カテゴリ:久留米地区( 33 )

 

久留米地区 川散策 グランドライン

2007年8月27日
久留米地区に行っていました。目的はそろそろ成熟個体が出てくるであろうナゴヤサナエです。
ナゴヤサナエの成熟個体は見た事がありません。よって、どんな場所に成熟個体が戻ってくるのか検討もつきません。予想では、ミヤマサナエと同じ様な場所だと思っているんですが、メスが止まって卵塊を作ると図鑑には書かれているので、周囲にメスが静止するためのヤナギなどの樹木が生えている場所だと予想しました。上流域のような環境がいいのか、典型的な中流域がいいのかもわかりません。
今日のところは中流域で、瀬と淵が両方あり、河原もあり、護岸にヤナギ類が生えているような場所を探すことにしました。
しかし、今日行った川はハンパじゃなくデカイ川です。1日でそんな場所を探すのは不可能でした。この時期の河原というのはですね、マジで死ぬんじゃないか?ってくらいに暑かったです・・。昨日『ぶっ倒れるまで頑張ってみよう』とか格好つけたこと言ってしまいましたが、ホントにヤバカッタです。胴長履きながら河原を歩くのは危険かも。幻覚というのは本当に見るものですね。

というわけで結果は、『川は広くて残酷でした』ということでしょうか。

川では何も写真撮れませんでした。暑すぎてカメラどころではなかったかも。
ベニイトトンボ♂。
e0002314_17345118.jpg

ミルンヤンマ未熟♀。
e0002314_1735573.jpg

リスアカネ♀。
e0002314_17353488.jpg

一度の調査で見つけることが出来なかったが、俺はあの場所にナゴヤサナエの可能性をみた
時期がきたらグランドラインを目指せ

って感じです。今年中になんとかしてみたいです。最近、トンボでトキメキってのを味わえてません。
そういうわけで今日は早く帰ってきました。冷たいそうめんを食べたい。

おまけ。カワセミ。
e0002314_17354796.jpg

オシマイです。
[PR]

by bobtuck | 2007-08-27 17:48 | 久留米地区 | Comments(18)  

久留米地区 色々散策 猛烈に暑かった

2007年8月18日
珍しく久留米地区をウロウロしていました。徐々に調査範囲をひろげていきます。
まずは、来年以降を見据えて、いい環境探しです。今日まわった池も護岸コンクリートが多かったです。僅かに残ってる環境から昔はいい環境だったんだろうと思う池はいくらかあります。まわった池は、環境写真を撮って、護岸の状況、植生等をすべてメモするようにしてますので、池めぐりは思いのほか時間がかかります。

池の奥が湿地帯になっている場所を見つけました。写真はそのごく一部なんですが、今まで自分がみた湿地では最大クラスです。
e0002314_19231477.jpg

きっと湿地性のトンボが沢山いるだろうとは思ったんですが、特にはいませんでした。6月に来たかった。
ヒメアカネ羽化直後♀。
e0002314_19273634.jpg

カトリヤンマ♂。何度見ても綺麗な目の色です。
e0002314_19281818.jpg

オニヤンマ♂。
e0002314_19283062.jpg

オニヤンマ♀産卵。
e0002314_19284756.jpg


今日行った場所は里山環境です。
これ、自分ではヤマトスジグロシロチョウ♂ではないか?と思っています。
e0002314_19331933.jpg

記録のある地域です。さぁどっちでしょうかね。わかりやすいメスもいたんだけど、メスの方は写真撮ることは出来ませんでした。

ゴイシシジミ♀。
e0002314_19361273.jpg


まわった池にいたトンボ。
アジアイトトンボ未熟♂。
e0002314_19363392.jpg

アオモンイトトンボ♂。アジアイトトンボを捕食してます。
e0002314_19372133.jpg

アオモンイトトンボ連結。
e0002314_19373078.jpg

ホソミイトトンボ羽化直後♀。
e0002314_19375875.jpg

タイワンウチワヤンマ♂。
e0002314_19381245.jpg

クモの巣にかかったオオヤマトンボ♂。
e0002314_19385115.jpg

ネキトンボ♂。
e0002314_193968.jpg

今日も歯医者に行かないといけないので、残念ながら夕方前に撤収となりました。せっかくの久留米地区でしたので、もっと調べてみたかったです。最近またスランプになってきました。8月はしょうがないかな。
オシマイです。
[PR]

