某地区 川散策 やっぱロマンっしょ!

2012年○月×日  ※今回は自分の都合により詳しい日にちが公表できません。

10年以上前に発行された福岡県レッドデータブックによると、イシドジョウは絶滅危惧ⅠA類に指定されています。産地は水系のみ公表されており、詳しい場所は記されていません。福岡県レッド以降に出版された文献を読み漁ってみても、インターネットで探してみても、詳しい場所情報は皆無です。相当少ない魚のようで、どうやらマニアがいるらしいから公表していないようです。まぁ、そりゃそうでしょう。

というわけで今回、イシドジョウという自分にとっては謎のドジョウを探すべく福岡自然研究部の活動を福岡県内某所にて行ってきました。

メンバーはエネ子さんはもちろん、久々に登場の通称モトヤチョップ氏、そして新入部員の通称コストコ氏(本人にはWebネーム了承済み)、そして自分の4人です。
エネ子さんは毎度おなじみですが、自称謎の男モトヤチョップ氏の登場は約1年ぶり。昨年、カワバタモロコをリベンジしに行った時以来です。
そして噂のコストコ氏は本ブログ初登場です。魚類を専門としているコストコ氏とは数年来の知り合いでもあります。自分がコストコ氏に会ったのはおそらく3~4年振りでしょうか(マリノアシティで目撃されていたようですが)。

まぁ、こういうメンツが揃ったら、必然的に魚を探しに行くことになるのです。自分はトンボ屋なのですが、それでも全然構わないのです。むしろウェルカム!

最初は前回と同じく
『カワバタモロコを探そうゼ!』
というつもりだったので、先日、エネ子さんと初心に返るための下見までしていたのですが、
『カワバタモロピーとイシピーどっちが良いですかね??』
との事前リクエストを念のためしていたところ、コストコ氏による
『一発逆転のイシドジョウ狙いで!』
とのエキサイティングな要望があったため、今回は河川上流地域で水生昆虫を探しつつ、ついでに網に入るかもしれないイシドジョウを探してみよう!ということなのです。前から言ってますが、趣味で水生昆虫を探しつつ魚を調べるのです(大人の事情がありますので、これが重要)。

周知の通り、福岡自然研究部は「希少」「生息地不明」「幻」などのキーワードからなるロマンに弱いのですよ。人はロマンを求めなくなったら終わりなのです。

そういう訳で、全く詳しいポイントなどわかりませんが、県内の某川へ行ってみることにしたのです。この日は3水系4地点で調べてみました。
今回、魚を専門にしている人が複数いますので、直感で場所選びをしてもらいました。

最初の川。
e0002314_19325310.jpg

網を入れるエネ子さんとコストコ氏。
e0002314_1933265.jpg

最近、自分はシュノーケルで川の中を覗くことにハマっているのです。シュノーケルする意味がない場所であろうとも覗くのです。何かが見えるのです。
e0002314_19332623.jpg

タカハヤ。
e0002314_19333522.jpg

カワヨシノボリ。
e0002314_19335059.jpg

カワムツ。
e0002314_19335863.jpg

ドンコ。
e0002314_1934612.jpg

コシボソヤンマ、コオニヤンマ、アサヒナカワトンボ。
e0002314_19341423.jpg

ゲンジボタル。
e0002314_19342721.jpg

タイリクアカネ♀。
e0002314_19343551.jpg

いません。さすがは希少なドジョウ。
というか、こんな上流域にドジョウの仲間なんかいるのか?と自分は疑問に思っていました。自分は採り方もわかんないから、アカザ狙いで石をコロコロしていました。

場所を変えました。
地図の地形を見ながら、雰囲気のよい場所を探すのです。
怪しい場所がありました。
e0002314_19345739.jpg

トウヨシノボリが網によく入ります。なんかオオヨシノボリっぽい個体もいたらしい。
e0002314_1935927.jpg

一発逆転で採ってやろう!と自分は皆から離れた場所でもくもくと探していましたが、カワムツとトウヨシノボリしか入らず、諦めて他のメンバーと合流しましたところ、
『見てみ』
と、自慢げにジップロックを見せるモトヤ氏が。

