<   2007年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 

南区 池散策 体を壊すこともある

2007年3月28日
実は意外と体調管理は徹底しており風邪をひくことはあっても熱はほとんど上がらない自分ですが、生まれてはじめてインフルエンザなるものになってしまいました。油断してました。39.7度は苦しかった・・。オカユをはじめて一人で作ってみましたが、オカユも上手く作れない自分が悲しかった。よく考えると自分の作れる料理は焼きそばしかないことにさっき気付きました・・。今まで人任せばかりだったツケがまわってきたのかもしれません・・。あとはタミフルの副作用がでないのを祈るばかりです。
さて、駄文からはじまりましたが、今日は体調が少し回復したのでリハビリがてらツマキチョウを探して近所を散歩してました。さぼっていたのではありません。
ある池を歩いていたら、羽化当日のイトトンボがいました。2頭いましたが写真は撮れず・・。1頭は色が軽く出てましてアジアイトトンボ♂でした。今年新成虫初見です。ツマキチョウも1♂だけ見れました。

すぐ近くにバンがいました。
e0002314_2284360.jpg

『このバン逃げないなー。人慣れしてんのかな?でも何かこのバン興奮してるなー』と怪しく見ていると

ヒナが3羽いました。
e0002314_22112868.jpg

あーやっぱりね。だから興奮してんだ。母親の子を思う心はどの世界でも同じですね。
親と離れて暮らす期間が長くなってくると、最近はこういうの見るだけで幼い頃とか思い出して涙腺がうるんできます。こうみえて最近涙もろくなっちゃいました。
オシマイです。
[PR]

by bobtuck | 2007-03-28 22:23 | 南区 | Comments(2)  

早良区 川散策 こんな日もある

2007年3月25日
今日も朝からムカシトンボの羽化探しで早良区へ。ヤマメが釣れるらしく釣師が何人かいました。胴長を履いた自分は『釣れた?』と何回聞かれたことか。自分は今話題の蟲師です。
今日は何も見ていません。写真もほとんど撮ってません。山の中にいたので薄曇りな天気でした。夕方に晴れ間がでましたが時すでに遅し・・。
これはヤンマタケに近い仲間?自然というのは面白い。
e0002314_2150203.jpg

ヒメアカタテハ。
e0002314_2151774.jpg

こういう日もあります。
オシマイです。
[PR]

by bobtuck | 2007-03-25 21:54 | 早良区 | Comments(0)  

南区 川散策 素晴らしい天気だった

2007年3月23日
今日はかねてより重要な用事が午後からあったので休みでした。昼までは時間があったので飼育しているオニヤンマのヤゴ、通称『将軍』のエサとりもかねてムカシトンボ羽化を探しに行ってました。早良区の方に行こうか迷ったけど、すぐに家に帰ることの出来る南区の方に行ってきました。今日は天気もとても良く気温もあがったし、期待はしていました。明日は雨みたいですね。良かったー。今日がいい天気で。
まずは昨年散々探して、羽化殻2個しか発見できなかった川へ。
朝早くはまだ気温が低いですが、気温が高くなるとチョウがどんどん飛び出してきます。
1頭だけコツバメがいたので写真撮ろうとしたら寸前でテングチョウに邪魔された・・。昨年もコツバメは寸前で逃げられてるんだよな・・。
テングチョウ。
e0002314_0114715.jpg

テングチョウが元気過ぎて、他のチョウを攻撃するから他のチョウを撮るとき厄介でした。

ビロウドツリアブも沢山いるので春になったんだとシミジミ実感します。
e0002314_0135239.jpg

余談ですが、自分は結構最近までビロウドツリアブはビロウ・ドツリアブと区切って呼んでいました。植物の枇榔と関係あるのかと思ってました(恥)。ので『ドツリアブ』って何なんだろうと思ってました(笑)。これは南国育ちだからなんでしょうか。いや・・関係ないか・・。

