<   2008年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧

 

福岡地区 池散策 あれは何だったんだろうか

2008年7月27日
ある池に行ってきました。その池は山の中にあります。目的はオオイトトンボ探しです。
池の存在はだいぶ前から知っていたのですが、遠いのでこれまではパスしていました。標高400m以上の場所にある池です。
地図では池までに道が書かれているので、『きっとブラックバスがいて釣り人がいるに違いない』とたいして期待せずに池に向かったのですが、道が四駆じゃないと行けないような道でした。マウンテンバイクに乗った人が走るような山道です。
『これは一般人は来れないな。期待できるかも。』と思い池に向かいました。
いい感じの池でした。
e0002314_15393762.jpg

これは初めて見る植物。最初はヤナギの葉が水面に落ちているもんだとばかり思っていました。水草の仲間になるんでしょうか。
e0002314_154022100.jpg

ここでもネキトンボが何ペアか産卵していました。
ネキトンボ産卵。
e0002314_15415369.jpg

ネキトンボ♂。
e0002314_1542926.jpg

リスアカネ♂。
e0002314_15422532.jpg

リスアカネも産卵している個体がいました。

ホソミイトトンボ産卵。
e0002314_15443232.jpg

水面にはホソミイトトンボとクロイトトンボが飛んでいます。『オオイトはおらんか??』と双眼鏡で舐めるように水面を眺めていたら、明らかにクロイトトンボ以外のクロイト属のオスが1頭だけいました。
e0002314_1548040.jpg

拡大。
e0002314_15482088.jpg

残念ながらこの個体は池の中心部に1度現れただけで、その後姿を見ることが出来ませんでした。これ以上近づくことが出来ず、採集も出来ませんでした。
前述の通り、ここは標高400m以上あります。ムスジはまず考えられない。セスジはいるかもしれないけど、山奥にある池にセスジは可能性低いと思うし。うーん、この個体何でしょう?自分はオオイトではないかと思っていますが。8節の黒紋が写っていないのは光の加減だと思いたいんですが。見つけた瞬間『オオイトがおる!』と叫んだくらい嬉しかったのですが・・。
採集して確認することが出来なかったため、この池のこのトンボは保留です。春に来ておけばよかった・・。

オオアオイトトンボ♀羽化。
e0002314_1634246.jpg

オナガアゲハ♀。
e0002314_1642085.jpg

山奥の池だったのですが、ハネビロトンボが複数飛んでいました。
夕方から用事があるので早めに終了しました。

おまけ。
下界にある池に巨大生物が泳いでいました。3m程あったでしょうか。
e0002314_1662599.jpg

福岡の平地にもオオウナギはいるんでしょうか。
オシマイです。

by bobtuck | 2008-07-27 16:11 | 福岡地区  

福岡地区 池・川散策 勤続疲労か

2008年7月20~21日
つい先程まで、トンボ探しをしていたのですが、かなり疲れというものがありましてもう帰ってきました。思えば、休日はほとんどトンボ探しをしているので、ここ何年かまともに休んだ日というのがないです。勤続疲労でしょうか。
昨日から今日の午前中までに確認したトンボです。特に昨日は、ある情報をいただいたので一つの町を隅々まで駆け巡りましたが成果はなかったです。
オナガサナエ♂。
e0002314_13203210.jpg

マルタンヤンマ♂。
e0002314_13205486.jpg

ウチワヤンマ♂。
e0002314_13212699.jpg

e0002314_13233259.jpg

ネアカヨシヤンマ♀産卵。
e0002314_13215667.jpg

オシマイです。

by bobtuck | 2008-07-21 13:24 | 福岡地区  

福岡地区 池・川散策 スランプ

2008年7月19日
べらぼうに体力を使った割には成果なしでした。まわった池ではハネビロトンボが多かった。ネキトンボはもう産卵ペアもいました。近頃スランプです。
コオニヤンマ♂。
e0002314_21262994.jpg

