<   2007年 02月 ( 11 )   > この月の画像一覧

 

福岡地区 川散策 念願叶うか

2007年2月25日
ちょっと忙しいため今日は行けるかな?と思ってたんだけどお昼に時間がとれたので川に行ってました。
今日もキイロヤマトンボ狙いで川の中流域です。なかなか綺麗な砂底で可能性大そうな場所でした。
オオカワトンボ。
e0002314_22195928.jpg

コシボソヤンマ。
e0002314_22201525.jpg

アジアサナエ属sp.。砂底に結構いました。キイロサナエ探しの参考になったかも。
e0002314_22213592.jpg

オニヤンマ。
e0002314_22214897.jpg

ダビドサナエ属sp.。
e0002314_2222711.jpg

コヤマトンボは何頭か砂底から入ったんだけど、目的の種はどうしても入りませんでした・・。
コヤマトンボ。
e0002314_22231569.jpg

5時間近くも探してましたが無念でした。また網を壊してしまった・・。何連敗だろうか。そうそう簡単にはいかないもんです。まぁ今後何年間かかってもいいから頑張って早く福岡のキイロヤマトンボを確認したいです。また腰痛がひどくなったかもしんない。
オシマイです。

by bobtuck | 2007-02-25 22:31 | 福岡地区 | Comments(0)  

早良区 川散策 電池との戦い

2007年2月24日
早良区の川に行っていました。別の区にも行っているけど面倒ですので分けていません。
川に向かう途中に昨日充電しといたカメラの電池を忘れたことに気付きました。予備の電池があるのですが、成虫シーズン以来ずっと使っていなくてバッテリー残量も残りわずかでした。フラッシュを使うと電池が切れそうになるので、これが本日の困ったことでした。
まずはとある河川中流域でいつもの種探しからです。川沿いを走っていると砂底っぽく見える場所がありました。降りてみると今までで一番期待出来そうな場所。
降りて網を入れますがヤゴがなかなか入らない。砂地では全く入りませんでした(涙)。
タイコウチ。
e0002314_21492466.jpg

網に入ったヤゴはこういった面々です。
ダビドサナエ属sp.、アオハダトンボ属sp.、コヤマトンボ、オジロサナエ。
e0002314_21501451.jpg

ふと思ったんだけど、はたしてキイロヤマトンボのヤゴは冬は採れるのかな。どっか移動するのかな。狙うなら春の方がいいのかな。
環境の写真を載せたいんですけど場所が割れるかもしれないので(別にいいとは思うんだけど)載せはしませんが期待出来そうな感じの場所でした。ここはこれからもたまに通おう。

場所を変えムカシトンボ探しで上流へ。
胴長を履いたままなので山道を歩いている時、ハイカーの目が気になってしょうがないでした。
いい場所を見つけたので網を入れます。
いましたムカシトンボ。
e0002314_2157320.jpg

ここは凄くいい場所でした。ここも成虫撮影しやすいかも。

ヒメクロサナエ。
e0002314_21591246.jpg

ここで網に入った面々。電池がないのでまとめて撮ってます。
ダビドサナエ属sp.。ヒメクロサナエ、ムカシトンボ、右下はオジロサナエよね?写真撮ったあと確認しようとしたらいなくなってた。
e0002314_2158544.jpg


移動して別の川へ。
こんな場所。いかにもいそうな感じ。
e0002314_2214256.jpg

ここにもいましたムカシトンボ。
e0002314_2224626.jpg

e0002314_2225971.jpg

えー先日、こういうふうに集めて写真撮ると乱獲してると思われるんじゃない?と言われたのですが、自分は基本的にほとんど採集はしておりません。証拠用に採集もしていますが、ムカシトンボを含めヤゴはほとんど逃がしてます。採集するにしてもその場所に1頭あれば十分じゃないかと思います。ので自分は沢山採集する人や密漁をする人とは、まず仲良くはならないです。幻滅することが結構あります。

ヒメクロサナエ。
e0002314_22205671.jpg

カワトンボ。
e0002314_22211133.jpg

ダビドサナエ属sp.。
e0002314_22214072.jpg

ここも上流にいるいつもの種ばかりでした。ホントいつも同じ様な写真ばかりです。
上陸ムカシトンボヤゴ探しもしたんですけど、気合が足りず無念でした。成虫撮影シーズンに向けていい場所が少しづつわかってきました。
オシマイです。

by bobtuck | 2007-02-24 22:37 | 早良区 | Comments(2)  

