<   2011年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧

 

久留米地区 川散策 ホリデイ

2011年7月31日
7月も最終日になりました。
早朝に起きたのですが、かなりの疲労を感じてしまい、早朝からのトンボ探索は諦めることに。最近多忙だったので今日は早起きは無理でした。たまにはゆっくりしないと長生きできないっすね。

さて、久留米方面へ行ってました。
新しい川でのナゴヤサナエポイントを発見したいので、某一級河川へ。羽化には時期が遅いのはわかっていますが、場所を知っておきたいのと、岩にへばりついたままの古い羽化殻でも残っていないか?という淡い期待をいだいて現地へ。
e0002314_19411947.jpg

この場所に来るのは10年以上振りです。その時にワンドでキイロサナエとタベサナエを採った覚えがあります。当時はトンボはついでに採集していましたので、あまり喜んだ記憶はないのですが。
別のクソな思い出しか残っていないけど・・

見た感じ成虫がパトロールしそうな感じの場所な気がします。でもこれ以上下流へ下ったらあまり羽化に適してそうな場所はない河川です。
炎天下の中、護岸をくまなく探しますがオナガサナエばかりです。それも羽化して結構時間が経っている感じ。
オナガサナエ羽化殻。
e0002314_19512890.jpg

アオモンイトトンボ同色型♀産卵。
e0002314_19532713.jpg

羽化殻はオナガサナエが10個程度しか見つかりませんでした。時期を変えたらサナエ類は面白そうです。ナゴヤサナエも諦めたわけではありません。

マユタテアカネ♂。
e0002314_19562316.jpg

マユタテアカネ♀普通型。
e0002314_19564318.jpg

マユタテアカネ♀ノシメ型。
e0002314_1957075.jpg

やはり、県南部へ行くと普通型の割合が高くなっている感じがします。福岡市近辺のノシメ型出現率はやはり異常ではないでしょうか。

そういう訳でたいした成果もなく撤収しました。
目的の種というのがなくなってしまったので、心にポッカリ穴があいたような感じです。私はホームラン狙いが好きなタイプなんですが、今後は地道に県内の現在のトンボ相を調べていこうと思います。

おまけ。ニシキリギリス。
e0002314_2024217.jpg

オシマイです。

by bobtuck | 2011-07-31 20:19 | 久留米地区  

番外編 軍団山本 時には昔の話を

さて、突然ですがこちらを右クリックで『新しいウィンドウで開く』を押して、聞きながらご覧ください。



時には昔の話をしようか
e0002314_2063329.jpg

通いなれた なじみのあの店
e0002314_2065046.jpg

マロニエの並木が窓辺に見えてた
コーヒーを一杯で一日
e0002314_20104860.jpg

見えない明日を むやみにさがして
誰もが希望をたくした
e0002314_20141058.jpg

ゆれていた時代の熱い風に吹かれて
体中で瞬間(とき)を感じた そうだね
e0002314_20143560.jpg


道端で眠ったこともあったね
どこにも行けない みんなで
e0002314_20154977.jpg

お金はなくても なんとか生きてた
貧しさが明日を運んだ
e0002314_20161479.jpg

小さな下宿屋にいく人もおしかけ
朝まで騒いで眠った
e0002314_20175367.jpg

嵐のように毎日が燃えていた
息がきれるまで走った そうだね
e0002314_20212563.jpg



一枚残った写真をごらんよ
ひげづらの男は君だね
e0002314_2021344.jpg

どこにいるのか今ではわからない
友達もいく人かいるけど
e0002314_2041740.jpg

あの日のすべてが空しいものだと
それは誰にも言えない
e0002314_20261980.jpg

今でも同じように見果てぬ夢を描いて
走りつづけているよね どこかで
e0002314_20425985.jpg




はい、そういうわけで久しぶりに軍団山本の登場です。
全世界の山本ファンの皆様、そして全世界の軍団山本の一味の皆様。おまたせしました。

何故に地デジ不可山本とダニエルの未公開写真がふんだんに出てきたのかというと・・

実は最近、私の誕生日だったのですが、昨日、今日と宅急便の不在票がポストに入っていました。送り主は「山本クラブ トップ1・2」と書かれておりました。怪しいので(実際はずっと深夜に帰宅していましたので)、受け取りが今日になりました。
e0002314_213151.jpg


