<   2007年 06月 ( 12 )   > この月の画像一覧

 

福岡地区 川散策 何が原因なのか

2007年6月30日
この時期、天気が悪いのは当たり前なので、土日に晴れてくれることばかりに期待はしていません。それにしても天気とキイロヤマトンボの出現状況の関係がイマイチわかりません。このトンボが飛ぶのには気温、湿度、日照、風など、どれが一番大事なんでしょうか。

朝起きたらいい天気とまではいきませんが、薄日が差していました。まぁ、ここまでくればキイロヤマトンボのことがとことん知りたいので先日の場所にまた行ってきました。最近、過労気味なので早起きは正直きついのですが今日は早朝から行ってました。
やはり川にはキイロサナエが多いです。このトンボのオスを見て思うのはメスが飛来してくる場所が何でわかるんだろう?ということです。教えられたわけでもないのに不思議です。本能って凄いです。
キイロサナエ♂。
e0002314_22122936.jpg

e0002314_22123845.jpg

キイロサナエ交尾。
e0002314_2212547.jpg


コオニヤンマ♂。よくもまぁこんな器用にとまれるもんだ。
e0002314_2215106.jpg

e0002314_22152285.jpg


川を歩いている時に変なサナエがいました。色が黄色っぽかったので『ん?ミヤマサナエ?でも今の時期はまだ違うだろう。アオサナエかキイロサナエのメスかな?』と思いよく見てみたらミヤマサナエでした。もう縄張り張ってたとは想定外でした。
ミヤマサナエ♂。
e0002314_22174988.jpg

e0002314_2218396.jpg

ひょっとしてアキアカネみたいに山に登らない個体もいるんじゃないだろうか。

コシアキトンボ♂。
e0002314_22184530.jpg

最近いつも同じ様な場所に行ってますので写真がホント代わり映えしません・・。
キイロヤマトンボが何故か現れませんでしたので昼前に場所を変えることにしました。朝はコヤマトンボが1頭飛んでただけです。

場所を池に変えました。
サラサヤンマ♂。この時期までよく頑張った!。
e0002314_22234416.jpg

シオカラトンボ♂。
e0002314_22235969.jpg

オオシオカラトンボ♂。
e0002314_22241788.jpg

コシアキトンボ♂。
e0002314_22243817.jpg

アオイトトンボ♂。粉をふきはじめてます。
e0002314_222539.jpg

アオイトトンボ♀。
e0002314_22253499.jpg

ウチワヤンマ♂。
e0002314_22255697.jpg

オオヤマトンボ♂。
e0002314_22294193.jpg

オオヤマトンボ♀。産卵中なんですが打水の瞬間を撮るのは難しいです。
e0002314_22295526.jpg

暑くなった昼頃に一度家に帰ることにしました。電池の充電と休憩のためです。今日みたいな暑い日は昼頃にはトンボ探しを終えて、クーラーガンガンに効いた部屋でビール飲んでデーゲームのホークス戦見ながらいつのまにか寝るという昼寝がしたいっすね。私もオヤジ発想になりました。

夕方前にまた川に戻りました。夕方のキイロヤマトンボ狙いです。偶然にもROKUさんと一緒になりました。
アオハダトンボ♀。もうそろそろアオハダはいなくなりそうです。
e0002314_22415072.jpg

ハグロトンボ交尾。増えてきました。
e0002314_22423070.jpg

二人で探したのですが残念ながらこの日の夕方はキイロヤマトンボは全く飛びませんでした。前回来た時は結構飛び出してくれたのですが今回は残念です。前回はキイロサナエも今日の夕方みたいな天気でも交尾や産卵が見られたのですが、キイロサナエの動きもかなり鈍かったです。一体何が原因なんでしょうか。ますますキイロヤマトンボのことが知りたくなりました。
ROKUさんどうもありがとうございました。
オシマイです。
[PR]

by bobtuck | 2007-06-30 22:46 | 福岡地区 | Comments(0)  

