<   2010年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 

福岡地区 細流散策 ピンチ

2010年9月25日
秋晴れの良い天気と期待していたのですが、何とも言えない天気でした。風が強くて寒く、ついに長袖を着てしまいました。
とにかく未開拓の地巡りでしたが、無情にも何も成果はあがりませんでした。アカネ類も少なかったです。ここまでスランプなことはあったかな・・。

ヒメアカネ♂。
e0002314_21465719.jpg

マユタテアカネ♂。
e0002314_21475279.jpg

マユタテアカネ♀。普通タイプのメスは50頭くらいのうち2頭のみしかいなかった。
e0002314_21541668.jpg

マユタテアカネ♀ノシメ型。
e0002314_21544018.jpg

マユタテアカネ連結産卵。
e0002314_2205023.jpg

オニヤンマ♀産卵。コンクリートに産卵していますが、上手く産卵できるのかな。
e0002314_21553611.jpg

オナガサナエ♂。
e0002314_221020.jpg


時期的にもそろそろ追い込まれてきました。ピンチです。

オシマイです。

by bobtuck | 2010-09-25 22:02 | 福岡地区  

福岡地区 細流散策 75年

2010年9月20日
今日は体力を使いたくない日でしたので、福岡市内をウロウロしていました。
細流探しでしたが、今日の目的はミヤマアカネ探しです。毎年探しています。
福岡市のミヤマアカネですが、確実な「記録※」としては1935年に脇山村曲淵(現在の早良区)で採集されているのみだと思います。ただ、「未記録」ですが、Hさんが早良区で1992年に複数採集していて、ラベル付の標本も見せてもらったこともあります(これは「記録」してもらうつもりです)。まぁ、「記録」としては、今のところ75年間も福岡市内では「記録」がないのです。
75年も「記録」が全くないので、福岡市内のミヤマアカネはもともと個体数が少なく、脊振山の麓で少数が細々と生活していたのでしょうか。それとも普通種過ぎて、誰も「記録」していなかったのでしょうか。それともまだどこかに残っているのでしょうか。
ミヤマアカネはトンボ屋じゃなくても採集したらすぐわかるから、多分もともと少なかったものと推測しています。
ちなみに県内全域でしたら、北九州、筑豊、久留米地域では最近も「記録」されています。

先日、Hさんの家に行った時に、詳しいピンポイントの場所を教えてもらいました。
e0002314_2110696.jpg

池のほとりの草地です。実はここは私も何回か来たことあって、この草地怪しいなぁと丹念に探したことがあります。
予想では付近にある細流で昔はミヤマアカネが発生していたのではないかと思います。
e0002314_21143518.jpg

この細流のことはHさんは気付いていなかったので、詳細はわかりません。
残念ながら再発見は出来ませんでした。

Hさんが昔(1991年頃)書かれた、別の種についての報文では、この地に多数のナツアカネがいたと記されています。私が数年前から通っている限りでは、ここではナツアカネを見たことがありません。ナツアカネがいなくなるほど、何か環境が大きく変わってしまったのでしょう。それとも稲作の栽培方法でも変わったのでしょうか。とにかく、ナツアカネもいなくなるなんて残念です。

アキアカネ♂。
e0002314_21204474.jpg

アキアカネ♀。
e0002314_21205810.jpg

リスアカネ♂。
e0002314_21211064.jpg

モノサシトンボ♀。
e0002314_21213038.jpg

75年も福岡市内で「記録」がないミヤマアカネ。再発見のチャンスです!まだ、どこかに残っていると私は思っています。見つけた方は「記録」しましょう。
オシマイです。

※たまに、「記録」を勘違いしている方がいます。虫界の「記録」とは書かれたものを指すのであって、最近はネット等で簡単に使われています。初心者や若造がこの言葉を使うのは仕方ないと思いますが、ベテランの方が平気でこの言葉を使っているのを見ると、腹が立ちます。「あんた記録なんかしてないじゃないか」「あんたが記録してないからこっちは困ってんだよ」と。
私の言うことに腹を立てた方がいるのであれば「記録」してください。虫屋であれば「記録」すべきです。

by bobtuck | 2010-09-20 21:40 | 福岡地区  

福岡地区 細流散策 指

2010年9月19日
今日も朝から細流探し。
連休で、思う存分動き回ることができるので、遠足の朝のような目覚めでした。昼間はまだ暑いですが、朝はだいぶ涼しくなりました。