アジアイトトンボ

e0002314_0303332.jpg

未成熟時のメスの色が赤い時が好きであります。春に池の脇の草地で未熟メスが集まっているシーンが特に好きです。

福岡市ではアオモンイトトンボよりは分布が限られているようです。アジアイトトンボしかいない池があったり、アジアの方がアオモンよりも割合がとても高い池があったりで不思議です。アジアイトトンボはたまにトンボが全然いないような場所にいたりするので不思議なトンボだと少し思っています。

※ちょっと多忙なため(ただ疲れているだけなのですが)『勝手に振り返る』コーナーの更新が滞ってきました。成虫シーズンまでに全部振り返るのはおそらく難しそうです・・。

by bobtuck | 2007-02-23 00:46 | 勝手に振り返る | Comments(0)  

早良区 川散策 さらに腰が痛い

2007年2月18日
現役時代のホークス秋山2軍監督の大ファンでありました。ホークスに移籍した時にライオンズファンからホークスファンに乗りかえました。打ち方を真似してました。現役時代の成績はいまだに全て暗記しています。引退のとき涙しました。あのバネのような肉体、まさに鉄人でした。
今日もヤゴ探しをしていたのですが、腰がさらに痛くなってしまいました。もう少し腰にバネが欲しい。

さて、今日も駄文からはじまりましたが、早良区でヤゴ探しをしておりました。天気は雨が降ったりであまりよくなかった。
まずは川の中流域です。今日の目的もまずはキイロヤマトンボ探し。まずは、昨年アオハダトンボを確認した場所へ。やはりキイロヤマを狙うならアオハダトンボやオオカワトンボがいる場所だと思うんです。
川へ着いたら少しショックな光景が・・。河川工事をしてました。福岡市内だと今のところアオハダトンボはこの川にしかいないみたいなんで影響なければいいけど。
沢山いたのはオオカワトンボです。
オオカワトンボ。
e0002314_19295174.jpg

e0002314_1930041.jpg

オナガサナエ。思ったよりは少なかった。
e0002314_19302842.jpg

コシボソヤンマ。1頭しか入らなかった。ここは少ないのかな。
e0002314_19305636.jpg

アジアサナエ属sp.。左の方はキイロっぽい気が少しするけどやはりヤマかな。アジア属は持ち帰って見てもいまいちよくわからない。
e0002314_19331128.jpg

この場所は思いっきり中流域です。こういう場所では少し変わった種がいました。
ムカシトンボです。
e0002314_19355591.jpg

こういう場所にムカシトンボがいました。流されてきたんでしょう。
e0002314_19362421.jpg

たまに全然上流域じゃない場所で流されたと思われるムカシトンボを見るけど、こういう場所で羽化することは出来るんだろうか。

この川の今日網入れした場所には砂があまりなかったです。キイロヤマは見つからなかったけどカマツカみたいな魚が結構いたから絶対いないとは言い切れないけど可能性低そう。それにしても砂底の範囲が狭いなぁ・・。

場所を変え、上流域へ。
目的はムカシトンボです。めちゃめちゃムカシトンボいそうな場所です。網入れしながら川を登りますがなかなか入りません。これだけの場所にいないはずはないと焦って探してました。
まぁポイントを見つけてしまえば結構いるもんで、いくらか入りました。ここなら成虫写真が撮れるかもしれない。
ムカシトンボ。
e0002314_19492725.jpg

e0002314_19501717.jpg

水中のヤゴは相変わらず撮るのが難しい・・。ホント苦労します。

ダビドサナエ属sp.。ここはクロサナエの可能性大な場所だと思います。
e0002314_19514454.jpg

ヒメクロサナエ。
e0002314_1952214.jpg

山の中は雨で苦労しました。
そういうわけでオシマイです。

by bobtuck | 2007-02-18 20:00 | 早良区 | Comments(2)  

福岡地区 川、池散策 腰がいたい

2007年2月12日
最近、腰痛に悩まされております。起きてるときは何ともないのですが、寝てる時に痛くて起きてしまいます。自分は猫背でありまして、寝てる時にも寒いので猫背をしてるからなのかな?とかわけわからんことを原因に思っていたんですが、どうやらこれはヤゴ探しによる筋肉痛だと今頃気付いてしまいました。筋肉痛とは無縁だと思ってたのに。