南区 湿地散策 時間つぶし

2007年6月24日
昨夜、オデコ兄貴と飲みすぎたせいで今朝は早朝からは行きませんでした。朝早くに起きたら雨が降っていたので今日は昼からどっか行くことにしました。
昼あたりになると雨もたいして降らなくなったので出かけることにしたのですが、諸事情がありまして遠い場所には行けません。散々迷いましたが、いつもの場所に夕方のキイロヤマトンボを見に行くことにしました。本当は一番トンボのいい時期なので探したい種が山ほどあるのに・・。今年はついていません。
夕方までは時間があるので、昨日サラサヤンマを撮った場所に時間つぶしに行くことにしました。
オニヤンマ羽化殻。
e0002314_2049257.jpg

ウチワヤンマ♂。この場所の草むらには毎年ウチワヤンマの未熟個体が集まります。
e0002314_20494161.jpg

モノサシトンボ♂。
e0002314_2050330.jpg

ベニイトトンボ♂。
e0002314_20505168.jpg

オオチャバネセセリ。
e0002314_20552463.jpg

どん曇りの天気ですので、特にめぼしい種もいませんでした。サラサヤンマも訪れた時間には飛んでませんでした。
暇なので場所をキイロヤマトンボの川に変えることにしました。下に続く↓。
[PR]

by bobtuck | 2007-06-24 21:24 | 南区 | Comments(0)  

福岡地区 川散策 天国

2007年6月24日(南区からの続き)
南区からプラプラ移動してきました。いつもの場所に行こうとしたのですが、夕方まで時間もあるので、いつもとは違う場所に行ったりしました。
ヤマセミが飛んでるのを見つけたので追いかけていると凄い場所に辿り着きました。その場所の風景を見たとき驚愕してしまいました。なんと川底が目に見える範囲全部砂なのです!さらに両岸はすべて樹木とキイロヤマトンボが生息するにはもってこいの場所です。
『なんだここはー!キイロヤマの匂いがプンプンすんぞー!』
『何で今までここに気付かなかったんだ!』
みたいな独り言を言ってたかもしれません。瀬はほとんどなく水深も10~20cm程度。凄まじく砂底の場所でした。しかも砂底の範囲が今までで一番広い。
そんなわけですので、今日の夕方はここでキイロヤマトンボ探しをすることにしました。
夕方まではやはりキイロヤマらしき個体は全く飛びません。キイロサナエやハグロトンボがちょこちょこいた程度です。天気が良ければ色々なサナエが見れそうです。
キイロサナエ♂。
e0002314_2174094.jpg

キイロサナエ♀産卵。
e0002314_2175693.jpg

キイロサナエ交尾。
e0002314_2181011.jpg

アオハダトンボ♀。
e0002314_2182421.jpg

不覚にもカメラの電池を忘れてしまったのでキイロヤマトンボに備えて他の種はあまり撮りませんでした。充電もたいしてしてない予備電池でなんとかやりくりしてました。

16時になると、キイロヤマトンボが飛びはじめました。時間きっちりで不思議なトンボです。予想通り、この場所にはキイロヤマトンボは結構いました。川の中州に座り込んでキイロヤマトンボを楽しみました。
キイロヤマトンボ♂。
e0002314_21131669.jpg

e0002314_21133159.jpg

e0002314_21134023.jpg

e0002314_21134922.jpg

とにかく自分の目の前をずっと飛んでるので興奮の連続です。水の中にずっと浸かってますと胴長の穴から水が結構入ってズボンがびしょ濡れなのですが、そんなことさえ忘れてキイロヤマに夢中になってました。
天気さえ良ければもっとマシな写真が撮れたと思うのですが、まぁ天気に文句言ったってしょうがないです。それにしても今日は楽しかった。いい場所を見つけました。
オシマイです。
[PR]

by bobtuck | 2007-06-24 21:24 | 福岡地区 | Comments(4)  

