福岡地区 池散策 スリル

2012年6月22日
自分もたまに、世界に誰もいない気がするときがあるんです。
焚き火とかしたくなるときがあるのです。
GLAYの『Blue Jean』のPVみたいな焚き火がしたかったんです。
で、帰宅後、軍団山本に
『おい、今日は焚き火がしたいんだよ』
とTELしたのですが、忙しいとのことで却下されました。いつか焚き火して登場したいとのことです。

さて、夜の池に行ってきました。夜の川には行くことはありますが、池は危険ですからなかなか行きません。
さっそく、ウチワヤンマの羽化殻が何個かありました。

ウチワヤンマ羽化殻。
e0002314_23414878.jpg

昼間と違って、夜の池は神秘的でした。そして、とても恐ろしさを感じました。
水中を眺めていると、昼間は気付かない小さなゲンゴロウやエビ類が活発に活動しています。懐中電灯をあてるとアメリカザリガニの目があんなに光るなんて知らなかったです。
そんなこんなで池の中を眺めてると、スイースイーと泳ぐ緑色の物体が!!

なんとウチワヤンマのヤゴです!
e0002314_23454595.jpg

滅多に見れないヤゴなので、大興奮でした。上陸前なんでしょう。
e0002314_23483079.jpg

e0002314_23483826.jpg

なんてカッコイイヤゴなんでしょうか。
こんな形での福岡県のウチワヤンマヤゴとの対面でしたが、まさか終齢ヤゴを拝めるなんて思ってもなかった。まぁ、あまり過程にこだわらない方でもあるので、終わりよければすべて良しなのです。

次に向かった池ではマルタンヤンマとタカネトンボの羽化を探していましたが全く見つけられませんでした。数年前の大雨で、池の堤防みたいなものが決壊してしまってるので池の水面がほとんど無い湿地状になってしまっているのです。ここはマルタンヤンマ多産地だったのですが、今後難しくなるでしょうね。
この池はマムシ遭遇率がとても高く、数回イノシシにも遭遇したことがあるので、あまり本気で探すことができなかったことも未発見だった原因かもしれません。

自分はスリルがあることは大好きなのですが、真っ暗な池はやはり恐怖を感じました。やはり、夜の池には一人で行くものではないですね。

夜のアメンボはこうやって過ごしてるのか??
e0002314_23551411.jpg

でも、スリルを感じてみたいときもあるので、気が向いたらたまに夜の池に行ってみようと思います。

オシマイです。

by bobtuck | 2012-06-22 23:59 | 福岡地区  

<< 福岡地区 池散策 匂い 福岡地区 川散策 Blue Jean >>