久留米地区 池散策 大牟田のベッコウトンボ

あ、どうもお久しぶりです。お待たせしました(誰も待っていない??)
え?ゴールデンウィーク中は何をしていたのかって?

GW中はずっと家におりませんでした。ある意味、旅をしていたのです。

その旅のことは記事にするかどうかはわかりませんが、GW期間中、大牟田でベッコウトンボを探していました。そして恐ろしくハードな日々が最近続いておりまして、更新する気力もなかったのです。

2013年5月5日
そういう訳で、この日は大牟田市でベッコウトンボの調査をすることになったのです。急遽、大牟田在住のカボスさんに同行を願いまして、一緒に調査をしてきたのです。自分は大牟田の地理に疎いし、地元のトンボに詳しいカボスさんに目星い環境を案内してもらいました。

大牟田のベッコウトンボですが、おそらく2002年の確認記録以降は生息状況が不明なままでしょう。古くは1971年に初記録があり、その後ポツポツと記録があります。トンボの移植が行われましたが、上手くいかなかったようです。

e0002314_2103849.jpg

e0002314_210562.jpg

沿岸の池に生息地がないものかと探し回りましたが、ベッコウトンボは確認することが出来ませんでした。さらに、私はこの日、トンボの写真を1枚も撮っていません笑。

今度の福岡県レッドデータブックには大牟田のベッコウトンボはいなくなった的なことを記述することになると思います。
ベッコウトンボは自ら新産地開拓をしていくトンボだと思っていますので、またそのうち大牟田にベッコウトンボが移り住んでくるかもしれません。大牟田市周辺にベッコウトンボの隠された産地が残っていることに期待したいです。
この日の記事はカボスさんのブログ『尻切れトンボのごとく』でも書かれております。ご覧ください。
カボスさん、どうもありがとうございました。

オシマイです。

by bobtuck | 2013-05-12 21:09 | 久留米地区  

<< 福岡地区 川散策 出会い 番外編 軍団山本 ゴールデンボンバー >>