カテゴリ:福岡地区( 241 )

 

福岡地区 川散策 2代目

2012年3月10日
近頃、肩こりがひどくて・・
前は肩こりという感覚を感じなかったのですが。

さらに、左手の親指のツキ指がなかなか治らなくて・・
もしかしたら打撲してるのかもしれない。

そういう訳で、実は案外、満身創痍なのですが、今日も川に行ってきました。

タモ網が限界を超えてしまったため、新しい網を買いました。
『2代目鬼鉄』
e0002314_23123899.jpg

実は、今、自作で3代目鬼鉄を製作中です。最強の網が完成しつつあります。昨日ずっと作っていたんだけど、針金に苦労しています。

さて、まずは昨年2月に行った川に行ってみることに。昨年はキイロヤマトンボを確認出来ませんでしたが、最近、自分のトンボ運が上昇中なので、勢いで見つけてしまおうと思ってです。
「運」と「勢い」ってとても大事ですから。
e0002314_23172071.jpg

相変わらず、とても良さそうな砂底河川です。昨夜の雨で川が濁っていますが、川底全部が砂底なので、網を入れる場所に困ることはありません。
ダビドサナエ幼虫。
e0002314_23225820.jpg

ギンヤンマ幼虫。
e0002314_2323512.jpg

オナガサナエ幼虫。
e0002314_23233335.jpg

ミヤマサナエ幼虫。
e0002314_2323462.jpg

アジアサナエ属sp.幼虫。
e0002314_23241239.jpg

コヤマトンボ幼虫。
e0002314_23242886.jpg

砂はとろける程細かいし、熱心に掬ったんだけど、キイロヤマトンボは確認することができませんでした。

さて、今日は心置きなくトンボ探しができる土曜日です。
場所を変えることにしました。山を越えて、別の水系へ行くことに。ここは昨年6月に行った川です。この場所は筑豊地区なんで、いつもだったら地区を変えて記事にするんですけど、面倒なので、今回はまとめています。
e0002314_23345966.jpg

6月に来た時は雨が降っていて、成虫調査もたいして出来なかったんで、ヤゴを調べてみることに。川幅も狭いので、ここではキイロヤマトンボよりもホンサナエの方を目的にしていました。
スナヤツメがいました。
e0002314_23381269.jpg

カジカ。
e0002314_23394614.jpg

ヤマトシマドジョウもいるし、期待大なので、午後は全部の時間を使って網を入れてみることに。

ダビドサナエ幼虫。
e0002314_2339171.jpg

オナガサナエ幼虫。
e0002314_23402939.jpg

アジアサナエ属sp.幼虫。
e0002314_23405193.jpg

コオニヤンマ幼虫。
e0002314_23412682.jpg

オニヤンマ幼虫。
e0002314_2341427.jpg

ニホンカワトンボ幼虫。
e0002314_23415983.jpg

e0002314_2342750.jpg

ミヤマカワトンボ幼虫。
e0002314_2342218.jpg

アオハダトンボ属sp.幼虫。
e0002314_23431119.jpg

コシボソヤンマ幼虫。
e0002314_23423815.jpg

コヤマトンボ幼虫。
e0002314_23442075.jpg

ここでも、目的のヤゴはことごとく入りませんでした。やはり福岡のホンサナエは難しい!

最近は日が落ちるのも遅くなってきたんで、さらに場所を変える予定だったのですが、misujiさんからフユシャク調査のお誘い電話があり、そのまま現地直行して、夜の山でのフユシャク調査に同行させてもらったのでありました。初めてのフユシャク探しだったので大変勉強になりました。これをトンボ調査に生かせることできないかな。
クロテンフユシャク。
e0002314_2349284.jpg


ちょっと疲れてしまいました。明日、無理したら月曜に響いてしまうな・・

オシマイです。
[PR]

by bobtuck | 2012-03-10 23:58 | 福岡地区 | Comments(6)  

福岡地区 沢散策 雪山登山

2012年2月5日
朝、起きたらとんでもない頭痛が・・・

しかも体が動かないのです・・・

力を振り絞り、立ち上がったら、吐き気がするくらいの頭痛が・・・

・・・

・・・

・・・

そう・・・

・・・

・・・

強烈な二日酔いでした!


