<   2011年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 

2011年 トンボ納め

さて、年末になりました。
もう今年はトンボ探しには行かないと思いますので、今日でブログの方は今年のトンボ納めにします。

今年はどんな年だったかな。ホームランはあまり打てなかったかもしれません。
このブログをご覧の皆様が楽しんでもらえたならそれでいいです。
結構、おもしろおかしく記事にしていますが、これでも自分は真剣にトンボに取り組んでいます。堅苦しかったり真面目過ぎるよりは、こういうブログもあってもいいんじゃないかな?と思っています。

周囲にほとんど喋っていないので知られていないと思いますが、実は今年になって福岡県はトンボが2種増えたんです。記録されれば、これで現在98種。あと2種で100種になりますが、ここからが難しいでしょう。
来年は、今年以上に行ったことのない未開の地開拓をしたいと考えています。要領よく開拓できるまでしばらく時間がかかるかもしれません。

e0002314_2332987.jpg

今年は結果はともかく、楽しく調査することが多く、皆様の優しいコメントに何回も励まされました。人と接する楽しさを知った年でもありました。どうもありがとうございました。

正月くらいはゆっくりしたいと思ってます。
皆様よいお年を!

by bobtuck | 2011-12-27 23:35 | その他  

久留米地区 川散策 ショックデカの助!

2011年12月25日
今日はクリスマスです。プレシャスナイト!!
世間は浮かれているのかもしれませんが、私にとっては貴重なトンボ連休最終日です。
空いてる時間は1分1秒でもトンボ探しに行きたいのです。
我ながら、なんとつまらん奴なんでしょう(笑)

という訳で久留米方面へ行ってきました。
走っていると、
『こ・・・これは・・!』
というような風景に出会いました。
e0002314_20303398.jpg

『こ・・・この環境は・・!』
『こ・・・この感覚は覚えがある』
見事な砂底河川です。しかも川岸に竹林まであります!
以前、この川の上流地点でも探したことはあったのですが、この風景を見てしまうと、もう調べずにはいられません。

という訳で、今日はこの場所で網入れをすることに。
さて、実は私も今日から新網を導入しました。
e0002314_20431452.jpg

先日、エネ子さんが購入した網と同じものを。頑丈で使いやすそうだったので同じものを購入したのです。自分は網の使い方が荒く、すぐに駄目にしてしまうため、タモ網は消耗品という考えを持ってますので安い網ばかり使っていました。今回のは¥2500超えです。
この網は私の酷使にどれくらい耐えてくれるのでしょうか。

エネ子さんと全く同じ網ですので、名前を書いておくことに。
e0002314_20473094.jpg

エネ子さんの網にも『エ』と勝手に書いておきました(笑)。怒らんといてくださいね~
e0002314_2048439.jpg

実は私の車の後部座席は福岡自然研究部の倉庫となっているのです。
エネコさん使用のタモ網もサデ網もセルビンも全部積んだままにしているのです。
そしてエネ子さんの網を勝手に使う勇気は出なかったのです・・

さて、そんな訳で上の写真の場所で網入れをすることにしたのであります。
黙々と網を入れますが、魚ばかりでなかなかヤゴが入りません。カマツカとカワムツとイトモロコやドンコばかり。
砂底バロメーターのモンカゲロウすらもなかなか入りません。
『そんな馬鹿な!』
と、数時間黙々と網を入れますが、本当にヤゴが入りません。

・・・

・・・

『こいつは・・・やっちまったかな』

・・・

・・・


そう、まさかのタコボウズだったのです。
ガーン・・

まさかのアオモンイトトンボ属とアオハダトンボ属のみ。
e0002314_2135112.jpg

これはショックが大きかったです。筑後川の下流域でもダビドサナエくらいは入るのに・・
今日は頑張り過ぎたため、もう他の地点を回る気力もなくなったので、この地点のみで撤収することにしました。
なんか、今年はずっとこんな1年だったな。

