<   2010年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 

2010年 トンボ納め

気付けば年末になりました。
少し時間に追われているので、今年はもうトンボ探しには行かないと思います。今日でブログの方は今年のトンボ納めにします。

さて、今年の振り返りですが、本当にスランプでした。
また野球に例えて言うのならば、自分がもしもですけど、年間30本以上のホームランを打つことができるバッターだったとしたら、少し試合を欠場することがありましたが、シーズン二桁本塁打に届かなかったような感じでした(もしも自分がプロ野球選手だとしたらの話です)。

何年も前から福岡のトンボ文献を収集していまして、今年は文献目録と市町村別分布表を出しました。
今年、出すことにしていましたので、今年は野外に出るよりも目録作りに時間をかけていたのです。両立させたかったのですが、体力的にキツく、今年は書き物優先にしました。そのせいか春から夏にかけてはあまり野外に時間をかけられませんでした。それが今年あまり更新できなかった理由です。
でもこの作業をしたおかげで、福岡県にトンボが何種類いるのか判明し良かったと思います。
それが今後どう役立つのか楽しみです。
今は時間がないのでまだ別刷りを送れていない方がいますが、お世話になった方にはそのうちお送りします。必要な方は私に言っていただければ差し上げます。
e0002314_03313.jpg

福岡県のトンボを調べだしてどれだけたったことか。
このブログも5年も続けてしまいました。
虫をやりはじめて気付けば幾星霜の時が過ぎました。
この間、色んなことがありましたが、自分はこの生き方を変えないでいこうと思います。

今年、調査に協力してくださった方々、当ブログを見続けてくださった方々には感謝いたします。
来年は40本塁打を打ちたいですね。
それでは良いお年を。

by bobtuck | 2010-12-28 00:58 | その他 | Comments(7)  

福岡地区 池散策? 粉雪

2010年12月25日
世間はクリスマスですが、自分にとっては待ち望んだ休日。
前に見つけた環境の良い池で水生昆虫探しをしようと、意気揚々と向かったのですが、山に向かうにつれ、雪が・・。
最初は
『こな~ゆき~』
とか歌いながらバイクで走っていたのですが、次第に雪の粒が大きくなり、ついには顔面に雪粒が当たるのが痛くなる程になってきまして・・。
『俺はユキが嫌いなんだよー』
というわけで挫折しました。

帰りにエノキでゴマダラチョウの幼虫を見てきました。
e0002314_1350435.jpg

この木では沢山のゴマダラチョウが越冬しています。
e0002314_13513159.jpg

樹上でも5頭ほどいました。数週間前からずっと同じポジションなのでこのまま樹上越冬するのでしょう。
e0002314_13521259.jpg

e0002314_135231100.jpg

そんなわけで今日はもう帰ってきました。今日はトンボなしです。
オシマイです。

by bobtuck | 2010-12-25 14:07 | 福岡地区 | Comments(5)  

番外編 軍団山本 反省会~ヤ部との融合

e0002314_20194911.jpg
何回も何回もアピールしてきたので、もはや説明なんぞしたくないのですが、芸能界にはかつて『軍団山本』と呼ばれる巨大派閥が存在しましたが、実はここ福岡にも軍団山本が存在するのです。
飯塚市の八木山高原に『ピクニカ共和国』という動物園があり、そこの園長が軍団山本のトライアングル山本なのです。

全世界の山本ファンの皆様、そして全世界の軍団山本の一味の皆様。おまたせしました。
今日もまた、この男の登場です。

『福岡の軍団山本』を説明させてもらうと、正式名称は『山本クラブ』であり、この軍団はトライアングル山本が中心となり、勝手にアウトドア活動や宴、中洲・雑餉隈・黒崎・小倉パトロールなどを楽しんでいるというよくわからないグループであります。
夜の中洲・雑餉隈・黒崎・小倉でトライアングル山本を見かけましたら、気軽に声を掛けてください。トライアングル山本は気軽に写真撮影に応えてくれると思います。

この軍団、年末に大規模な忘年会が開催されるという噂がありましたが、最近飽きられているという噂もあるため、忘年会が開催されないという緊急事態に直面しています。軍団員の皆さん、こういう時にこそ一致団結しましょう!