ショウジョウトンボ♂。
e0002314_21264412.jpg

ショウジョウトンボ♀。
e0002314_21265959.jpg

チョウトンボ♂。
e0002314_21283711.jpg

ハラビロトンボ♀。
e0002314_21295559.jpg

ハネビロトンボ♂。
e0002314_21301140.jpg

マルタンヤンマ♀。
e0002314_21302630.jpg

キイトトンボ♂。
e0002314_21303733.jpg

キイトトンボ♀。
e0002314_21305047.jpg

ベニイトトンボ羽化直後♂。
e0002314_21312155.jpg

ギンヤンマ♂。
e0002314_2131438.jpg

ホソミオツネントンボ羽化直後♀。
e0002314_21314678.jpg

スランプ脱出できる日が来るでしょうか。
オシマイです。

by bobtuck | 2008-07-19 21:36 | 福岡地区  

福岡地区 池・川散策 怪しかった

2008年7月17日
少しの時間だけ出てました。
稜線上の流水部上空で未熟個体と思われるエゾ系のトンボがオニヤンマに混じって飛翔してたんだけど、高過ぎて手の出しようがありませんでした。まさかね・・。タカネトンボもよく未熟個体が山頂にいるし・・。でも何か雰囲気が違った気がしたんだよな。まぁ、保留です。
オニヤンマ♂。
e0002314_17263236.jpg

ヤブヤンマ♂。
e0002314_17264784.jpg

ヤブヤンマ♀産卵。
e0002314_1727378.jpg

ハグロトンボ♂。
e0002314_17272637.jpg

リスアカネ♂。
e0002314_17273982.jpg

オナガサナエ羽化殻。
e0002314_1727596.jpg

オシマイです。

by bobtuck | 2008-07-17 17:31 | 福岡地区  

久留米地区 川散策 炎天下

2008年7月13日
昨日はかなり体力を使ってしまい、早朝に起きるのは難しかったので、今日は遅めに起きました。
時間も中途半端ですので久留米方面にナゴヤサナエのチェックをしに行くことにしました。運が良ければ昨年のように羽化シーンでも撮れれば・・と思いです。

オナガサナエの羽化殻が沢山ありました。
オナガサナエ羽化殻。
e0002314_1654404.jpg

オナガサナエ羽化失敗個体。
e0002314_1655198.jpg

いつも羽化殻の数は全部調べているのですが、ここのオナガサナエの羽化殻は半端じゃない数がありましたので大変でした。200~300mの範囲内にとんでもない数があり、400個近くなったところできりがないと思いやめました。

ナゴヤサナエの羽化殻を今年も見つけることができました。残念ながら、今日は羽化個体を見ることは出来ませんでした。
ナゴヤサナエ羽化殻。
e0002314_1658931.jpg

e0002314_16582013.jpg

今日調べた場所の範囲は前述の通りわずか200~300mです(もっと調べたいのですが河川敷は暑くて大変で・・)。川全体で見ると相当な数が羽化していると思います。タモ網を入れることが可能そうな場所もありました。

ミヤマサナエ羽化殻。
e0002314_1725376.jpg

オオヤマトンボ羽化殻。
e0002314_173792.jpg

夏の河川敷は暑くて本当に大変です。しんどかった。
オシマイです。

by bobtuck | 2008-07-13 17:13 | 久留米地区  

筑豊地区 池・川散策 もういないのかな

2008年7月12日
通称Grus氏を誘い筑豊地区の内陸部に行ってきました。目的は今日の目的地周辺で約50年以上前に記録のあるキイロヤマトンボ、ナゴヤサナエ、オオイトトンボ、モートンイトトンボ等探しと、この地区で生息の可能性が高いと思われるグンバイトンボ探しです
Grus氏は本ブログ初登場です。Grus氏は私よりも若い福岡在住のトンボ屋で、私と同じく幼少時から虫をやっていたので、初めてGrus氏と会話をした時に同じ臭いをプンプン感じた覚えがあります。今日は私のワガママで早朝からトンボ探しに付き合ってもらいました。

まずは、早朝からのキイロヤマトンボ探しを行いました。記録のある地域の川沿いを走り、砂底の多そうな場所で探しました。
モノサシトンボ♂。
e0002314_22424241.jpg