今日はもう一つショックが大きいことが・・。
帰りにキイロヤマトンボの既知産地を覗いてみたときのことです。
e0002314_21114061.jpg

工事してました。モウソウチク林も全く無くなってしまってます。事前からわかってはいたんだけど、実際目の当たりにすると、とてつもないショックが・・。
ここは成虫も幼虫も一番個体数が多いポイントだったからですね。伐採した竹をのせたトラックや川の中をユンボが走行しているのを見ると悲しい気持ちになりました。しかも日曜日の今日も工事しているし・・。
意味がないのはわかってますが、作業員を睨みつけてやりましたよ。
色々な人を案内したり、毎朝のように羽化殻を探した場所だっただけに、今日だけの光景を見ると、なんか思い出の場所が消えさってしまいそうな気がしました。
何言っても仕方ないので、ちゃんと要望書の通りに工事をしてくれて、あとは良いふうに護岸されることを願うのみです。
今後、こういう経験することが増えていくのかもしれません。だったら嫌ですね。

オシマイです。

by bobtuck | 2011-12-25 21:31 | 久留米地区  

福岡地区 川散策 キンニク

2011年12月24日
まずは昨日のトンボ記です。

はい、この日は大寝坊しました。
実は前日(23日)の夜が忘年会だったのです。
体育会系の飲み会だったのです。
自分が最も行きたくない忘年会だったのです(しかし強制参加なのです)。
速攻帰る予定だったのですが、捕まってしまい、えらい飲んでしまいまして・・。帰宅が午前3時ということになってしまったのです。
雨は夜更け過ぎに雪へと変わっていました。
クリスマスイブの前半は脳みそまで筋肉な連中と迎えたのであります。

起きたら久々の二日酔いでありました・・。ウコンが全く効かないくらい飲んだのです。

そういう訳で二日酔いが覚めた頃あたりに近場へと行くことにしました(もう夕方近かったのですが・・)。

体がだるいので簡単な上流でのヤゴ探しをすることに。市町村未記録種が多い場所へ向かいました。
辿り着いた上流地域。
e0002314_19513338.jpg

本当は別の場所を目指していたんだけど、山道にゲートが張られており、車の進入不可になっていました。歩いていけばいいのだけど
『今日はもういいやー』
と、この場所での探索にしました。

雪が降っており、とても寒かったせいか、二日酔いはバッチリなくなりました。
ヒメクロサナエ幼虫。
e0002314_19545847.jpg

ダビドサナエ属sp.幼虫。
e0002314_19553088.jpg

オジロサナエ幼虫。
e0002314_19554398.jpg

ミルンヤンマ幼虫。
e0002314_19555678.jpg

ミヤマカワトンボ幼虫。
e0002314_19561067.jpg

いると踏んでいたムカシトンボも見つけられず・・。コケもあったし、いると思ったんだけど。

帰り道を通って思い出したんですが、この場所、昔来たことある場所でした。すぐ下のキャンプ場に来たことがあったのです。
知り合いに筋肉バカがいるのですが、そいつが女子たちの前でいきなり腕立て伏せアピールをしていた場所でした。
なんという馬鹿な思い出・・


そして帰宅後は会誌の編集会議でこれまた帰宅が深夜に・・・
まぁこんなことをしてクリスマスイブを過ごしていたのです。

オシマイです。

by bobtuck | 2011-12-25 20:11 | 福岡地区  

福岡地区 川散策 寒かったよーー

2011年12月23日
今日から3連休です!
朝のニュースによると日本列島は大寒波らしいです。

さて、今日はこなくそに寒い予報だったのですが(実際ホント寒かった)、エネ子さんと川に調査に行ってきました。我々はメラメラに燃えているのです。
調査するエネ子さん。
e0002314_14372646.jpg

詳細は福岡自然研究部のブログにて! 今回も超丸投げでスイマセン!