恐る恐る開封すると・・・

・・・

・・・

『なんだこれはー!?』
e0002314_2142199.jpg

リュックです!
『ま・・まさか・・あの2人が俺にプレゼントを・・』
『何か企んでいるのか・・』

さらに・・・
サバイバルナイフとライトが!
e0002314_2191318.jpg

あまり知られていませんが、彼ら軍団トップ2は、実はアウトドアグッズマニアなのです。

さらに袋が・・
e0002314_21104931.jpg

これも恐る恐る開けてみると・・・
e0002314_21114440.jpg

ワンピースのマニアックな解説本とミュージックプレイヤーのスピーカーが!

正直、ビックリでした。

今使ってるリュックは処分したかったし
ナイフは3~4個持っていたのですが、どこにいったかわからなくなっていたし
小さなライトは何個持っていてもいいし
ワンピースのこの本は立ち読みしたこともあったし
CDコンポは引越した時に地デジ不可山本がもらっていって、音楽がパソコンからしか聴けなかったし

そういうわけで、まさかのビッグサプライズだったのであります。
ありがたき軍団の友情。

今回の更新のさいに地デジ不可山本からまたもやメッセージがありました。
『幸せとは物でなく 感じるもの だ バカタレガ』
(※少し私に説教しているのでしょうか)

私のトンボの方は土日はどうだったのかというと・・
土曜は某会議、日曜は某観察会の講師。で、トンボ探しに行く時間がとれなかったのであります。トンボ記事を期待していた方、ごめんなさい。

最後まで読んで頂いた方、どうもありがとうございます。
今後も地デジ不可山本の動向に注目してください。
続く・・。

by bobtuck | 2011-07-28 21:47 | ピクニカ共和国の軍団山本  

久留米地区・筑豊地区 池・川・湿地散策 満面の笑み

2011年7月17日
本日は早朝から色々な場所を散策しました。
今回、福岡自然研究部の活動の場に選んだのは・・・
東峰村(旧小石原村、旧宝珠山村)界隈です。

私、福岡県で湿地のある場所を探すために色々な本を読みあさっているのですが、植物のデータ等からこの地区には湿地が多そうであることは知っていました。たまにこの地区を通ると湿地なのか、ただの草地なのかはわかりませんがよく目に入ってはいました。
県内でモートンイトトンボが残っている可能性が高そうな地域であることをエネ子さんに話したところ、この地区での調査が即決されました!
そんなわけで、早朝からエネ子女史と調査に行ってきたのであります。
熱意のある同志が近所にいることは本当に恵まれています。

さて、東峰村を目指しますが、途中、前にトゲオトンボの産地を見つけた場所があったので寄ってみることに。
ヤクシマトゲオトンボ♂。
e0002314_2224261.jpg

環境とトゲオトンボを撮影するエネ子さん。
e0002314_22245938.jpg

トゲオトンボもエネ子さんに先に見つけられてしまいました。
こういう特殊な場所に生息するトンボは実際に生息地を見てもらうことが一番です。

小石原へ向かう途中
『うぉー!あそこヤナギが生えてるから湿地じゃないすか??』
『あのクヌギ林にオオムラサキいないっすかね??』
と、またもや興奮の連続でありました。

旧小石原村、旧宝珠山村には池が少ないことはリサーチ済みでした。この地区もヤフー地図予習が通じない場所です。今回は国土地理院地図で予習をしておきました。地形が読みやすいし、やはり国土地理院地図も便利です。初心を思い出しました。

さて、今日も朝から灼熱です。熱中症対策に、自分はいつも氷入り水筒とクールタオルを持ってきているのですが、昔から使っていた白いボロ帽子を無くしてしまっていたため、冬はダサい変な赤い帽子をかぶっていましたが(正月に買った福袋に入っていたもの)、夏場は頭にタオルを巻いているだけでした。そんな自分の状況を可哀想に思ってくれてたのか、エネ子さんに帽子をいただきました!ありがたいです。これで炎天下でも頑張れます。

