<   2011年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

福岡地区 池・川散策 軍団とのコラボレーション

e0002314_1656267.jpg

2011年8月某日

『バカヤロー 虫採りたいんだよ』

とトルネード山本が叫んでいましたもので、先日、福岡自然研究部と軍団山本とで調査に行ってきました。
詳細は福岡自然研究部のブログにて!

by bobtuck | 2011-08-30 17:06 | 福岡自然研究部  

福岡地区 池散策 街中のトンボ

2011年8月16日
所用があり街へ。
そしてついでに街中の池へ。
e0002314_15562383.jpg

e0002314_15563376.jpg

ムスジイトトンボ♂。(この個体、撮影後、魚に食われてしまいました。)
e0002314_15571354.jpg

コフキトンボ♀。
e0002314_1557316.jpg

オオヤマトンボ♂。
e0002314_15574477.jpg

シオカラトンボ♂。
e0002314_15581317.jpg

オオシオカラトンボ♂。
e0002314_15582582.jpg

ウチワヤンマ♀。
e0002314_15583777.jpg

ベニイトトンボ♂。
e0002314_15585036.jpg

大濠公園のムスジイトトンボが僅かな場所でしか見られなくなっているのが心配です。
濠のトンボの数が大変少なくなっています。特に4号濠と5号濠。セスジイトトンボとムスジイトトンボを見つけることができませんでした。イトトンボの数が異常に少なくなっている気が。ハスとトンボの減少はやはり亀が原因なんでしょうかね。

オシマイです。

by bobtuck | 2011-08-16 16:13 | 福岡地区  

福岡地区 池散策 侵入者

2011年8月14日
雨との予報だったのですが、朝は晴れていました。
『晴れてるじゃんかー。こんなんだったら久留米に泊まったのに・・』
と思いつつ、近場の池へ行くことにしました。

各地のトンボ屋さんのHP等を見ているとハネビロエゾトンボの写真が最近多いです。やっぱり羨ましいのです。さらに近頃、環境写真まで載っていることも多いです。
『お!こんな平凡な環境なんだ』
『ん?こんな場所あの池にはあったな』
と思い立ったので、ある池に行ってきました。
何回も調べたことがあるのですが『ひょっとして??』と思ってです。どうせ今日はいまさら遠出出来ないし。
e0002314_1814371.jpg

e0002314_181527.jpg

『いるなら来いよ!』
となぜか上から目線でトンボを待っていたのですが、全く飛んでこず・・

オニヤンマ♂。
e0002314_1841571.jpg

リスアカネ♂。
e0002314_1855878.jpg

ヒメアカネ未熟♀。
e0002314_1861523.jpg

マユタテアカネ未熟♀ノシメ型。
e0002314_1863831.jpg

アオイトトンボ♂。
e0002314_186513.jpg

アオイトトンボ♀。
e0002314_1874137.jpg

e0002314_1875320.jpg

アオモンイトトンボ交尾。
e0002314_18275557.jpg


今日はタイワンウチワヤンマの数が多くなっていました。以前はこの池にはウチワヤンマしかいませんでした。2007年まではウチワヤンマしかいなかったのですが、2008年にタイワンウチワヤンマの最初の1頭を確認して以降どんどん増えてしまったようです。
タイワンウチワヤンマ♂。
e0002314_181218100.jpg

ウチワヤンマ♂。
e0002314_1813144.jpg

侵入したタイワンウチワヤンマがウチワヤンマより勢力を拡大する!
と言われていますが、福岡ではそのような表現は安易に使ってはいけないと思います。なぜなら、過去の福岡県のウチワヤンマの状況を誰も記録していないからです。昔、多かったのか少なかったのかもわからない県なのですから。自分は人の記憶はあてにしません。記憶なんかあいまいです。
県内の今のタイワンウチワヤンマの産地に昔はウチワヤンマしかいなかったことを証明できるような報文は見当たりません。
ここはよい実験場になってくれそうです。頑張れウチワヤンマ。
e0002314_18284684.jpg

大粒の雨が降ってきたので早めに撤収することにしました。
おまけ。カブトムシ。
e0002314_18311523.jpg

オシマイです。

by bobtuck | 2011-08-14 18:38 | 福岡地区  

久留米地区 川散策 夏空

2011年8月13日
自分は今日からお盆休みです。と言っても、今回は帰郷しないのでトンボ三昧なお盆です。
幼い頃、祖母に
『トンボの背中には仏様がいるから、お盆にトンボを捕まえたらバチがあたるよ』
とよく言われていたことを思いだします。
自分は罰当たりなんでしょうか。

さて、今日も久留米方面へ行ってました。久留米方面は重点を置いています。
久留米方面は県内では過去のトンボの記録が多く残されている地域なので、現在との比較がしやすいのです。
地域のトンボ相が文献に記録として残されている。素晴らしいことです。
e0002314_1741270.jpg

平野がとても広がっていて、耳納山地には果樹園が多い。いつも思うのですが、久留米周辺は独特な風景な気がします。この地域で直感が働くようになるには、まだしばらくかかるでしょう。

e0002314_17102356.jpg

オナガサナエ羽化殻。
e0002314_17121816.jpg

タイワンウチワヤンマ♂。
e0002314_1714012.jpg

コフキトンボ♂。
e0002314_17141959.jpg

特に狙いの種もなくプラプラしていただけで、さらには朝から猛烈に暑かったため、早めに撤収することにしました。

オシマイです。

by bobtuck | 2011-08-13 17:28 | 久留米地区