カテゴリ:福岡地区( 241 )

 

福岡地区 川散策 マンモスうれピー

2012年11月25日
世間は酒井法子のニュースばかりです。
ちなみに自分にとっての思春期時代のアイドルは森高千里なんです!!
『私がオバさんになっても』のイントロ部分全部踊れるんです(カラオケでやったら結構受けるんです)。『DO THE BEST』(限定版)を誤ってブックオフに売ってしまったため、写真集を見れないのが心残りなのです。

さて、話題が突然変わります。
午前中用事があったので昼から川に行ってきました。
以前から気になっている砂底河川があるのです。ただこの川は狙っている場所がほとんど3面コンクリートになっているので、良さそうな場所では降りられないのです。
仕方なく、かなり上の方で網を入れてみることにしました。かなり上まで登ってきたので川幅もかなり狭くなっています。
e0002314_2010568.jpg

川幅は狭いのですが、砂河川ですのでアオサナエくらいは?と思って網を入れてみることにしました。

ヤマサナエ幼虫。
e0002314_20174215.jpg

オナガサナエ幼虫。
e0002314_20175939.jpg

ダビドサナエ幼虫。
e0002314_2019098.jpg

ダビドサナエ属sp.幼虫。
e0002314_20192315.jpg

コオニヤンマ幼虫。
e0002314_20194999.jpg

ニホンカワトンボ幼虫。
e0002314_2020360.jpg

アサヒナカワトンボ幼虫。
e0002314_20201652.jpg

ミヤマカワトンボ幼虫。
e0002314_2020306.jpg

コヤマトンボ幼虫。
e0002314_20204823.jpg

オニヤンマ幼虫。
e0002314_20205910.jpg

コシボソヤンマ幼虫。
e0002314_20211357.jpg

バケツを誤って蹴ってしまい、一回中身を川に流してしまったので、コシボソヤンマ、コオニヤンマ、コヤマトンボ等はこの倍くらいの個体数が網に入ってたでしょう。他にはオジロサナエ(流してしまった)もいました。
50m位の範囲を1時間くらいしか掬っていないのですが、ヤゴの個体数は多かったです。トンボには良好な場所なんでしょう。

まさかのトンボが入りました。
キイロヤマトンボ幼虫。
e0002314_20213269.jpg

いやー嬉しかったですね。繁殖するには規模が小さい川な気がするんですが、もしかしたら下流の方に繁殖地があって、親が上流方面で産卵でもしたのかもしれません。
髪が阪神時代の井川投手のようにボーボーに伸びているんですが、これで心おきなく髪を切ることができます(確認するまで髪は切らないことにしていたのです)。
帰りに色々と川の状況を見てまわりながら帰路に着きました。

オシマイです。

by bobtuck | 2012-11-25 20:43 | 福岡地区 | Comments(8)  

福岡地区 川散策 不思議なのです

2012年11月18日
すご~く良い天気でした。
凄く天気の良い日曜日だったのですけど、訳あって朝帰りでした。友人宅にお呼ばれしてたので、そのまま泊めてもらったのです。
で、二日酔いが少し抜けた頃にヤゴ探しへ行ってきました。ふと思ったのですが、毎回飲んでますね・・(実は自分は平日は全く酒を飲みません)

近所の川です。
e0002314_23481722.jpg

この場所はすぐ近くが住宅地なのですが、いい感じで渓流が残っているのです。
で、いつだったかすぐには思い出せないのですが、だいぶ前にムカシトンボの幼虫を探したことがあるのです。しかし、その時は見つけられませんでした。その後、ある屈強な戦士もこの地でムカシトンボを探したことがあるのですが、その戦士も見つけられなくて、さらに自分もその後数回チャレンジしたのですが、何故かこの場所ではムカシトンボを見つけられなかったのです。
同じ水系の別河川にはムカシトンボは結構生息しているのですが、この支流からだけはこれまで見つけられないのです。不思議なのです。

