福岡地区 川散策 心の片隅

2012年11月4日
むか~しですね、もう何年前かな、多分5、6年くらい前ですね。
『県内某島でムカシトンボの幼虫を採ったことがある』
という話を聞いたことがあるのですよ(多分その時は世間話だったと思う)。
自分は、九州の虫の話に関しては地獄耳なので忘れないのです。ずっと心の片隅に残っています。自分と話をする時は皆さん注意してください(笑)

で、記事にはしていないですが、2008年の真冬にその島に探しに行ったことがあります。
その時は、その島唯一の河川で探したみたのですが、見つけられませんでした。確か極小河川があったんだけど、あまりに水がなくて途中で断念しました。

で、今思ったら、
『その時の世間話がひょっとしたら自分(もしくは相手)の勘違いで、別の島のことだったのでは?』
とも思えてきまして、今日は別の島へ行ってみることにしました。
島の川はサナエ類もほとんどいないから、ヤゴ的にはタコ坊主の可能性があるのですが、今回一応調べてみることに。

午前中は薄日が差して、アカネ類も飛んでいましたので、念のため飛来アカネを探してみることに。
コノシメトンボ♀。
e0002314_2027014.jpg

マイコアカネ♂。
e0002314_20275478.jpg

そんなこんなで時間を過ごし、目星をつけていた川へ。
e0002314_20323170.jpg

産卵植物がほとんどないので嫌な予感がします。けど、この島ではこの場所しかムカシトンボが生息していそうな雰囲気がないのです。

自分的にこの島では初めて捕獲したクロヨシノボリ。
e0002314_20343354.jpg

テナガエビの仲間とモクズガニが異様に多く、予想通り流水性のヤゴは数少ないものでした。ヤゴは案の定オニヤンマのみしか確認できませんでした。まぁ、しょうがないか。
小さな島はこんなもんですね。

あぁ、日本シリーズが終わってしまいました。巨人が日本一かぁ。パ・リーグ好きの自分的にはハムに勝って欲しかった。私、大のアンチ巨人なのです(松本哲のような生え抜きの選手は好き)。
もともと親父が熱狂的な阪神ファンだったので、自分も物心つく頃からアンチ巨人だったのです。セでは中日の今中が大好きでした。
これからしばらくはプロ野球が見れない生活が続くのか・・

オシマイです。

by bobtuck | 2012-11-04 20:47 | 福岡地区 | Comments(2)  

Commented by カボス at 2012-11-05 10:44 x
おっ~と、アンチ巨人というところに食らいつきました。
そして中日というところにも(笑) 抑えの牛島ファンでしたよ。
それと日本シリーズのカトケン!!これが紳士のやる事かと吠えまくりでした(^_^メ)

今週末は動いて飛来種にオツネン探しを目論んでいますが南部では無理かなぁ?!




Commented by bobtuck at 2012-11-05 19:37
カボスさん、先日はどうもありがとうございました。
牛島は物心ついた時にはロッテの抑えだったので、中日時代の記憶がないんです。でもYouTubeで中日時代の牛島よく見てます。小松や上原、郭源治とか大好きでした。
シリーズのあの誤審はひどかったですね。今の時代、スーパースローがあるから本人は映像見て恥ずかしかったのでは?と思っています。
オツネントンボは福岡は小郡市、筑紫野市あたりが今のところ南限です。久留米でも見つかってないので大牟田はどうかな?個体数の少ない福岡では越冬前の記録がほとんどありません。
でも、もし大牟田にいたら熊本でも可能性が高くなりますね!諏訪公園の湿地あたりなどはまさにオツネン環境ですが、いかがでしょう。

<< 番外編 軍団山本 軍団鍋 福岡地区 池散策 この日 >>