そういう訳で午前中は頭痛と戦っておりました。のたうちまわってました。
昨夜は羽目をはずして飲み過ぎてしまい、あの二日酔いの苦しみを味わうことになったのです。
誘われた時、
『俺、明日早いから(トンボで)、今日は軽くしか飲めませんよー』
と宣言していたのに、焼酎を何合飲んだのか。
朝、気がついたら家で寝ておりました。いったいどうやって帰ってきたのか記憶にない・・
どうしても休日に早起きしてトンボ探しに行きたいため、近頃は週末の酒を断り続けていたのですが(友達減ったのはそのせいか)、まぁ、まだお誘いがあることは嬉しいことっす。

そういう訳で、苦しみから解放された午後に出かけることに。
山に行ったのですが、雪がまだ積もっています。
e0002314_211192.jpg

実は先日、胴長に穴があいてしまいました。あの胴長はモトヤチョップ氏からもらったものであり、高級な胴長なので修理する予定です。ちなみに長靴はオグ・ライアンさんからもらったものを穴があいた昨年までずっと使っていました。さらにリュックは軍団山本からもらったものですし、帽子はエネ子さんからもらったものを使っています。
よ~く考えたら、もらいものばかり使っている自分です(笑)。ありがたい話です。

そういう訳で今日は水中戦が出来ませんので、ヤクシマトゲオトンボの幼虫探しで登山していました。
おそらく生息していると予想している地区での、いわゆるチョロ沢探しなのですが、雪がまだ多数残っていて、どこがチョロ沢なのかよくわからない場所が多かったのです。
e0002314_21192984.jpg

川があったので網を入れたい衝動にかられましたが、トゲオトンボ探しの予定だったのでタモ網を持ち合わせていませんでした。
そういう訳で、今日は普通に雪山登山をしただけで終わりました。
ま、たまにはこういう日もあります。
オシマイです。
[PR]

by bobtuck | 2012-02-05 21:27 | 福岡地区 | Comments(2)  

福岡地区 川散策 楽にいこう

2012年1月9日
今日は成人の日らしいです。マリンメッセには沢山の新成人がいました。自分にもかつては成人の日がありました。当時はヒゲが全然濃くなかった・・

さて、とある河川上流部へ。久しぶりに今日は孤独な調査です。
昨日は体を酷使して体中が痛いため、今日は楽が出来るムカシトンボ探しです。
記録の無い市町村で探します。
ある河川上流部へ。産卵植物が多いので楽勝を予想し網を入れます。
e0002314_20172552.jpg

コオニヤンマ幼虫。
e0002314_20183652.jpg

オジロサナエ幼虫。
e0002314_2018489.jpg

コシボソヤンマ幼虫。
e0002314_2019220.jpg

ムカシトンボ幼虫。
e0002314_20191537.jpg

県内一級河川や二級河川水系ではない河川なのですが、やはりいました。ムカシトンボの個体数は少なかったのですが、ここにはコシボソヤンマが入ったので、ムカシトンボはもっと上流域で探せば、きっと個体数は多いでしょう。
昼から行ったので今日は1河川のみで終えました(しかも網入れしたのはわずか15分)。体がキツイ時は上流域で楽するのが一番かも。

オシマイです。
[PR]

by bobtuck | 2012-01-09 20:32 | 福岡地区 | Comments(0)  

福岡地区 川散策 キンニク

2011年12月24日
まずは昨日のトンボ記です。

はい、この日は大寝坊しました。
実は前日(23日)の夜が忘年会だったのです。
体育会系の飲み会だったのです。
自分が最も行きたくない忘年会だったのです(しかし強制参加なのです)。
速攻帰る予定だったのですが、捕まってしまい、えらい飲んでしまいまして・・。帰宅が午前3時ということになってしまったのです。
雨は夜更け過ぎに雪へと変わっていました。
クリスマスイブの前半は脳みそまで筋肉な連中と迎えたのであります。

