<   2011年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 

久留米地区 池散策 いちサラリーマン

2011年10月22日
雨との予報だったので、進んでいなかった内業を済ませようと考えていたんですが(近頃、夜になると頭痛がひどくPCを見るのもきつい)、ふと窓から南の方の空を見ると太陽が少し見えるようです。そして福岡地方平野部は風が強い感じです。

という訳で風があまり吹かないであろう久留米内陸部方面行きを敢行しました。
この秋はコバネアオイトトンボ探しに力を入れたいと言ってましたが、迷アカネが飛来してしまったので、全然コバネアオイトトンボを探しに行けなかったのです。

さて、春に行った池で可能性を感じた池があったので、そこに行くことにしました。
e0002314_16341528.jpg

種名はよくわからないのですが、カヤツリグサ科っぽい植物が覆い茂っているのです。なんかカンガレイとは違う感じの植物っぽいのですが、とにかくイっぽい植物が覆い茂っているのです。日本語おかしいですね。意味を汲みとっていただけたらありがたいです。

天気が悪いのも影響してか(今日は終日どん曇りだった)、トンボもあまり活発ではありません。
アオイトトンボ連結産卵。
e0002314_1639457.jpg

マユタテアカネ♂。
e0002314_16395417.jpg

アジアイトトンボ♀産卵。
e0002314_16401232.jpg

アオモンイトトンボ交尾。
e0002314_16402579.jpg

アオイトトンボはそこそこいるのですが、どれだけ探しても目的のコバネアオイトトンボは見つかりませんでした。
今日はもう帰ろうかな~と思ったんですが、この場所からそう遠くない場所にコバネアオイトトンボの既知産地があることを思い出したので、状況を見に行くことにしました。

福岡県のコバネアオイトトンボですが、記録上は1950年代は田川地区で多数記録されており、能古島でも記録があります。70年代に県南地域で1ヶ所、80年代に北九州市で1ヶ所(北九州の産地は個人的には疑問に思っている)の記録です。1990年代以降は3ヶ所、未発表産地1ヶ所の計4ヶ所しかありません。
現在、県内で確実に知られている記録上の産地はおそらく1ヶ所のみでしょう(未発表産地もどれだけ探しても今は見つからないので)。県内にはほとんどトンボ屋がいないから調査不足もあるので、今後見つかる可能性はあるとは思いますけど。
以前にも書きましたが、とにかく、この残る1ヶ所の産地は、色々あって今とても危ないのです。既知産地には行かない主義の自分ですが、これまた色々と事情があるので行ってきました。
立ち入り禁止の場所なんで、呼び止められてしまったのですが、腕章と県からの身分証を見せ説明したところ許可してもらいました。初めて身分証が役立ちました(笑)

久しぶりに訪れた池はだいぶ変わっていました。オオフサモが覆い茂って水面がほとんどありませんでした。大丈夫なんでしょうか?前からここはノシメトンボが他地域よりは多かったのですが、ノシメトンボ増えすぎでは?池の乾燥化が進んでる証拠なんじゃないの?と心配になりました。
ナツアカネ♂。
e0002314_17234567.jpg

かろうじて、コバネアオイトトンボを確認することが出来ました。
コバネアオイトトンボ♀。
e0002314_1719208.jpg

e0002314_17192735.jpg

天気も悪かったし、あまりここに来ることはないから実態はよくわかりませんが、まさかこれ1頭だけってことはないとは思いますけど・・。ただ、池を見て本当に心配になってしまいました。
福岡県のコバネアオイトトンボ。行く末が心配でならんです。

10月は県内隅々まで調べたいのですが、私はいちサラリーマンでありますから、今の自分ではこの調査頻度が限界ですね。

オシマイです。
[PR]

by bobtuck | 2011-10-22 18:41 | 久留米地区 | Comments(7)  