今日まわった細流。
今日の地点も周辺が湿地帯になっていて、湿地の横を流れる。
e0002314_21245762.jpg

e0002314_2125736.jpg

他にも色々まわりましたが、まぁ、だいたい見た目同じような場所ばかりです。

オナガサナエ♀。
e0002314_21293017.jpg

アオイトトンボ♂。
e0002314_21295517.jpg


里山の水田にはアカネ類がだいぶ目につくようになってきました。特にネキトンボの多さが目立ちます。
リスアカネ連結産卵。
e0002314_2131555.jpg

リスアカネ♀産卵。
e0002314_2132286.jpg

マユタテアカネ♀産卵。
e0002314_21324613.jpg

タイリクアカネ♂。
e0002314_2133468.jpg

ネキトンボ♀。
e0002314_21331838.jpg


最初に見つけたオナガサナエ♀、帰り際に見たら、同じ場所で飛んでは止まるを繰り返していたので、指を出してみたら止まってくれました。
e0002314_21362564.jpg

この個体逃げません。指に止まって逆立ちまでしてくれます。

まぁ、とにかく今日の成果もボウズであったのです。
ホークス戦を見るために、14時頃には撤収したのですが、今日はBSでも試合中継がなかった・・。こんなんだったら、もっと粘っておけばよかったと思いました。しかし、ホークスとライオンズの戦い、まさに死闘ですね。見ごたえがある!

オシマイです。

by bobtuck | 2010-09-19 21:46 | 福岡地区  

福岡地区 細流散策 汗まみれ

2010年9月11日
福岡県の地図を御覧になったことがありますか?
溜め池だらけです。何個あるのかも知りません。きっと人間が長年踏みこんでいない素晴らしい環境の池が残されていると思います。調べ甲斐があるのですが、ちょっと数が多すぎる・・。

今日も早朝からトンボ探しでした。目的は当然、福岡未記録のハネビロエゾトンボ探しです。それしか眼中にありません。
今日は今まであまり調べていない地区で調べていました。北九州市と福岡市の中間くらいにある場所です。地図に載っていない細流を探すのは苦労しますので、池に流れ込んでいる細流や池と池の間を流れる細流をターゲットにしていました。

今日まわった細流。
どこも周辺が湿地帯になっていて、湿地の横を流れる。
e0002314_21291174.jpg

e0002314_21292230.jpg

e0002314_21293563.jpg

e0002314_21294415.jpg

オオイトトンボが残っていないかと熱心に探した池。
e0002314_21324245.jpg

e0002314_21325194.jpg


今日も全く成果を得られませんでした。
ハネビロエゾトンボが生息するには何が必要なんでしょうか。
今までハネビロエゾトンボを捕まえたことは県外で数回しかありませんが、水田横の細流の上を弱々しく飛んでいたり、谷川の上を摂食飛翔していたりで、まともにホバリングしているとこを見たことがありません。
成虫は何時頃に活発に縄張り飛翔するのか?
暗い場所がいいのか太陽がそこそこ差し込む場所が良いのか?
やはり湿地が必要なのか?
ミヤマアカネすらも見つけられなかったので、何か根本的に環境が違うのか?
とにかく、何としても見つけてやろう!という気持ちになりました。
福岡産がホバリングするところ見てみたいなぁ。

リスアカネ♂。
e0002314_21413888.jpg

オニヤンマ♂。
e0002314_21415523.jpg

オニヤンマ♀産卵。
e0002314_21421013.jpg

オオアオイトトンボ♀。
e0002314_21422333.jpg

ムスジイトトンボ♂。
e0002314_21423892.jpg

タイワンウチワヤンマ♀。
e0002314_21425291.jpg

今日一番のヒットはこれ。
リュウキュウムラサキ♀。
e0002314_21432516.jpg



私は自称こだわりのある男。しばらくは細流探しにこだわっていきます。
それにしても福岡には池が多い・・。一人で調べて紙に記録を残し続けていくには限界があるかも・・。
オシマイです。

by bobtuck | 2010-09-11 21:57 | 福岡地区  

番外編 世界を揺らす男 婚活山本

e0002314_18562177.jpg
芸能界には数年前、『軍団山本』と呼ばれる巨大派閥が存在しましたが、実はここ福岡にも軍団山本が存在するのです。
飯塚市の八木山高原に『ピクニカ共和国』という動物園があり、そこの園長が軍団山本のリーダーである、世界を揺らす男、婚活山本なのです。

全世界の山本ファンの皆様、そして全世界の軍団山本の一味の皆様。おまたせしました。
そして私のトンボ記事を期待していた方、またまたごめんなさい。
今日は、また、この男の登場です。このブログはピクニカ共和国の園長の真の素顔を知ることの出来るブログでもあります。

この山本という男、度々名前を変える男です。その歴史を遡ってみると
イケメン山本
ハゲ山本
コンパ大好き山本
ジェラシー山本
ハートブレイク山本
ビッグトゥモロー山本
CC延長山本
ジゴロ山本
セクシャルバイオレット山本
バハメン山本
そして今回は婚活山本