モノサシトンボ♀。
e0002314_22425875.jpg

ベニイトトンボ♂。
e0002314_22431955.jpg

朝は2ヶ所で待ち伏せしましたが、残念ながらキイロヤマトンボ確認とはなりませんでした。

その後は、主に池巡りです。過去に記録のある場所をまわることにしました。しかし、前述のトンボ達の記録は50年以上昔のものです。過去の記録地付近は、今はほぼ全部が住宅地でした。望みがあまりない感じでした。昔の環境がどうだったのか知らないのですが、多分環境は大きく変わってしまったんだと思います。記録のある種から昔の環境を想像するのみでした。
リスアカネ♂。
e0002314_22524049.jpg

ハラビロトンボ♀産卵。
e0002314_22531387.jpg

オオシオカラトンボ♀産卵。
e0002314_22541795.jpg

ミヤマカワトンボ♂。
e0002314_22533141.jpg

コオニヤンマ♂。
e0002314_22534732.jpg

マイコアカネ未熟♀。マイコはこの地区あたりでは珍しいかも。
e0002314_22544096.jpg

目的の種はことごとく見つかりません。田舎の方に行っても簡単には珍しい種の再発見は厳しいのでしょうか。いや、まだ回数が全然足りないかな。

『せっかく普段来れない場所に来たのに、このままじゃ今日はヤバイ!』
となりましたので、ヤクシマトゲオトンボを見に行くことにしました。私は詳しいポイントがわからないのでGrus氏に案内してもらいました。おかげで沢山の個体を見ることができました。自分は福岡県のトゲオトンボは初見です。
ヤクシマトゲオトンボ♂。
e0002314_233620.jpg

ヤクシマトゲオトンボ♀。
e0002314_2332579.jpg


今日も目的の種は確認することが出来ませんでしたが、久しぶりにGrus氏とトンボトークができ良かったです。Grus氏、今日は付き合ってもらいどうもありがとうございました。また登場してください。
オシマイです。

by bobtuck | 2008-07-12 23:14 | 筑豊地区  

福岡地区 池・川散策 現実を思い知る

2008年7月9日
かねてから気になってしょうがなかった池へ行ってきました。地図や航空写真で見ると、山中にあり、堤もなく、地形もなだらかな谷に池が何個か続くという感じの池。
この池は町の外れにあり、車も四駆でないと行けないような場所にあるので、ほとんど誰も来たことないはず!
地形を見る感じだと最上部にある池には湿地帯が広がっていて、細流もあるはず!
ひょっとしたらオオイトトンボが残っていて、湿地にはモートンイトトンボも残っているかも!?
さらに標高も少し高めだから、途中の山道にはヤクシマトゲオトンボでもいるかも!?
とか自分に都合の良いことばかりのみ考えながら、池を目指しました。

着きました。こんな池でした。
e0002314_18502836.jpg

予想通り湿地もあり、水深も浅く、見たところはいい感じの池ではあるのですが、いかんせん狙っていたトンボは全くいませんでした。現実は厳しい感じです。
オオシオカラトンボ交尾。
e0002314_1852286.jpg

モノサシトンボ♂。
e0002314_18524656.jpg

モノサシトンボ連結。
e0002314_1853234.jpg

モノサシトンボ産卵。
e0002314_18531827.jpg

モノサシトンボと遊んでいた感じです。

その後、川や池やダムに行き、トンボ探しをしていましたが、今日も目的の種を探し出すことが出来ませんでした。
マユタテアカネ未熟♀。
e0002314_1859654.jpg

アサヒナカワトンボ無色翅型♂。
e0002314_18593551.jpg

ベニイトトンボ♂。
e0002314_18594946.jpg

オシマイです。

by bobtuck | 2008-07-09 19:02 | 福岡地区  

福岡地区 湿地帯・池散策 アオ

2008年7月6日
今日は蒸し暑くてたまらん1日でした。
まずは福岡県内でアオヤンマとネアカヨシヤンマの有数の産地であろう場所に行ってきました。目的はこれらの飛翔写真です。
この場所には何度か訪れたことがありますが、自分はアオヤンマとネアカヨシヤンマの発生時期ドンピシャの時期に来たことはありません。どんなもんだろう?と思いながら道を歩いていると、アオヤンマがよく目につきます。
これだけいたら飛翔写真は何とかなるだろう、と軽く考えていたのが甘かったです。
結構な個体数がいるのですが、アオヤンマ特有のあのフワフワしたような飛び方は全く撮ることが出来ませんでした。昼頃になると、飛ぶ個体も少なくなり、静止個体を探すのも一苦労でした。
アオヤンマ♂。
e0002314_19132519.jpg

