<   2008年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧

 

福岡市内のとある場所 池散策 超はしゃいだ

2008年4月29日
GWです。今年はどういうトンボ連休になるでしょうか。今年は福岡ではGWあたりに春のトンボ達が一斉に出揃ってしまいそうで今年のGWは忙しそうです。

今日は通称モトヤチョップ氏と共に活動してきました。公の場に現れることの少ない謎の男モトヤチョップ氏。その全容は謎でありますが、数少ない同年代のトンボ愛好家であります。20代のうちに若者トンボ同盟を作らねば。
自分はこだわって種を探していますので一人で調べることが多い(好き)のですが、近頃、知人とのトンボ探しが多くなってきました。

さて、今日は福岡市内のベッコウトンボの産地に行ってきました。自分は既知産地には全然興味がなく、ほとんど新産地探ししかしていませんが、まぁ通称モトヤチョップ氏にも見て欲しいし、福岡でトンボを調べている者として今年の発生状況も知っとかなきゃなという感じです。
昨年も言いましたが、ベッコウトンボは種の保存法に指定されているトンボですので区は伏せておきます。捕まえたらいけませんよ。パクられます。

最初に行った池。
いてくれて安心しました。
ベッコウトンボ♂。まだ半成熟くらいでしょうか。
e0002314_18262421.jpg

ベッコウトンボ未熟♂。
e0002314_1827576.jpg

ベッコウトンボの飛翔写真を狙ってモトヤ氏と粘っていましたが、やはりこのトンボは自分にはとても難しいトンボです。私のはしゃぎっぷりが激しかったらしくモトヤ氏は呆れてしまったようでした。叫びすぎました笑。
ベッコウトンボ♂。
e0002314_18272758.jpg

ヨツボシトンボ♂。
e0002314_18274059.jpg

思ったような個体数は確認できませんでした。産卵個体もいたのですが、写真に撮ることができなかったのが残念でした。

場所を別の池に変えました。
この池もいてくれて安心しました。
ベッコウトンボ半成熟♂。
e0002314_18323472.jpg

ベッコウトンボ未熟♀。
e0002314_18325226.jpg

あー楽しかった(自分だけ?)。やはり知人といると思う存分精神を開放することができます。
今度は新産地開拓で楽しまねば!
オシマイです。
[PR]

by bobtuck | 2008-04-29 18:40 | 福岡市内のとある場所 | Comments(0)  

福岡地区 池散策 グッドジョブ

2008年4月27日
朝起きたら無風でした。さらに、快晴とはいきませんが晴れています。この機を逃すわけにはいかないので、ベッコウトンボの新産地を探しに行ってきました。
朝に、通称オグ・ライアンさんからのメールに気付きまして、『○○でベッコウトンボ探してますよー』と返事しましたら、オグ・ライアンさんは素早くやってきました。心境の変化でしょうか笑。
とにかく今日はオグ・ライアンさんが活躍しました。

最初にある池に行きました。今年あたり飛来して来るのでは?と思っている池です。
人が多いから胴長を履くのが恥ずかしいので、長靴で池に入っていたらオツネントンボが飛んでいるのを発見しました。
『これは胴長履かないといけない』
という訳で履いていましたが、人が多い場所での男2人胴長ペアルックはかなり浮いていたと思います笑。いい見世物だったかも。
オツネントンボ♂。
e0002314_19123817.jpg

オツネントンボ交尾。
e0002314_19125394.jpg

福岡市周辺では少ないオツネントンボですが、ここではいくらか見ることができました。これはオツネントンボでよくある一時的に個体数が増えるということか、それとも個体数がそのうち減少していくのか、今後見守りたいと思います。

ムスジイトトンボが大量に発生していました。今年からは極力、正確な数をカウントするようにしているんですが、沢山いすぎて無理だな・・。こういう場合はどう表記しようか・・。
ムスジイトトンボ♂羽化。
e0002314_19182933.jpg