さて、駄文からはじまりましたが、今日はヤゴ探しに行ってきました。
まずはある川へ。目的はキイロヤマトンボ探しです。だいぶ昔にキイロサナエを確認した事のある川に行ってきました。当時の記憶は川底が何だったのかをよく覚えてあまりありませんが、キイロサナエがいる川ですし川底がもしも砂だったら、ひょっとするとキイロヤマトンボがいるかもしれないと思ってです。
川に着き川底を見ると、残念ながら砂ではありませんでした。んじゃキイロサナエでも探すか!と網入れしていたんですが、アジア属の終齢サイズが網に入らない・・。ツルヨシが茂っている川はどうも苦手です。網に入ったのはアオハダトンボ属やオナガサナエ、コヤマトンボくらい。
コヤマトンボ。
e0002314_2135174.jpg


川を登っていきます。アオサナエ狙いに変えました。
一番多いのはやはりオナガサナエです。
e0002314_2121118.jpg

コシボソヤンマ。
e0002314_2123258.jpg

コオニヤンマ。
e0002314_21354114.jpg

頑張ったけどアオサナエが網に入ることはありませんでした。ことごとく狙い通りにいきません。

さらに川を登ってムカシトンボ狙いに変えました。2本沢を登ったけど今日はムカシトンボすら網に入りません。ここは産卵植物が少ないうえに実はもっと上にダムがあったりでいないかもしれません。と勝手に結論を出しました。

地図では山中に池があるので成虫シーズンのために下見しておくか、と杉林内を登っていると林内を歩く大きな鳥が!
アオサギでした。幼鳥かな。
e0002314_2175728.jpg

まさか杉林内にアオサギが歩いてるとは・・。ビックリしたよー
と思ったら、やはり様子がおかしく、ケガでもしたみたいでどうやら飛べなくなっているようです。
大きな嘴をもつアオサギを捕まえるわけにもいかないので池まで誘導してあげました。とりあえずは無事に池に誘導し餌を探し始めたので少し安心ましたが彼はどうなるんだろ。無事治って欲しいのですが。
さて池ではアオサギに見守れながらヤゴ探しをしていました。普段は自分は植生豊富な池では植物を荒らしたくないのでヤゴ探しはしません。この池はそんなに植生豊富というわけではないので、池で網入れしてました。外観からだとオグマサナエがとてもいそうな感じの池です。
ミズカマキリ。
e0002314_21285745.jpg

アジアサナエ属sp.。池だけど多分これはヤマサナエ。
e0002314_2124327.jpg

池だけどコシボソヤンマ。
e0002314_2125459.jpg

池だけどオジロサナエ。どっかから流されてきたのかな。
e0002314_21262457.jpg

e0002314_2126375.jpg

オグマサナエはいませんでしたがタベサナエがいました。まぁタベサナエだって簡単にいるサナエじゃないし確認できて良かった。
タベサナエ。
e0002314_21283331.jpg

ヤゴはうまく撮ることが難しいです。

おまけ。
これはサンショウウオの仲間の卵?長さ1m以上はあったけど。なんだろう。ヒキガエルかな。
e0002314_21324481.jpg

今日は珍しく暗くなるまでやってました。
オシマイです。アオサギが心配です。

by bobtuck | 2007-02-12 21:41 | 福岡地区 | Comments(0)  

福岡地区 湿地、川散策 

2007年2月10日
3連休です。3日間もヤゴ探しが出来ます!しかし、私もそこまで暇人ではないので探す時間があまりありません。時間が作れたら行きますが。
懲りずに今日もサラサヤンマを探しに行ってきました。時間がもったいないので今日はヤゴ探しには珍しく早起きして行きました。まずはこの前の日曜に惨敗した那珂川町の湿地へ。今日は那珂川町じゃない場所も行ってますが、場所をわけていくのが面倒なのでこれからは那珂川町も福岡地区にしていきます。
落ち葉をめくっているとたまにカエルがいます。越冬しているんでしょうか。
e0002314_2014112.jpg

興味があまりないので種名はよくわかりませんが通称モトヤチョップ氏に電話で聞いたらツチガエルじゃないの?との返事をもらいました。電話でモトヤ氏に説明しただけなので間違えてるかもしれません。自分もそろそろカエルを覚えないといけない・・。