by bobtuck | 2007-08-18 19:44 | 久留米地区 | Comments(8)  

久留米地区 池散策 コバネアオイトトンボ

2006年10月8日
えー、これまでここには基本的に福岡市内と隣町の那珂川町でのことしか載せていませんでした(まぁ今年の場合はほとんど福岡市内と那珂川町しか行ってませんでしたが)。来年からは福岡市内はもちろんですが、できれば行動範囲を福岡県内にひろげ、ここにも載せていこうと思います。その際このブログでの場所の区分は車のナンバープレートの地区名を基準にしていこうと思います。
九州では福岡県だけがトンボの種数がわかっていない県ではないでしょうか。自分の手元にあるだけのものは所詮は『データ』であるだけですし、『記録』として同好会誌などに残さないと福岡のトンボが一体何種類なのかもわからない。ので、自分はできるだけ記録として何らかの文献に残していって福岡県のトンボが何種類いるのかの解明に少しでも役立ちたいと思ってます。

今日は久留米地区のある場所に行ってきました。日頃お世話になっているミドウさんにコバネアオイトトンボの場所を教えていただいたので見に行ってきました。文献に載ってる場所らしいです。どんな池でどんな植物が生えているのかを見て、今後の糧にしようと思ってのことです。福岡市内でも見つけてみたいのですが、福岡のコバネアオはどんな感じの場所にいるトンボなのかよくわからず、参考にしたかったからです。
何個か池があってどれだろうと色々まわってたら、いかにもイイ感じな池があります。どうかな?と思い探しましたらいました!!
コバネアオイトトンボ♂。
e0002314_18322254.jpg

コバネアオイトトンボ♀。
e0002314_18324077.jpg

感動しました!個人的には逃げるときの動作がヒヌマイトトンボに似てるかな?という印象を受けました。ヒヌマ同様、草の茂みにどんどん逃げていくので、さらには個体数もかなり少なかったので写真とても苦労しました。交尾・産卵は見ることが出来ませんでしたので、どういう植物に産卵するのかわからなかったけど、池の植生がなんとなくわかったのでよかったです。福岡市内にはこういう池なかなかないだろうな・・。誰かが残してくれた記録の場所に行って実際に環境を見てみるととても参考になります。

アオイトトンボ♀。今日はアオイトが邪魔者だったー。
e0002314_18371491.jpg

アオイトトンボ交尾。
e0002314_18372840.jpg

アジアイトトンボ交尾。
e0002314_18384832.jpg

アオモンイトトンボ交尾。
e0002314_1839529.jpg

コフキトンボ。メスかな?
e0002314_1844046.jpg

マユタテアカネ♀。
e0002314_18442250.jpg

リスアカネ♀。
e0002314_1844354.jpg

リスアカネ連結産卵。
e0002314_18445167.jpg

ノシメトンボ♂。
e0002314_1845886.jpg

コノシメトンボ♂。
e0002314_18453288.jpg

証拠程度にハネビロトンボ。
e0002314_1848459.jpg


おまけ。ハラビロカマキリ。2、3人しかわからないと思うけど、あの人に似てませんか(笑)この目とこのキュっとしたポーズ。
e0002314_18473181.jpg

おまけ2。キジ。
e0002314_18475158.jpg

オシマイです。
[PR]

by bobtuck | 2006-10-08 19:03 | 久留米地区 | Comments(0)