鹿児島でのヤゴ探し 2013

2013年1月1日
さて元旦の日にヤゴ探しに行ってきました。
大隅半島です。そうです。日本本土最南端付近でヤゴを探していました。
e0002314_0265235.jpg

今は無料で入れるみたいですよ。

実家のある鹿児島市からもとても遠い場所ですから、人生でもそう何回も来たことはなかったんですけど、チビサナエとミナミヤンマを狙って行ってきました。九州本土のチビサナエは数年前にかなり危ない状態という話を聞いたことがあります。2006年にたまたま見つけましたが、今もまだ危ない状態なんですかね。でも、今でも甲虫屋さんが大隅でのライトトラップに飛来したチビサナエを持ってくるので、まだ少しは健在なのではないでしょうか。
チビサナエのヤゴは見たことがないのですが、多分オジロサナエと同じような場所にいるだろうから、いるんだったら網に入るだろうと甘く考えて大隅半島南部へ行きました。

怪しい雰囲気の川があったので、まずはここで探してみることに。
e0002314_0405041.jpg

本土最南端付近のコヤマトンボ幼虫。
e0002314_0424041.jpg

本土最南端付近のアジアサナエ属sp.幼虫。
e0002314_04356.jpg

本土最南端付近のウナギ。
e0002314_043271.jpg

よくわからない魚。よくわからないエビ・カニやハゼ類ばかりが網に入るんです。
e0002314_044324.jpg

チビサナエはすぐに網に入りましたが、2個体しか確認出来ませんでした。
チビサナエ幼虫。
e0002314_0454641.jpg


場所を変えることにしました。
本当はですね、稲尾岳山麓に行ってみたかったんですけど、稲尾岳周辺の山の豊かさというか、あまりにも神々しい雰囲気に完全に負けてしまって、山道を車で走る勇気がなくなってしまったんです。ジムニーでも危ないんじゃないか?ってくらいの道で・・。神は信じないんですけど、何かが(もののけとか)いそうな感じでした。

で、平地の方で網を入れてみることに。
e0002314_051576.jpg

本土最南端付近のヤマサナエ幼虫。
e0002314_052146.jpg

本土最南端付近のアサヒナカワトンボ幼虫。
e0002314_0522963.jpg

他にはコオニヤンマやダビドサナエ属が入ったくらいでした。

本当は川を何本か攻めつつ北上して行って、内之浦宇宙空間観測所に行く予定だったのですが、とてもじゃないですが時間が足りませんでした(実はヤゴよりもロケットの発射台が見たかった・・)。いつか時間がとれる日でもきたら、大隅半島でトンボ合宿してみたいです。でかいクワズイモ群落がそこらへんにあったりで、かなり違う雰囲気を感じられて楽しい場所だと思いますよ。

2013年1月3日
さて、午前中だけ実家(鹿児島市)近所の川へ行ってみることにしました。前回の正月休みに網入れした時にミナミヤンマ(あ、今はもうカラスヤンマか)を確認できたので、別の川にもいるんじゃないの?と思ったので探してみることに。大隅でミナミヤンマを確認できなかったですし。

悲しい風景がありました。
e0002314_122045.jpg

この川岸にはハルニレが生えていたんですよね。カラスシジミがいるんじゃないかな?とずっと思っていたのですが、こんなことになってしまうとは・・。カラスシジミがいたのかはわかりませんが、何か残念で(ハルニレは好きな木なので)。

ここで網を入れてみることに。ミナミヤンマがいそうな雰囲気を感じます。
e0002314_172550.jpg

アサヒナカワトンボ幼虫。
e0002314_1101140.jpg

オジロサナエ幼虫。
e0002314_1102796.jpg

ヤマサナエ幼虫。
e0002314_11050100.jpg

ミルンヤンマ幼虫。
e0002314_111397.jpg

ダビドサナエ属sp.幼虫。
e0002314_1112094.jpg

コオニヤンマ幼虫。
e0002314_1113343.jpg

コヤマトンボ幼虫。
e0002314_1115651.jpg

オニヤンマ幼虫。
e0002314_1122449.jpg

かなり粘ったんですけど、ミナミヤンマは確認出来ませんでした。オニヤンマが精一杯でした。やはりミナミヤンマは個体数が少ないのでしょう。

大隅のチビサナエを生かしておいたのでオジロサナエと比較してみました。
左チビサナエ 右オジロサナエ。
e0002314_1141744.jpg

チビサナエの方が大きいのはチビサナエが終齢だからです。
触覚も足の模様も違いますけど、やっぱり雰囲気が全然違います。自分は言葉の表現が下手なので、何とも上手く言えないのですが、とにかく雰囲気が違うのです。同定は雰囲気や直感が一番大事だと思ってます。

前から思っていたんですけど、九州南部や長崎って河川上流部でもコヤマトンボやヤマサナエの個体数が多いです。福岡だと上流でも採れますけど個体数がここまで多くないです。多分、上流域のサナエ類が少ない地域だからだと思っているんですけど。中流域メインの種が幅をきかせてるんでしょうか。大変興味深いです。

このような感じで、2013年最初のトンボ探しは終わりました。
では、2013年もよろしくお願いいたします。

オシマイです。

by bobtuck | 2013-01-03 23:56 | 遠い場所 | Comments(3)  

Commented by おいかわ丸 at 2013-01-04 11:12 x
昨年は色々とありがとうございました。
今年もよろしくお願いします!

新年早々の大隈探検楽しく拝見させていただきました。
2004年頃に大隈半島にはまってヒメドロなどを求めて
山中をさまよっていたのを思い出しました。
あまり知られてないですけど、すごく良い雰囲気ですよね。
私も大好きな地域です。また行きたいです。

「よくわからない魚」はクロヨシノボリではないでしょうか。
それからウナギが、なんか太短いような。
ひょっとするオオウナギの幼魚かもしれませんよ。
まだ九州本島でオオウナギを採ったことがないです。
Commented by おいかわ丸 at 2013-01-04 11:25 x
そういえばオオウナギに似た、ニューギニアウナギという
のもいますね。
屋久島でシラスニューギニアウナギの記録があるので、
大隈半島ならいることがあるかも!?
Commented by bobtuck at 2013-01-04 18:50
おいかわ丸さん、今年もよろしくお願いいたします。

大隅は山が深いので、いつも圧倒されてしまいます。時間さえあれば大冒険をしたかったのですが。遠いうえに道もよくわからないしで、時間を食ってしまいました。

魚についてのご教示ありがとうございます。このウナギは網に入れてすぐに何か違う気がすると感じたんですが、やはりそっちの可能性大ですか。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

<< 謹賀新年 2012年 トンボ納め >>