福岡地区 川散策 マンモスうれピー

2012年11月25日
世間は酒井法子のニュースばかりです。
ちなみに自分にとっての思春期時代のアイドルは森高千里なんです!!
『私がオバさんになっても』のイントロ部分全部踊れるんです(カラオケでやったら結構受けるんです)。『DO THE BEST』(限定版)を誤ってブックオフに売ってしまったため、写真集を見れないのが心残りなのです。

さて、話題が突然変わります。
午前中用事があったので昼から川に行ってきました。
以前から気になっている砂底河川があるのです。ただこの川は狙っている場所がほとんど3面コンクリートになっているので、良さそうな場所では降りられないのです。
仕方なく、かなり上の方で網を入れてみることにしました。かなり上まで登ってきたので川幅もかなり狭くなっています。
e0002314_2010568.jpg

川幅は狭いのですが、砂河川ですのでアオサナエくらいは?と思って網を入れてみることにしました。

ヤマサナエ幼虫。
e0002314_20174215.jpg

オナガサナエ幼虫。
e0002314_20175939.jpg

ダビドサナエ幼虫。
e0002314_2019098.jpg

ダビドサナエ属sp.幼虫。
e0002314_20192315.jpg

コオニヤンマ幼虫。
e0002314_20194999.jpg

ニホンカワトンボ幼虫。
e0002314_2020360.jpg

アサヒナカワトンボ幼虫。
e0002314_20201652.jpg

ミヤマカワトンボ幼虫。
e0002314_2020306.jpg

コヤマトンボ幼虫。
e0002314_20204823.jpg

オニヤンマ幼虫。
e0002314_20205910.jpg

コシボソヤンマ幼虫。
e0002314_20211357.jpg

バケツを誤って蹴ってしまい、一回中身を川に流してしまったので、コシボソヤンマ、コオニヤンマ、コヤマトンボ等はこの倍くらいの個体数が網に入ってたでしょう。他にはオジロサナエ(流してしまった)もいました。
50m位の範囲を1時間くらいしか掬っていないのですが、ヤゴの個体数は多かったです。トンボには良好な場所なんでしょう。

まさかのトンボが入りました。
キイロヤマトンボ幼虫。
e0002314_20213269.jpg

いやー嬉しかったですね。繁殖するには規模が小さい川な気がするんですが、もしかしたら下流の方に繁殖地があって、親が上流方面で産卵でもしたのかもしれません。
髪が阪神時代の井川投手のようにボーボーに伸びているんですが、これで心おきなく髪を切ることができます(確認するまで髪は切らないことにしていたのです)。
帰りに色々と川の状況を見てまわりながら帰路に着きました。

オシマイです。
[PR]

by bobtuck | 2012-11-25 20:43 | 福岡地区  

<< 福岡地区 川散策 ホボイナイ 久留米地区 川散策 たまには真... >>