果が少なかったですが、夏に来る時はきっといいことがあるでしょう。

おまけ。
ハイタカ。
e0002314_2312041.jpg

オシマイです。

by bobtuck | 2012-02-11 23:14 | 北九州地区  

<< 久留米地区 川散策 涙がキラリ 福岡地区 沢散策 雪山登山 >>