アオヤンマ交尾。
e0002314_19134172.jpg

ホシベニカミキリやウスバキトンボを食っている個体がいたりと、獰猛なトンボのようです。

ネアカヨシヤンマの方は、まだ発生初期なのかどうかわかりませんが、個体数はかなり少なかったです。
ネアカヨシヤンマ♂。
e0002314_19163011.jpg

この2種のまともな写真を全く撮ることが出来ませんでした。そのうちリベンジしなくては・・。

キイトトンボ♀。
e0002314_19202740.jpg

オオシオカラトンボ♂。
e0002314_19205822.jpg

リスアカネ未熟♀。
e0002314_1921168.jpg


場所を変えました。
今年の春にアオビタイトンボのヤゴの越冬を出来た池です。詳しくは今年の4月27日の記事を見てください。福岡でのアオビタイトンボの確認状況を知りたい方は、2006年の夏から秋と2007年の秋を遡って見て下さい。このトンボがどんな感じで福岡で見られるようになってきたのかが分かると思います。
春にヤゴを確認したのだから当然いるはずですが、個体数はどんなもんかな?とは思っていました。
やはり成虫も確認することが出来ました。しかも結構な個体数です。交尾も産卵もありました。なんか福岡の光景ではないみたい。
アオビタイトンボ♂。
e0002314_19281019.jpg

アオビタイトンボ♀。これは交尾後に静止しているところ。このあと産卵をはじめました。
e0002314_19294184.jpg

このまま居ついちゃうのかな?と思いました。

ハネビロトンボ♂。
e0002314_19322595.jpg

オシマイです。

by bobtuck | 2008-07-06 19:34 | 福岡地区  

福岡地区 池・川散策 来客

2008年7月5日
amazonさんが来福されました。昨夜、気付かぬうちに雨が降っていたらしく、合流時の朝は川がかなり増水していて敗戦ムードがただよう感じでした。川は期待が持てないから池に行こうとなりました。
せっかく来ていただいたので、トンボがわんさかいるような池を案内したいのですが、今日まわった地区周辺にはそういうパラダイスな場所が少なく、天気も良くないので、どうしようか・・といった感じでした。福岡市周辺には、トンボの天国のような池がとても少ないんです。
お昼あたりから晴れ間も出てきたので、ヒメサナエを見に行こうということになり案内しました。
ヒメサナエ交尾。
e0002314_22191224.jpg

ヒメサナエ♂。
e0002314_22192733.jpg

シオヤトンボ♀。
e0002314_2219476.jpg

交尾態はamazonさんが見つけたものです。私は気付きませんでした。さすが、しぶとい方です(笑)。

天気が晴れてきて、これはキイロヤマトンボ期待ができるのではないか??ということになり、朝の場所でキイロヤマトンボを探すことに。
この川には何ポイントかキイロヤマトンボが見られる場所があるのですが、来るとだいたい飛んでいる確実なポイントがありますので、そちらに案内しました。
何とか飛んでくれました。証拠程度なものしか撮れませんでしたが・・。
キイロヤマトンボ♂。
e0002314_22253080.jpg

水量が多く大変でしたが、キイロヤマトンボも飛んでくれて良かったです。amazonさんに見てもらえて安心しました。
キイロサナエ♂。
e0002314_22264113.jpg

夕方にamazonさんと別れ、別の場所でキイロヤマトンボを待ちましたが、何故か飛びませんでした。不思議なトンボです。

おまけ。
カジカガエル。
e0002314_22292687.jpg

amazonさん、今日はどうもありがとうございました。また来られる時は声をかけてください。
オシマイです。

by bobtuck | 2008-07-05 22:31 | 福岡地区