<   2009年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧

 

福岡地区 池散策 地味に

2009年5月28日
早朝に起きたら雨が降ったあとという感じでした。羽化シーンがあまり望めないので、一眠りしてから近所の池に羽化殻回収に行ってきました。
羽化殻採集は地味ですが、『見つけてやったぞ!』という達成感が好きであります。あと羽化殻コレクションが増えていくのも気持ちが良いものです。何よりも、羽化殻があると繁殖していることが確認できるのがやはり一番です。
オオアオイトトンボ羽化殻。
e0002314_1181321.jpg

オオシオカラトンボ♂羽化。
e0002314_119544.jpg

ネアカヨシヤンマ羽化殻。
e0002314_1192145.jpg

マルタンヤンマ羽化殻。
e0002314_1110213.jpg

クロスジギンヤンマ羽化殻。
e0002314_1194421.jpg

ゴイシシジミ。
e0002314_11101774.jpg

ネアカヨシヤンマは出始めでしょうか。早朝に通えば撮れるかも。でもキイロヤマの方が・・。迷うところです。
オシマイです。

by bobtuck | 2009-05-28 11:15 | 福岡地区 | Comments(2)  

福岡地区 川・池散策 充実

2009年5月25日
数日前に『トンボ探検隊が行く』のクロギンさんから連絡があり、なんと『湘南むし日記』の尾園さんと月曜日に福岡市近辺に寄られるとのこと。
尾園さんのことは『沖縄のトンボ図鑑』のあまりの写真の素晴らしさに感動し、さらに年齢も近いとのことでとても気になっておりました。私はこの先ずっとトンボを続けていきますので、是非とも、今のうちにお会いしたいと思っていた方です。
運良く、今日は出張に行かないで良いことになり、今日は川の案内をしました。

張り切り過ぎてしまい、私は朝の5時半からキイロヤマトンボの羽化個体探しをしていました(笑)。
羽化個体は今日も見つけることが出来ませんでしたが、1つだけキイロヤマトンボの羽化殻を見つけることが出来ました。
左2つはコヤマトンボ羽化殻。右キイロヤマトンボ羽化殻。
e0002314_22184315.jpg

昨年、一昨年と6月は何回も通って、昨年は0個、一昨年は2個か3個しか見つけていませんが、今年はスタートから1個見つけられるとは幸先が良いのかもしれません。けど、まだたいした数の羽化殻を採集していないから羽化ポイントが絞り込めません。ひたすら地道に探すしかないか・・。

さて、そんなこんなしてると、時間になり、お二人がやって来ました。
朝のうちは雲っていてトンボがなかなか飛びませんが、お二人にいいものを撮ってもらいたいという私の叫びが天に通じたのか、次第に晴れ間が出てきてくれて一安心でした。
e0002314_22324231.jpg

アオハダトンボ♂。
e0002314_22334223.jpg

アオハダトンボ♀。
e0002314_22335653.jpg

アオサナエ♂。
e0002314_2234976.jpg

途中でクロギンさんはお仕事の都合で帰られ、お昼の飛行機までは尾園さんとご一緒しました。聞きたいことが山ほどあったので、初対面なのに質問攻めにして申し訳ありませんでした。私は地元でしか活動していませんので、全国を飛び回り、年齢の近い尾園さんの話は、すごく刺激になりました。さらに、図鑑のサインまで快く受けてもらいとてもありがたかったです。

さて、尾園さんも見送ったあとは、どこかいい場所はないかとウロついておりました。池巡りをしたりクロサナエを探したりしましたが、特に収穫はありませんでした。5月に少しトンボ探しをさぼったため、クロサナエを撮るという目標がピンチです。
アサヒナカワトンボ交尾。
e0002314_22442259.jpg

サラサヤンマ♂。
e0002314_22443988.jpg

おまけ。カジカガエル。
e0002314_2245072.jpg

今日は大変濃い話をすることができ、充実した1日になりました。お二人にはとても感謝しております。どうもありがとうございました。
オシマイです。

by bobtuck | 2009-05-25 23:32 | 福岡地区 | Comments(4)  

