福岡地区 川散策 申し訳ない

日曜日のトンボ記です。

2013年5月26日
川に行っておりました。
この川にはつい数年前までは流水性サナエトンボ類がたくさんいました。キイロサナエやアオハダトンボが多数飛び交い、ミヤマサナエやオジロサナエが多数羽化し、数が少ないながらもホンサナエやアオサナエも見ることができました。しかし、河川工事がはじまって極端にトンボの数が減ってしまいました。自分はヤゴも調べていますので、この極端な減少傾向は物凄く実感していました。

残念な風景。
e0002314_22243434.jpg

ヤマサナエ♂。
e0002314_22271727.jpg

ニホンカワトンボ橙色翅型♂。
e0002314_22274953.jpg

アオハダトンボ♀産卵。
e0002314_2228624.jpg

アオハダトンボペア。
e0002314_2228322.jpg

ミカドアゲハ。
e0002314_22284849.jpg

クサガメ。
e0002314_2229116.jpg

アオハダトンボの極端な個体数減少も実感し、ヤマサナエですら撮影できたら少し喜んでしまうという事態でした。あんなに多かったキイロサナエすら全く確認することが出来ませんでした。こんなはずはないと、結構上流方面まで探したのですが、ヤマサナエやダビドサナエしか確認することが出来ません。
あと数年河川の氾濫が遅かったら・・と思いました。
人間としては、トンボ達にはとても申し訳ない気持ちです。

オシマイです。

by bobtuck | 2013-05-27 22:40 | 福岡地区  

<< 筑豊地区 湿地散策 悪あがき 福岡地区 川散策 出会い >>