という訳で、もう一回チャレンジしてみることに(時間的に遠出することが不可能でしたし)。
もうかなり暗かったので捕獲したヤゴは綺麗に写せていません。

ヤマサナエ幼虫。
e0002314_23564886.jpg

ヒメクロサナエ幼虫。
e0002314_2357641.jpg

クロサナエ幼虫。
e0002314_23571945.jpg

コオニヤンマ幼虫。
e0002314_23573662.jpg

オジロサナエ幼虫。
e0002314_23574985.jpg

e0002314_2357589.jpg

ミヤマカワトンボ幼虫。
e0002314_23581294.jpg

アサヒナカワトンボ幼虫。
e0002314_23582792.jpg

オニヤンマ幼虫。
e0002314_23585461.jpg

ミルンヤンマ幼虫。
e0002314_2359775.jpg

またしてもこの支流からムカシトンボを見つけることが出来ませんでした。何でこの支流にだけムカシトンボが生息していないのかわかりません。環境写真からは一見、岩がゴツゴツしているように見えるのですが、実際は浮石がほとんどなくて川底の大部分が砂だからムカシトンボには不向きではないか?と思ってはいますが。まぁヤゴの定量的なデータをとれたのでいいか。

先程まで島根っ子氏とヤゴ電話してました。濃いヤゴトークが出来るのは嬉しいものです。最近、覇気が感じられないであろう私に喝を入れてもらいました(笑)。ありがとうございます。彼は凄いっすよ。電話でも言いましたが、自分が本気出した時はもっとガンガン働けますよ(多分)。頑張りまーす。

オシマイです。

by bobtuck | 2012-11-18 23:59 | 福岡地区 | Comments(2)  

福岡地区 川散策 心の片隅

2012年11月4日
むか~しですね、もう何年前かな、多分5、6年くらい前ですね。
『県内某島でムカシトンボの幼虫を採ったことがある』
という話を聞いたことがあるのですよ(多分その時は世間話だったと思う)。
自分は、九州の虫の話に関しては地獄耳なので忘れないのです。ずっと心の片隅に残っています。自分と話をする時は皆さん注意してください(笑)

で、記事にはしていないですが、2008年の真冬にその島に探しに行ったことがあります。
その時は、その島唯一の河川で探したみたのですが、見つけられませんでした。確か極小河川があったんだけど、あまりに水がなくて途中で断念しました。

で、今思ったら、
『その時の世間話がひょっとしたら自分(もしくは相手)の勘違いで、別の島のことだったのでは?』
とも思えてきまして、今日は別の島へ行ってみることにしました。
島の川はサナエ類もほとんどいないから、ヤゴ的にはタコ坊主の可能性があるのですが、今回一応調べてみることに。

午前中は薄日が差して、アカネ類も飛んでいましたので、念のため飛来アカネを探してみることに。
コノシメトンボ♀。
e0002314_2027014.jpg

マイコアカネ♂。
e0002314_20275478.jpg

そんなこんなで時間を過ごし、目星をつけていた川へ。
e0002314_20323170.jpg

産卵植物がほとんどないので嫌な予感がします。けど、この島ではこの場所しかムカシトンボが生息していそうな雰囲気がないのです。

自分的にこの島では初めて捕獲したクロヨシノボリ。
e0002314_20343354.jpg

テナガエビの仲間とモクズガニが異様に多く、予想通り流水性のヤゴは数少ないものでした。ヤゴは案の定オニヤンマのみしか確認できませんでした。まぁ、しょうがないか。
小さな島はこんなもんですね。

あぁ、日本シリーズが終わってしまいました。巨人が日本一かぁ。パ・リーグ好きの自分的にはハムに勝って欲しかった。私、大のアンチ巨人なのです(松本哲のような生え抜きの選手は好き)。
もともと親父が熱狂的な阪神ファンだったので、自分も物心つく頃からアンチ巨人だったのです。セでは中日の今中が大好きでした。
これからしばらくはプロ野球が見れない生活が続くのか・・

オシマイです。

by bobtuck | 2012-11-04 20:47 | 福岡地区 | Comments(2)  

福岡地区 池散策 この日

2012年11月3日
11月になりました。今年も文化の日がやってきました。
今年こそホントに文化的なことを!
・・・と思っていたのですが、今日はトンボを探しに行ってきました。ありがたい休日。

さて、風が微妙ではありましたが、海岸沿いで飛来種を探しに行っていました。
『今年は飛来種はもういいかな』
と思っていたのですが、実は先日、仕事中に偶然スナアカネを見つけたのです。
という訳で、一応もう一回飛来種を探しとこうと思ったんです。