南区 湿地散策 さらばメリー

2007年6月23日
福岡市は朝から小雨が降ったりやんだりです。バリバリ梅雨です。
こんな天気でもトンボ狂のアイツはまた行ったのでは?と思っている方もいるかもしれませんが、今日は用事があるので出かけるのが不可能です。私もそこまで暇人じゃないので。
盗賊の被害にあったメリー号が修復されたので引き取りに行ってました。メリー号の修復具合を確かめつつ、帰りに南区のサラサヤンマの湿地に少しの時間だけ寄ってきました。
もうメリー号を私は使わないかもしれません。サウザンドサニー号に乗り換える予定です。メリー、白い聖地に戻って頑張ってくれ。
通称オグ・ライアンさんと通称モトヤチョップ氏にしか理解できないと思います。

時間がなかったので10分程度しか見れませんでした。
サラサヤンマ♂。
e0002314_16134322.jpg

初の試みでPhotoshopを使ってみました。せっかくパソコンにフォトショップ入れているので試しです。フォトショップってズルイなーコレ笑。しかし面倒くさい。
オシマイです。
[PR]

by bobtuck | 2007-06-23 16:28 | 南区 | Comments(2)  

鹿児島スイッチ入っちゃった 2

2007年6月17日
午前中だけ実家の近所でトンボ探しをしていました。車で15分くらいの場所にある鹿児島市内の里山です。
2年程前に見つけた湿地に行きました。個人的に、この湿地にはネアカヨシヤンマが多分いるのでは?と思ってます。
ハラビロトンボ羽化殻。
e0002314_23394831.jpg

ハラビロトンボ♂。
e0002314_2340617.jpg

ウラナミジャノメ。福岡と違ってウラナミジャノメはまだいます。
e0002314_23402364.jpg

キアゲハ幼虫。
e0002314_2341916.jpg

キマダラセセリ。
e0002314_2342046.jpg

コフキヒメイトトンボ♂。
e0002314_23422061.jpg

ヤンマはマルタンヤンマの産卵とクロスジギンヤンマが少しいただけです。ネアカは確認出来ませんでしたが、いつか時間をかけてゆっくり調べてみたい場所です。

場所を付近の川に変えました。ミナミヤンマの羽化殻でもないものか?との狙いです。見つけられませんでしたが、可能性高いと思うんだよなー。いつかヤゴ探しをこの川でしてみたいですね。
アサヒナカワトンボ褐色翅型♂。福岡とは違い南九州の色のついたカワトンボの羽は全部こんな感じです。飛んでる時は黒く見えます。
e0002314_23501311.jpg

アサヒナカワトンボ無色翅型♂。
e0002314_23503317.jpg

天気にも恵まれず、ことごとく目的の種は確認出来ずじまいでした。まぁ、こんなこともあります。いつかまた鹿児島のトンボをゆっくり調べたい気持ちはあります。
南九州編はオシマイです。
[PR]

by bobtuck | 2007-06-17 23:57 | 遠い場所 | Comments(0)  

鹿児島スイッチ入っちゃった 1

2007年6月16日
某CMの小西真奈美と同じように鹿児島スイッチが入ってしまったので故郷鹿児島に帰っておりました。
鹿児島県というのは奄美諸島等もあり南北に非常に長い県ですのでトンボに限らず昆虫の種類がとても多い県です。恵まれた場所で育ったもんだとよく思います。
今回のメイン目的は察しがつくかもしれませんがミナミヤンマであります。自分のふるさとを代表するこのトンボは是非写真に納めたい訳です。

雨が降ったり止んだりの微妙な天気ですが南薩方面に向かいます。ミナミヤンマの鹿児島での確実な発生地を自分は知りません。未熟個体が集まる場所2ヵ所しか知りません。その未熟個体が集まる場所へ向かい車を走らせますがやはり天気が…その2ヵ所は山中にあるので『これはダメだ』という訳で南薩はあきらめ北上することに…。
両親にトンボ撮りに付き合ってもらったのですが、父親がベッコウトンボを見てみたいというので超有名産地に行ってみました。素人なんですが『お前より俺の方がトンボは知ってる』が口癖の父が自分より早くベッコウトンボを見つけていきます・・。
ベッコウトンボ♀。
e0002314_2374991.jpg