ムスジイトトンボ♂。
e0002314_19185358.jpg

ムスジイトトンボ未熟♂。
e0002314_19191039.jpg

ムスジイトトンボ♀。まだ未熟個体かな。
e0002314_19193321.jpg

ムスジイトトンボ連結。
e0002314_1922345.jpg

アオモンイトトンボ♀。
e0002314_2137295.jpg

アオモンイトトンボ交尾。
e0002314_21371835.jpg

他に確認出来たイトトンボ類はアジアイトトンボとホソミオツネントンボでした。この池には昨年も何度か来ていますが、春に調べたのは初めてです。イトトンボ類が案外多く確認できるというのがわかって良かった。
どう探しても、ここでベッコウトンボは確認出来ませんでした。

場所を変えました。昨年、アオビタイトンボを複数確認した池です。詳しくは昨年の秋を見てください。
一応、この池でもベッコウトンボがいないか?というのとオツネントンボはどうかな?海近くで丘陵地っぽいからひょっとしてフタスジサナエでも?というのが目的です。
前述の池はとんでもない数のムスジイトトンボがいましたが、この池には全くいません。距離的に近いんですが。昨年もここではムスジイトトンボは確認していません。不思議です。
ここではオグ・ライアンさんがヤゴ探しを。私が成虫探しをしていました(今日はタモ網を持ってきていなかった・・)。
『ハネビロトンボのヤゴ見つけて土着確認しましょう』
『アオビタイトンボのヤゴも注意してください』
とまぁこんなやりとりな感じだったでしょうか。

クロイトトンボ未熟♂。
e0002314_21442287.jpg

クロイトトンボ未熟♀。
e0002314_21445915.jpg

シオカラトンボ♀羽化中。
e0002314_21452665.jpg

ショウジョウトンボ♀羽化中。
e0002314_21483172.jpg

ショウジョウトンボ♀羽化。
e0002314_21491840.jpg

ギンヤンマ♀羽化失敗個体。
e0002314_2149549.jpg

アオモンイトトンボ♂。
e0002314_21501611.jpg

他にもいたけど、成虫はまぁこんな感じでした。ウスバキトンボも飛んでいました。期待した種はことごとく確認出来ません。まぁ、そんなに甘くないということでしょうか。

オグ・ライアンさんによるヤゴは
シオカラトンボ。
e0002314_21512942.jpg

アオモンイトトンボ属とクロイトトンボ属幼虫。
e0002314_21515969.jpg

ショウジョウトンボ。
e0002314_21522512.jpg

タイワンウチワヤンマ。
e0002314_21523848.jpg

これは多分マルタンヤンマでしょうか。
e0002314_21525712.jpg

ギンヤンマ。
e0002314_21531085.jpg

コシアキトンボ。
e0002314_21532374.jpg

ここでオグ・ライアンさんが大仕事をやってくれました!
アオビタイトンボ。
e0002314_22305412.jpg

e0002314_2231455.jpg

さすがです!これで、この池のアオビタイトンボが福岡で越冬出来たのが確認できました。タモ網を持ってこなかった自分が悔しかったですが、これは紙に残せば重要な記録になるのではないでしょうか。
そんなわけで、今日はとてもいい調査ができたと思います。いい場面に立ち会いました。オグ・ライアンさん今日はどうもありがとうございました。来年はベニトンボの越冬も確認しましょうか。

おまけ。
カスミサンショウウオ。
e0002314_22363088.jpg

オシマイです。
[PR]

by bobtuck | 2008-04-27 22:48 | 福岡地区 | Comments(4)  