ムラサキシジミ。
e0002314_023129.jpg

さて、川を2往復しましたが、羽化しているトンボは発見出来ずでした。2日くらい気温が高いだけじゃ簡単には羽化はしないのかな。
今年初のトンボ成虫を見ることが出来ました。
ホソミイトトンボ♂。
e0002314_0235797.jpg

ホソミイトトンボ♀。
e0002314_0241446.jpg

どんな場所で越冬しているんだろうか。
やはり成虫撮影はいいものです。見るだけで嬉しかった。こういう時につくづく趣味を持っていて良かったと思います。楽しくてたまらない。
別の川にも行きましたが、何も発見できませんでした。ヒメクロサナエもダビドサナエも来週かな。
キアゲハが飛んでました。なんじゃこらな写真ですが・・。
e0002314_034976.jpg

微かにキアゲハだとわかる物体が写ってました(笑)。

ウラギンシジミ♀。
e0002314_0345673.jpg


そういうわけでオシマイです。あ、将軍のエサとるの今日も忘れてしまった・・。
[PR]

by bobtuck | 2007-03-24 00:38 | 南区 | Comments(2)  

早良区 川など散策 開幕戦

2007年3月21日
午前中だけ早良区の川とかに行ってました。他の区も行ってますが、わけるのが面倒なのでいつものようにまとめてます。目的はムカシトンボの羽化です。自分にとっては今日は成虫シーズンの開幕日としました。近頃、休日も仕事場に行かないといけないので、最近は休日にトンボ探しが出来るのは午前中だけです。
時間がもったいないので朝早くから山の中にいましたが、あんまり朝早くから山の中にいても何もいないです。おまけに今日の午前中は曇ったり晴れたりであんまりいい天気ではありませんでした。
羽化中のものはいなくても羽化殻でもついてないかと散々見てまわりましたが、見つかりませんでした。サナエの羽化殻も何も発見出来ず。
カラスザンショウにくっついてる蛹を見つけました。
e0002314_071858.jpg

これはオナガアゲハでは?でも福岡でカラスザンショウは食樹になってるのかな?持ち帰りした方が良かったかな。

アセビが咲いてました。春を感じます。
e0002314_012313.jpg

聞いた話では、福岡には自生のアセビはないそうです。常々思っていたんだけど、福岡のコツバメはもともと何を食草にしていたんだろうか。

越冬イトトンボ狙いで池に移動しました。
ツチイナゴ。君はよく頑張って越冬したよ。
e0002314_015207.jpg

ツチイナゴがパタパタよく飛ぶので『ん?タベサナエ?』と何回かドキドキさせられました。ツチイナゴの飛び方は春に見ると、羽化直後のトンボの飛び方に似ていると思うのは自分だけでしょうか。

ツバメシジミ♂。
e0002314_0171817.jpg

ベニシジミ。
e0002314_0173182.jpg

キタテハ。
e0002314_0174661.jpg

晴れ間が出てきて気温が上がってきた昼頃に涙の撤収となりました。しかしこれも想定内です。開幕戦は黒星スタートでした。
オシマイ。
[PR]

by bobtuck | 2007-03-22 00:22 | 早良区 | Comments(0)  

福岡地区 湿地、川散策 とったどー

2007年3月17日
今日は自分にとって久しぶりの完全な休日であります。で、どうするか?と考えましたが、まだサラサヤンマのヤゴを見つけていなかったので湿地に行ってきました。約1ヶ月ぶりのサラサヤンマ探しです。今日は天気もよさそうだからホソミオツネントンボでもいないかな?というのも狙いでした。
こんな場所。
e0002314_17571623.jpg