さて、よさげな湿地を発見しました。
e0002314_22375772.jpg

ここではおびただしい数のマユタテアカネが羽化していました。
マユタテアカネ♀羽化。
e0002314_22390100.jpg

浅くて良い感じの湿地なんですが、朝がまだ早いためかトンボもあまりいません。
『ここは帰りにまた寄りましょう』
とのことで、池巡りをすることに。

ある池(現在は湿地と化している)上空で妙なトンボが摂食飛翔していることに気付きました。
『あれエゾトンボ系っすよー!!』
『ここは日当たりの良い湿地っすよー!ひょっとしてエゾトンボかハネビロエゾトンボかも!!』
『あれ明らかにタカネトンボより大きいっすよー!』
『あれエゾ系の未熟オスっすよー!!ひょっとして!』
『緊張で足がプルプル震えるっす!』
e0002314_22585996.jpg

で・・

決死の思いで捕獲したところ・・・

運よく捕獲でき・・

満面の笑みで自慢げにエネ子さんのとこに駆け寄り・・

捕獲したトンボを見たところ・・


・・・


・・・


・・・


タカネトンボでした・・
しかもメス・・

ガーン・・・

今日のその後の私は、少しイジケていたそうです(笑)
他にもエゾ系が飛んでいたのですが、捕獲は出来ませんでした。

調査するエネ子さん。
e0002314_23545.jpg

その後はあきらめず池巡りをしたり、道を逆走し間違えて添田町まで行ってしまったので、ついでにグンバイトンボを探したりしていましたが、なかなか成果はありませんでした。
e0002314_2371718.jpg

コオニヤンマ♂。
e0002314_2373465.jpg

帰りに朝の湿地に寄ってみましたが、湿地性のトンボが極めて少なかったです。
すぐ近くの細流で網入れもしました。
オジロサナエ、コオニヤンマ、ミルンヤンマ、シオカラトンボ、マユタテアカネ。
e0002314_2312491.jpg

網入れしていると、自分は川の中で網を入れることが本当に楽しくてしょうがない人間なんだと気付いてしまいました。
そんな訳でトンボ三昧の一日は終了です。今回の記事の詳細も福岡自然研究部のブログにアップされると思います。タカネトンボを採ったのにエゾトンボを採ったと勘違いしている私の満面の笑みがアップされるかもしれません。興味ある方はご覧ください。

東峰村のこの時期の湿地になぜこんなにトンボが少なかったのかエネ子さんと色々と推論をしていましたが、結論は今のところよくわかりません。これから色々な地域の湿地を調べてみたら答えがわかるかもしれません。
エネ子さん、本日もどうもありがとうございました。

オシマイです。

by bobtuck | 2011-07-17 23:32 | 福岡自然研究部  

福岡地区 池散策 pain

2011年7月10日
用事があったので街へ。
少しだけ抜け出してベニトンボを探していましたが、暑いだけで何もいなかった・・。

ショウジョウトンボ♂。
e0002314_22501643.jpg

貴重な休日だったのですが、バーゲンの付添いという最も苦痛な時間で過ごしてしまいました。
オシマイです。

by bobtuck | 2011-07-10 22:59 | 福岡地区  

筑豊地区 池・川・湿地散策 豊前が呼んでいる!