起きたら久々の二日酔いでありました・・。ウコンが全く効かないくらい飲んだのです。

そういう訳で二日酔いが覚めた頃あたりに近場へと行くことにしました(もう夕方近かったのですが・・)。

体がだるいので簡単な上流でのヤゴ探しをすることに。市町村未記録種が多い場所へ向かいました。
辿り着いた上流地域。
e0002314_19513338.jpg

本当は別の場所を目指していたんだけど、山道にゲートが張られており、車の進入不可になっていました。歩いていけばいいのだけど
『今日はもういいやー』
と、この場所での探索にしました。

雪が降っており、とても寒かったせいか、二日酔いはバッチリなくなりました。
ヒメクロサナエ幼虫。
e0002314_19545847.jpg

ダビドサナエ属sp.幼虫。
e0002314_19553088.jpg

オジロサナエ幼虫。
e0002314_19554398.jpg

ミルンヤンマ幼虫。
e0002314_19555678.jpg

ミヤマカワトンボ幼虫。
e0002314_19561067.jpg

いると踏んでいたムカシトンボも見つけられず・・。コケもあったし、いると思ったんだけど。

帰り道を通って思い出したんですが、この場所、昔来たことある場所でした。すぐ下のキャンプ場に来たことがあったのです。
知り合いに筋肉バカがいるのですが、そいつが女子たちの前でいきなり腕立て伏せアピールをしていた場所でした。
なんという馬鹿な思い出・・


そして帰宅後は会誌の編集会議でこれまた帰宅が深夜に・・・
まぁこんなことをしてクリスマスイブを過ごしていたのです。

オシマイです。
[PR]

by bobtuck | 2011-12-25 20:11 | 福岡地区 | Comments(4)  

福岡地区 川散策 アライグマを見た!

2011年12月4日
12月になりました。もう師走です。
今年もあとわずか。自分もラストスパートしたいとこですが。

今日は所用があり糟屋方面へ。
で、早く終わったので帰り道にある川で軽く網入れをすることに。
e0002314_1835149.jpg

ミルンヤンマ幼虫。
e0002314_185636.jpg

アジアサナエ属sp.幼虫。
e0002314_1853076.jpg

オニヤンマ幼虫。
e0002314_1854595.jpg

アサヒナカワトンボ幼虫。
e0002314_186012.jpg

網入れするとトゲナナフシが網に入りました。12月に網入れするとトゲナナフシがよく網に入りませんか?原因不明ですが、自分はよく入ります。
トゲナナフシ。
e0002314_189752.jpg

この地点よりまだ上流に砂防ダムが何個かありましたので、期待していたムカシトンボはもっと上流へ行かないと生息してないのかもしれません。

オシマイです。
[PR]

by bobtuck | 2011-12-04 18:45 | 福岡地区 | Comments(6)  

福岡地区 細流散策 ダッシュ

2011年10月12日
久しぶりに早く帰ることができたので、ダッシュで山へ。
当然ながら、もう日没が早くなっている。
e0002314_2026769.jpg

目的はここ。
e0002314_2030416.jpg

この時期になると、この細流上でミルンヤンマがホバリングしながら飛びまくるのです。
ミルンヤンマ♂。
e0002314_2031570.jpg

e0002314_20311359.jpg

久しぶりに飛翔写真を撮ったのですが、思うように撮れませんでした。
夜に用がない時は、このところ街灯廻りで甲虫探しをしているのですが、やはりトンボ撮りも面白いですね。
オシマイです。
[PR]

by bobtuck | 2011-10-12 20:41 | 福岡地区 | Comments(6)  

福岡地区 池・湿地散策 来てまっせ

2011年10月2日
10月になりました。
さて、天気がずっと曇っていて、気温が上がらない日曜日です。
私の敏感お肌によると、九州北部地方では9月28日頃から何か良さそうな風が吹いてる感じです。
この秋はコバネアオイトトンボ探しに力を入れるつもりなので、遠出しようか迷ったのですが、昨日の帰りが深夜であったことと、朝から天気が回復しないので、下見のつもりで海岸沿いの池や湿地を巡ることに。
e0002314_1633863.jpg

