<   2009年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧

 

福岡地区 海岸散策 またゲッツ

2009年10月31日
今日のような天気は滅多にない!という訳で今日もまた海岸近くでの迷アカネ探しです。
これまでに確認している場所以外にも飛来しているに違いないと思っているので、まずは怪しいと思っていた場所へ。奥の建物の向こう側は海です。水辺と農耕地が多いので絶好の場所だと考えていました。
e0002314_15331876.jpg

この水路が怪しいと思います。
e0002314_15354661.jpg

少し朝早くに行ったため、周辺の草地で休んでいる個体を探していると1頭マイコアカネサイズのオスが飛びだしたのですが、捕獲も撮影も出来ないまま見失ってしまいました。
諦めきれず、周辺の刈り終わった水田でアカネを探していると、今度は真っ赤なアカネが飛び出しました。最初はナツアカネかな?と思ったのですが、自分のすぐ近まで飛んできた時に、私は確信しました。
「今のはスナアカネだ!」
飛んでいる時に目の下の青い部分が見えたのです。必死で捕獲しようとしましたが、やはりとても敏感なトンボですから逃げられてしまいました。遠くからでも良かったから証拠程度の写真を撮っておけば良かったと後悔しました。
前述の通り、写真も捕獲も無理でしたので、さらに飛翔している姿で、私がそう思っているだけですので、確かな証拠がありません。ここのスナアカネは保留にしておきます。次回以降、時間があればチャレンジしてみようと思います。

さて、この場所は諦めて、先日までの場所に行くことにしました。
この場所はかつてはアカネ類がとても多い場所だったのですが、今年はアカネ類がとても少ないのです。なぜ、前回・前々回と迷アカネを見つけられたのかというと、この場所のマイコアカネが極端に少なくなっているからです。例年ですと、この場所で飛来種探しをするとマイコアカネの個体数が多く、邪魔だったので見つけるのに難儀していました。今年はマイコアカネが見られないので、小さいアカネの場合、マイコアカネでない可能性が高いのです。飛来種探しには都合が良いけど、マイコアカネや他のアカネ類の極端な減少。さらに周辺地域が開発されて昔とはだいぶ変わった風景になりました。ちょっと心配になります。

今日も怪しい小さなアカネがいました。
e0002314_1554551.jpg

腹の先が黒いのでひょっとすると??と思い捕獲してみると・・
やはりタイリクアキアカネ♂でした。
e0002314_15552220.jpg

タイリクアキアカネ♂。これは上とは別の個体。
e0002314_15583564.jpg

今日はオナガアカネは確認することは出来ませんでした。ただ、明らかにマイコアカネとは違う飛び方をしている小さなアカネを何頭か撮り(捕り)逃がしていますので、まだいるようです。
どうも飛来アカネは種名確認のため、捕るほうを優先させてしまいます。私が行っているのは撮影メインではなく調査なので、こうなってしまいます。

コノシメトンボ♂。
e0002314_1653655.jpg

ヤクシマルリシジミ♀がいました。
e0002314_1643817.jpg

この地区初だと喜んだのですが、もう確認されているとのことで少し残念でした。

最近、トンボ運が良くなってきました。今年みたいな飛来種の多い年はあまりないと思うから、成虫シーズンの残りはアカネ探しを頑張ろうかな。
オシマイです。
[PR]

by bobtuck | 2009-10-31 16:13 | 福岡地区 | Comments(2)  

福岡地区 海岸散策 ゲッツ

2009年10月29日
ほんの僅かですが時間がとれましたので、先日のオナガアカネの場所に行ってきました。
15分程の滞在です。

タイワンウチワヤンマ♀。
e0002314_19444888.jpg


マイコアカネサイズですが、飛び方がだいぶ違うアカネがいました。
e0002314_1952489.jpg

「これは間違いない!」と思い、迷ったあげく近くからの撮影を諦めて捕獲することに。
オナガアカネ♂。
e0002314_1953311.jpg

e0002314_19573811.jpg

やっと福岡県のオナガアカネ♂を確認することができました。
こういう場所。
e0002314_1956209.jpg


付近にはタイリクアカネばかり目立ちますが、さらに怪しいアカネがいました。
遠くから見た時、最初はタイリクアカネのメスだと思ったのですが、何とも違和感を感じた種です。
よくわからない種です。多分タイリクアキアカネ♀だと思うのですが、保留にしておきます。
e0002314_19454892.jpg