南区 川・池散策 オッサンめ

2008年4月26日
夕方にある業者が家に来るため、今日は遠出が出来ません。しかたがないから近場でムカシトンボの飛翔写真でも頑張ってみようかーという訳で、南区のムカシトンボの川に行ってきました。
現地に着いてから、業者から℡があり、今日は来れないとのこと・・。
『何であのオッサン昨日のうちに電話してこない!』
とか思いながら、今日はこのあたりでうろついていました。今日は別の地区を調べたかったのに・・。
ムカシトンボは川の上を飛び始めていました。しかし、まだ水面高い場所しか飛ばないので飛翔写真は数枚カスっただけでした。まだメスを探す飛び方はしていませんでした。自分はやはり今年は福岡市周辺のトンボの発生状況はかなり遅いと思っています。昨年の同じ日はムカシトンボ撮ってたのになぁ。
ムカシトンボ羽化殻。
e0002314_16484543.jpg

羽化殻しかまともに撮ることが出来ませんでした。

アサヒナカワトンボ無色翅型♂羽化。
e0002314_16505265.jpg

アサヒナカワトンボ橙色翅型未熟♂。
e0002314_1656476.jpg

アサヒナカワトンボ無色翅型未熟♂。
e0002314_16572184.jpg

アサヒナカワトンボ未熟♀。
e0002314_16574296.jpg

シオヤトンボ半成熟♂。
e0002314_16593964.jpg

ダビドサナエ♂。
e0002314_16595227.jpg

ハラビロトンボ未熟♀。
e0002314_170123.jpg

アジアイトトンボ♂。
e0002314_1702636.jpg

今日も風が強く、トンボを観察するには嫌な天気でした。まぁ春の天気はこんなものなので仕方ないですが、何か今年は運が良くない気がする。
オシマイです。
[PR]

by bobtuck | 2008-04-26 17:07 | 南区 | Comments(2)  

福岡地区 池散策 今日も奴らを探す

2008年4月20日
今日も池まわりをしてきました。目的はやはりコサナエ属です。
今日まわった地区は初めての場所です。付近には何度か来たことある場所があったのですが、この地区は初めての場所。地図で見ると谷に挟まれていて風が当たらない感じだったり、午前中は太陽光が当たりそうな感じでしたので、期待はしていました。

池をまわってウロウロしますが、ピンとくるような池はなかなかありません。一つアオヤンマの可能性大な池があったのが収穫でしょうか。5月は要チェックにしておこう。
7番目にまわった池を見た時に喜んでしまいました。見るからにイイ感じの池があったのです。『何がいるかな?』と池を見ると、さっそくオツネントンボがいました。福岡のオツネントンボは、この時期なかなか指標になるトンボです。海近くの池にオツネンがいたらベッコウトンボが期待できるし、里山にオツネンがいたらコサナエ属が期待できる、と自分は思っています。
いい環境だからでしょうか。コツバメもいました。
コツバメ。やっとコツバメを撮ることができた。
e0002314_160423.jpg

コサナエ属ですが、最も期待したオグマサナエは残念ながら確認出来ませんでした。タベサナエのみでした。
タベサナエ未熟♂。
e0002314_162992.jpg

天気が良いせいかタベサナエが続々と羽化していました。
e0002314_1624187.jpg


トラフトンボ♂羽化。
e0002314_1633081.jpg

クロスジギンヤンマ♂。
e0002314_1652088.jpg

ホソミオツネントンボ♂。
e0002314_1653512.jpg

ホソミイトトンボ♂。
e0002314_1654966.jpg

シオヤトンボ未熟♀。
e0002314_1662534.jpg

ヨツボシトンボ未熟♂。
e0002314_1665670.jpg

今日一番驚いたのはこれ。
アオイトトンボ未熟♀。これは日本最速狙えるのでは?
e0002314_1675140.jpg

この池は自分が今までに福岡でトンボ調査をしてきて一番環境がいい池だと思います。湿地の中を細流が流れる場所もあり、福岡未記録のあのトンボの生息大だと物凄く感じました。申し分ない環境です。この池はしばらく自分だけの秘密の池にしておこう。夏の終わりに調べるのが本当に楽しみです。