福岡地区 島散策 SPARK

2011年10月16日
秋は早起きはあまりしないのですが、本日は早朝から活動してました。

今回、福岡自然研究部の活動の場に選んだのは・・・
O島です!
離島ですので目的は当然、迷アカネです!この島だとオナガ・タイリクアキ・スナのトリプルが狙えるかもしれないのです!(あわよくばあの4種目も・・)。そして、もう一つの目的はクロヨシノボリを見る!ということなのです。

春に福岡自然研究部の活動で姫島に行きました。そして、その時、今年の秋に坂本龍馬気分で再訪することを誓っていたのですが、実は今現在、我々の10月のスケジュールが大変忙しいのです(エネ子さんの福岡シティマラソン参加や私の国家試験等で・・)。
O島にも何としても行きたかったので、姫島とO島を天秤にかけたあげく、今回はO島を選択しました。まぁ、これからも長いトンボ人生ですので、姫島にも秋にいつか行くことになるでしょう。

そんな訳で、今回はO島へ向かいました。
e0002314_20405198.jpg

朝がまだ早かったので、まずは下見を兼ねて島内の水辺まわりです。そしてクロヨシノボリ探しです。
e0002314_20434571.jpg

e0002314_20435956.jpg

『5分で確認しちゃいますよー!』
と宣言していたエネ子さんは予言通り簡単に確認しておりました。
クロヨシノボリ。
e0002314_20452944.jpg

このクロヨシノボリという魚、なんともカッコイイ色彩をしている魚です。今回の経験を糧にして色んな場所で探してみたい魚っすね。

私が以前、この島に来た時に見つけた池に今回も行ってみることにしました。
e0002314_20512040.jpg

タモ網を入れましたが、風が強くて大変でした。強風過ぎてタモ網が上手く入れられないなんて初めての体験でした。それほどに、今日は風が強かったのです。
本気でコバンムシを狙いました。この池の成果は福岡自然研究部のブログをご覧になってください。

さて、そんなこんなで島のアカネ類が集まってそうな場所を探していましたが、風が大変強く、今回は諦めムードもあったかと思います。この島にはアカネ類の個体数がとても多いのですが、今回は嵐みたいな強風の影響もあるのか予想していたような個体数がありません。
そんな中、島で唯一風があまり吹かない海岸がありまして、そこを拠点にしてアカネ類探しをすることにしました。
e0002314_212312.jpg

調査するエネ子さん。
e0002314_2142561.jpg

ノシメトンボ♂。
e0002314_213157.jpg

ネキトンボ♂。
e0002314_2132818.jpg

タイリクアカネ♂。
e0002314_2134367.jpg

砂浜に突き出た枯れ枝にスナアカネが静止していないか丹念に見てまわりますが、なかなか見つかりません。

そんな時、エネ子さんが
『オナガアカネいましたよー!』
と確認してくれました。
オナガアカネ♂。
e0002314_2165368.jpg

さらに今回は念願であったメスも確認することが出来ました。それも複数個体。
オナガアカネ♀。
e0002314_21103254.jpg

今回もオナガアカネは結構確認することが出来たのですが、ほとんどがエネ子さんが先に見つけたのであります。多分、先日のオナガアカネ探索での経験でオナガアカネの飛び方や雰囲気をエネ子さんは覚えてしまったのでしょう。自分が見つけたのは1♀のみ・・。
オナガアカネ♂。
e0002314_21161918.jpg

そんな訳で、後半はスナアカネを重点的に探したのですが、今回はスナアカネは確認出来ませんでした。
この島にはスナアカネの確認情報はあるのですが、オナガアカネは初です。記録することによってO島初記録になるでしょう。エネ子さん、おめでとうございます!