トノサマバッタが変な産卵をしていました。
e0002314_17231475.jpg

こんなインターロッキングの隙間に産めるのか?どうしてもここが良かったのでしょうか。

もう福岡も結構寒くなってきてるのですが、まだ朝のアオモンイトトンボの交尾個体が多いです。
アオモンイトトンボ交尾。
e0002314_17272050.jpg

オオアオイトトンボ♀。
e0002314_1728256.jpg

さて、アカネ類ですが、場所にもよるのでしょうけど、今日のこの場所は海沿いなのにタイリクアカネもコノシメトンボも全くいませんでした(タイリクアカネはらしき♀1個体がいたのみ)。寂しい季節になってきてます。

オナガアカネはいました。何頭もいたので今年も結構な数が飛来していたのでしょう。ただ、どの個体も敏感だったので生態的な写真は全く撮れませんでした。
オナガアカネ♂。
e0002314_17315731.jpg

オナガアカネのいた場所。
e0002314_17322552.jpg


1頭、とても怪しいアカネがいました。
『お!小さなアカメスがいる!』
と興奮したのですが、非常に敏感で。
ガマの隙間から何とか盗撮(?)して、網をとって戻ったらもう消えていました。
e0002314_17383289.jpg

アップ。
e0002314_17385582.jpg

多分、タイリクアキアカネ♀なんでしょうけど。海沿いで羽がすすけてる小型アカネの赤色型♀がいたらタイリクアキアカネの確率が高くなると思うのですが、この角度からしか撮れなかったし、捕獲も出来なかったので保留にしておきます(慎重派なので)。

ちなみに福岡県のオナガアカネの終見記録は2009年の11月3日、タイリクアキアカネは1991年11月15日です。今年は狙えば更新できそうですね(多分狙わないけど)。ちなみにアオモンイトトンボは2011年11月26日(12月のアオモンイトトンボを出してみたい)。

近頃頭痛がまたひどくなってるので今日はこのへんで。
オシマイです。

by bobtuck | 2012-11-03 18:09 | 福岡地区 | Comments(4)  

福岡地区 池散策 誘惑

2012年10月21日
朝起きたらスッゲー晴れていました。これぞまさに晴天無風の秋晴れ。
『これは豊前でオオキトンボとコバネアオイトトンボだね!』
となるはずだったのです。


はずだったのです。


・・・


・・・


・・・


なんと油断の二度寝をしてしまいました・・・。ガーン・・
誘惑に弱いのです。
そしてきっと疲れているのです。仕事も相当忙しいのに、本業以外のことを何個も掛け持ちしているのです。(私、普段朝がとても弱く、目覚まし時計を5個セットしています)

さて、誘惑から目覚めた9時頃でも晴天無風は続いています。
というわけで、迷トンボ探しに海岸沿いに行ってきました。
e0002314_2210771.jpg

現地に着くと、さっそくオナガアカネ♂と思しきアカネが止まっていました。写真を撮ろうとする時に気づきました。
『カ・・カメラがねぇー!』
起きた後、速攻で家を出たので寝ボケていたんだと思います。家にカメラを忘れてしまってたのです・・・。ガーン・・
携帯で写真は撮れますが、なにしろ携帯カメラのマクロ撮影の仕方を理解していないのです。

という訳で、生態的な写真は撮ってません。

マユタテアカネ♂。
e0002314_22203241.jpg

実はマユタテアカネ♂にも翅端黒化型があるの知ってる方はあまりいないんじゃないでしょうか?
よーく見ると、福岡市周辺は実は翅端黒化型♂がとても多いのですよ。メスはほぼ翅端黒化型ばかりですので(あくまで福岡市周辺の知見です)、何か因果関係があるのでは。
アップ。
e0002314_22243345.jpg

この個体は微かに出てるだけですけど、沢山捕まえると色んな翅端黒化型♂がいるんです。
こんなの微妙じゃん!と言われそうですが、他県のマユタテアカネはあまり出ないんですよ。

ま、そんな訳で福岡トンボマメ知識でした(今日はこれくらいしかネタがない)。

オシマイです。

by bobtuck | 2012-10-21 22:39 | 福岡地区 | Comments(6)  