2010年12月18日
18日夜に軍団トップ2のトライアングル山本とダニエルがやって来たので、私を入れた3人で福岡市天神某居酒屋にて軍団山本の反省会が行われました。2010年は軍団にも様々なことがありましたし、私も今年は軍団行事やピクニカ共和国の仕事にも結構参加してきましたので、反省を語ることは多数あったのです。
左:ダニエル 右:トライアングル山本
e0002314_20274545.jpg

実は最近、私が軍団山本からの脱退宣言をしたことがあったのですが、トライアングル山本は私を説得するために出向いてきて長時間私を説得し、私が軍団残留を決めた時には涙を流しました。ありがたき軍団の友情。

天神の街はクリスマス一色です。
私とダニエル。
e0002314_20323170.jpg

e0002314_20431090.jpg
その後、軍団のヒロイン二世ステファニーと合流し、カラオケ、たこやきBarへ行き、最後はこれまた軍団員ジェニファーが待つ、いつものバーへ行くことになったのでした。
※軍団マメ知識1
<※軍団がカラオケで歌う歌は基本的に昭和の歌謡曲ばかりです。古き良き昭和の歌をこよなく愛するトライアングル山本です。おかげで、私は選曲にいつも迷ってしまいます。>

突然の誘いにもかかわらず、メイクアップも怠らずに迅速に来たステファニーたちと一緒に、深夜3時にも関わらず、飲んだくれておりました。

さて、その後、一蘭で締めのラーメンを食した後、トライアングル山本、ダニエルは私の家にそのまま宿泊となったのであります。


e0002314_21114734.jpg
2010年12月19日
眠りについたのが4時頃であったため、さすがに早起きはできなかったのですが、今日は3人ともオフです。
私的にはヤゴ採りに行くつもりだったので、飯塚市にキイロヤマトンボが生息していそうな場所があることをリサーチしていたので数日前から
『日曜日は飯塚に行くぞ!』
とトライアングル山本には宣言していたのですが、起きた時間が遅く、二日酔いも残っていたため、近場で軍団山本によるヤゴ探しをしようとなりました。トライアングル山本がヤゴ探しの手伝いを志願したのです。
運よく(悪く!?)、通称Shouエネ子女史ともスケジュールが合ったため、室見川でヤゴ探しをしようとのことになりました。福岡自然研究会の活動です。ヤ部員となりましたエネ子女史と軍団山本がついに出会うことになってしまいました笑。
福岡自然研究会という名は実は、先に使われていることが判明したので正式名称は『福岡自然研究部』となるようです。
この部を軍団山本の傘下に入れたいと企んでいるトライアングル山本は
『福岡自然研究軍団に改名しろ!』
と滅茶苦茶なことを先日言っていました。エネ子さん、すみません。

まぁそういうわけで、福岡自然研究部の活動としてエネ子女史とヤ部活動をしたのであります。そのヤ部活動に軍団山本のトライアングル山本とダニエルが参加する・・。ややこしい・・。

今日の調査地(室見川)。
e0002314_2110032.jpg

目的は個人的にはやはりキイロヤマトンボの生息の有無確認もありますが、スナヤツメやヤマトシマドジョウは室見川にいないのか?ということです。
ヤ部のために、マイ胴長を購入したエネ子女史。今後、福岡の水辺の生物を解き明かしていきましょう。