他にも池を何ヶ所かまわりましたが、タベサナエが少し見つかったのみでした。この地区ではタベサナエをまだいくらか見ることができるという事がわかって良かった。福岡市周辺だと少ないトンボですし。

オシマイです。
[PR]

by bobtuck | 2008-04-20 16:23 | 福岡地区 | Comments(4)  

福岡地区 池散策 奴らを探す

2008年4月19日
毎年この時期は渓流でムカシトンボやサナエ類ばかりを探して、この時期の池チェックが疎かです。
という訳ですので福岡地区で池巡りをしてきました。目的はコサナエ属の生息している池を探すということです。環境の良い池がなかなか残されていない福岡地区だとコサナエ属が残っている池を見つけだすということは難しく、また、池をひたすらまわって運が良ければたまに見つかるという感じですので、これまでは避けていました。あと、トンボが出始めのこの時期で池巡りをしますと何も収穫がないこともあるため、これまた避けていました。

今日の午前中はどん曇りな天気で風も強く、この時期のトンボ探しには嫌な天気でした。今年は成虫探しで、天気に恵まれたことがまだほとんどない。
シオカラトンボ羽化直後♂。
e0002314_18122746.jpg

アジアイトトンボ♂。
e0002314_18133969.jpg

アジアイトトンボ未熟♀。
e0002314_1814834.jpg

アジアイトトンボ交尾。
e0002314_18142210.jpg

クロイトトンボ未熟♂。
e0002314_18145388.jpg

クロイトトンボ羽化直後♂。
e0002314_18151079.jpg

クロイトトンボ羽化直後♀。
e0002314_18153874.jpg

お昼過ぎから晴れてきましたが、風がさらに強くなり万事休す。平地は午後から風が強くなるので困ります・・。残念ながらコサナエ属は何も確認できませんでした。タベサナエですら福岡市周辺だとなかなか見つかりません。

さて、tsutomboさんのトンボと自然観察をリンクしました。是非覗いてみてください。

明日は天気が期待出来そうな感じですね。山方面がいいかな。オシマイです。
[PR]

by bobtuck | 2008-04-19 18:31 | 福岡地区 | Comments(0)  

福岡地区 川散策 ひょっとしたら

2008年4月13日
今日は天気が悪かった!今年は春のトンボをなかなかうまく調べることができません。
昨日は天気が良かったので、ひょっとしたら昨日はホンサナエが羽化してたのでは?と思い、羽化殻探しに川に行ってきました。
しかし、羽化殻は何も見つかりません。ダビドも見つかりません。川が少し増水してたので羽化殻たちは流されてしまったのでしょうか。

そういうわけですので、ホンサナエの終齢ヤゴを探してヤゴ探しをしていました。
コシボソヤンマ。そろそろブリッジに飽きたと言われそうですが・・。
e0002314_2004326.jpg

アジアサナエ属sp.。
e0002314_2012318.jpg

キイロヤマトンボ。
e0002314_2013751.jpg

コヤマトンボ。
e0002314_2015518.jpg

コオニヤンマ。
e0002314_202778.jpg

ミヤマサナエ。
e0002314_2022180.jpg

ダビドサナエ。
e0002314_2024318.jpg

ホンサナエ難しい・・。ホンサナエは九州じゃなかなか見れないし川のどういった場所に潜んでるのかよくわかんないんだよなー。
頭痛がひどいので、今日はこの辺で・・。
オシマイです。
[PR]

by bobtuck | 2008-04-13 20:07 | 福岡地区 | Comments(3)  

早良区など 川・池散策 出始め

2008年4月12日
晴れていましたのでトンボ探しに行ってきました。
何を狙うかというと、何も狙いがありません。この時期に成虫の新規開拓をしてもスカることが多いので、近場で出始めてるであろうトンボを探しにプラプラすることにしました。早良区以外の場所にも行っていますが、面倒ですのでいつも通りまとめて載せてます。