福岡地区 細流散策 カニ採りのついで

2012年8月26日
前日、YouTubeが大好きなことを言いましたが、YouTubeではよくプロ野球の試合を見ているのです。
特にこれが好き(好きなホームラン第3位)。
多分、秋山の西武在籍での最後のホームランではないでしょうか。これ見るとスカッとするのですよ。バックに流れる応援歌が懐かしいです。
残念ながら、この日は塾の日だったせいで、このシーンは生で見ることができなかったんですよ。
実はですね、昨年、自分の子供の頃が映っているYouTubeを見つけたんです(もう削除されてますが)。鹿児島の鴨池球場で、ホークスにいた岸川選手がライトの守備中にフェンス際のフライをはじいてスタンドにインさせる珍プレーがあったのですが、それに自分が映っていたんです。
(え?そんなこと別にどうでもいいって?でも、自分にパ・リーグトークをさせたら3時間は続きますよ。セ・リーグもいれたら5時間越えますよ)

さて、全く関係ない話題でしたが、今日は食料調達のため、知人とカニ採りをしてました。いわゆる山太郎ガニです。ちなみに、自分はこのカニは好んで食べません(ワタリガニは大好物です)。
普段から川で網を入れてますので、モクズガニが採れても何とも思わないのですが、いざ狙うとなかなか採れないものです。カニ採りって大の大人も夢中になってしまいます。

ただ、自分は少しカニ採りに飽きてしまったので、付近の細流で軽くヤツを探してみることに。
e0002314_22114375.jpg

e0002314_22115312.jpg

e0002314_2212466.jpg

少々雰囲気を感じたのですが、全くいませんでした。

オオウラギンスジヒョウモン♀。
e0002314_2214712.jpg

カトリヤンマ未熟♀。
e0002314_22143048.jpg

リスアカネ♂。
e0002314_22144899.jpg

オニヤンマ羽化殻。
e0002314_2215363.jpg

キボシカミキリ。
e0002314_22151582.jpg

調理の仕方がわからないのでカニは全部あげました。

さて、夏が終わります。今年もトンボ焼けしてしまいました。
気付いてる方もいるかもしれませんが、8月はかなりさぼってました。
9月からは良い物語を作れるよう努力します。

オシマイです。

by bobtuck | 2012-08-26 22:55 | 福岡地区 | Comments(4)  

福岡地区 細流散策 Look Back Again

2012年8月25日
某所の資料館へ行くついでに開館までの午前中は軽く細流を探していました。
ヤゴ探しの時に見つけといた細流を再びチェックしとくのです。
「Look Back Again」なのです。
ちなみに、自分は矢井田瞳のファンなのです。確か矢井田瞳とはタメ年なのです。YouTube大好きな自分はしょっちゅう矢井田瞳のライブ映像を見ているのですよ。楽しそうに歌いますよね(え?そんなこと別にどうでもいいって?でも、自分に矢井田瞳トークさせたら2時間は続きますよ)

まずは海の近くにある細流に行ってみました。
e0002314_21435191.jpg

とても海に近い川なのですが、オジロサナエがいました。こういうのは面白いです。
オジロサナエ♂。
e0002314_21444593.jpg

ラッキーなことに産卵♀もいました。けど、卵塊がほとんど写っていないのが残念。
e0002314_21452453.jpg

e0002314_21453258.jpg

オニヤンマ♀産卵。
e0002314_21473621.jpg

その後も冬に見といた細流を何本か再訪しましたが成果はありませんでした。
e0002314_21502812.jpg

e0002314_21503544.jpg

細流の見た目で、何かが違うのはわかってるんですよ。でも、『ここだ!』という場所が無いのですよ。
今日の場所は礫が多すぎかな。もうちょっと水量が少ない場所を探してるのです。
という訳で、朝の少しの時間だけトンボを探していました。

帰りに某公園のグランドでラグビーの試合を眺めていたのです。
『暑いのにようやるな』
『ん?あの髪モサモサのオジサン見た事あるぞ』
ずっと昔、花屋でアルバイトしていたのですが、なんと髪モサモサのオジサンはその時の店長でした。当時、人が足りない時は、自分もたまにラグビーの試合に無理矢理連れていかれてたんです。また誘われてしまったので、そのうちラグビーリポートしてきます。

オシマイです。

by bobtuck | 2012-08-25 22:12 | 福岡地区 | Comments(2)  

福岡地区 川散策 花金

2012年8月24日
花金っすよ!
本日、給料日の会社が多いので、世間は花金じゃないですか!