さて、そんな訳で予定より少し早めにO島を後にすることにしました。
さらばO島。春に来たいぜよ!
e0002314_21211317.jpg


という訳で、本土に戻りましたが、何としてもスナアカネを確認したい我々は本土に戻っても海岸でスナアカネ探索をしていたのでありましたが、何もいませんでした。
砂浜を調査するエネ子さん。
e0002314_2127421.jpg

そういう訳で、私の記事によるO島調査はこれにて終了です。
他に確認されたトンボや昆虫類・その他の生物等や詳しい観察内容は『福岡自然研究部のブログ』をご覧になってください。今回もマル秘写真が出ると思います。
エネ子さん、本日もどうもありがとうございました。

オシマイです。
[PR]

by bobtuck | 2011-10-16 21:42 | 福岡自然研究部 | Comments(7)  

福岡地区 細流散策 ダッシュ

2011年10月12日
久しぶりに早く帰ることができたので、ダッシュで山へ。
当然ながら、もう日没が早くなっている。
e0002314_2026769.jpg

目的はここ。
e0002314_2030416.jpg

この時期になると、この細流上でミルンヤンマがホバリングしながら飛びまくるのです。
ミルンヤンマ♂。
e0002314_2031570.jpg

e0002314_20311359.jpg

久しぶりに飛翔写真を撮ったのですが、思うように撮れませんでした。
夜に用がない時は、このところ街灯廻りで甲虫探しをしているのですが、やはりトンボ撮りも面白いですね。
オシマイです。
[PR]

by bobtuck | 2011-10-12 20:41 | 福岡地区 | Comments(6)  

福岡地区 池・湿地散策 ねぎトロさん

2011年10月10日
3連休最後の休日です。
実はこの3連休の最初の2日間は、本州へ観光旅行に行っていたので、この日を待ちに待っていたのでありました。

前回のオナガアカネに味をしめたので、さらに、週間予報でも予想が良さそうな天気でしたので、今日はエネ子さんと迷トンボ探索を福岡自然研究部でしましょう!と当初予定していました。

そこへ、今回はスペシャルゲストの参加が決定したのであります!!

そう、知る人ぞ知る、あのねぎトロさんです。
いつも当ブログにトンボへの情熱を感じるコメントを多数頂き、同じ九州在住のトンボ友であります。御存知の通り、佐世保周辺のトンボ相も凄い勢いで解明されています。自分が最もお会いしたかった方です。
約束の時間あたりになると、自分もエネ子さんもドキドキしてました。

そしてついに噂の青いジムニー号がやってきて、ねぎトロさんと初対面したのでありました。
実際にはねぎトロさんには初めてお会いするのですが、これまでコメントやメールで多数やりとりをしておりましたので、自分は初めて会う感覚はありませんでした。
今回は
是非、オナガアカネを観察してもらいたい!
そして、佐世保でも見つけるための何らかの収穫を得て頂きたい!
のです。

そういう訳で、ねぎトロさんから長崎県のトンボ情報を収集しつつ、トンボトークをしながらの迷トンボ探索がスタートしたのであります。

最初は前回オナガアカネを確認したルート(通称風の当たらない道)で探索をしていました。
しかし・・アカネがいないのです。本当にいないのです。
この場所は圃場整備みたいなことをした後にトンボが激減してしまったのですが、今日のような風の吹かない日にアカネがほとんどいないとは・・
ナツアカネやキトンボ等がほんの少しずついたくらいです・・
ナツアカネ♂。
e0002314_206583.jpg


しかし、こんなことも予想できていたので、入るのに許可が必要な場所で今回は事前に許可をとっていました。
e0002314_207540.jpg

e0002314_2071332.jpg

いやー、この場所の許可をとっといて良かった。
本当に良かった。オナガアカネがいてくれて。
オナガアカネ♂。
e0002314_20122394.jpg

e0002314_20123167.jpg

ここは環境のわりに、あまりトンボがいない場所なのですが、今回はアカネの中ではオナガアカネの個体数が一番多かったんじゃないかな。
とにかく、ねぎトロさんにオナガアカネを見てもらえて、自分としては一安心でした。

さらにオナガアカネと思って撮った個体に、たまたまタイリクアキアカネもいました。
タイリクアキアカネ♂。かなりトリミングしています。
e0002314_20172546.jpg

調査するエネ子さん。ねぎトロさんの写真は自分は撮ってませんでした・・
e0002314_20191652.jpg

マイコアカネ♂。
e0002314_20214150.jpg

ギンヤンマ♂。
e0002314_20215421.jpg

14時を過ぎて、お腹もすいたのでラーメンを食べて自分らは帰ることにしたのですが、ねぎトロさんはまだ探すとのことで現地へ舞い戻って行きました。恐るべし情熱です!
自分も昔は同じくらいの情熱を持っていたのですが、最近は忘れてしまっていました。身の引き締まる思いです。見習わなくては!