2011年7月9日
今回、福岡自然研究部の活動の場に選んだのは・・・
豊前です!
豊前と言えば未開の地!(私の口癖です)
本当はもっと早く行く予定だったのですが事情により延期して、今日行ってきました。

豊前方面は福岡市からはとても遠い地です。滅多に行くことがありません。
土地勘もほとんどない地。普段はヤフー地図の航空写真で良い池をあらかじめ選んでから池巡りをすることが多いのですが、豊前方面は少し住宅地から離れると、航空写真予習もできないという場所。
豊前方面は調査が進んでいない場所ですので、モートンイトトンボやオオイトトンボ、グンバイトンボの生息地が残されているのではないかと常々思っているのです。

そんなわけで、早朝からエネ子女史と調査に行ってきたのであります。
今日は調査中は久しぶりに晴れて、灼熱が痛いくらいでした。

豊前周辺を走っていると
『うぉー!あの池植物がいい感じで茂ってますよー!』
『やっぱり豊前は違いますよー!』
と興奮の連続でありました。

途中、池に寄り道をしながら、かなり怪しい雰囲気を感じた池を見つけました。
さっそく池を覗くと、クロイトトンボではないクロイトトンボ属が飛んでいます。
『エネ子さん!あれきっとオオイトトンボですよ!』
『内陸部だしきっとオオイト間違いなしですよ!』
と自信満々にエネ子さんに予言しました。

この池で調査するエネ子さん。
e0002314_22235329.jpg

で・・
決死の思いで捕獲したところ・・・
・・・
・・・
セスジイトトンボでした・・
ガーン・・・

この池は良い雰囲気でトンボの数も多かったのですが、狙いの貴重種類はやはり簡単には見つかりません。
アジアイトトンボ未熟♀。
e0002314_22342598.jpg


『まぁ、こういうこともありますよ』
『ミヤマアカネをまずは狙いましょう』
とのことで、河川沿いに登っていくことに。
e0002314_22344321.jpg

河川沿いの草地でミヤマアカネの未熟個体が過ごしていそうな場所を探していると・・・
エネ子さんが見つけてくれました。

ミヤマアカネ未熟♀。
e0002314_22392673.jpg

(このブログに福岡県産ミヤマアカネが載るのは初めてです。)
その後、ミヤマアカネは何個体か確認しましたが、全部エネ子さんに先に見つけられてしまったのです・・・。私の肉眼では見えない場所にいる個体までも見つけていました(エネ子さんは以前から福岡のミヤマアカネを追い続けている人なのです)。

その後、河川上流域を色々探しているとヒメサナエが多数いる場所がありました。
e0002314_22482546.jpg

ヒメサナエ♂。
e0002314_22483367.jpg

コオニヤンマ♂。
e0002314_22484848.jpg

その後は他の池や湿地探し等で色々動き回りました。貴重種の方は特に成果はなかったのですが、この地域のトンボ相を少しは知ることができ、良かったと思います。
この地域を調べる時はもっと入念に下調べをしといた方が良さそうです。
今回の記事の詳細は福岡自然研究部のブログでも数日後にアップされると思います。興味ある方はぜひご覧ください。
エネ子さんには車をだしていただきました。本日もどうもありがとうございました。

オシマイです。

by bobtuck | 2011-07-09 23:00 | 福岡自然研究部  

刺激

e0002314_22374473.jpg先日、博多駅に行ってきました。博多シティなるものができたのに、入ったこともありません。
昔は博多駅の近くに住んでいたので地下通路も全部把握するほどよく行ってたのですが、今の博多駅はもう何が何だかよくわからないのであります。現在、博多駅に来るのは、新年のトンボ飲み会と新幹線に乗る時だけ。

この時期になると博多祇園山笠があるので博多区各所で飾り山が。ワンピースの飾り山があったので、ついつい写メを撮ってしまいました。


福岡に住んでもう10年を超えていますが、一度も山笠を見に行ったことがありません。尻に自信がないのでフンドシをしめることは一生ないだろうな。
博多どんたくすらも行ったことがないのであります。


さて、なぜに久しぶりに博多駅に行ったのかというと、飲み会をしたからです。水生生物愛好家の飲み会でした。
おいかわ丸さんにGrus氏、エネ子さん、そして私。Grus氏とは年に1度程のペースで会っていましたが(それでも今回は結構久しぶりでした)、おいかわ丸さんとは実に6~7年ぶり(もっとかも)にお会いしました。当時はお互い20代中頃でしたっけ。
おいかわ丸さんとGrus氏の2ショットは私は初めて見たかもしれません。以前から2人のことをエネ子さんにもよく話していたので、今回、急だったのですがお呼び出ししてしまいました。

