久留米地区 川散策 たまには真面目なのです

2012年11月24日
今、福岡県のトンボ全種の分布図を作成しているんです。分布表は色んな印刷物が出る毎にすぐ更新していけるのですが、それを図面に落としていく作業もしているのです。
どんな用途があるかわからないから、年代別に分けてみたり、成虫・幼虫で色分けしたり、採集記録・目撃記録で色分けしたり等で色んなパターンでやっているのですが、これがまた非常に大変な作業で・・(特に普通種が)。できるだけ細かく作成したいから、細かく作業を進めているのですが、たまに何がなんだかわかんなくなってきます(特に普通種が)。

で、その作業をやっていてどうしても気になることがでてきました。
福岡のニホンカワトンボの分布です。県南部では全く記録がないのです。筑後川水系では本川より北側の水系にはチラホラと記録はあるのですが、南側の水系では記録もなく、矢部川水系でも全く記録がありません。多分、矢部川だったら生息しているかもしれないでしょうけど、『記録上』はないのです。まだ詳しいことは内緒なんですけど、このトンボの県内分布って面白いんですよ。

今日は仕事の関係で午前中はどうしても離れることができませんでした。
で、案外早く終わったので、開放された夕方に、県南部へ行ってみることにしました。高速ですっ飛んで行きました。

寝ても覚めてもトンボのことが頭から離れないのです。例え30分でもいいから調べたいのです。
という訳で某川で網を入れました。
e0002314_0505.jpg

コヤマトンボ幼虫。
e0002314_0173582.jpg

ニホンカワトンボ幼虫。
e0002314_0175010.jpg

ダビドサナエ属sp.幼虫。
e0002314_0181237.jpg

↓ハグロトンボとアオハダトンボは属が分かれてしまったので、何とも表現がしにくいヤゴになってしまいました。底生動物屋はどうすんだろか。
e0002314_0235114.jpg


ニホンカワトンボは1個体のみでした。なぜか全然採れませんでした。県南地域は少ないんでしょうかね。それとも探し方が悪かったんでしょうかね。でもこの1個体で十分です。新記録市町村になりますし。これから解明していこうと思います。

ニホンカワトンボはアサヒナカワトンボと酷似しているから同定が難しいですが、ずっとヤゴを採り続けている人は、例え尾鰓がなくても両種が雰囲気で全然違うことに気付いていると思うんです。ニホンカワトンボの幼虫は採集しやすいから県南部でも調べやすいと思うのです。
ニホンカワトンボは九州南部だと稀種になってしまいますし、熊本のニホンカワトンボの個体数のことはよくわかりません。福岡南部のニホンカワトンボを探すということで、県南部には重点的に今後通っていこうと思います。

オシマイです。
あ、今日は珍しく真面目に更新しました笑。

by bobtuck | 2012-11-24 23:59 | 久留米地区  

<< 福岡地区 川散策 マンモスうれピー 筑豊地区 川散策 心残りはまだある >>