再会

2009年5月23日
私、今は友達が少ないのですが、昔は友達が多少はおりました。

故郷鹿児島に帰っていました。
高校時代の虫友nakanaka君と10年振りくらいに酒を飲み、虫を探しに行ってきました。彼から連絡をもらって以来、何度か鹿児島には帰っていたのですが、私に事情があり、会うことがずっと出来ずにいたのです。ついに再会してきました。

私、高校時代もトンボをやっていたのですが、当時はチョウの採集がメインであったため、チョウの採集地に行って、ついでにトンボも採集するという感じでした。
彼に会って、本当に懐かしい気分になりました。

『どっか行こう』ということになり、当時、迷チョウ目的でよく行っていた指宿市の魚見岳にnakanaka君の愛車で行くことにしました。
目的は一応メスアカムラサキです。当然、時期が違うのは分かっていますが、
『ひょっとしたら季節風に乗った個体が万が一にもいるかもしれん!』
とのことで行きました。
昔もそうでした。
『まだ2月下旬だけど、うっかりもののコツバメがいるかもしれん!』
『あそこにハルニレがあるらしいからカラスシジミがいるかもしれん!』
万が一ということに敏感であった我々は、そうやって失敗ばかりしていました。

向かう途中、彼がチョイスした車中の音楽は何故か織田裕二ベストです。この意味は昔の私を知る人しかわかりません。
e0002314_17532983.jpg


途中、ギョボクを植えてある場所や池に立ち寄りました。
ツマベニチョウ卵。
e0002314_17572327.jpg

ツマベニチョウ幼虫。
e0002314_17574010.jpg

ハラボソトンボ♂。
e0002314_1810013.jpg

幼虫探しをする彼の眼光を見ると、いつでも蝶屋に復帰できると思いました。

車に乗ってnakanaka君と虫探しに行くのはかなり不思議な気分です。
高校生になると、虫探しに親に連れて行ってもらえなくなり、当時の私はnakanaka君と始発の電車に乗り、二月田駅から数時間かけて魚見岳まで歩いて登るということをしていました。魚見岳は何回登ったかよく覚えていません。うちら2人、相当運が悪かったのか、メスアカムラサキを当時、採集することはできませんでした。スジグロカバマダラや指宿市平地のミドリヒョウモンが採集出来たのはかなり運が良かったと、今になっては思います。

そんなこんなで魚見岳の山頂に着き、重大な事実に気付きました!
2人共、補虫網を持ってきていなかったのです!
山頂なのでヤクシマルリシジミやキアゲハなどが多く見られますが、帽子や手づかみではほとんど採れません。そうしているうちに私が怪しいシロチョウを帽子で採り逃がしました。
『斑紋がスジグロシロチョウでもモンキチョウでもなかった!飛び方も変な飛び方だ!何だあれは??』
『この時期だし、ひょっとしてチョウセンシロチョウだったんじゃないか!?』
とのことになり、万が一に備えて、急いで下山してスーパーマーケットに網を買いに行くことにしました。
¥298の網を買いました。ドラえもんの顔が付いている網でした(写真を撮り忘れたのが残念)。さすがに30の男2人がドラえもん網を持っているのは恥ずかしいから人が通るたびに隠していました(笑)。

久々にチョウを追いかけるnakanaka君。
e0002314_18232258.jpg

やっぱりお前は網が似合う!

目的の迷チョウは見ることも出来ませんでした。当時、鹿児島の平地では数が少なく、なかなか見るのが困難だったテングチョウが普通に見られるようになっていることに彼は少し驚いているようでした。

2人で記念撮影をしました。
e0002314_18313259.jpg

少しだけボカしていますが、私が自分のブログに登場するのは初めてです。

ドラえもん網は彼にプレゼントしました。子供と一緒に、また始めたら?との魂胆が私にはありますが、うまくいくでしょうか。
10年以上会っていなくても当時と全く変わっていなかった彼に会うことができ、良かったです。
とても楽しい一日でした。
オシマイです。

by bobtuck | 2009-05-25 18:53 | 遠い場所 | Comments(6)  