まずは川の中流域でダビドサナエの羽化を見ておくことにしました。
やはりもう羽化しています。羽化殻が何個かあります。
e0002314_15514392.jpg

多分このあたりで羽化するだろうなぁと予想した場所に行くと、やはり羽化してました。
ダビドサナエ羽化中。これはメスかな。
e0002314_1551105.jpg

ダビドサナエ羽化直後♂。
e0002314_15533327.jpg

ダビドサナエ上陸幼虫。
e0002314_15535154.jpg

待っておけば次々に羽化してくる気配がしたんですが、色々な場所を調べてみたいのですぐに立ち去りました。

川を色々まわりましたが、特に収穫もなく、もう帰ろうかな?と時計を見たら、まだ11時にもなっていないことに気付いてしまいました。じゃぁコサナエ属も羽化してるだろうし池巡りでもしようかと考え、池をまわることにしました。
いたのはタベサナエのみです。
タベサナエ未熟♀。
e0002314_15571686.jpg

ほとんどが今日羽化したと見られるテネラル個体でした。残念ながら羽化中の個体は確認出来ませんでしたが、草地で休んでいる個体は結構いました。
タベサナエ羽化殻。
e0002314_15592930.jpg

タベサナエが羽化してるということはオグマサナエも羽化してるかな。今日はオグマの方に行けばよかったかもと少し後悔しました。
オシマイです。
[PR]

by bobtuck | 2008-04-12 16:11 | 早良区 | Comments(2)  

南区 川散策 飛んだ

2008年4月6日
朝は雲っていたんですが、突如として晴れ間がでてきたので、今日もムカシトンボの羽化を探しに行ってきました。最近の天気予報はあてにならない。
さて、早良区のいつもの場所に行きました。これでこの地に来るのは3日連続です。いつも同じ場所ばかり見ているといささか飽きてしまいます。まぁ、さすがに今日は羽化するだろう!と軽く考えていました(いつも軽く考えてますが)。
着いてからの天気は良かったです。

が・・またしてもここでムカシトンボの羽化を確認することができませんでした。
イボタガがいました。春を感じます。
e0002314_15412479.jpg


一通りチェックし終わったのが11時前。
『原因はやっぱり標高か?ならば平地も見ておかないといけんなー。まだ時間大丈夫そうだな』
と考えましたので、ダッシュで南区のムカシトンボ産地に行くことにしました。

というわけで、南区に移動してきました。ちなみに載せていませんが、何日か前にもここでもムカシトンボチェックはしていました。この場所はいつもの早良区の場所よりはムカシトンボの個体数がかなり少なく感じる場所です。

やはり平地ではすでに羽化しておりました。
ムカシトンボ羽化殻。
e0002314_15454945.jpg

e0002314_15455768.jpg

e0002314_1546488.jpg

数年前と比較して、この地で簡単にムカシトンボの羽化殻が見つかるようになってきました。これは探し方が向上しているのだと思いたい。

羽化個体もいました。
ムカシトンボ羽化直後♂。
e0002314_15463556.jpg

ムカシトンボ羽化直後♀。
e0002314_1549361.jpg

すぐに飽きる自分には珍しく飛びたつ瞬間まで待ったりしていました。昨日一緒にムカシトンボ探しをした第3のヤ部部員に今日のムカシトンボを見て欲しかったと残念でなりませんでした。

ヒメクロサナエ羽化殻。
e0002314_1552537.jpg

ホソミイトトンボ♂。
e0002314_15521877.jpg

さて、ムカシトンボはじっくり見たので、この4月は別の種狙いに切り替えようと思います。
オシマイです。
[PR]

by bobtuck | 2008-04-06 15:55 | 南区 | Comments(0)  

早良区 川散策 今日こそは!

