福岡地区 川散策 ヤ部②

2008年4月4日
先日、懐かしい友人から電話がありました。高校時代の虫友でした。彼とは鹿児島の大口市街から布計にオオムラサキを探して5~6時間歩いたり、大隈半島の猿ヶ城渓谷まで自転車で行ったり、栗野岳に何回も駅から歩いて登ったりしたりと、免許を持っている今では考えられないことばかりを共にしていた友人です。彼との採集記は伝説的なことが多々あります。
そんな友人から電話がきました。嬉しかったです。自分が当時から10年を過ぎた今でも虫をやっているというのに驚いていましたが、また機会があればやりたいと言っていました。このブログはそういう時のために作っていたものです。そのうち彼とは連絡を取り合うとことになるとは思っていましたが、ついにその時が来たかという感じでした。ここを見てもらっているようです。
『見てるか!また魚見岳いくぞ!!』

さて話は変わりますが、今日はムカシトンボの羽化を探しに行ってきました。
この冬は例年より寒かったですが、昨日もいい天気だったし今日はさすがに羽化してるだろう!と思ってです。今日は久しぶりの登場のオグ・ライアンさんと一緒です。公の場によく現れるオグ・ライアンさん。その全容は謎にするまでもないんですが、とりあえず謎にしておきます。オグ・ライアンさんについて知りたい方は私のブログを過去までさかのぼって見てください。どっかに出現してます。

いつも通り私の方が早く到着しましたので軽くチェックしてました。
が・・見つからないんです。まぁオグ・ライアンさんが来てから本気だすかと軽く考えていました。
オグ氏合流後、本気探しです。
オグ・ライアンさんは上陸ヤゴに興味があるようで落ち葉めくりもやっていました。見つからないためか前回見つけている私を疑います。
オグ氏『ホントにおったん?』
俺『そんな探し方じゃ見つかりませんよ!秘密兵器がいるんですよ!』
親切な私はオグ・ライアンさんに秘密を教えてあげました。その秘密兵器があった私は前回10頭以上の上陸ヤゴを確認できました。秘密にしておきます。

さて丹念に丹念に探しましたが、ムカシトンボは羽化殻すら見つかりません。ここは羽化する範囲が狭いので見逃しはないとは思うんですが・・。まぁ、あせってもしょうがないので今日はムカシトンボはあきらめました。
ショウジョウバカマの仲間。
e0002314_21553841.jpg


さて、お昼になったので、どうしましょうか?ということになり、私の提案でヤ部活動をすることにしました。
オグ氏に下の質問をしました。
①サラサヤゴを見つけてヒーローになる。
②室見川でキイロヤマトンボを見つけてヒーローになる。

どっちがいいか聞いたところ

確実にキイロヤマトンボが網に入る場所に行きたい

と言われてしまったので、確実な場所に案内することにしました。
新たなヤ部メンバーが増えました。

私の方はキイロヤマよりも今の時期終齢と思われるホンサナエを確認したいので、今日の目的はホンサナエ探しです。
最初に行った川のヤゴは
コオニヤンマ。
e0002314_2215719.jpg

オナガサナエ。
e0002314_222945.jpg

コヤマトンボ。
e0002314_2222523.jpg

ダビドサナエ。
e0002314_2224379.jpg

ミヤマサナエ。
e0002314_2225574.jpg

コシボソヤンマ。
e0002314_223985.jpg

アオハダトンボ属sp.。
e0002314_2233038.jpg

アジアサナエ属sp.。
e0002314_2235187.jpg

アジア属は現場ではどれもキイロサナエに見えてしまうんです。二人で『これら多分キイロですよね??』という話をしていましたが、後で色々思い知りました。

キイロヤマトンボ。
e0002314_2252414.jpg

キイロヤマトンボはこの1頭だけでした。最近あまり調子が良くありません。

さて、オグ・ライアンさんがキイロヤマの終齢が見たいとダダをこねましたので、昨年キイロヤマ終齢をいくらか確認した地点に移動することにしました。
オジロサナエ。
e0002314_2292023.jpg

ミヤマサナエ。
e0002314_2294094.jpg

アオハダトンボ属sp.。
e0002314_229581.jpg

ダビドサナエ。
e0002314_22102862.jpg

オニヤンマ。
e0002314_22105311.jpg

コヤマトンボ。
e0002314_2211625.jpg

コオニヤンマ。
e0002314_2211282.jpg

見慣れぬ若いサナエヤゴが網に入りました。ここはシジミが沢山いる場所です。
『これってひょっとして・・』
ホンサナエでした。
e0002314_2212484.jpg

横から
e0002314_2213856.jpg

今度は終齢を網に入れてじっくり見てみたいですね。
キイロヤマトンボは残念ながらここでは全く確認することが出来なくなっていました。河川中流域に住むトンボですので年によって生息場所が違うものだと信じたいです。今後調べていって考えてみたいです。この場所で消滅してないことを願います。

アジアサナエ属sp.。
e0002314_22141198.jpg

明らかにキイロサナエというものが網に入りました。
e0002314_22144954.jpg

ちなみにこれは普通のアジア属sp.です。
e0002314_22151737.jpg

比べてみます。左がキイロサナエ。右は普通のアジア属sp.。
e0002314_22153449.jpg

e0002314_22161137.jpg

明らかに違います。やはりキイロサナエは細い。

オグ・ライアンさんが気付きました。
『羽の形が違うやん』
『口の比率も違う』
確かにオグ氏の言うとおりです。羽は羽化の時期が両種で少し違うから今の時期形が違うのではないか?という推測をしました。
色も違います。
e0002314_22192510.jpg

常にキイロサナエを見続けていないとアジアサナエ属は分かりにくいと思いました。

今日は中身の濃いヤゴ探しが出来ました。本日のヤ部活動はこれで終了です。オグ・ライアンさんには感謝いたします。
おまけ。
オヤニラミ。
e0002314_22235422.jpg

オシマイです。
[PR]

by bobtuck | 2008-04-04 22:32 | 福岡地区  

<< 早良区 川散策 今日こそは! 筑豊地区 川散策 ヤ部 >>