福岡地区 島散策 潮の香り

2007年5月26日
今回の土日はトンボ探し難しいかな?と思ってたんですが、ラッキーなことに休みになりました。そんなわけで、とある島へ行ってきました。
船には釣り人が多いでした。その次に多かったのは鳥屋さんと思われる人。船のデッキにずっといたんですが、外海に出た途端に波がとても高くなり、デッキには波しぶきが次々に襲ってきます。釣り人と鳥屋さんはよく来ているからか、船が出港したらすぐに避難していましたが、あまりこの船に乗らない自分はデッキでうろたえてしまいました。船初心者というのが他の乗客にバレるのが恥ずかしかったため、さらに室内に入るタイミングを完全に逃してしまったため、『俺は海を見てるんだぜ!』『この波しぶきが気持ちいいんだぜ!』という雰囲気をだしながらポケットに手を入れ、海を眺め、若大将気取りで海を眺めておりました。他の乗客にはどう思われていたことか・・。

さて、駄文から始まりましたが、右半分ずぶ濡れになりながらも島へ上陸しました。目的はこの島に多産する、とあるトンボであります。昨年トンボ仲間の方に誘われていたのですが、そのトンボの時期には都合悪く行くことができませんでした。
島にはトンボが少ないです。
ハラビロトンボ♂。
e0002314_19501492.jpg

ハラビロトンボ♀。産卵中なんですが浮いてるみたい・・
e0002314_19504490.jpg

今年初めてウスバキトンボの群飛を見ました。
ウスバキトンボ。メスかな。
e0002314_19532377.jpg

ヨツボシトンボ♂。この島にはまだ記録がないかもしれない。
e0002314_1959264.jpg

ヨツボシトンボ♀。
e0002314_19594361.jpg

ショウジョウトンボ未熟♂。これはここで記録あるのかな。
e0002314_2001353.jpg

昼過ぎまで粘ったんだけど多産するはずのそのトンボは残念ながら全く確認出来ませんでした。時期はバッチリなはずですが。この島では出現時期が本土とは違うのでしょうか。夏前にまた行こうと思ってるんで、その時に、理由がわかるはずです。
そうそう、ハラボソトンボと思われるトンボが1頭いました。残念ながら撮っても採ってもないので証拠不十分です。多分間違いなかったと思うんだけどなー。本州でも確認されてるし、福岡市周辺にもすでに北上してきてそう。

アザミが沢山咲いていてチョウの個体数が多かったです。
モンシロチョウ♀。
e0002314_203947.jpg

モンキチョウ♂。
e0002314_2032521.jpg

モンキチョウ♀。
e0002314_2033997.jpg

キチョウ。
e0002314_2035064.jpg

ヒメアカタテハ。
e0002314_2041232.jpg

アカタテハ。
e0002314_2042855.jpg

イチモンジセセリ。
e0002314_2044122.jpg

チャバネセセリ♀。
e0002314_2045881.jpg

ルリシジミ♂。
e0002314_2051523.jpg

ラミーカミキリ。
e0002314_2054930.jpg

島中のめぼしい場所を相当歩きましたが、今日のところは無念でした。が、この時期のこの島のデータがとれて良かったと思います。

本土へ戻り、夕方は福岡市内でトンボ探しをしていました。
朝、船に乗る前見つけた池で探してました。時間も悪く普通種ばかりでしたが、この池は海に近く、湿地部分が多いため、秋の迷アカネに期待できるかも。
コフキトンボ♂。
e0002314_2012361.jpg

コシアキトンボ羽化殻。
e0002314_20125712.jpg

コシアキトンボ羽化失敗。自然というものは厳しいものであります。
e0002314_20134864.jpg

クロイトトンボ未熟♂。
e0002314_20143041.jpg

クロイトトンボ♀。
e0002314_20144450.jpg

ウスバキトンボ。
e0002314_2015188.jpg

ベニイトトンボ♂。
e0002314_20155893.jpg

おまけ。
ツバメのヒナ。なんとも可愛いもんです。
e0002314_20162584.jpg

今日は海水で髪がパサパサになり、体が潮の味になってました。
今日は歯医者の日ですので、歯医者のお姉さんに嫌われたくないから家帰って速攻シャワー浴びたのは言うまでもありません。
オシマイです。

by bobtuck | 2007-05-26 20:24 | 福岡地区  

<< 福岡地区 川散策 勉強 我が家の副番長 >>