『福岡の軍団山本』を説明させてもらうと、正式名称は『山本クラブ』であり、この軍団は婚活山本が中心となり、勝手にアウトドア活動や宴、中洲・黒崎パトロールなどを楽しんでいるというよくわからないグループであります。
夜の中洲で婚活山本を見かけましたら、気軽に声を掛けてください。
この軍団、反響が反響を呼びいつの間にか大きな軍団になってきましたが、最近飽きられているという噂もあります。

婚活山本と軍団山本の一味を知る人向け、さらには軍団のアピールの場となりますので、今回はトンボとは全く関係ありませんのであしからず。

2010年○月×日
夏の終わりの某日に海に行ってきました。場所は鹿児島県南さつま市坊津です。そう、九州の最果ての地です。
なぜにはるばる坊津に行ってきたのかというと、夏に婚活山本がサンゴ礁や熱帯魚を見たい!とダダをこねていまして・・。
前に、軍団の飲み会で、サンゴ礁の話題になり、鹿児島出身である私が、坊津の話をしたからなのかもしれません。今では有名になった丸木浜がまだ無名だった時代、私は子供の頃、家族でよく坊津や笠沙の海で、素もぐりやバーベキューなどをしていました。その話を婚活山本が覚えていたのか、サンゴや熱帯魚に興味を持ち始めた婚活山本が私に案内しろ!と言ってきたのです。

かなり遠い場所ですし、疲れるし、むさ苦しい男だけの旅とのことですので、全然乗り気ではなかったのですが、思い出作りに行ってきました。
メンバーは婚活山本、副リーダーのダニエル、そして私です。
e0002314_18565918.jpg

5~6時間ほどかかったでしょうか・・。目指す坊津につきました。
やはりリアス式海岸の景色が素晴らしいです。
e0002314_18574881.jpg

景色を楽しむ婚活山本とダニエル。
e0002314_1858060.jpg

写真の奥が目指す丸木浜です。
e0002314_18582465.jpg

到着が遅くなったのでこの日は下見をしていました。
e0002314_19213100.jpg


なんと今回は、車中泊ではなく、民宿に泊まりです。ついに軍団も進歩しました!
その名もがんじん荘。すごい名前!
e0002314_1923997.jpg

大ハシャギのダニエル。
e0002314_1925761.jpg

腹の出たダニエル(ギャランドゥが激しいので少しボカしています)。
e0002314_19316100.jpg

夜は、男だけの告白大会やマジカルバナナが深夜まで続くのかと思いきや、すぐに就寝につきました。
そう・・もう全員若くはないのです・・。

翌朝、二度寝王子の異名がある私は寝ていましたが、オッサン二人は早起きですので海のパトロールをしていたようでした。
e0002314_194379.jpg

朝食後、現地へ出発しました。

がんじん荘のオーナーからいただいた焼酎「鑑真」
e0002314_1942231.jpg

丸木浜。
e0002314_1911353.jpg

さっそく生き物観察を開始する軍団山本。
e0002314_1995919.jpg

e0002314_19112862.jpg

e0002314_19114163.jpg

思うように熱帯魚を網に入れることのできない婚活山本はキレていました。

とにかく、夏の終わりに青春の旅を楽しんだのであります。
e0002314_19184010.jpg


今回は全員金を使い果たしてしまい、福岡に帰った時は、皆一文無しになっていました(なぜか鹿児島の銀行で金をおろすことができなかったので・・)。ギリギリの旅でありました。
これも数年後、よい思い出になるでしょう。

今回の更新のさいに婚活山本から再びメッセージがありました。
『俺は地球の未来を背負ってんだぞ』
(※勘違いしている彼を許してください)

最後まで読んで頂いた方、どうもありがとうございます。
今後も婚活山本の動向に注目してください。
続く・・。

by bobtuck | 2010-09-09 19:29 | ピクニカ共和国の軍団山本  

福岡地区 細流散策 見つからぬ

2010年9月5日
早朝から細流を探していました。
細流は地図に載っていない場合も多いので、数をこなしていかねばなりません。山ではなく平地、里山の細流探しです。
それにしても見つからないものです。
これまで地図だけじゃ見つからなかったので、他の生物のデータ等も参照して探す場所を決めていたのですが、本当に難しいトンボです。
ネキトンボ♂。
e0002314_21202161.jpg

ネキトンボ♀。
e0002314_21203563.jpg

アキアカネ♂。
e0002314_21204937.jpg

今年は今のところ何もヒットがないです。ま、昨年までが順調過ぎていたこともありますが。
さて、今後どう動こうか。
その前に、時間が探しに行く時間がとれるか・・。9月の連休、有効に使いたいですが・・。
オシマイです。

by bobtuck | 2010-09-05 21:26 | 福岡地区