母親が『あれコムラサキじゃないの?』とか言うので見たらクロコムラサキです。その写真を撮れなかったのが非常に残念でした。いつも思うけど、この池は池の生き物の撮影にはむいていない池です。
リュウキュウベニイトトンボ♂。とても多かった。
e0002314_23113751.jpg

アオビタイトンボ♂。
e0002314_23115223.jpg

コシアキトンボ♂。
e0002314_2313918.jpg

チョウトンボ♀。
e0002314_23135337.jpg

ゴマダラカミキリ。めちゃくちゃいました。
e0002314_23141717.jpg

ベニツチカメムシ。鹿児島に来たな~と感じます。
e0002314_23145021.jpg

天気が悪く池の水面にはトンボがほとんど飛んでませんでした。

天気は悪いのですが、大雨が降るという感じではないので、面倒くさがる父親を説得して南薩方面にやはり行くことにしました。
ある池に行きました。ここは自分が中学の時まではベッコウトンボが沢山いた池です。もうベッコウトンボはいない池。目的はひょっとしたら最近記録されているオオメトンボがいないかな~です。
モノサシトンボ♂。
e0002314_23181487.jpg

リュウキュウベニイトトンボ♂。
e0002314_2323119.jpg

アオビタイトンボ♂。
e0002314_23231964.jpg

人が多くてトンボ探しどころではありませんでした。オオメトンボはもっと時期があとのほうがいいかもしれないです。

さらに説得して場所を変えました。ミナミヤンマの集まる場所です。しかし山中は雲がかかっていてミナミヤンマが飛ぶ気配さえありません。トゲオトンボ探しにしました。
山道の沢を見ていくとたいがいの沢にいました。
キュウシュウトゲオトンボ♂。
e0002314_23295884.jpg

e0002314_2330874.jpg

キュウシュウトゲオトンボ♀。
e0002314_23302619.jpg

トゲオトンボを福岡市内で発見するのが自分の願望です。しかし、それにしても撮るのに苦労するトンボです。

結局ことごとく狙いの種は見れずじまいでした。ミナミヤンマを見るには梅雨の時期の土日が雨だったらまた来年という感じでしょうか。
まぁ実はこの土日に帰ったのは母親の誕生日と父の日が重なったのも理由です。いい年して親とトンボ探しに行くなんて・・と思われる方がいるかもしれませんが、うちは家族の仲が非常にいいため帰郷した時はいつも連れまわしています笑。両親の夫婦仲がとてもいいため家族は仲がいいんだと思います。
[PR]

by bobtuck | 2007-06-17 23:57 | 遠い場所 | Comments(0)  

福岡地区 川散策 うまく撮れなくても楽しい

2007年6月10日
今日は所用があったので早朝にはキイロヤマトンボ探しには行きませんでした。
用事があった場所の近くにキイロサナエの産地があるのでそこに行ってきました。昨年はヤマサナエと混じって確認できたんですが、今日はキイロサナエは確認できてません。時間が悪かったかな。
ヤマサナエ♂。
e0002314_2036491.jpg

ヤマサナエ♀。
e0002314_20362867.jpg

オオシオカラトンボ♂。
e0002314_20365998.jpg

アサヒナカワトンボ無色翅型♂。
e0002314_20375658.jpg

コオニヤンマ未熟♀。
e0002314_20381651.jpg

ヒオドシチョウ。昨年あたりから平地でもよく見てます。
e0002314_203951.jpg


夕方前からキイロヤマトンボの場所に移動しました。
少ないですが、川の真ん中を飛ぶ多分キイロヤマだと思われる種が飛んでます。
結構近くを長いこと飛んだりしてくれたのですが、いい写真は全く撮れませんでした・・。でもとても楽しかった。何か羽の動かし方とかの雰囲気がコヤマトンボとはかなり違う気がしてきた。
下の写真はキイロヤマトンボで多分間違いないでしょう。カメラの設定を間違えたりピンボケだったりで写りが悪いのが心苦しいですが・・。
キイロヤマトンボ♂。
e0002314_2048148.jpg

e0002314_20481188.jpg

このトンボのファンが多いのが納得できます。魅力のあるトンボです。いつの日かドンピシャな写真撮ってみたいですね。

おまけ。ヤマカガシ。
e0002314_2052924.jpg

オシマイです。
[PR]

by bobtuck | 2007-06-10 21:21 | 福岡地区 | Comments(0)  