目を凝らしてよ~く見てみると・・


・・・


・・・



e0002314_19352420.jpg

ついに姿を現した福岡県のイシドジョウ。
e0002314_19354183.jpg

e0002314_19354944.jpg

初見のドジョウです。
感想は
『こんなに小さいとは思わなかった!』
の一言に尽きます。シマドジョウくらいの大きさだと思って油断してました。
大きさがわかったら、今まで以上に目を凝らして網の中身をチェックすることにしました。他にも数個体網に入ったのですが、網の隙間から逃げていくのです。このドジョウを狙う時は底生動物用の網で探した方がよいかもしれません。
まぁ、実物を今回見れましたので、またいつかどこかで出会う可能性が増えたと思います。実物を見て、生息地の環境を感じるのです。人は感じなくなったら終わりなのです。

さて、満足もしましたし、夕方になってしまったので、遠賀川水系のスジシマドジョウを探して場所を変えてみることにしました。
e0002314_1936767.jpg

タナゴを狙ってモンドリを仕掛けるエネ子さん。
e0002314_19361676.jpg

オヤニラミ。
e0002314_19362830.jpg

ムギツク。
e0002314_19485082.jpg

ヤマトシマドジョウに混じって怪しげなシマドジョウをコストコ氏が捕獲しました。
ヤマトシマドジョウに見えるがスジシマドジョウ中型種遠賀型のような個体。
e0002314_19363748.jpg

タベサナエ幼虫。
e0002314_19364477.jpg

ギンヤンマ幼虫。
e0002314_19365177.jpg

最近、魚の写真の撮り方が雑になっているとモトヤ氏に指摘されました。

そういう訳で、今回は目的の魚たちを拝むことができたのであります。自分は何もしてませんでしたが・・。
調査後はモツ鍋屋で祝杯をあげたのであります(写真奥はモトヤ氏とコストコ氏)。酒を飲んでいたのはエネ子さんと自分だけなんですが・・
e0002314_1937850.jpg

新入部員のコストコ氏は福岡在住なので今後頻繁に登場するかと思いきや、本人いわく
『ここぞという時に出ます』
とのこと。
今回はエネ子さんに車を出していただきました。長時間の運転ご苦労様でした。感謝いたします。

なお、今回の更新はエネ子さんがカメラ水没直後なので、残念ながら福岡自然研究部のブログでは更新されません。ちなみに、リクエストが少しありましたので、昨年やってたTシャツメッセージを復活することにしました。もしも、今回のTシャツをご覧になりたい方がおりましたら福岡自然研究部のブログもご覧ください。
皆さん、どうもありがとうございました。

オシマイです。
[PR]

by bobtuck | 2012-09-24 20:33 | 福岡自然研究部 | Comments(4)  

Commented by kokoro at 2012-09-27 09:26 x
こんにちは。
魚類のことはよく分かりませんが、文面から楽しさが伝わってきました。
イシドジョウというのは初めて耳にしました。
写真の中では、ドンコとオヤニラミは飼育していたこともあり、よく知っています。
トンボの出番があまりないので寂しいですが、今後の部活動に期待します(笑)
Commented by bobtuck at 2012-09-27 20:28
kokoroさん、こんばんは。お久しぶりです。
魚類は修行のつもりでやってます。
確かに最近、トンボの出番がないですね。けど安心してください。情熱は1ミクロも揺らいでません。
Commented by 島根っ子 at 2012-09-29 18:30 x
お久しぶりです!
イシドジョウ凄いっす!!
記録の無いマイフィールドで探していますのでシマドばかりですが、いると信じて探し続けます。

この調子でトンボの方も頑張ってください!
Commented by bobtuck at 2012-09-30 21:39
島根っ子さん、こんばんは。
見たことのないドジョウだったから大変興味深かったです。
環境を見たら、普通的な場所でした。どこかにいそうですね。でもそう簡単にはいかないんでしょうね。

10月からは気持ちを入れ替えたいと思ってますけど、どうなるでしょうね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

<< 番外編 軍団山本 車中のおっさんたち 番外編 軍団山本 おっさんのじ... >>