私事ですが、現在、時間に追われていまして超多忙です。年賀状も作れていません。
超多忙とか言ってるくせに、トンボ探しの時間だけは確保することにしていますが(仕事とプライベートとトンボはきっちりわける。これはポリシーなので)。
色々問い合わせ等をいただいてメールもたまっているのですが、もう少しお待ち下さい。

オシマイです。

by bobtuck | 2011-12-23 14:47 | 福岡自然研究部  

福岡地区 川散策 上からエネコ

2011年12月11日
自分は文献を読むのが好きなんですね。特に九州の地域密着のものが。

で、トンボだけでなく魚類や底生動物関係のものも好きなんですね。
魚類と底生動物だとトンボにも関係する情報(河川形態や植生)が得られますので。自分は魚類には詳しくないのですが、分野が違うけど書き方等とても参考になります。

で、その報告文が、どのような文献を引用もしくは参考にしているのか、どういった書き方で引用するのかとかを見るのが好きなんですね。引用文献もしくは参考文献の欄です。
『こんな雑誌があったのか!』
『こんなものよく見つけたなぁ!』
と思うこともしばしばです。

で、先日、ある雑誌を読んでいたら、文章の片隅に、福岡県でルリヨシノボリが確認されている!と小さく書かれているではありませんか!最近まで全く知らなかったっす!昨年までは急いで文献収集していたので、魚類の記事まで熱心に収集していなかったっす!

で、この情報をエネ子さんにお知らせし、『ルリ子をこの目で見てみたいっす!』と以前調べたことがあったのですが、その時は無念の敗戦となったのでありました。

で、前置きが長くなりましたが、そういうわけで今日は福岡自然研究部リベンジの日なのです。
小さく書かれている記事しか頼りにしていないので、実際は詳しい場所がわからないのです。というか、こういうのは書かれているピンポイントの場所に行って
『はい、いましたー。チャンチャン』
ってのは全然面白くないので、自力で見つける方がやっぱ楽しいので、我々はあえてそういった詳しい情報入手を禁じておったのです。猪突猛進なのです。

最初の川。
e0002314_21233814.jpg

成果。
e0002314_21344730.jpg

スミウキゴリ。
e0002314_21331513.jpg

トウヨシノボリ。
e0002314_21332934.jpg

シマヨシノボリ。
e0002314_21334556.jpg

モクズガニ。この川はモクズガニだらけだった。
e0002314_21342636.jpg

これはミナミテナガエビか?
e0002314_21351983.jpg

タイコウチ。
e0002314_21353146.jpg

ダビドサナエ幼虫。
e0002314_21354774.jpg

コオニヤンマ幼虫。
e0002314_2136972.jpg

コヤマトンボ幼虫。
e0002314_21362622.jpg

アジアサナエ属sp.幼虫。
e0002314_21365052.jpg

アサヒナカワトンボ幼虫。
e0002314_21372165.jpg

アジア属ですが、この川はキイロサナエがとても生息していそうな雰囲気なので、どうしても終齢サイズの幼虫を確認したかったのですが、自分には同定できないステージのものしか採れませんでした。
カワトンボも下流域でしたのでニホンカワトンボ生息の可能性も考えられたのですが、どう見てもアサヒナカワトンボで。川の規模が小さいし、源流から一気に海に流れ込むような河川なので、やはりアサヒナカワトンボなのでしょう。念のため春に成虫チェックすることにします。

『いないっす』
『環境は見た目が全て!を信じましょう』
移動しました。

次の川。
e0002314_2145113.jpg

『川にルリ色の点々が見えるっす』
『''疑わないこと''、それが''強さ'' byシルバーズ・レイリー』
等、真剣なエネ子さんの横で私は冗談ばかり言ってましたが・・。


調査するエネ子さん。エネ子さんは、この日グレードの高い網を購入しました。先を行かれた・・
e0002314_21451882.jpg

ヤゴはオナガサナエ、ダビドサナエ、アサヒナカワトンボ、他にはコヤマトンボくらい。
e0002314_21491520.jpg

これまでの経験上、この川くらいの規模が福岡ではオナガサナエはギリギリのようです。

シマヨシノボリばかりです。再チェックするため、とりあえず全部捕獲です。
e0002314_2153186.jpg

シマヨシノボリ。
e0002314_21585812.jpg

ヨシノボリをひたすら捕まえては頬に青い点がないか見ていくという繰り返しです。
黙々とシマヨシノボリの顔面を見ていました。

そこへ・・


・・・


『いましたー!』

とエネ子さんの魂の叫びが!

