<   2012年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 

久留米地区 川散策 心地よい

2012年4月22日
昨夜は飲んでいました。高校時代からの腐れ縁であり、自分のこと全てを知っている(自分が一方的に喋るので)と言っても過言ではない『Dの意志』を持つアイツと、その彼女さんと飲み食いしていたのですが、これがまたとても楽しい時間でした。昨夜は久しぶりに酒を飲んでて、ずっと腹の底から笑ってたような気がします。2人も楽しそうだった。
なんつーか、よーわからない何かをもらった気がします。もしかしたら『Dの意志』を持つアイツはいつかここに登場するかも!?。
おかげで、結構飲んでいたのに、今日の朝はとても心地よい目覚めでした。

さて、今日は県南方面へ行ってきました。予報によると、嵐のようになるとのことでしたが、時間をムダにだけはしたくないので、早朝から現地へ。嵐が来ようが雨が降ろうが、出来るだけ調べたいのです。それくらいの覚悟がないと、調査ってのは進まないと思うので。

最初に行った川のポイントはとてもよさげな砂底がある良い感じの川だったのですが、いかんせん、そのポイントの真ん前にラブなホテルが存在しており、カメラを持って川に入っていたら変態扱いされてしまいそうなので苦渋の思いで諦めました。そういう覚悟はないのです。

場所を変え、とある道を走っていたら、砂底河川が目に入りました。規模は小さいですが、河川全面が砂底です。
この地区にこれだけの砂底河川があるとは・・・。しかも昼頃には晴れてきました。
e0002314_20462716.jpg

e0002314_20463797.jpg

規模が小さいので、
『キイロヤマトンボは無理でもキイロサナエくらいなら・・』
という訳で網を入れてみます。

シオカラトンボ幼虫。
e0002314_20495890.jpg

オニヤンマ幼虫。
e0002314_20501912.jpg

コヤマトンボ幼虫。
e0002314_20503395.jpg

ヤゴがほぼ入りません。というか魚類も極少数のドンコのみ。他の水生昆虫も全く網に入らないのです。
原因はわかりません。
『でも本流と合流する場所だったら、この川から流れ込んだ砂ポイントに可能性があるかも?』
という訳で、本流との合流部へ。

合流部は淵でした。ガーン・・
e0002314_20594642.jpg

『ん?でもここはナゴヤサナエがいそうだな』
『もしかして、おこぼれのナゴヤサナエが浅いところにいて網に入るんじゃね??』
またしても、スケベ心がでてきまして、網を入れてみることに。

・・・

・・・

・・・

オニヤンマとコヤマトンボのみでした。
スケベ心じゃナゴヤサナエは採れないんでしょう。きっと本気にならないといけないんでしょう。

さて、さらに場所を変えました。
e0002314_2135595.jpg

晴れてきたので、サナエ類の羽化殻確認をしながら網を入れてみることにしました。この時期の網入れは心地よいものです。

スジシマドジョウが入ります。
e0002314_2161886.jpg

コオニヤンマ幼虫。
e0002314_216458.jpg

ミヤマサナエ幼虫。
e0002314_2165921.jpg

なんとキイロヤマトンボが確認できました!
e0002314_2174278.jpg

左コヤマトンボ 右キイロヤマトンボ
e0002314_218494.jpg

まだ若い個体ですが、生息地が確認できれば大きさなんてどうでもいいのです。
県南地域2ヶ所目で、しかも未記録市町村。やったっす!さすがに2回目の今回は嬉し涙は出てきませんでした(笑)

それにしても、福岡県のキイロヤマトンボは個体数が少ないです。多産地がなくて、極少数が細々と残っているという感じでしょうか。他県のように拡大傾向も感じられません。
いつもはヤマトシマドジョウと一緒に確認されるのに、今回はスジシマドジョウと一緒に確認できたのが個人的には面白い収穫でした。この場所ではヤマトシマドジョウは網に全く入らなかった。

そういう訳で、今宵のビールも大変美味しいです(こういう日はYEBISUを飲みます)。
今年は運がいい年かもしれません。
オシマイです。
[PR]

by bobtuck | 2012-04-22 21:50 | 久留米地区 | Comments(4)  

福岡地区 源流域散策 May you have a good luck!

2012年4月15日
先日のリベンジに行ってきました!
調査するエネ子さん。
e0002314_21582543.jpg

今日はエネ子さんの魂の叫びが身にしみました!一生懸命になると良い出来事がおこるものです。
詳細は福岡自然研究部のブログにて!本日も超丸投げでスイマセン!
エネ子さん、どうもありがとうございました。 今日の握手も決して忘れません!。

ホソミオツネントンボ産卵。
e0002314_21593725.jpg

ヤブヤンマ幼虫。
e0002314_21595095.jpg


最近思うんす。
つらいこともクソなことも楽しいことも色々沢山あるんだけど、そんなもんすぐに過去になるわけで。
だから自分は、今をできれば笑って生活しとけばいい思います。いつも豪快に笑い飛ばしていたいっすね。

