<   2011年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

番外編 みんな守るべきものがある軍団山本 俺達サムライ

2011年6月11日
せっかくの2連休なのですが、無情にも土日とも雨との予報・・・。今回は土日に良いことがあることを予定していたのですが。
しかし、昼前には私の自宅がある福岡市は雨がやんできました。
そんなわけで今回も福岡自然研究部の通称Shouエネ子女史と共に調査をしてきました。エネ子さん、いつもありがとうございます。今回の調査の詳細については『福岡自然研究部のブログ』をご覧になってください(丸投げでスイマセン)。雨天の中でしたが、貴重種の再確認もできました。エネ子さん、どうもありがとうございました。

さて、エネ子さんと別れた直後、あの軍団山本の宴が開かれました。軍団トップ2の秒読み山本とダニエルがやって来たのです。

もう説明なんぞしたくないのですが、芸能界にはかつて『軍団山本』と呼ばれる巨大派閥が存在しましたが、実はここ福岡にも軍団山本が存在するのです。
飯塚市の八木山高原に『ピクニカ共和国』という動物園があり、そこの園長が軍団山本の秒読み山本なのです。
e0002314_23561033.jpg

全世界の山本ファンの皆様、そして全世界の軍団山本の一味の皆様。おまたせしました。
久しぶりに、この男の登場です。

『福岡の軍団山本』を説明させてもらうと、正式名称は『山本クラブ』であり、この軍団は秒読み山本が中心となり、勝手にアウトドア活動や宴、中洲・雑餉隈・親不幸通り・黒崎・小倉パトロールなどを楽しんでいるというよくわからないグループであります。
夜の中洲・雑餉隈・親不幸通り・黒崎・小倉で秒読み山本を見かけましたら、気軽に声を掛けてください。秒読み山本は気軽に写真撮影に応えてくれると思います。

さて、何をしていたのか??
というと・・・
・・・
ただ飲んでいただけです・・・。
今回は姪浜の老舗、長政で飲みました。
e0002314_034228.jpg


『一途なダニエル』、『秒読み山本』、『迷えるboutuck』の3人で飲んでただけです(自称少年隊)。
e0002314_010515.jpg

それぞれの思いがあるサムライがそろったのです。
何を討論していたのかというと、老後の話や恋の話です。
一途なダニエル→ 「ひたすら守り、守りたい人がいる!」
秒読み山本→ 「守るべき人がいる!」
迷えるbobtuck→ 「人生クソだ!」と言ってたら怒られました。

そう・・・。ただ単に酒を飲んでいただけなのです。ホント更新するまでもない内容なのですが・・。

今回の更新のさいに秒読み山本からまたもやメッセージがありました。
『たまには寂しいのです』
(※少し逝ってしまっている彼を許してください)

最後まで読んで頂いた方、どうもありがとうございます。
今後も秒読み山本の動向に注目してください。
続く・・。

by bobtuck | 2011-06-12 00:40 | ピクニカ共和国の軍団山本  

筑豊地区 川散策 か・・賭けるしかねぇ

2011年6月5日
6月になりました。昨日は天気が良かったですが、残念なことに仕事でした・・。
予報では日曜日は天気が良くなかったのですが、今の時期は行ける日はできるだけ行っといた方が良いので、遠出することに。これは賭けです。
今回は久しぶりに筑豊地方まで足を延ばすことにしました。

天気が悪いのでサナエ類は期待できそうにないので、今日はアオハダトンボの新産地探しです。
筑豊地方には滅多に来れないので今日は気合いが入ってまして、早朝には現地入りしていました。この川も昔から調べてみたかったので楽しみにしていました。
e0002314_19402894.jpg

e0002314_19495174.jpg

家を出た明け方には雨が降っていませんでしたが、現地に着くと雨が降ってきました・・。
トンボが飛ぶ気配もないので羽化殻探しをしていましたが、何も見つかりません。ここは砂底で今日は湿度も高かったからMacromia属が飛ばないか密かに期待していたんですけど影もありませんでした。こんなことならタモ網を持って行けば良かった・・

イヌビワの樹上で寝ていたシマヘビ。
e0002314_1956401.jpg


雨があがった頃にようやく数頭のニホンカワトンボが姿を現しました。
ニホンカワトンボ橙色翅型♂。
e0002314_1953382.jpg

e0002314_1954411.jpg

ニホンカワトンボ淡橙色翅型♀。
e0002314_19542692.jpg

他にはミヤマカワトンボとシオカラトンボがいたのみです。予想通りニホンカワトンボがいたので、この場所はアオハダトンボの可能性も大だと思ったのですが、やはり簡単には発見できないようです。
この場所で昼過ぎまで粘りましたが状況が変わらないので、場所を変えることにしました。
下の記事に続く。

※福岡県のアオハダトンボについてですが、現在は福岡市と福岡市近郊の地区に産地が残っているだけで、他に確実なものは50年以上過去に田川市、旧吉井町で極少数の記録があるだけです(宇美町でも記録がありますが少し信憑性に欠けます)。たまにインターネットで福岡のアオハダトンボがかかりますが、福岡市以外のそれらは誤同定ばかりのようです。
福岡市のアオハダトンボの産地などは平凡な場所ですので、県内のどこかに残っている可能性は大だと思います。興味ある方はチャレンジしてみてはどうでしょう??探す時は胴長を履いて探すことをお勧めします。

by bobtuck | 2011-06-05 20:40 | 筑豊地区  

久留米地区 川散策 運切れ

2011年6月5日(上の記事からの続き)
場所をいっきに変え、久留米地区へ移動してきました。
ひょっとしてナゴヤサナエが羽化殻でもないかな?と思ってです。ちなみに福岡県のナゴヤサナエのこれまでの初見の最速は6月8日となっています。

今年は寒いので、まだ羽化していないと予想していますが、他のサナエ類の羽化の状況も知っておきたかったのでやって来ました。今年はほとんどサナエの羽化チェックをしてなかったのでどんなものかわかりません。天気もいつの間にか晴れてきました。

オナガサナエ羽化殻。
e0002314_20203961.jpg

オジロサナエ羽化殻。
e0002314_20205828.jpg

オジロサナエ♂羽化失敗個体。
e0002314_20212189.jpg

オナガサナエは普通だったらそろそろ羽化のピークのはずですが、わずか4個しか見つかりませんでした。ちょっと遅れているのでしょうか。

コフキトンボ♀。
e0002314_20263255.jpg


今日は久しぶりの野外ということで気合いが入っていたのですが、イマイチな成果でした。梅雨の時期は休日が雨だったら来年まで待たねばならないのが辛いとこです。
近頃調子が良かったのですが、先週・先々週と野外に出られなかったのでトンボ運が切れてしまったかも(笑)

オシマイです。

by bobtuck | 2011-06-05 20:39 | 久留米地区