ねぎトロさんと別れた後、素直に帰ろうとしたのですが、エネ子さんも自分も、ねぎトロさんの情熱を目の当たりにしてしまったので、スナアカネを探して少し寄り道して帰りましたが、アキアカネを確認したのみに終わりました。

今回の記事についても福岡自然研究部のブログに軽くアップされると思いますので、ぜひご覧ください。

ねぎトロさん、今回はどうもありがとうございました。
また、お会いすることでしょう。ねぎトロさんの眼力と知識にはビックリしました。良きライバルとして今後もよろしくお願いいたします。
佐世保での迷アカネ発見、武運を祈ります!

オシマイです。
[PR]

by bobtuck | 2011-10-10 20:49 | 福岡自然研究部 | Comments(6)  

福岡地区 池・湿地散策 来てまっせ

2011年10月2日
10月になりました。
さて、天気がずっと曇っていて、気温が上がらない日曜日です。
私の敏感お肌によると、九州北部地方では9月28日頃から何か良さそうな風が吹いてる感じです。
この秋はコバネアオイトトンボ探しに力を入れるつもりなので、遠出しようか迷ったのですが、昨日の帰りが深夜であったことと、朝から天気が回復しないので、下見のつもりで海岸沿いの池や湿地を巡ることに。
e0002314_1633863.jpg

e0002314_1634622.jpg

e0002314_1635399.jpg

風が強くて、気温も低く、ほとんど日が差さないというアカネ類探しには最悪のコンディションです。
アオモンイトトンボの交尾態ばかりです。

そこへ、見慣れぬトンボが!
アオビタイトンボ♀。
e0002314_1674338.jpg

昨年、今日の場所で、らしき姿は見ていたのですが、撮影も捕獲もしていなかったので保留にしていました。やはり、この場所にも来ていました。

アジアイトトンボ♂。
e0002314_16104154.jpg

コフキトンボ♀。
e0002314_16105311.jpg


アカネ類はほとんどいませんでした。どのアカネの個体数も1~2頭という少なさ。
マイコアカネ♂。
e0002314_1610231.jpg


諦めながら歩いていると、妙な飛び方をしたアカネが!
マイコアカネのような飛び方をするんだけど、少し力強さを感じるあの飛び方。2年前に見たあの飛び方。
オナガアカネ♂。
e0002314_16145187.jpg

やはり、なんとも北国らしさを感じるカッコいいアカネです。
この天気でもいたのだから秋晴れの日に探したら結構見つかりそうですね。

今回はアオビタイトンボもオナガアカネも捕獲していません(どちらも目を離した隙に逃げられた)。チャンスですよ~!

録画しといたホークス関連番組を見るため、早めに帰ることにしました。ホークス優勝しました。近年稀に見る強さでした。
自分が幼少の頃から大ファンである秋山監督の胴上げされる姿を見ると嬉しいもんです。
私は昔から秋山マニアなのです。子供の頃は真っ先に朝刊スポーツ欄の秋山の打撃成績を見るのが習慣でしたね。秋山のホームランが30本いかなかった1994年、後半はもうハラハラしながら朝刊を見ていました。
私が好きな数字が「1」なのは秋山監督の影響でもあります。
私が秋山の真似をする時は「恋してカリビアン」を当然歌いながらバッティングします。
今年のパレードはトンボより秋山優先させねば!
オシマイです。
[PR]

by bobtuck | 2011-10-02 16:48 | 福岡地区 | Comments(4)