このアカネについて御意見ありましたらお寄せください。捕獲しているので後で検証してみます。
このアカネの種名がすぐにわからず、不勉強を痛感しました。

多分、飛来種はもっと来ているのではないでしょうか。良い天気の日に1日粘ったらいい成果が出ると思います。
オシマイです。
[PR]

by bobtuck | 2009-10-29 20:09 | 福岡地区 | Comments(4)  

福岡地区 海岸散策 失態

2009年10月25日
朝から曇っていて気温も低く、アカネ日和ではなかったのですが、今日も海岸地帯へ行ってきました。風をよけて休んでいる個体探しです。
この場所は池があり、農耕地も広がり、昔は良い水路もありました(今は駄目な水路になってしまいましたが)。農耕地をひたすら歩いて飛び出すアカネ類を探します。
e0002314_15385466.jpg

タイリクアカネばかりが飛び立ちますが、1頭あきらかに怪しいアカネがいました。

オナガアカネ♀。
e0002314_1642164.jpg

もっとマシな写真が撮りたかったのですが、非常に敏感で近づくことが出来ませんでした。捕獲しようとしたら、あと30cmというところで飛ばれてしまい、ヨシ原の奥深くに逃げられてしまいました・・。失態です。この個体だけは捕獲しておくべきだった。
まぁでもメスがいたんだからオスも多分ここに来ているかもしれません。晴れたらチャンスありかな。
オシマイです。
[PR]

by bobtuck | 2009-10-25 16:06 | 福岡地区 | Comments(2)  

福岡地区 海岸散策 また西海岸

2009年10月24日
今日も県西部の海岸地帯へ行ってきました。
糸島半島の海のすぐ近くにある下のような場所で探していました。
e0002314_1944580.jpg

e0002314_19441668.jpg

e0002314_19442938.jpg

タイリクアカネ♂。
e0002314_19382468.jpg

タイリクアカネ♀。
e0002314_19383838.jpg

タイリクアカネ産卵。
e0002314_19385269.jpg

マユタテアカネ産卵。
e0002314_19392075.jpg

リスアカネ♂。
e0002314_19393223.jpg

リスアカネ産卵。
e0002314_19394776.jpg

カトリヤンマ♂。
e0002314_19462059.jpg

今日はいつもより丹念に調べたつもりなのですが、飛来種は発見出来ませんでした。タイリクアカネがどの池でも見られるようになっており、秋が深くなっていることを感じます。

家の駐車場にもいたクロマダラソテツシジミ♂。
e0002314_19465834.jpg

オシマイです。
[PR]

by bobtuck | 2009-10-24 19:48 | 福岡地区 | Comments(2)  

福岡地区 池散策 なんたる悲運

2009年10月18日
今日も池巡りです。目的は凝りもせずコバネアオイトトンボ探しです。
頼りにしているGoogleマップで、昨夜のうちに下調べしていたところ、雑木林の中にあきらかに湿地状になっている行ったことのない池を見つけました。昔から近くを通るたびに地図を見ると載っているので、池の存在は知っていたのですが、大変アプローチが悪く、池に行ったことがありませんでした。ただ、Googleマップの航空写真を見て、「これは何としても調べなければならない」と直感を感じましたので、行ってみることにしました。
付近に着き周囲を色々調べましたが、やはり池までの道はないようです。竹とクズがとても茂っている道をヤブコギするしかないようです。意を決して突入しました。
ヤブコギは慣れているのですが、竹の密度が異常なほどありまして、進むのに大変難儀しました。池は道から100mも離れていないのに池に着くまでに1時間程かかってしまいました・・。
「これは誰もずっと来ていないな!手つかずの状態が残されているかも!」
と妄想を膨らませ、やっとのことで池に着くと唖然としてしまいました。
e0002314_18271477.jpg

最悪のパターンです・・。水は枯れているのか、水辺はほとんどありません。まぁ、こういうことはよくあるのですが、かなり労力を使った時のこのパターンはかなりへこみます・・。