福岡地区 湿地散策 未だ見ぬ湿地探し

2009年5月10日
どこかに地図に載っていない湿地でもないだろうかとウロウロしていました。地形図で目ぼしい谷や谷津田を探しては歩き回るという繰り返しでしたが、何も収穫はなし。いい湿地を見つけないとあのトンボを探しだすことができません。
シオヤトンボ♀産卵。
e0002314_236288.jpg

ホソミオツネントンボ産卵。
e0002314_2364452.jpg

ミズカマキリ。
e0002314_2365627.jpg

疲れがピークに達しています。問い合わせやメール等に対応する時間と気力がありません。
ごめんなさい。
オシマイです。

by bobtuck | 2009-05-10 23:12 | 福岡地区 | Comments(0)  

福岡地区 池散策 手抜き更新

2009年5月6日
今日は池を何個かまわりました。
夕方に用事があったので今日は池の数をこなすことが出来ませんでした。
トラフトンボ♂。
e0002314_2291934.jpg

フタスジサナエ♂。
e0002314_2293374.jpg

この2種の新しい産地を確認できたことが収穫でした。
オシマイです。

by bobtuck | 2009-05-06 22:12 | 福岡地区 | Comments(0)  

福岡地区 池・川散策 えー・・特には・・

2009年5月5日
天気が良くなりました。
朝のうちは河川中流域をうろついていましたがニホンカワトンボとダビドサナエしか見つからない状態が続きました。
飽きてきます。特にダビドサナエには飽きてきます。
めぼしいものが全く見つからない状態でお昼近くになりました。

近くの上流域環境に場所を変えました。
e0002314_18183733.jpg

ここは数年前にムカシトンボの幼虫を確認したことがある場所なんですが、またしてもこういう場所にニホンカワトンボがいました。
ニホンカワトンボ淡橙色翅型♀。
e0002314_18215865.jpg


アサヒナカワトンボ橙色翅型♂。
e0002314_18244154.jpg

ダビドサナエ♂。
e0002314_18245541.jpg

この後、池や湿地をまわりましたが、めぼしい種が見つかりません。

クロサナエを探しにまた上流域へ行くことにしました。
相変わらずダビドサナエが多いですが、少しだけクロサナエを確認することが出来ました。
クロサナエ羽化直後♂。
e0002314_18295497.jpg

今まで大差はないと思い込んでいましたが、福岡市周辺ではクロサナエの羽化期はダビドサナエより遅いようです。
確実なクロサナエの羽化殻を何個か得ることができたのが今日の収穫でした。今年は何としてもクロサナエの成熟個体を撮らねば!
オシマイです。

by bobtuck | 2009-05-05 18:44 | 福岡地区 | Comments(2)  

福岡地区 池散策 下り坂

2009年5月3日
さて、今日は天気の悪い日です。
予報によると午後から下り坂。今日は予定があり午前中しかトンボが探せません。ですので近所の池に行ってきました。
朝のうちはわずかに薄日が差しますが、ほとんど曇っている状態のためかトンボはほとんど飛んでいません。
クロスジギンヤンマ♂。
e0002314_15443861.jpg

クロイトトンボ同色型♀。
e0002314_154517.jpg


池の草地に座り込んでトンボを待っているのですが、トンボが全然飛ばないので水の中を眺めている時間が多かったです。
ヒメイトアメンボ。
e0002314_15551840.jpg

サツマシジミ♂。
e0002314_15553149.jpg

オオアオイトトンボ。
e0002314_15554280.jpg

池の中にはオオアオイトトンボのヤゴが沢山いましたので、水中にいるヤゴの写真を撮っていたら、ガマに捕まる怪しいヤンマヤゴと目が合いました。
捕まえてみると・・。
ネアカヨシヤンマでした!
e0002314_1557972.jpg

曇りの日はやはりヤゴ探しがいいです。
オシマイです。

by bobtuck | 2009-05-03 16:01 | 福岡地区 | Comments(2)  