今日は天気は良かったけど、風が強かったせいなのかホソミオツネンは見かけませんでした。今年はまだトンボ成虫を見れていません。週刊予報見ると来週末あたりはムカシトンボが羽化しそうな感じっすね。成虫シーズンが始まるとヤゴ探さなくなってしまうな・・。油山でもムカシトンボ探しをしたかったのに・・。
さて、サラサヤンマですが見つかりませんでした(笑)。簡単にはいかないもんです。まぁ、まだまだトンボ探しをする人生だと思うのできっといつか見つけることが出来るでしょう。今年はサラサヤゴは諦めました。

場所を川に変えました。目的はミヤマサナエのヤゴ探しです。ある程度の規模の川であれば普通にいるヤゴですが、福岡市内や近郊ではナゼかあまり見ないヤゴです。川を走っていると、いい砂底を見つけました。付近にはマンションや住宅地がある場所なんですが、砂底沿いに竹林があるような場所。ここはキイロヤマがいるかもしれない!とピンときたのでそこで網を入れてました。
よどみに網を入れます。
コオニヤンマ。
e0002314_1812493.jpg

アジアサナエ属sp.。多分ヤマサナエなんだろうな。
e0002314_18141182.jpg

目的のヤゴも網に入りました。
ミヤマサナエ。
e0002314_18102530.jpg

多くはないですが、いくらか網に入りました。
あとはホンサナエとアオサナエがいる場所を探さないといけない感じです。

いました!キイロヤマトンボ。
e0002314_18144923.jpg

e0002314_18173833.jpg

念願の終齢サイズです。いや~網に入った時は感激しました。こんな場所に生き残っていたとは。
顔がカッコイイ。
e0002314_18175147.jpg

終齢サイズ同士でこれが撮りたかったんです。
左キイロヤマトンボ。右コヤマトンボ。
e0002314_18184673.jpg

e0002314_18185427.jpg

1時間程しか網を入れなかったんですが、キイロヤマトンボは網にいくらか入りました。
e0002314_18194045.jpg

このトンボが生息するにはやはり砂底が一番大事ですが、あとは樹林だと思います。特に竹林がある場所は要注意だと思います。
ここは市内近郊だと個体数が多い場所かもしれません。ただし付近は住宅地。いつ消えてしまうかもわかりません。大事にして欲しい場所です。写真もとても撮りやすそう。いい場所を見つけました。
終齢サイズのヤゴを採ってしまうと証拠用に標本にしたくなるのですが、全国的な希少種でありますし、なんか心が痛むので全部逃がしました。あまり採集をしないというのは自分の悪いとこかもしれません。
オシマイです。
[PR]

by bobtuck | 2007-03-17 18:35 | 福岡地区 | Comments(0)  

西区 川散策 キイロは手強い

2007年3月10日
西区に行ってきました。朝7時頃に家を出た時は晴れ間もあったんで、越冬イトトンボもついでに見に池に行こうかな?と思っていたんですが、川に着いたら雨が降ってきてしまいました。今週は期待していたんだけど・・。ほとんど徹夜状態でしたのでバイクの運転が今日は危険だった。
場所は昨年見つけたキイロサナエを多産する川です。ここにはアジア属ではキイロサナエしかいないはずです。ヤマサナエはまずいない環境。確実にキイロサナエのヤゴだというものを見とこうと思って行ったのであります。キイロサナエはヤマサナエと色が違うと書かれた本がありまして、これから自分もアジアサナエ属を出来るだけ同定したいので、出来るだけキイロサナエのヤゴを見ておきたいのです。10年も見続ければ何とかなるかな。

こんな場所。いかにもキイロサナエが好みそうな環境です。
e0002314_23434295.jpg

もしも砂底でもあればキイロヤマトンボいないかな?というのも思っていたんですが、ここには砂がありませんでした。

いつもならアジア属の若齢ヤゴが入ったらポイポイ逃がしますが、今日は若齢ヤゴも撮影しています。それにしても若齢ですらヤマサナエのようにはなかなか網に入りません。キイロヤマトンボといいキイロサナエといい、『キイロ』と名前につく種はなかなか手強いです。
入った若齢は3頭だけ。でも間違いなくキイロサナエでしょう。やはり細い。
キイロサナエ。
e0002314_23524813.jpg

