福岡地区 川散策 ぐち

2012年7月18日
川に行きました。
気分転換したい時は、飛翔写真か酒を飲みに行くかのどちらかなのです。

で、キイロヤマトンボの状況確認に川に行きました。貴重な休日は新規開拓をメインにしていますので、既知産地は平日の仕事終わりに行くようにしているのです。この川のキイロヤマトンボについては毎年、ある場所に報告しているので、どうなっているのか確認しておかなければならないんです。

けど、川は増水していて入ることが出来ませんでした。まだ増水してんのか・・
e0002314_2234052.jpg

『小さな川なら大丈夫かな?』
と思い、コシボソヤンマを撮りにいくことに。

未熟な個体がチラホラ飛んでいました。
e0002314_2292652.jpg

人間の性格ってのは色々で、気の強い人もいれば、おだやかな人もいます(自分はどちらかというと、どちらにも合わせられる)。
そいつらが喧嘩すると、どうしてもおだやかな人間の方が不利になると思うのです。そいつらが友人とかでなければ複雑になってくるのです。

言いたい事が自分でもよくわかりませんが、まぁ、とにかくそういうクソな人間関係に自分も巻き込まれてしまったのです。妻子ある男にあまりキレて文句を言ってはいけないと思うのですよ。

自分は自称、雰囲気盛り上げマンなのですが、もう自分の力では雰囲気が変えられないほど手遅れになってきたので困っているのです。他人事であるのに、少し心が痛む。
職場のゴタゴタって面倒くさいっすね。だから気分転換がしたくなったんです。これがストレスというものか・・。

仕事とプライベートとトンボはきっちり分けることをポリシーにしているのですが、今日は愚痴が出てしまいました。スイマセン。

オシマイです。

by bobtuck | 2012-07-18 22:29 | 福岡地区 | Comments(8)  

Commented by ねぎトロ at 2012-07-19 00:45 x
川は増水継続中ですね!残念です。^^

さて、人間関係が上手くいかない時ほど憂鬱なことはありませんよね!
一人では生きてゆけないのだけれど、孤独な世界に浸れる趣味はいいものです。
しかしながら、日常と言う現実は確実にまたやってくるので逃げられないのが現実!

人間が一時的であっても「忘れる」ということが出来ない生物であれば、もしかしたら絶滅していたかも判りませんね・・・!

コシボソヤンマ綺麗に写ってますね~!流石です。^^
Commented by bobtuck at 2012-07-19 23:44
ねぎトロさん、どうもありがとうございます。
個性の強い人が多いとなかなか大変なんですよね。そのへんを広い心で感じとれない自分は、まだ社会人としては浅い人間なんですよね。

もう水は引いてるかな?もともと浅いし大丈夫かな?と思ってこの川に行ったんですが入れませんでした。
参考までに、福岡県のキイロヤマトンボ成虫の終見記録は8月21日のメスの記録です。
Commented by お●かわ丸 at 2012-07-21 13:58 x
19日の夕方に行った時に、偶然幼虫が一個体網に入りましたよ。今後いじる部分よりもだいぶ上流ですけど。
樹木もなるべく残すように言ってますが、今回の筑後方面の大雨なんか見てしまうと、担当者としてはビビってしまうでしょうね・・
Commented by kopenta1205 at 2012-07-21 21:26
最近湿地でよくトンボを見るのですが種類が分からないのが悔しいです…

社会に出ると人間関係が難しそうです…以前先生にダメだしされたのを思い出しました。
Commented by bobtuck at 2012-07-22 16:02
お●かわ丸さん、コメントどうもありがとうございます。上の写真の場所、橋が無くなっていましたよ。何かするんでしょうかね。
川岸の樹林って人間的には切ったほうがよいのでしょうか。あっても景観的には全然問題ないとは思うのですけど。
Commented by bobtuck at 2012-07-22 16:05
こぺんたさん、どうも。
今、湿地は大変にぎやかですね。自分は水草がわからんので悔しい思いをしていますよ。
社会は大変なんですけど、良いこともきっと多くあるはず。良いことの方がきっと多いですよ。
Commented by おい●わ丸 at 2012-07-23 17:25 x
堤防のかさ上げをするので、橋の架け替えをするそうです。
河道内の樹林は水の速やかな流下の妨げになるので、治水の基本技術としては基本的に切るものだそうです。また、川岸の樹林については、木の根が護岸や土手の強度を下げるという話もあります。したがって土手に樹木を植えるのは避けたいと言われたこともあります。
ただ、土手や護岸の樹木については、むしろ強度が上がるという説も聞いたことがあります。いずれにしろ治水の方法も時代によって変わっていくので、生き物の観点から必要なことは粘り強く訴えていく必要があると思います。
Commented by bobtuck at 2012-07-24 22:00
おい●わ丸さん、御教示どうもありがとうございます。
かさ上げってことは、しばらくの間工事が入ってしまうのですね。
川岸の樹林のことは知りませんでした。もっとそういうことを勉強しておけば良かったです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

<< 福岡地区 川散策 ポイズン 福岡地区 島散策 あの野郎Ⅱ >>