福岡地区 池・川散策 クロちゃん

2009年5月2日
さてGWになりました。
まずは海岸沿いの池をまわりました。海近くで、遠浅の植生豊富ないい池はどこか残っていないでしょうか。
最初の池ではセイタカシギがいました。
e0002314_21155147.jpg

去年もここにはいたし、数日前にも別の場所にもいました。昔は少ない鳥だったんでしたっけか。

セスジイトトンボ同色型♀。
e0002314_21171867.jpg

この池は数年前はセスジイトトンボがとても多い池だったのですが、昨年、今年と数がだいぶ減っているような気がしてなりません。

目的の種も変えて場所を変えました。秋に見つけといた怪しい湿地のような池。
e0002314_2122588.jpg

トンボが全然いません(涙)
ハラビロトンボ♂。
e0002314_21233662.jpg

ヒメイトアメンボ。
e0002314_21234957.jpg

デンジソウの仲間かな。
e0002314_2127345.jpg

『ヤバイ!このままじゃ今日はタコじゃないか・・』
ということで場所を変えてクロサナエ目的で山方面へ行きました。普段、あまり行かない場所。
ダビドサナエ♂。
e0002314_21294861.jpg

クロサナエがどうしても見つからず、帰ろうとバイクで山道を下っていたところ未熟な小型サナエが道路から飛び立つのが見えました。民家の壁に止まったので近づくと、クロサナエの未熟なオスです!反射的に手で掴もうとすると民家の屋根の上に逃げられました。私は止まっているトンボはだいたい素手で捕まえることが多いのです。網を使っておけば・・と後悔しました。諦めきれずに周囲をウロウロしていたところ、同じ個体と思われるものを発見したので今度は網を使って慎重にネットに入れました。
クロサナエ未熟♂。
e0002314_21363125.jpg

なにはともあれ、無事にクロサナエの新ポイントを確認でき良かったです。成熟期が楽しみだな。
オシマイです。

by bobtuck | 2009-05-02 21:39 | 福岡地区 | Comments(0)  

福岡地区 川散策 よくわからん

2009年5月1日
5月になりました。まずは福岡市産のホンサナエを求めて近所の河川中流域に行きました。何回か言っていますが、福岡市産のホンサナエはしばらく記録がないはずです。12年前の標本は持っています。これ以降、福岡市内で記録はないはずです。18歳の時に採集したのですが、その時は3♂程いまして、鹿児島には生息していないホンサナエを捕まえて『福岡はホンサナエが多いんだなぁ』と感動したような覚えがあります。
川にはニホンカワトンボが多数出ていました。
ニホンカワトンボ橙色翅型♂。
e0002314_195588.jpg

ニホンカワトンボ淡橙色翅型♀。
e0002314_1961784.jpg

ダビドサナエ♂。
e0002314_1994185.jpg

いつも思うのですが、中流域のダビドサナエは産卵をどういう場所でしているんだろうか。メスは全然見ないし不思議だ。
ミヤマカワトンボは出ていましたが、アオハダトンボはまだ出ていないようでした。
目的のホンサナエは全く見ることが出来ませんでした。もういないかもな・・。

場所を変えました。クロサナエ目的で山中へ行きました。
クロサナエがどうしても撮りたいので、ダビド属は全部ネットしてみましたが、全部ダビドサナエです。クロサナエを狙うにはもう少し時期を遅らせた方がいいのかな。
ダビドサナエ♂。
e0002314_19164939.jpg

それにしても、今日のこの場所は今の時期はいつも、ダビドサナエが沢山いるんですが、まだピークではないらしく思ったような個体数ではありませんでした。クロサナエについてはいまひとつよくわかりません。
アサヒナカワトンボ移精。
e0002314_19205553.jpg

シオヤトンボ未熟♀。
e0002314_19211257.jpg

せっかくの晴天だったのに今日は何ひとつ目的を達成することが出来ませんでした。今日は海沿いにすれば良かったかな。
何か毎年同じことの繰り返しな気が・・。
オシマイです。

by bobtuck | 2009-05-01 19:29 | 福岡地区 | Comments(0)