福岡地区 池・川散策 ラッキーデイ

2007年9月22日
いい環境の池を求めて福岡地区をうろついていました。ちなみに、ここで言う福岡地区とは、車のナンバープレートが福岡ナンバーの地区です。こういう場合は福岡市内ではありません。
目的はコバネアオイトトンボが生息してそうな池探しです。ので、カンガレイ等の植物が茂っている池を探さないといけません。しかし、自分がよくまわっている福岡地区にはそういう環境の池は皆無状態です。というか、カンガレイという植物ははっきりいってよくわかりません。のでカヤツリグサ科の植物が茂っている池探しです。何か文がオカシイですが・・。

色々まわったんですが、今日まわった池もほとんどが護岸コンクリートでした。ヤナギ類やハンノキ属などが残っている場所がたまにあるので昔はいい環境だったんだろうな、と想像するのみでした。もっと遠出しないとコバネアオは福岡では難しいかもしれない。
こういう植物がもっと茂っている場所を探しています。
e0002314_15532847.jpg


確認したトンボもいつもの種類ばかりです。
ネキトンボ♂。
e0002314_1555570.jpg

e0002314_15551486.jpg

いつも言っていますが、ネキトンボの飛翔写真はホント難しいです。

マユタテアカネ♂。
e0002314_1556621.jpg


暑いし、成果もないし、夕方から用事があるので『もう昼で終わろうかな』と思ったんですが、地図を眺めていたらまだ行ったことない池がありましたので、もうひと粘りとその池に行くことにしました。
護岸整備されている普通な池だったんですが、思いがけないトンボがいました!
ベニトンボ♂。
e0002314_1611866.jpg

捕獲することが出来ました。
e0002314_163991.jpg

こんな場所。
e0002314_1661338.jpg

福岡県ではまだ記録されていないから、現段階では県内初でしょうか。やはり福岡にも来ていたかって感じです。北上してきたのか?台風で飛ばされてきた個体なのか何とも言えませんね。さぁ、あとはこれを何らかの活字に残して、『記録』すれば、福岡のトンボが一種増えることになります。福岡のトンボ屋さん方、ベニトンボ福岡にももっといると思います。是非探してください。私は北上トンボは日豊本線沿いに北上するなんて全く思っていません。九州西側ルートでアオビタイトンボもベニトンボ見つかっていないのは単に調査不足でしょう。
この嬉しさを誰かに伝えたかったので、なぜかうちの親父に喜び電話をしてしまいました笑。うちの親父はこんなトンボ狂の自分を一番応援してくれてるんです。
オシマイです。

by bobtuck | 2007-09-22 16:20 | 福岡地区 | Comments(8)  

Commented by にしわき at 2007-09-22 20:58 x
県内初記録ですか!やりましたな。
不勉強で申し訳ないのですが、従来の北限分布はどのあたりでしょうか?
Commented by ベニイト at 2007-09-22 21:38 x
bobtuckさん、こんばんは~

ベニトンボの初記録おめでとうございます。

去年は大分県初記録で賑わいましたがいよいよ福岡県まで飛来か、棲息か...楽しみですね。

私もベニトンボへの思い入れが深いものですから何度も福岡県側に進入しては結構狙ってたんですよ(笑)
ブラックバスがいるような池に結構いると聞いてましたから...あちこちの池を。
今度はベニトンボ♀の確認、そして来年は未熟個体の確認とワクワクしてきますね。
さてどなたが...bobtuckさんとお仲間の御活躍を期待しています。
Commented by Ped at 2007-09-23 00:32 x
Pedです。お久しぶりです。

まず、ベニトンボおめでとうございます。
博多区のアオヤンマがいる池で7月頃に見たトンボがベニだったような気がするのですが・・。すぐに飛んでいったのでマジマジと見ることが出来ませんでした。やっぱりショウジョウだったのかなーっ?
両者の鑑別点は色々とあると思いますが、何か簡単な鑑別点があるのでしょうか? トンボはうといものですいません・・。

8月17日頃のブログの池ですが、ネアカは確実に産卵していますヨ。
お盆前に池岸の木片を拾ってきたらネアカヤゴが生まれて、6-7齢のが今我が家にウジャウジャといます。先週50頭ほど池にも戻しておきました。参考まで・・。
Commented by bobtuck at 2007-09-23 16:17
サマです!にしわきサマ。
どうやら初マンサになりそうな感じです。九州では太平洋側が大分の佐伯市あたりが北限でしょうか。東シナ海側は熊本中部あたりでしょうか。今回のは飛来個体では?と思っています。
四国でも確認されていますので、関西でも注意してみては。淡路島あたりとか怪しいなぁ。
Commented by bobtuck at 2007-09-23 16:24
ベニイトさんようこそ。コメントありがとうございます。
そうです。確認した池はブラックバスだらけの池でした。 やっと福岡でも確認できました。
あと何年かしたら九州北部でも普通種になってしまうのでしょうか。後の世代のためにも現在の状況をしっかり記録しておきたいと思います。
福岡勢に期待してください笑。そちらに追いつくよう頑張ります。
Commented by bobtuck at 2007-09-23 16:39
Pedさん、お久しぶりです。
ありがとうございます。鹿児島育ちですのでベニトンボに見慣れていたから今回はすぐにわかりました。
鑑別点はまず大きさでしょうか。ベニトンボはアカネ程度の大きさです。オスでしたら色が明らかにショウジョウトンボとは違います。目立つ色のオーラを出している様な感じです。メスや未熟個体はアカネ類のような感じで木によく止まっていますのでアカネ類が紛らわしいです。ベニトンボは川の堰で見ることが多いです。福岡市内でしたら大濠公園のような場所怪しいです。
ネアカはやはり産卵していましたか!昼間に通えば産卵シーン見れたかもと思うと・・惜しいことをしました。あとは池の環境ですね。池について実は水面下で交渉していたんですが、なかなか厳しい感じです。あの池は何とか守りたいですね。
Commented by Ped at 2007-09-23 20:08 x
ベニトンボの解説どうもありがとうございました。
どっちかというとピンク系といえる体色のトンボを見たものですので。
ただ、環境も違いますしやっぱりショウジョウだったんだろうなー。

例の池ですが、いずれ干上がってしまいそうです。
もはや田んぼに近い環境みたいで、7月中旬にはカトリヤンマのヤゴが結構いました。過去にも池の脇の水たまりに近い部分にはいたのですが・・。
池から持ち帰った木片は、実際にヤンマが産卵していた木片です。暗いのと目が悪いので何ヤンマかわかりませんでしたが、時期と朽ち木に産卵していたのでまずネアカだろうと持ち帰りました。
Commented by bobtuck at 2007-09-24 16:30
Pedさん、わからないですよ!飛来個体であれば、従来の環境ではない場所に現れたりするかもしれませんし。もし、ベニトンボっぽいトンボをまた見かけたらこっそり教えてください笑。

Pedさんは産卵シーンを見れたんですね!羨ましいなぁ。行こうか何度も迷ったんですよ・・。運よく見れる可能性は低いだろうと勝手に思い、産卵の見られる昼間に行くことはありませんでした(涙)Pedさんが戻されたヤゴ達が来年飛び回るのを楽しみにします。

<< 福岡地区 池散策 狙い通り 東区 池散策 だまされた >>