2008年4月5日
今日もムカシトンボの羽化探しに行ってきました。第3のヤ部部員とともに行ってきました。場所は昨日と同じ場所もまわりました。
天気予報では今日は晴れるとのことでしたので『今日こそは!』との思いで出発しました。
しかし今日は天気もたいして良くなく、雲がうっすらかかっているというような感じの天気でした。
今日も残念ながら羽化個体は確認できませんでした。ここは少し標高が高いんだよなぁ・・。低地で探した方が早いかな。
ムカシトンボの羽化個体が見つからないので今日もまたヤブってました。
ヒメクロサナエ。
e0002314_20181990.jpg

ミヤマカワトンボ。
e0002314_201831100.jpg

あとはムカシトンボとダビドサナエ属が入っただけでした。

場所を変えました。
中流域です。ヒーローになりたいため、こんな場所でキイロヤマトンボのヤゴを探していました。
e0002314_2020928.jpg

パッと見、かなり生息していそうな感じなんです。が、この川のどの場所で網を入れても感じるんですがこの川は砂の粒子がかなり大きいんです。やはりこの川にはキイロヤマトンボは生息できないんだろうか。

ミヤマサナエ。
e0002314_20223254.jpg

アジアサナエ属sp.。これは多分ヤマサナエ。
e0002314_2023036.jpg

アオハダトンボ属sp.。
e0002314_20232299.jpg

コヤマトンボ。
e0002314_20233535.jpg

ダビドサナエ。
e0002314_20253528.jpg

ヒメサナエ。この川での個人的下流記録を更新しました。
e0002314_2024543.jpg

いい加減な写真の撮り方してるな~と思う方もいるかもしれませんが、証拠程度でかまわないんです。分布調査をしていますので。
近頃の写真を見てわかると思いますがヒメクロサナエ、ダビドサナエ、アジア属はもう羽化しそうでパンパンです。早く羽化して欲しいです。
オシマイです。
[PR]

by bobtuck | 2008-04-05 20:30 | 早良区 | Comments(2)  

福岡地区 川散策 ヤ部②

2008年4月4日
先日、懐かしい友人から電話がありました。高校時代の虫友でした。彼とは鹿児島の大口市街から布計にオオムラサキを探して5~6時間歩いたり、大隈半島の猿ヶ城渓谷まで自転車で行ったり、栗野岳に何回も駅から歩いて登ったりしたりと、免許を持っている今では考えられないことばかりを共にしていた友人です。彼との採集記は伝説的なことが多々あります。
そんな友人から電話がきました。嬉しかったです。自分が当時から10年を過ぎた今でも虫をやっているというのに驚いていましたが、また機会があればやりたいと言っていました。このブログはそういう時のために作っていたものです。そのうち彼とは連絡を取り合うとことになるとは思っていましたが、ついにその時が来たかという感じでした。ここを見てもらっているようです。
『見てるか!また魚見岳いくぞ!!』

さて話は変わりますが、今日はムカシトンボの羽化を探しに行ってきました。
この冬は例年より寒かったですが、昨日もいい天気だったし今日はさすがに羽化してるだろう!と思ってです。今日は久しぶりの登場のオグ・ライアンさんと一緒です。公の場によく現れるオグ・ライアンさん。その全容は謎にするまでもないんですが、とりあえず謎にしておきます。オグ・ライアンさんについて知りたい方は私のブログを過去までさかのぼって見てください。どっかに出現してます。

いつも通り私の方が早く到着しましたので軽くチェックしてました。
が・・見つからないんです。まぁオグ・ライアンさんが来てから本気だすかと軽く考えていました。
オグ氏合流後、本気探しです。
オグ・ライアンさんは上陸ヤゴに興味があるようで落ち葉めくりもやっていました。見つからないためか前回見つけている私を疑います。
オグ氏『ホントにおったん?』
俺『そんな探し方じゃ見つかりませんよ!秘密兵器がいるんですよ!』
親切な私はオグ・ライアンさんに秘密を教えてあげました。その秘密兵器があった私は前回10頭以上の上陸ヤゴを確認できました。秘密にしておきます。