リサーチを怠らない軍団山本。
e0002314_2113683.jpg


調査風景。
私です(トライアングル山本撮影)。
e0002314_21162613.jpg

ダニエルです(トライアングル山本撮影)。
e0002314_21171048.jpg

調査するエネ子女史と私(トライアングル山本撮影)。
e0002314_21172969.jpg

採れた生き物を確認するエネ子女史と私(トライアングル山本撮影)。
e0002314_21175348.jpg

謎のポーズをとるダニエル(トライアングル山本撮影)。
e0002314_21185412.jpg

指示するだけで、結局何もしていなかったトライアングル山本。
e0002314_21245962.jpg


成果。
オニヤンマ幼虫。
e0002314_21265467.jpg

コシボソヤンマ幼虫。
e0002314_21271299.jpg

ダビドサナエ属幼虫。
e0002314_21272717.jpg

アジアサナエ属幼虫。おそらくヤマサナエ。
e0002314_21275159.jpg

ミヤマサナエ幼虫。
e0002314_2128537.jpg

アオハダトンボ属幼虫。
e0002314_21282718.jpg

コオニヤンマ幼虫。
e0002314_21284345.jpg

カワムツとzacco属。
e0002314_2133576.jpg

大きなカマツカを見て喜ぶトライアングル山本。
e0002314_2134077.jpg

残念ながら、目的の生物を確認することが出来ませんでした。
トライアングル山本とダニエルにより、『ハニー』という軍団ネームをつけられてしまったエネ子女史。申し訳ありません・・・。
※軍団マメ知識2
<※軍団山本内には軍団ネームというものが存在します。トライアングル山本がインスピレーションでつけていく軍団ネームです。ちなみに私の軍団ネームは本当にひどい下卑たネームです・・。>


今回、またも私は重大なことに気付きました!
今回の目的は「川の生き物を捕まえよう!」ということでしたがトライアングル山本は一度も川に入っていませんでした。
『実は泳げない疑惑』
が浮上しています。

最後に記念撮影をしました。
e0002314_21353247.jpg

調査に同行していただき、軍団山本とも対面していただいたエネ子女史には深く感謝いたします。

今回の更新のさいにトライアングル山本からまたもやメッセージがありました。
『好きなら好きと言うべきだ』
(※意味のわからない彼を許してください)

最後まで読んで頂いた方、どうもありがとうございます。
今後もトライアングル山本の動向に注目してください。
続く・・。

by bobtuck | 2010-12-19 22:08 | ピクニカ共和国の軍団山本 | Comments(4)  

福岡地区 川散策 セカンドシーズン

2010年12月11日
寒風吹きすさぶ寒い1日でしたが、川に行ってきました。シーズンオフは例年通りヤゴ探しを楽しもうと思います。
私は「ヤ部」(ヤゴ部の略)の部長をしております。部員がほとんどいないのですが・・・
昨夜の話題で出ましたが、ライバルは、あの有名な部活『○ょ部』です。冬になると勝手にライバル視しています(パクったうえに勝手にライバル視して申し訳ないです)。
自分がもし今、中学生であれば、私も『○ょ部』のある高校に入りたかったー!そして、ヤゴで県内のトンボ相を解明してみたかったー!それくらいに、あの若さと行動力が羨ましいのです。
再び青春したいため、自分は「ヤ部」で頑張ります。

さて、今日の場所は糸島地区です。糸島にはよく来ています。
近くて通いやすいというのもありますし、故郷の景色と糸島の景色がどことなく似ているからよく通うのかもしれんません。
目的は糸島未記録のヒメサナエ狙いです。
怪しいポイントに的を絞り、ヤブリました。
e0002314_1943254.jpg

一番多かったのはニホンカワトンボでした。これまで成虫はこの地点よりかなり上流でしか確認していなかったので、このあたりにまで生息していることがわかり良かったです。
ニホンカワトンボ幼虫。
e0002314_19464591.jpg

e0002314_19465773.jpg

コオニヤンマ幼虫。
e0002314_1952268.jpg

オナガサナエ幼虫。
e0002314_19523710.jpg

アジアサナエ属幼虫。これらは多分ヤマサナエ。
e0002314_19533739.jpg

これはキイロサナエで間違いないのでは?というアジアサナエ属幼虫。
e0002314_19541542.jpg

左がおそらくキイロサナエで右がおそらくヤマサナエ。
e0002314_1955982.jpg

これまで糸島市ではキイロサナエの記録もありませんし、確認したこともないのですが、糸島半島の福岡市内地域にはキイロサナエの産地がありますので、十分に考えられます。この怪しい個体は飼育することにしました。