全部、泥の中にいました。もし大きな川でこんなの捕まえたら、ナゴヤサナエと勘違いしてしまうかもなー。
それにしても私の手は恥ずかしいくらいにふやけています。最近、水の中ばかりいるので手にツヤがなくなっています(悲)

この川はとにかくヤゴの種数が少ないです。成虫シーズンの時もキイロサナエ以外は貧弱なトンボ相でした。
ショウジョウトンボ。
e0002314_23572238.jpg

シオカラトンボ。
e0002314_23573457.jpg

あとはアオハダトンボ属と多分シオヤトンボかな?ってのがいたくらいです。

雨が結構降ってきて、カッパを忘れたので帰りのバイクの心配をしていたんですが『終齢サイズを見れないまま帰れるか!』との思いが強くなり、歯医者に行かないといけない時間ギリギリまで網を入れていました。
願いは通じました。
キイロサナエ。ついに入った終齢!
e0002314_034698.jpg

見た瞬間つい『うぉーヤマと全然違うじゃん!』と独り言を言ってしまいました。自分がホンモノの独り言を言う時は感動した時だけです。
e0002314_062578.jpg

それにしてもカッコイイヤゴです。手にとると腹をクネクネするのが印象的でした。
なんか色がヤマサナエと違う気もするけど、それ以前に雰囲気が違う印象を持ちました。ま、網に入った終齢がこれだけだったので特に何も言えませんが。こういうことを繰り返していってアジアサナエ属がわかるようになればいいなと思います。それにしてもヤマサナエと違い、なかなか網に入れることが難しいヤゴです。ここには成虫はあんなに沢山いるのになんでかな。

今までのアジア属ヤゴをアジアサナエ属sp.にしといてよかったー。あれらは多分、ヤマサナエですね。
オシマイです。
[PR]

by bobtuck | 2007-03-11 00:24 | 西区 | Comments(0)  

福岡地区 川散策 灯台下暗し

2007年3月3日
朝から昼までキイロヤマトンボを探しに川へ行ってました。この場所は以前から成虫シーズンに通るたびに気になっていた場所です。気にはなっていたんだけどアプローチがメンドクサイから素通りしていた場所でもあります。とにかく今日はいい予感がしていました。年に1度くらいはこういう予感を感じる日があります。
網を入れます。今日は時間も限られているし、とにかく必死でありました。
アジアサナエ属sp.。一番左はキイロサナエな感じがするんだけど・・。
e0002314_2434275.jpg

オニヤンマ。
e0002314_2445774.jpg

ダビドサナエ属sp.。環境からも多分ダビドサナエ。
e0002314_2452141.jpg

砂をあさっているとよくシマドジョウの仲間やスナヤツメ(と思う)は網に沢山入ります。通称モトヤチョップ氏に種名がわかる写り方の魚の写真を頼まれていたのですが、面倒なのでパスでした。
コヤマトンボ。やはり沢山入ります。
e0002314_2511455.jpg


ついに入りました!
キイロヤマトンボ。小さいサイズですが。
e0002314_2523345.jpg

e0002314_2524433.jpg

水の中に入れたら泳ぐ泳ぐ。もの凄い速さで泳いでいきます。これまでに県外とかでは何回か採ったことはあったのですが、川の中に戻して再び観察するというようなことをしたことがなかったためこんなに泳ぐものだとは思わなかった。
e0002314_2552131.jpg

左キイロヤマトンボ。右コヤマトンボ。
e0002314_256963.jpg

あぁ・・昨年の成虫シーズンにここに来るべきだった・・。まぁとにかく、福岡県のキイロヤマトンボが確認できたので良かったです。次は市内だな。福岡市内にも絶対いるはずだと思います。
オシマイです。
[PR]

by bobtuck | 2007-03-04 03:02 | 福岡地区 | Comments(2)