さて丹念に丹念に探しましたが、ムカシトンボは羽化殻すら見つかりません。ここは羽化する範囲が狭いので見逃しはないとは思うんですが・・。まぁ、あせってもしょうがないので今日はムカシトンボはあきらめました。
ショウジョウバカマの仲間。
e0002314_21553841.jpg


さて、お昼になったので、どうしましょうか?ということになり、私の提案でヤ部活動をすることにしました。
オグ氏に下の質問をしました。
①サラサヤゴを見つけてヒーローになる。
②室見川でキイロヤマトンボを見つけてヒーローになる。

どっちがいいか聞いたところ

確実にキイロヤマトンボが網に入る場所に行きたい

と言われてしまったので、確実な場所に案内することにしました。
新たなヤ部メンバーが増えました。

私の方はキイロヤマよりも今の時期終齢と思われるホンサナエを確認したいので、今日の目的はホンサナエ探しです。
最初に行った川のヤゴは
コオニヤンマ。
e0002314_2215719.jpg

オナガサナエ。
e0002314_222945.jpg

コヤマトンボ。
e0002314_2222523.jpg

ダビドサナエ。
e0002314_2224379.jpg

ミヤマサナエ。
e0002314_2225574.jpg

コシボソヤンマ。
e0002314_223985.jpg

アオハダトンボ属sp.。
e0002314_2233038.jpg

アジアサナエ属sp.。
e0002314_2235187.jpg

アジア属は現場ではどれもキイロサナエに見えてしまうんです。二人で『これら多分キイロですよね??』という話をしていましたが、後で色々思い知りました。

キイロヤマトンボ。
e0002314_2252414.jpg

キイロヤマトンボはこの1頭だけでした。最近あまり調子が良くありません。

さて、オグ・ライアンさんがキイロヤマの終齢が見たいとダダをこねましたので、昨年キイロヤマ終齢をいくらか確認した地点に移動することにしました。
オジロサナエ。
e0002314_2292023.jpg

ミヤマサナエ。
e0002314_2294094.jpg

アオハダトンボ属sp.。
e0002314_229581.jpg

ダビドサナエ。
e0002314_22102862.jpg

オニヤンマ。
e0002314_22105311.jpg

コヤマトンボ。
e0002314_2211625.jpg

コオニヤンマ。
e0002314_2211282.jpg

見慣れぬ若いサナエヤゴが網に入りました。ここはシジミが沢山いる場所です。
『これってひょっとして・・』
ホンサナエでした。
e0002314_2212484.jpg

横から
e0002314_2213856.jpg

今度は終齢を網に入れてじっくり見てみたいですね。
キイロヤマトンボは残念ながらここでは全く確認することが出来なくなっていました。河川中流域に住むトンボですので年によって生息場所が違うものだと信じたいです。今後調べていって考えてみたいです。この場所で消滅してないことを願います。

アジアサナエ属sp.。
e0002314_22141198.jpg

明らかにキイロサナエというものが網に入りました。
e0002314_22144954.jpg

ちなみにこれは普通のアジア属sp.です。
e0002314_22151737.jpg

比べてみます。左がキイロサナエ。右は普通のアジア属sp.。
e0002314_22153449.jpg

e0002314_22161137.jpg

明らかに違います。やはりキイロサナエは細い。

オグ・ライアンさんが気付きました。
『羽の形が違うやん』
『口の比率も違う』
確かにオグ氏の言うとおりです。羽は羽化の時期が両種で少し違うから今の時期形が違うのではないか?という推測をしました。
色も違います。
e0002314_22192510.jpg

常にキイロサナエを見続けていないとアジアサナエ属は分かりにくいと思いました。

今日は中身の濃いヤゴ探しが出来ました。本日のヤ部活動はこれで終了です。オグ・ライアンさんには感謝いたします。
おまけ。
オヤニラミ。
e0002314_22235422.jpg

オシマイです。
[PR]

by bobtuck | 2008-04-04 22:32 | 福岡地区 | Comments(12)