どれどれ・・
『うぉー確かにコイツには青い斑点がある!』
ルリヨシノボリ。
e0002314_227496.jpg

e0002314_2272288.jpg

顔面アップ。
e0002314_2273979.jpg

この青い斑点を野外で上手く撮るのは苦労しました。自分の技術ではなかなか綺麗に撮れないのです。
ちなみに自分は残念ながらルリヨシノボリを捕獲することが出来ませんでした。が、しかし、前から見てみたかった魚とエネ子さんの執念を見せてもらいました。エネ子さんと交わした握手、忘れません(決してセクハラではないです)。

これに満足した我々は、冷え切った体をうどんで温めなおして(御馳走までしてもらいました)、今度はクロヨシノボリを探すため、海岸沿いの小河川巡りを夕方遅くまでしていました。
前に得たクロヨシノボリと今回のルリヨシノボリの経験を今後に少しでも活かせればと思います。

なお、今回の更新はエネ子さん激務のため残念ながら福岡自然研究部のブログでは更新されません。気分屋エネ子さんに上から目線で『更新しといてね~』と言われました(ウソです。)
そして、いよいよ寒くなってきましたので、今回からTシャツメッセージは春までしばらくお休みさせていただきます!というかもうTシャツがないんです。春までに古着屋巡りしときます。
優勝パレードも行きたかったけど、やっぱり自分は外での野外活動を優先させてしまいます。

オシマイです。

by bobtuck | 2011-12-11 22:38 | 福岡自然研究部  

久留米地区 川散策 最果てなどないと知る

2011年12月10日
忘年会シーズンです。ウコンを飲んで乗り切りましょう!

昨夜は軍団山本の幹部忘年会でした。軍団山本の忘年会は行われてるのか詳しくは知りませんが、幹部忘年会だけは毎年行われるのです。今回はエネ子さんも参加しましたので幹部忘年会は盛況でした。
今年を『クソな1年だった』と振り返ってたら全員に怒られました。

で、結構飲んでまして、帰宅は深夜でして、さらに寝る前に知人から借りていた魔法陣グルグルを読んでいたら、起きるのが遅くなってしまいました(久しぶりに読むと面白い!昔は全巻持ってたんだけど売ってしまったので・・)。

時間的に微妙だったのですが、ふと昔、立花町(現八女市)の里山でとても良さそうな池を見たことがあったのを思い出したので、一気に行ってみることにしたのであります。熊本との県境。福岡の南の果てです。
しかし、その池を見たのは10年近く昔です。山道を散々走り回りましたが、池を見つけることが出来ませんでした。道を全く思い出せなかった。記憶ってのはいつか忘れてしまうものです。覚えてるうちは大切にしないといけません。

仕方ないので川で網入れすることに。
e0002314_2140215.jpg

コヤマトンボ幼虫。
e0002314_21435615.jpg

コオニヤンマ幼虫。
e0002314_21442186.jpg

ダビドサナエ幼虫。
e0002314_21443466.jpg

オナガサナエ幼虫。
e0002314_21444837.jpg


地図に載っていない山道をずっと走っていたら気が遠くなりました。福岡県内にこだわって調べていますが、県内でも最果てなんかないのかもなーと思ったのであります。
オシマイです。

by bobtuck | 2011-12-10 22:01 | 久留米地区  

福岡地区 川散策 アライグマを見た!

2011年12月4日
12月になりました。もう師走です。
今年もあとわずか。自分もラストスパートしたいとこですが。

今日は所用があり糟屋方面へ。
で、早く終わったので帰り道にある川で軽く網入れをすることに。
e0002314_1835149.jpg

ミルンヤンマ幼虫。
e0002314_185636.jpg

アジアサナエ属sp.幼虫。
e0002314_1853076.jpg

オニヤンマ幼虫。
e0002314_1854595.jpg

アサヒナカワトンボ幼虫。
e0002314_186012.jpg

網入れするとトゲナナフシが網に入りました。12月に網入れするとトゲナナフシがよく網に入りませんか?原因不明ですが、自分はよく入ります。
トゲナナフシ。
e0002314_189752.jpg

この地点よりまだ上流に砂防ダムが何個かありましたので、期待していたムカシトンボはもっと上流へ行かないと生息してないのかもしれません。

オシマイです。

by bobtuck | 2011-12-04 18:45 | 福岡地区