福岡地区 池散策 真っ赤なアカネ類しかいない

2006年11月25日
午前中は前にキトンボを見た博多区の池に行っていたのですが、トンボがとても少なく、正午頃になったら曇ってしまったので帰ることにしました。帰ってるうちにまた晴れ間がでてきたので、福岡市から出てトンボ探しをしていました。以前からちょっと気になってる場所がありましたのでそこに行ってきました。いわゆる人工的に作られた池です。最近は結構こういう人工的な池もよく行ってます。察しのいい方は私の目的とかがわかることと思います。
コノシメトンボ♂。
e0002314_11253350.jpg

e0002314_11255387.jpg

e0002314_113947.jpg

リスアカネ♂。
e0002314_11375450.jpg

タイリクアカネ♂。
e0002314_11315542.jpg

e0002314_1132372.jpg

マユタテアカネ♂。
e0002314_11323849.jpg

池の護岸に植物が植えられていますが、数ある植物の中でもクロガネモチにオオアオイトトンボが集まっていました。夕方前には帰ったので産卵は見ていませんが、産卵植物にクロガネモチは最適なのかな?と思いました。確かに他の樹木よりは枝が柔らかくて産卵しやすそう。
オオアオイトトンボ♂。
e0002314_1133788.jpg

まぁ、この時期見られるいつも種類ばかりでした。
この日、ここでトンボを撮っていたら、珍しくも本格的なネットを持った小学生に出会いました。聞いたら『トンボを採っている』とのこと。この時期に一人で虫採りをしてる子は本物ですので嬉しくなりました。一昔前だったら連絡先を聞いて、同好会などにスカウトするんですが、一人で虫採りしている子に野外で連絡先を聞くというのは今の時代だと難しい。お父さんとかと来ていたら色々と話が出来たんだけどな。こういう子が専門家に虫を教えてもらう場は福岡にはあるのかな?ないのだったらホント高齢化がもっと進むだけだなー。とか思ったのであります。

おまけ。
コカマキリ。あと少し頑張れ!
e0002314_12134198.jpg

オシマイです。

by bobtuck | 2006-11-26 12:15 | 福岡地区  

<< 那珂川町 池散策 いつもの池 早良区 池散策 天気悪い >>