福岡地区 川散策 天国

2007年6月24日(南区からの続き)
南区からプラプラ移動してきました。いつもの場所に行こうとしたのですが、夕方まで時間もあるので、いつもとは違う場所に行ったりしました。
ヤマセミが飛んでるのを見つけたので追いかけていると凄い場所に辿り着きました。その場所の風景を見たとき驚愕してしまいました。なんと川底が目に見える範囲全部砂なのです!さらに両岸はすべて樹木とキイロヤマトンボが生息するにはもってこいの場所です。
『なんだここはー!キイロヤマの匂いがプンプンすんぞー!』
『何で今までここに気付かなかったんだ!』
みたいな独り言を言ってたかもしれません。瀬はほとんどなく水深も10~20cm程度。凄まじく砂底の場所でした。しかも砂底の範囲が今までで一番広い。
そんなわけですので、今日の夕方はここでキイロヤマトンボ探しをすることにしました。
夕方まではやはりキイロヤマらしき個体は全く飛びません。キイロサナエやハグロトンボがちょこちょこいた程度です。天気が良ければ色々なサナエが見れそうです。
キイロサナエ♂。
e0002314_2174094.jpg

キイロサナエ♀産卵。
e0002314_2175693.jpg

キイロサナエ交尾。
e0002314_2181011.jpg

アオハダトンボ♀。
e0002314_2182421.jpg

不覚にもカメラの電池を忘れてしまったのでキイロヤマトンボに備えて他の種はあまり撮りませんでした。充電もたいしてしてない予備電池でなんとかやりくりしてました。

16時になると、キイロヤマトンボが飛びはじめました。時間きっちりで不思議なトンボです。予想通り、この場所にはキイロヤマトンボは結構いました。川の中州に座り込んでキイロヤマトンボを楽しみました。
キイロヤマトンボ♂。
e0002314_21131669.jpg

e0002314_21133159.jpg

e0002314_21134023.jpg

e0002314_21134922.jpg

とにかく自分の目の前をずっと飛んでるので興奮の連続です。水の中にずっと浸かってますと胴長の穴から水が結構入ってズボンがびしょ濡れなのですが、そんなことさえ忘れてキイロヤマに夢中になってました。
天気さえ良ければもっとマシな写真が撮れたと思うのですが、まぁ天気に文句言ったってしょうがないです。それにしても今日は楽しかった。いい場所を見つけました。
オシマイです。
[PR]

by bobtuck | 2007-06-24 21:24 | 福岡地区 | Comments(4)  

Commented by たくと at 2007-06-25 22:08 x
こんばんは。キイロヤマの飛翔お見事です!キイロヤマの飛翔にチャレンジしてる人多いですが、成功した人少ないように思います。クロギンさんに一歩リードですね。キイロヤマが飛ぶポイントと川床の状態って関係あるのでしょうか?
Commented by bobtuck at 2007-06-27 21:56
たくとさん、しばらく不在だったためコメント遅くなりました。ごめんなさい。
まだまだクロギンさんにはかないません笑。クロギンさんも秘密の写真持っていると思います笑。
キイロヤマトンボの飛翔写真というのを見たことがあまりなかったので、自分で撮って撮っちゃえと努力しました。ここには沢山いて凄く撮りやすい場所なので晴れてさえいればもっとわかりやすい写真が撮れたと思います。
川床はよくわかりません。この川は砂底が多いので川全体を飛んでます。特に多いのが砂で出来た中洲周辺という印象があります。砂の中洲周辺をグルグル飛んでました。砂の中洲周辺はキイロヤマのメスにはわかりやすくて産卵にはいい場所なのではないでしょうか。
Commented by たくと at 2007-06-27 22:08 x
最近クロギンさんは、もふさんやTomoさんの攻撃に遭って弱ってるみたいですよ(笑)。

>砂の中洲周辺はキイロヤマのメスにはわかりやすくて産卵にはいい場所なのではないでしょうか。

なるほど。今年はキイロヤマの川に行くことないかもしれませんが、参考にさせていただきます。
Commented by bobtuck at 2007-06-27 23:34
私も攻撃を受けるほどの男になりたいですね笑。
福岡も北海道のような図鑑がいつか出るといいんですが・・。そのためには記録として残す作業を今はやっています。RDBを見ればわかると思いますが、福岡は他県に比べてトンボはあまりにも遅れをとってるようで。可能な限り調査して記録に残したいと思ってます。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

<< 南区 湿地散策 時間つぶし 南区 湿地散策 さらばメリー >>