早良区 湿地散策 ハッチョウトンボ

2007年6月9日(福岡地区からの続き)
通称モトヤチョップ氏と福岡市内に移動してきました。
とある湿地に行ってきました。目的はハッチョウトンボです。モトヤチョップ氏はまだハッチョウトンボを見た事がないとのことなので一緒に見ようとのことです。
天気は午後になって晴れてきたけど風が強くて寒いのでどうかな~?と思っていたんですが、沢山いました。
ハッチョウトンボ♂。(写真NGのモトヤ氏の公開写真はこれが限界です。)
e0002314_21143510.jpg

e0002314_21123034.jpg

ハッチョウトンボ♀。
e0002314_21124816.jpg

ハッチョウトンボ未熟♂。
e0002314_2113711.jpg

ハッチョウトンボ羽化直後♂。
e0002314_21132843.jpg

ハッチョウトンボ羽化殻。
e0002314_21134785.jpg

このトンボの小ささが伝わるにはどうすればいいんでしょうか。こういう写真じゃ伝わらないですね。
モウセンゴケの仲間も生えてました。福岡でモウセンゴケを見たのは初めてです。ハッチョウトンボが捕まってないか?と探しましたが羽だけが残っているものがありました。
e0002314_21191219.jpg


自分の目的はひょっとしたらの可能性でのモートンイトトンボ探しだったんですが、これは確認出来ず。ここの湿地ではちょっと草の丈が足りないのかもしれない。
アジアイトトンボ♀。
e0002314_21175895.jpg

シオヤトンボ未熟♂。
e0002314_2120311.jpg

何年か前にハッチョウトンボを見つけた別の場所も調べてみたのですが、そこでは確認出来ませんでした。以前と比べると環境がだいぶ変わっており、もういなくなっているかもしれません。水も枯れ気味で草も茂った環境になってました。
モトヤチョップ氏ありがとうございました。
オシマイです。
[PR]

by bobtuck | 2007-06-09 22:10 | 早良区 | Comments(0)  

福岡地区 川散策 執念

2007年6月9日
今日もキイロヤマトンボ狙いで朝から昨日までと同じ場所へ。これで5回連続であります。朝のうちはぶ厚い雲が覆っており肌寒く、朝の飛翔は期待できない感じでした。今日は多分飛ばない日だなぁ~と思いながらも念のため見ておこうという感じです。
今日はコースを変えました。いつも最初に行く場所よりもあとに行く場所の方が自分的にはキイロヤマっぽい個体が飛んでる気がするからです。
現地に着くと案の定トンボが全く飛んでません。キイロサナエもここにいた午前中では全く飛んでいませんでした。
オナガサナエの羽化殻が多数ありました。
e0002314_20383830.jpg

e0002314_20393511.jpg

昨日は数える程しか見ていませんでしたので昨夜のうちに一気に羽化したものだと思います。トータルで41個ありました。おそらくこの何倍もの個体数が羽化していると思います。このトンボの羽化撮るには夜来なきゃいけないから撮るために来ようとはあまり思わないなぁ。

相変わらず雲が厚いので諦め半分で川を歩いていると、8時半頃に1頭だけMacromia属が飛翔してるのを見つけました。目の前を飛翔した時に、どう見ても雰囲気が違うように感じたので『これはキイロヤマだ!』と確信しました。何度か飛んでくるのですが、コシアカツバメに追いかけられたりで網を振るチャンスな場所に来ません・・。
・・が、一瞬でした。
網に入っちゃいましたー!

