福岡地区 川散策 タイミング

2007年6月3日
6月になりました。思えば5月は思ったような活動が出来なかった。ベッコウトンボとオグマサナエの新産地探しとクロサナエの写真リベンジ等々やらなきゃいけない事があったんだけど。短期間で色々するのは難しいです。

さて、今日もキイロヤマトンボを探しに行ってました。羽化狙うなら先週来た時から毎朝通いときたかったのですが、仕事で早起きが続いたため羽化を探しにはいけませんでした。タイミング悪いです。というか今年はタイミングが悪い日ばかりです。
今日はせっかくの休日なのに天気が・・という感じです。こんな天気じゃ成虫があまり飛ばない。しかし、曇りの日は日中もキイロヤマトンボは飛ぶらしいのでもしかしたら今日はかえってチャンスなのかもしれない。

まずは、前回と同様に3月17日にヤゴを確認している場所へ。早朝から羽化狙いますが天気が悪いためか定位しているヤゴがなかなか見つかりません。見つかるのは羽化殻ばかり。
一番多いのはやはりミヤマサナエでした。
e0002314_2040274.jpg

道路上に息絶えそうなミヤマサナエが落ちていました。羽化して飛び立ってこれから山に向かおうという時におそらく車に当たったんでしょう。可哀相です。これは河原で撮影したもの。
ミヤマサナエ♂。
e0002314_20414129.jpg


初めて見つけました。
アオサナエ羽化殻。
e0002314_2043160.jpg

e0002314_2043970.jpg


キイロヤマトンボですが、羽化殻が一つだけ見つかりました。川岸に落ちていたものです。
キイロヤマトンボ羽化殻。やっぱりコヤマトンボとは羽化殻も全然違うなー
e0002314_20461927.jpg

左キイロヤマトンボ羽化殻  右コヤマトンボ羽化殻
e0002314_20465476.jpg


場所を移動しました。先週と同じコースです。
狙いはキイロヤマトンボ成虫オンリーです。何としても今日中にキイロヤマ成虫を確認したい自分は川を何往復もしてしまいました。しかし、天気のせいなのかコヤマトンボすら午前中はほとんど飛びません。他のトンボも少ないでした。
アオハダトンボ♀産卵。
e0002314_20534688.jpg

ニホンカワトンボ淡橙色翅型♀。
e0002314_20541781.jpg

アオサナエ♂。
e0002314_20544961.jpg

コオニヤンマ定位。
e0002314_20554065.jpg

コオニヤンマ♂羽化。
e0002314_2056498.jpg

昨夜、雨が降ったので川の水位が上昇しています。サナエ類の羽化殻は水面に浮かんでいるのを拾うことが多かった。
オナガサナエ羽化殻。
e0002314_20572391.jpg

サラサヤンマ♀死骸。
e0002314_2058283.jpg

ミヤマサナエの羽化殻が一番多く浮いていたかな。

アジアサナエ属sp.羽化殻。春からの残りでしょう。
e0002314_2059433.jpg

コヤマトンボ羽化殻。
e0002314_20593316.jpg

ここでもキイロヤマトンボの羽化殻を見つけることができました。
キイロヤマトンボ羽化殻。今週通っとけば羽化が見れたのに・・。
e0002314_2105520.jpg

赤丸の場所にありました。
e0002314_211356.jpg

午後になると晴れ間が若干でてきました。お昼過ぎに、川の真ん中を真っ直ぐ飛ぶMacromia属を目撃しました。まるで阪神藤川球児のストレートのようです。その残像が忘れられないため夕方まで粘ることにしました。けどコヤマトンボすらなかなか飛ばないので諦めることに。帰路の途中に諦めきれないので、川を見たらMacromia属が3頭飛んでるのに気付きました。急いで川に降り、そのトンボ達を見たら1頭だけがあきらかに普段見るコヤマトンボとは違う感じです。99.9%キイロヤマトンボだと確信しましたが・・
やってしまいました・・
ネットのスプリングに「バチッ」と当たっただけで逃げられてしまいました・・
盛田幸妃のシュートに落合がファールフライでアウトという感じです。
今日は日没まで粘りましたが難しいものです。来週もまた来なきゃいけないです。
オシマイです。

by bobtuck | 2007-06-03 21:31 | 福岡地区 | Comments(0)  

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

<< 福岡地区 川散策 キイロヤマ病 福岡地区 川散策 勉強 >>