アオハダトンボ属幼虫。
e0002314_2001118.jpg

オニヤンマ幼虫。
e0002314_2002661.jpg

ダビドサナエ属幼虫。おそらく全部ダビドサナエ。
e0002314_20053100.jpg

コヤマトンボ幼虫。
e0002314_2013643.jpg

コシボソヤンマ幼虫。
e0002314_2015123.jpg

瀬の石をどれだけ転がしても、ヒメサナエが入りませんでした。オナガサナエも上の1個体のみ。この川は早瀬が少ないし、ダム直下から下流までは支川がほとんど入っていないので、ヒメサナエが川を下るのは難しいのかもしれません。

今日は華の土曜日で、時間がまだあったので場所を変えることにしました。ヤゴを調べるのは初めての川。よさげな場所を見つけ、さっそくヤブリました。
e0002314_2083294.jpg

ここにもニホンカワトンボがいるかもな?と思ってです。
1個体だけですが、確認できました。
ニホンカワトンボ幼虫。
e0002314_20151252.jpg

e0002314_2015199.jpg

理由がわからないのですが、この1個体のみしかいませんでした。前の川と環境的に比べても悪くないとは思うのですが。
一応、県内の西限更新です。あとは成虫シーズンに親を確認して確実な記録としたいです。

アジアサナエ属幼虫。これらは多分ヤマサナエ。
e0002314_20182556.jpg

コソボソヤンマ幼虫。
e0002314_2018537.jpg

アオハダトンボ属幼虫。
e0002314_20192610.jpg

ダビドサナエ属幼虫。おそらく全部ダビドサナエ。
e0002314_2019566.jpg

いつも思うのですが、糸島はやはりサナエ類が少ない地域です。川の規模が小さいし、山から海までの距離が短いからなんでしょうけど。

今日は久しぶりに夕方遅くまで野外にいました。風が強く寒かったのですが、やはり網入れは面白いです。時間が経つのが本当早かったです。久しぶりに本気で網を入れてたので腰痛になるだろうな・・。
ヤ部で活動できるようトレーニングしなければ!
オシマイです。

by bobtuck | 2010-12-11 20:38 | 福岡地区 | Comments(4)  

福岡地区 池散策 宣言

2010年12月5日
朝からとても快晴無風でした。この天気を見てしまうと、もうギブアップすることにしていた迷アカネ探しにまた火が灯ってしまいました。それにしても、この時期になると早起きしなくて済むので楽です。

まずは福岡の迷トンボのメッカへ。昼前に着いて、ポカポカ陽気のアカネ日和なんですが、タイリクアカネとおぼしき種が2頭いたのみ。この池で無理なら、やはり今年は駄目でしょう。
「ギブアップ宣言」します笑。

場所を変え、11月23日に来た松林の中にある池へ。
ここには種類は少ないですが、まだ多数のアカネが飛んでいました。
コノシメトンボ♂。
e0002314_2033459.jpg

コノシメトンボ♀。
e0002314_2034046.jpg

リスアカネ交尾。
e0002314_20341335.jpg

早くいなくなるイメージを持っているリスアカネですが(記録上は福岡県は12月のリスアカネは2例のみ)、ここでは一番個体数が多かったです。
他にはアカネ類はタイリクアカネがいたのみでした。先日いたキトンボは今日は確認していません。
この池は、アカネ類が長生きするにはいい場所かもしれません。
近ければ通いたいところですけど・・。

オシマイです。

by bobtuck | 2010-12-05 20:47 | 福岡地区 | Comments(4)