しかし・・


・・・


・・・



悲しいことに、何も予定がないのです・・


そんな訳で仕事が終わってダッシュで小川に行ってきました。
e0002314_21393346.jpg

ハグロトンボ♂。
e0002314_21425036.jpg

ハグロトンボ♀。
e0002314_2143935.jpg

カトリヤンマ未熟♀。
e0002314_21432373.jpg

ミルンヤンマ♂。
e0002314_2143361.jpg

最近、朝の匂いが変わってきました。
写真撮ってたらクツワムシの鳴き声がうるさくなってました。
まだ昼間はクソ暑いけど、いつの間にか季節が変わろうとしているのですね。
今夏、BBQセット買ったんですけど、使うことなく終わりそうです。

オシマイです。

by bobtuck | 2012-08-24 21:55 | 福岡地区 | Comments(2)  

福岡地区 川散策 ぐち

2012年7月18日
川に行きました。
気分転換したい時は、飛翔写真か酒を飲みに行くかのどちらかなのです。

で、キイロヤマトンボの状況確認に川に行きました。貴重な休日は新規開拓をメインにしていますので、既知産地は平日の仕事終わりに行くようにしているのです。この川のキイロヤマトンボについては毎年、ある場所に報告しているので、どうなっているのか確認しておかなければならないんです。

けど、川は増水していて入ることが出来ませんでした。まだ増水してんのか・・
e0002314_2234052.jpg

『小さな川なら大丈夫かな?』
と思い、コシボソヤンマを撮りにいくことに。

未熟な個体がチラホラ飛んでいました。
e0002314_2292652.jpg

人間の性格ってのは色々で、気の強い人もいれば、おだやかな人もいます(自分はどちらかというと、どちらにも合わせられる)。
そいつらが喧嘩すると、どうしてもおだやかな人間の方が不利になると思うのです。そいつらが友人とかでなければ複雑になってくるのです。

言いたい事が自分でもよくわかりませんが、まぁ、とにかくそういうクソな人間関係に自分も巻き込まれてしまったのです。妻子ある男にあまりキレて文句を言ってはいけないと思うのですよ。

自分は自称、雰囲気盛り上げマンなのですが、もう自分の力では雰囲気が変えられないほど手遅れになってきたので困っているのです。他人事であるのに、少し心が痛む。
職場のゴタゴタって面倒くさいっすね。だから気分転換がしたくなったんです。これがストレスというものか・・。

仕事とプライベートとトンボはきっちり分けることをポリシーにしているのですが、今日は愚痴が出てしまいました。スイマセン。

オシマイです。

by bobtuck | 2012-07-18 22:29 | 福岡地区 | Comments(8)  

福岡地区 池・沢散策 Never Rain

2012年7月14日
私の記憶が確かならば、7月の10~15日あたりは昆虫にとって一番良い時期のはずです。
自分がはじめてトゲオトンボを採集したのは1992年7月12日。昔は採集日記をつけていましたので、妙に覚えているのです。採集禁止になる前の栗野岳には、この時期によく行ってました。自分の尊敬するF先生によってウスイロオナガシジミが栗野岳で発見されたのも確か7月10日だった気がする。

という訳で、今回の3連休にはとても期待していたのです。昨夜は断酒までして今日に備えていたのです。
・・が、無情にも起きてみると曇り空。

『そこまで降らんだろう』
と軽い気持ちで県南方面へ出発したのですが、大雨の影響で高速がストップしているらしく、3号線はとても渋滞していました。
神秘の池探しで朝倉市方面をウロウロしていたのですが、雨の影響がとても残っていました。
水路から水があふれだしてます。
e0002314_18531294.jpg


池も濁っている池ばかりでした。
e0002314_18545151.jpg

e0002314_18545824.jpg

しかもずっと小雨が続く状態でトンボが探せません。水量が多くて網入れも無理です。

『トゲオトンボだったら影響ないな』
という訳で、沢探しをしてウロウロすることに。
お昼なのにあまりに真っ暗で、懐中電灯でトゲオトンボを探す事態になりました。
e0002314_18585528.jpg

小さな沢も渡れないくらい増水しています。

アサヒナカワトンボ♂。
e0002314_1902034.jpg

途中から、バケツをひっくり返したような大雨が降ってきまして、さすがに観念することにしました。
e0002314_191058.jpg

気持ちはNever Rainなのですが、まぁしょうがないです。

オシマイです。

by bobtuck | 2012-07-14 19:09 | 福岡地区 | Comments(6)