今日は前回よりも慎重にヤゴ探しをしました。葉っぱ一枚一枚をめくって探すのでオオムラサキの越冬幼虫を探す感じです。サラサヤンマのヤゴは抱きつき反応が凄いらしいので是非とも自分の指に抱きついて欲しい!(※私、変態ではありません)
そういった願望を持ちつつ3時間ほど必死で幼虫探しをしていたのですが、結果は今日も無念でありました。やっぱレベルが高いなぁ・・。ま、これくらい当たり前だと考えてますので今後もサラサ探しを続けていくつもりです。

場所を変え川へ。ムカシトンボ探しをするつもりだったのですが昼から用事があるので山に入ることはしませんでした。中流域です。
多かったのはダビド属。
ダビドサナエ属sp.。環境からも多分ダビドサナエでしょう。
e0002314_20303381.jpg

e0002314_20304264.jpg

アジアサナエ属sp.。多分ヤマサナエでしょう。キイロサナエっぽいのは網に入りません。
e0002314_20311461.jpg

オオカワトンボ。
e0002314_20321627.jpg

e0002314_20322316.jpg

コシボソヤンマ。
e0002314_20333157.jpg


これはシマドジョウの仲間でしょうか。
e0002314_20374589.jpg

このシマドジョウの仲間は網に沢山入りました。シマドジョウの生態に詳しい人なら今日の自分の目的のヤゴがわかることと思います。
さてこれから!という時にタモ網が壊れてしまいました・・。コンパクトでお気に入りだったんですが酷使し過ぎた様です(私、かなり使い方が荒いみたいです)。
網も壊れてしまったし、午後から用事もありましたので早めに帰ることにしました。うーん最近ヒットがありません。
オシマイです。

by bobtuck | 2007-02-10 20:49 | 福岡地区 | Comments(2)  

ベニイトトンボ

e0002314_2213994.jpg

九州北部のベニイトトンボはどうもおかしい。他地域のベニイトトンボとは何か違う気がする。これは密かに思っていることです。

福岡を代表できるトンボではないかと勝手に思ってます。全国レベルだと珍しいですが、福岡だと割と見ることが出来ます。福岡市内に限ればキイトトンボの方が珍しいです。今は普通種ですけど他県の例とかを見ると将来どうなるかわかりません。だから『記録』として残さなきゃいけないと思うんです。

by bobtuck | 2007-02-08 22:25 | 勝手に振り返る | Comments(0)  

南区 湿地散策 リベンジなるか?

2007年2月4日
今月1日に惨敗したサラサヤンマのヤゴ探しに再度チャレンジしに行ってきました。場所は前回と同じ湿地です。気温も高く、まさにヤゴ日和でありました。
今回は強力な助っ人、通称オグ・ライアン氏に同行してもらいました。オグ・ライアン氏は30分で見つけると豪語し、我々2人であれば楽勝を勝手に予感しました。
サラサのヤゴはどんな場所にいるのか?ということについてですが、私は基本的に水中にはいなくて、落ち葉や石の下のジメジメした場所にいると思っているのですが、オグ・ライアン氏は水中説を支持していまして、今回は両方のやり方で網入れをやったのであります。
1人の場合だと喋ることもなく、ただ時間が過ぎていきますが、2人だと盛り上がるものです。
『網に何か入った!』
『なんすか?ヤンマ系すか?』
『オニヤンマや。オニヤンマが湿地で採れるとドキッとするな』
そうです。サラサ狙いの時にオニヤンマが網に入るとホント、ドキッとします。
私の方は陸上狙いでしたが、めくる落ち葉や石がなくなってしまったので途中から水中狙いに変えました。

シオヤトンボのヤゴは結構採れます。
シオヤトンボ。
e0002314_2020228.jpg

e0002314_20201326.jpg

カワトンボ。湿地の中でもたまに採れるので面白いです。
e0002314_20283465.jpg

多分ヤブヤンマ。
e0002314_20285688.jpg

手の上の写真ばかりだと、私の手相がバレてきそうです。
かなり頑張ったのですが、どうしても見つけることができませんでした。無念。
この後、那珂川町へ移動しました。下へ続く↓。

by bobtuck | 2007-02-04 21:39 | 南区 | Comments(0)  