救いは福岡市近郊では稀なマユタテアカネの普通タイプのメスがいたことくらいです。
e0002314_18303356.jpg


さて、場所を変えました。
まわった場所はいい感じの池もあったのですが、コバネアオイトトンボは今日も発見出来ずでした。
ノシメトンボ♂。
e0002314_18353998.jpg

ナツアカネ♂。
e0002314_18355120.jpg

ベニイトトンボ♂。
e0002314_1836868.jpg

アオイトトンボ♂。
e0002314_18361993.jpg

オオアオイトトンボ♂。
e0002314_18363159.jpg

今日はバイクだったのですが、帰りに悲運なことが起こりました。
バイクを運転していたら、大きめの昆虫が私の体にぶつかり服のエリ部分に入ってしまい、その昆虫が抜けられなくなったのです。首を刺されたのか噛まれたのかわかりませんが、痛みが走りました。追い払う時に一瞬見えたのですが黄色い大きめの昆虫でした。ひょっとしてスズメバチだったのかな・・。まぁ、でも痙攣も熱もないので、何かに噛まれただけなのかな。でも今の時期に黄色い噛む虫がいるかな?など思い普通に帰路に着きました。ちなみに首は今も痛いです。運がない日でした。
オシマイです。
[PR]

by bobtuck | 2009-10-18 18:49 | 福岡地区 | Comments(4)  

福岡地区 海岸散策 西海岸

2009年10月17日
今日は、県西部の海岸地帯へ行ってきました。目的は迷アカネです。
天気はまぁまぁなのですが、今日は風が強かったです。海のすぐそばばかりを調べていたので、どこも強風で非常に困りました。

カトリヤンマ♂。
e0002314_2154428.jpg

タイリクアカネ♂。
e0002314_21545377.jpg

今、福岡でも話題のクロマダラソテツシジミ。
e0002314_223334.jpg

ちなみに自分はクマソなどと略して呼ぶことは決してしません。昆虫の名前を略して呼ぶことに、自分は昔からどうも抵抗を感じます。歴史的名言のあるヤクシマルリシジミだけは略して呼ぶことがありますが。

どうも風が強過ぎるので、さらにクライマックスシリーズを見なければならないため「今日はもういいや~」となり撤収しました。
オシマイです。
[PR]

by bobtuck | 2009-10-17 22:05 | 福岡地区 | Comments(4)  

福岡地区 池散策 午前中勝負

2009年10月16日
この日は午前中だけ時間が空いていたので、アカネ類の飛翔写真でも・・と思い、近場の池に行っていました。
常に新規開拓ばかりしているので、今日は久々にゆっくり飛翔写真が撮れる!とワクワクして行ったのですが、風が強いためか悲しいことに飛んでいるアカネ類は皆無でした・・。正午過ぎまで粘れたら飛んだのかもしれませんが・・。
e0002314_2144789.jpg


オオアオイトトンボ♂。
e0002314_21433689.jpg

コノシメトンボ♂。
e0002314_2144476.jpg

マユタテアカネ♂。
e0002314_214544.jpg

オシマイです。
[PR]

by bobtuck | 2009-10-17 21:47 | 福岡地区 | Comments(2)  

福岡地区 池散策 難

2009年10月10日
今日もまたコバネアオイトトンボ探しです。良い環境の残っている池に行きました。
地図に載っている市内近郊の池はほとんど調べつくしていますが、当然、池を訪れるのは季節にバラつきがあります。今日行った池は、秋の時期には行ったことがなかった池です。植生が何だったのか忘れてしまっていたので、チェックもかねて行ってきました。
e0002314_2156352.jpg

残念ながらコバネアオイトトンボが産卵しそうな植物はありません。

オオアオイトトンボ♀。
e0002314_21594831.jpg

アジアイトトンボ♂。
e0002314_220472.jpg

アオモンイトトンボ♂。
e0002314_2201751.jpg

ムスジイトトンボ♂。
e0002314_2203049.jpg

マユタテアカネ♂。
e0002314_2223198.jpg

マユタテアカネ交尾。
e0002314_2224467.jpg

タイリクアカネ♀。
e0002314_223033.jpg

おまけ。ジムグリ。
e0002314_224046.jpg

この池は自宅から遠いので、移動だけで疲れてしまい、今日は早めに撤収することにしました。
最近、写真を撮る余裕がなくなってきました。採集と撮影の両立は難しいです。
オシマイです。
[PR]

by bobtuck | 2009-10-10 22:11 | 福岡地区 | Comments(2)  