水生生物の話をつまみに、かなり盛り上がりました。そして、結構飲んでしまいました!(ウコン飲んでいたので大丈夫でした!)
魚から水生昆虫まで、さらには昔話から裏話まで実に勉強になりました。今回は全員、同年代でした。
滅多にこんなことはありませんので実に楽しいひとときでした。

僕はこういう飲み会が大好きです。

おいかわ丸さんには多数の別刷り等を頂きました。どうもありがとうございます。そして、おいかわ丸さんの活躍にとても刺激を受けましたので、もっと頑張ろうと思ったのであります。
是非、第2回もしたいですね。

オシマイです。

by bobtuck | 2011-07-08 23:34 | その他  

久留米地区 川散策 ラーメンマン

2011年7月3日
昨夜の更新後、急遽、友達と久留米にラーメンを食べに行くことになってしまい、朝は久留米にいました。
ので、そのまま昼過ぎまで川で羽化殻探しをしていました。

それにしても水量が多かったです。
e0002314_2236786.jpg

この場所では水上バイクで遊んでいる人がいるのですが、波が結構たってます。平日にも水上バイクに乗っている人がいるんでしょうか。だとしたら羽化するトンボが心配です。
でもアレ見ているととても面白そう。やってみたい。

さて、何故か目的のナゴヤサナエの羽化殻が見つかりません。
オナガサナエばかり。
e0002314_22364762.jpg

e0002314_22391736.jpg

例年なら見つかるはずですが。原因は不明です。まぁ多分、河川敷に増水した跡があったので流されたのでしょう。オナガサナエの羽化殻も少ないですし。
せっかく新規開拓しようと広範囲で歩き回ったのですが・・。

ところで、前から思っていたのですが、オナガサナエやナゴヤサナエ、コヤマトンボなど流水性のトンボの古い羽化殻にはたまにとても小さなクモが入ってませんか?いつも同じ種類のクモです。あと繭のようなものとその幼虫も(何系の幼虫かもわかりません)。止水性のトンボ羽化殻では見たことありません。あれは何でしょう?羽化殻を住家にするクモや幼虫なんているのでしょうか。

さて、夕方には福岡市の自宅に戻ってきました。
福岡自然研究部の通称Shouエネ子女史から興味深いトンボ情報を聞いたので、現地へ直行することに。
調査の詳細については『福岡自然研究部のブログ』にそのうちアップされるかもしれません。(また丸投げでスイマセン)。エネ子さん、どうもありがとうございました。
いや~、夏って日が落ちるのが遅いから夕方遅くまで外にいることが出来ていいっすね。

オシマイです。

by bobtuck | 2011-07-03 22:40 | 久留米地区  

福岡地区 池散策 羞恥心

2011年7月2日
あ、どうも。お久しぶりです。
え?
6月は何をしていたのかって?

・・・

・・・

残念ながら・・・


・・・


天気と休日のめぐり合わせが本当に悪くて、どこにも行けなかったのです。個人的に史上最悪の6月。
あと、家庭の事情で帰省していました。心配してくださった方には感謝いたします。

さっきまで外で遊んでいたのですが(年甲斐にもなく若者達とサッカーなんぞを・・)、近くに池があったのでついでに羽化個体探しもしていました。

寝ているアオモンイトトンボ♂。
e0002314_22591241.jpg

オオヤマトンボやコシアキトンボの羽化殻がいくつかあったのですが、池を散歩する人が多数いる都市の中の公園・・・
・・・
さすがの自分もこのような場所では池に入ってまで写真を撮る勇気はありませんでした。通報されそうな気がしまして・・。


自分勝手に自分がやりたいことをやって、それを見て人が楽しいかどうかは気にしない!
これが自分のモットーでありますが、まだ羞恥心が残っている自分を感じたのでした。
もう7月です。ウカウカしていられなくなりました。

オシマイです。

by bobtuck | 2011-07-02 23:15 | 福岡地区