ドキドキしながら慎重に中身を見ると・・
キイロヤマトンボ♂でした!
e0002314_20484334.jpg

いやー嬉しかったというかホッとしました。色々な方から応援等を頂いておりましたので安心しました。これでヤゴと成虫の両方を記録として残すことが出来ます。福岡県では半世紀近く正式な記録がないトンボらしいので何とか記録として残したかったトンボです。ホント色々な方に感謝します。これでやっと、とりあえずは飛翔写真狙いに切り替えられる。
結局この場所にいた午前中で飛翔を確認できたMacromia属はこの個体だけでした。コヤマトンボも飛んでいませんでした。天気が原因でしょうか。運が良かったです。

アオハダトンボに混じってハグロトンボの未熟個体がポツポツ見られるようになってきました。
ハグロトンボ羽化当日♀。
e0002314_2104190.jpg

モノサシトンボ♂。河川中流域でこのトンボを見たらドキッとします。グンバイトンボはこの場所ではどんなに探しても見つかりません。
e0002314_2112984.jpg

おまけ。死にかけのカマツカ。ここにはカマツカが沢山います。
e0002314_2122595.jpg

お昼頃に、通称モトヤチョップ氏がやってきました。
別の場所に向かいました。下へ続く↓
[PR]

by bobtuck | 2007-06-09 22:10 | 福岡地区 | Comments(6)  

福岡地区 川散策 4回連続

2007年6月8日
今日は午前中だけ先日と同じ場所に行ってきました。飽きやすい自分には珍しく、これで4回連続になります。予報では晴れだったので期待していたのですが、現地に着いた朝6時頃には何と言うか薄曇りな天気で・・。結局、この薄曇りの天気は9時半頃まで続きました。日頃の行いが悪いので不運なんでしょうか。

今日もこれまでと同様のコースです。この場所では河川の中央部で産卵するMacromia属のメスを2個体目撃したのみでした。産卵中のメスにはホント近づくことが出来ません。そりゃあっちだって命がけなんだし、簡単には近づかせてくれないか。コヤマトンボも含め、オスは全く飛翔していませんでした。これは天気が原因なんでしょうか。
オジロサナエの羽化がピークのようで沢山の羽化殻がありました。
オジロサナエ羽化殻。
e0002314_23212162.jpg

オジロサナエ♂羽化中。
e0002314_23214988.jpg

ミヤマサナエ羽化殻。
e0002314_2322648.jpg

他はオナガサナエの羽化殻1つ見つけたのみ。川の上を飛ぶ個体が気になり過ぎて羽化殻探しに本腰を入れることが難しいです。
いくら待ってもMacromia属が飛ぶ気配がないので、場所をいつもの場所へ変えました。

移動してきました。この場所でもMacromia属はなかなか飛びません。オスの飛翔はどっちかわからない1頭のみでした。メスは明らかにコヤマトンボのメスというのが1度産卵していたのを見ただけです。こんなにMacromia属が飛ばない日があるんですね。

河川上をキイロサナエはよく飛翔しています。
個人的に嬉しい個体をネットしました。
キイロサナエ♂。いわゆる典型的なキイロサナエです。福岡ではオスは線がつながっているものばかりしか見たことなかったので、こういうタイプは福岡では初めてです。生態写真撮りたかったなー。
e0002314_23265841.jpg

ホンサナエ♀。
e0002314_23292511.jpg

今日もキイロヤマトンボは確認出来ずです。今日は昼からいい天気になったので夕方まで粘ってみたかった。いつも同じ場所なので写真も同じ様なものばかりですね・・。
近頃、個人的に色々な方からキイロヤマ確認のための応援を頂いているので期待に応えたいのですが・・。明日、明後日も探しに行ってきます。天気に恵まれればいいのですが・・。
オシマイです。
[PR]

by bobtuck | 2007-06-08 23:41 | 福岡地区 | Comments(2)