福岡地区 池散策 山本降臨

2009年10月4日
昨日のトンボ記です。
昼過ぎから時間がとれたのでコバネアオイトトンボを探して池を巡りをしていました。
まずは数年前まで、コバネアオイトトンボがいたという池に行きました。この池はこれまで何回も通っているのですが、私は一度も確認することが出来ていない池です。池の植生が昔はどうだったのかわかりませんが、私が調べはじめた時は池の植生はヒメガマばかりで、どうもコバネアオイトトンボが産卵する植物群落がないなぁと感じていました。
多いのはやはり今年もアオイトトンボです。おびただしい数が飛んでいました。
アオイトトンボ♂。
e0002314_10202429.jpg

オオアオイトトンボ♂。
e0002314_10224210.jpg

どんなに探してもコバネアオイトトンボは見つけることができませんでした。

マユタテアカネ♂。
e0002314_10255196.jpg

リスアカネ♂。
e0002314_10261019.jpg

リスアカネ産卵。
e0002314_10262416.jpg

アジアイトトンボ♂。
e0002314_10264112.jpg

アカネ類は他にタイリクアカネとノシメトンボが少数いただけ。アキアカネ、ナツアカネが全くいませんでした。

他に池を少しだけまわった後に、海岸の松林の中にある池に行きました。
ギンヤンマ交尾。
e0002314_10292975.jpg

キトンボ♂。
e0002314_10294455.jpg

ハネビロトンボ♂。
e0002314_1030012.jpg

この植物は怪しい感じがする。
e0002314_10331444.jpg

時間も夕方だったのでトンボは少なかったのですが、キトンボが複数個体いたのが収穫でした。ここだったらキトンボの飛翔写真が撮れるかもしれない。内陸地でなくても案外キトンボいるものですね。

さて、夕方になり帰ることにしました。
帰る途中、城南区あたりの道を走っていた時のことです。
ある場所で何かイベントをしており、普通に通り過ぎたのですが、一瞬怪しい人間が私の目に入ってしまいました。見覚えのある青いツナギ。それに動物達。
『あれはまさかヤツではないか?』
と思い、TELしたところ、仕事中なのかヤツは電話に出ません。
行って確かめてみようと引き返すと、やはりヤツでした。
久々に登場のビッグトゥモロー山本。
e0002314_1041341.jpg

久々の登場なので『コイツは誰だ?』と思われる方もいるかもしれませんが、ビッグトゥモロー山本とは八木山高原の『ピクニカ共和国』という動物園の園長なのです。彼の活躍等については詳しくは当ブログ右側のカテゴリー欄の『ピクニカ共和国の軍団山本』をクリックしてください。
ピクニカ共和国には移動動物園という出張動物園みたいな事業があり、それでここに来ていたというのです。なかなかない偶然。つくづく彼との運命を感じてしまいました・・。
e0002314_10521054.jpg

e0002314_1052204.jpg

彼と世間話をして、『仕事の邪魔になるし、そろそろ帰るわ』と私は言うのですが、ビッグトゥモロー山本が『もう少しで終わるから』となかなか私を家に帰らしてくれません。

終了時刻になり理由がわかりました。
山本『はい、このビニールに荷物を入れてくれ』
私『ん?なぜ俺が??』
山本『いいから早くやれよ!バラすぞ』
私『俺に何かさせるつもりか??』
そう、私はなぜか移動動物園の片づけの手伝いをすることになっていました。
しかし、ビッグトゥモロー山本は動物を愛する心優しい(はず)人間です。お礼としてコーラとシュークリームをおごってもらいました。
この移動動物園とはなかなかいいものだと思います。常に子供達でいっぱいでした。今はなかなか子供達が動物に触れ合う機会がないですし。

まぁ、そんなこんなで軍団山本の活動を久々に更新しました。
続く・・。
[PR]

by bobtuck | 2009-10-05 11:11 | ピクニカ共和国の軍団山本 | Comments(4)