那珂川町 池散策 リベンジなるか?2

2007年2月4日(南区からの続き)
オグ・ライアン氏の愛車で那珂川町へ移動してきました。
ここは昨日、自分がウチワヤンマチャレンジして敗北した場所。この池にはサラサヤンマのいる湿地もありますので、ウチワヤンマとサラサヤンマ両方狙いです。
まずはウチワヤンマを狙って網を入れます。昨日と同様に最深部と思われる場所に網を入れ、ひたすら泥ごとすくう繰り返しです。オグ・ライアン氏はかなり池に浸かって網を入れていますが、ウチワヤンマはおろかヤゴがなかなか入りません。どんなに網を入れてもウチワヤンマが網に入ることはありませんでした。さすがに採集困難なヤゴです。投網でもせんと採れないんじゃないか?と思いました。結局、網に入ったのはオグ・ライアンさんが意地で捕まえたコシアキトンボだけです。
コシアキトンボ。
e0002314_20463518.jpg

e0002314_20464398.jpg

最低オオヤマトンボと目論んでいましたが敗北に終わりました。

場所を変え、池の湿地部分へ。
この池は自分は何度も通っていたんですが、奥に行くと今まで気付かなかった小さな池があったり、いかにもサラサヤンマがいそうな湿地があったりで新発見が出来ました。特に湿地はいい感じで凄く期待がもてました。
血まなこで探しました。湿地の中に多数ある水溜りは全部網を入れました。枯葉や石もめくりまくりました。植物の根際の土も掘ってみました。
が・・結果は残酷なものでサラサヤンマのヤゴは確認することが出来なかったのであります。
今日はドロだらけになりました。ウチワヤンマもサラサヤンマも厳しいものです。
オグ・ライアンさん今日はどうもありがとうございました。
オシマイです。

by bobtuck | 2007-02-04 21:39 | 那珂川町 | Comments(0)  

那珂川町 池・川散策

2007年2月3日
那珂川町へ行ってきました。
まずはある池へ。目的はウチワヤンマのヤゴであります。ウチワヤンマのヤゴは池の深い場所にいるので普通の採集法だと捕らえるのが凄く困難ですが、この池はウチワヤンマが多いうえに冬場は水をかなり抜いているだろうから何とかなるだろうと予想し行ったのであります。是非あのカッコイイ姿を一度拝んでみたいのです。
池はあまり水を抜いていてくれませんでした。
e0002314_18592294.jpg

胴長を履いて池に入る時にやっと気付きました・・。
e0002314_1902449.jpg

池は水域全面が凍っていたのであります・・。今日は遅めに出発して池に到着したのが正午前だったのですがカチカチでした。厚さ5mm位でしょうか。まぁ胴長も履いてしまっているので池に入って網をガサガサしていました。私、実はかなりの冷え性でして・・。氷水の中だと足の指が辛くてたまりませんでした。
ウチワヤンマの採集法がわかりませんので、とにかく深そうな場所に網を入れて泥ごとすくう事の繰り返しです。泥にハマリそうで一人だと怖い。
こんなもんしか採れません。
アメリカザリガニ。めちゃめちゃいました・・。外来種め。
e0002314_1981163.jpg


なんだチミは?ドンコ?
e0002314_19113333.jpg

魚には全く興味がないのであまりわかりません。
アメリカザリガニを駆除しつつ、ウチワヤンマ探しで粘っていたのですが、ウチワは採る事ができませんでした。簡単にはいかないものです。アメリカザリガニは63匹を駆除しました。

場所を変え、川へ。まずはキイロヤマトンボが生息できそうな砂質の川はないかなー?と川沿いを走ってましたがそんな場所はなかなかないものです。那珂川流域はキイロヤマトンボ厳しそうです。
別の川へ。キイロサナエが沢山いる場所です。
e0002314_19285091.jpg

網を入れるとアジアサナエ属の小さなヤゴはたまに採れるのですが、キイロかな?というような大きなアジア属のヤゴは採る事が出来ませんでした。
コヤマトンボ。
e0002314_19274515.jpg


ここに多かったのはコシボソヤンマです。
コシボソヤンマ。100頭近く網に入ったんじゃないかな。でもここで成虫を見たことがない・・。
e0002314_1924117.jpg

e0002314_1924937.jpg


このまま下流へ降りてアオサナエ探しをするか、上流へのぼってムカシトンボ探しにするか迷いましたが、上流へいくことにしました。
オニヤンマ。
e0002314_1928367.jpg

ムカシトンボは見つかりませんでした。歯医者に行く時間になってしまって、あまり上まで行けなかったんですが網に入る他のベントスを見ると、ここにはいそうな気配があまりしないなーと思ったのであります。最上流部だとまだ期待できますが。
そういう訳で今日はあまり収穫なしの日となりました。
オシマイです。

by bobtuck | 2007-02-03 19:37 | 那珂川町 | Comments(6)