e0002314_1634622.jpg

e0002314_1635399.jpg

風が強くて、気温も低く、ほとんど日が差さないというアカネ類探しには最悪のコンディションです。
アオモンイトトンボの交尾態ばかりです。

そこへ、見慣れぬトンボが!
アオビタイトンボ♀。
e0002314_1674338.jpg

昨年、今日の場所で、らしき姿は見ていたのですが、撮影も捕獲もしていなかったので保留にしていました。やはり、この場所にも来ていました。

アジアイトトンボ♂。
e0002314_16104154.jpg

コフキトンボ♀。
e0002314_16105311.jpg


アカネ類はほとんどいませんでした。どのアカネの個体数も1~2頭という少なさ。
マイコアカネ♂。
e0002314_1610231.jpg


諦めながら歩いていると、妙な飛び方をしたアカネが!
マイコアカネのような飛び方をするんだけど、少し力強さを感じるあの飛び方。2年前に見たあの飛び方。
オナガアカネ♂。
e0002314_16145187.jpg

やはり、なんとも北国らしさを感じるカッコいいアカネです。
この天気でもいたのだから秋晴れの日に探したら結構見つかりそうですね。

今回はアオビタイトンボもオナガアカネも捕獲していません(どちらも目を離した隙に逃げられた)。チャンスですよ~!

録画しといたホークス関連番組を見るため、早めに帰ることにしました。ホークス優勝しました。近年稀に見る強さでした。
自分が幼少の頃から大ファンである秋山監督の胴上げされる姿を見ると嬉しいもんです。
私は昔から秋山マニアなのです。子供の頃は真っ先に朝刊スポーツ欄の秋山の打撃成績を見るのが習慣でしたね。秋山のホームランが30本いかなかった1994年、後半はもうハラハラしながら朝刊を見ていました。
私が好きな数字が「1」なのは秋山監督の影響でもあります。
私が秋山の真似をする時は「恋してカリビアン」を当然歌いながらバッティングします。
今年のパレードはトンボより秋山優先させねば!
オシマイです。
[PR]

by bobtuck | 2011-10-02 16:48 | 福岡地区 | Comments(4)  

福岡地区 池散策 エコトーン

2011年9月25日
今日の午前中は所用があったので朝から某所へ。
連日のトンボ探しで物凄く疲れていたので起きれるか心配だったのですが、なんとか起きました。
明日から現実社会が始まりますが、起きれるかな・・(平日の朝はとても弱いのです)

さて、用事が終わったので、近くにトンボ探しに行くことに。
アオビタイトンボの池に行くことにしました。福岡のアオビタイトンボは、この池により越冬が確認されましたが(これはきちんと紙に記録されている)、次の年は水量を減らさなくなったためか、池の植生がガラッと変わってしまい、この池ではアオビタイトンボが確認されなくなってしまったのです。
e0002314_2028923.jpg

最初に見つけた時は、この池の半分程がタデ科植物の湿地だった(一番下の個体の写真から池の状況を想像してもらえれば)。
まぁ、ここは農業用溜め池ですから仕方ないでしょう。

アオイトトンボ♂。
e0002314_20344359.jpg

アオモンイトトンボ交尾。
e0002314_20345714.jpg

ここは毎年調べていますが、新入りがいました。
ムスジイトトンボ♂。
e0002314_20342491.jpg

台風の後だったんで、実はオオギンヤンマを探しに来たんですが、ギンヤンマばかりでした。
アオビタイトンボは現在も福岡市内でも細々と確認されているので、県内全域でも今後確認されていくことでしょう。確認した方には記録に残して欲しいです。

アオビタイトンボのヤゴがいるかもしれないので、念のため網を入れてみることに。
ギンヤンマ幼虫。
e0002314_2038321.jpg

コシアキトンボ幼虫。
e0002314_20381666.jpg

オオヤマトンボ幼虫。
e0002314_20383159.jpg

タイワンウチワヤンマ幼虫。
e0002314_20385432.jpg

他にはショウジョウトンボ、アオモンイトトンボ、クロイトトンボ属、シオカラトンボのみ。

おまけ。カムルチー。
e0002314_20495719.jpg

この池はライギョがとても多かった。この魚はグロテスクでどうも好きになれない。

そういう訳でトンボ三昧な3連休が終わってしまいました。う・・1年まるまる休みたい。

オシマイです。
[PR]

by bobtuck | 2011-09-25 21:01 | 福岡地区 | Comments(2)  

福岡地区 池散策 街中のトンボ

2011年8月16日
所用があり街へ。
そしてついでに街中の池へ。
e0002314_15562383.jpg

e0002314_15563376.jpg

ムスジイトトンボ♂。(この個体、撮影後、魚に食われてしまいました。)
e0002314_15571354.jpg

コフキトンボ♀。
e0002314_1557316.jpg

オオヤマトンボ♂。
e0002314_15574477.jpg

シオカラトンボ♂。
e0002314_15581317.jpg

オオシオカラトンボ♂。
e0002314_15582582.jpg

ウチワヤンマ♀。
e0002314_15583777.jpg

ベニイトトンボ♂。
e0002314_15585036.jpg

大濠公園のムスジイトトンボが僅かな場所でしか見られなくなっているのが心配です。
濠のトンボの数が大変少なくなっています。特に4号濠と5号濠。セスジイトトンボとムスジイトトンボを見つけることができませんでした。イトトンボの数が異常に少なくなっている気が。ハスとトンボの減少はやはり亀が原因なんでしょうかね。

オシマイです。
[PR]

by bobtuck | 2011-08-16 16:13 | 福岡地区 | Comments(0)  

福岡地区 池散策 侵入者

2011年8月14日
雨との予報だったのですが、朝は晴れていました。
『晴れてるじゃんかー。こんなんだったら久留米に泊まったのに・・』
と思いつつ、近場の池へ行くことにしました。

各地のトンボ屋さんのHP等を見ているとハネビロエゾトンボの写真が最近多いです。やっぱり羨ましいのです。さらに近頃、環境写真まで載っていることも多いです。
『お!こんな平凡な環境なんだ』
『ん?こんな場所あの池にはあったな』
と思い立ったので、ある池に行ってきました。
何回も調べたことがあるのですが『ひょっとして??』と思ってです。どうせ今日はいまさら遠出出来ないし。
e0002314_1814371.jpg

e0002314_181527.jpg

『いるなら来いよ!』
となぜか上から目線でトンボを待っていたのですが、全く飛んでこず・・

オニヤンマ♂。
e0002314_1841571.jpg

リスアカネ♂。
e0002314_1855878.jpg

ヒメアカネ未熟♀。
e0002314_1861523.jpg

マユタテアカネ未熟♀ノシメ型。
e0002314_1863831.jpg

アオイトトンボ♂。
e0002314_186513.jpg

アオイトトンボ♀。
e0002314_1874137.jpg

e0002314_1875320.jpg

アオモンイトトンボ交尾。
e0002314_18275557.jpg


今日はタイワンウチワヤンマの数が多くなっていました。以前はこの池にはウチワヤンマしかいませんでした。2007年まではウチワヤンマしかいなかったのですが、2008年にタイワンウチワヤンマの最初の1頭を確認して以降どんどん増えてしまったようです。
タイワンウチワヤンマ♂。
e0002314_181218100.jpg

ウチワヤンマ♂。
e0002314_1813144.jpg

侵入したタイワンウチワヤンマがウチワヤンマより勢力を拡大する!
と言われていますが、福岡ではそのような表現は安易に使ってはいけないと思います。なぜなら、過去の福岡県のウチワヤンマの状況を誰も記録していないからです。昔、多かったのか少なかったのかもわからない県なのですから。自分は人の記憶はあてにしません。記憶なんかあいまいです。
県内の今のタイワンウチワヤンマの産地に昔はウチワヤンマしかいなかったことを証明できるような報文は見当たりません。
ここはよい実験場になってくれそうです。頑張れウチワヤンマ。
e0002314_18284684.jpg

大粒の雨が降ってきたので早めに撤収することにしました。
おまけ。カブトムシ。
e0002314_18311523.jpg

オシマイです。
[PR]

by bobtuck | 2011-08-14 18:38 | 福岡地区 | Comments(2)