オシマイです。
[PR]

by bobtuck | 2012-04-15 22:33 | 福岡自然研究部 | Comments(8)  

福岡地区 川・湿地散策 今シーズン初

昨日のトンボ記です。

2012年4月14日
先日、オグ・ライアンさんから
『サラサヤンマの終齢ヤゴとったで~』
との写真付の自慢メールを頂いてしまいました。

そういう訳で、ついつい影響を受けてしまって湿地へ行ってきました。
e0002314_2140267.jpg

この湿地ではサラサヤンマは成虫は未確認ですが、結構な規模の湿地ですので、多分生息はしているだろう、と気楽に思っていたのですが、またしても未確認に終わりました。サラサヤンマヤゴに出会うのは何年越しになるのでしょうか。

天気が回復してきたので、池めぐりや河川上流めぐりをしていたのですが、たいした収穫もなく帰宅しました。
ヒメクロサナエ羽化殻。
e0002314_21425756.jpg

ムカシトンボ羽化殻。
e0002314_21431315.jpg

この日初めてムカシトンボの摂食飛翔を確認し、今シーズン初のトンボ成虫を目撃したのでありました。

オシマイです。
[PR]

by bobtuck | 2012-04-15 21:46 | 福岡地区 | Comments(2)  

福岡地区 川散策 復活祭

2012年4月8日
久しぶりにエネ子さんと福岡自然研究部の活動をしてきました。
過酷な年度末を乗り越えたエネ子さん。休みがほとんどない生活など自分には出来ません・・・
2012年度は、野に放たれたエネ子さんとの福岡自然研究部の活動も期待してください。

今日は本当はトモロッシさん達と花見をしながらの生物観察会をする予定だったのです。
が、急きょ予定が空いてしまったため、本日我々は「とある生物」の調査をする予定にしました。

早速現地へ向かおうと思ったのですが、実は先日(3月25日)に確認したムカシトンボの上陸幼虫が、一昨日の夜に石の下からいなくなっていたんで、今日あたり羽化するだろうと予想していたんです。
エネ子さんにお願いして、まずはムカシトンボのチェックに行くことに。

という訳で、その場所に行ったのですが、朝がまだ早かったためか羽化個体は見つかりません。ヒメクロサナエの定位を見つけたのみでした。待っていたら多分、今日は続々と羽化するものだろうと思ってはいたのですが、自分は羽化の写真を撮ることに今はそこまで執着していないので、ここのムカシトンボはササッと諦めることにしました。

さて、そんな訳で、目指す山へ着きました。その「とある生物」探しをしつつも、網を入れてついでに入るヤゴも調べていました。

e0002314_21422977.jpg

アサヒナカワトンボ幼虫。
e0002314_2145163.jpg

オジロサナエ幼虫。
e0002314_21453033.jpg

ミルンヤンマ幼虫。
e0002314_214550100.jpg

オニヤンマ幼虫。
e0002314_21461382.jpg

ムカシトンボ幼虫(エネ子さん採集個体)。
e0002314_21462869.jpg

この地のムカシトンボの記録は1930年が最後ですから、およそ80年振りとなります。快挙!
(え?誰も探してないだけじゃないかって?じゃ誰か調査してきちんと記録しとけ!)

環境写真を撮影するエネ子さん。
e0002314_21494641.jpg


さて、目的の、「とある生物」はなかなか見つかりません。
場所を変えてみることにしました。
e0002314_21515950.jpg

川を登っているとムカシトンボの羽化殻がいくつかありました。
ムカシトンボ羽化殻。
e0002314_21524572.jpg

この地は標高が少し高めなのですが、やはり羽化していました。ここに来たのは午後だったので、もう少し早めに来ていたら羽化個体を見ることができたでしょう。

クロサナエ幼虫。
e0002314_21542971.jpg

ムカシトンボ幼虫。
e0002314_21544278.jpg

ミルンヤンマ幼虫。
e0002314_21545744.jpg

崖の穴に手を入れるエネ子さん。女は度胸があるものだと思いました。
e0002314_21564698.jpg

エネ子さんは崖の穴に手を入れながら、目の前にあったムカシトンボ羽化殻を見つけ出すという離れ業までも行いました!エネ子さんはもうヤゴもだいたいの種は分かるようになってますね。

この穴の中にいた生物や、今回の調査についての詳細は福岡自然研究部のブログをご覧ください。今宵もしくは明日、久しぶりに福岡自然研究部のブログが更新されます!
そして、久しぶりに○秘写真が出るかもしれません。
しばらく調査に出ることができなかったエネ子さんの調査意欲が薄れてはいまいか??と少し心配していたのですが、以前にもまして燃えていたのでとても安心しました。ヤル気のある方との調査は楽しいものです。どうもありがとうございました。

オシマイです。
[PR]

by bobtuck | 2012-04-08 22:21 | 福岡自然研究部 | Comments(4)  

番外編 エンジニア ピロリ山本

e0002314_23273033.jpg
もしや既に忘れられているかもしれないので、一応念のために説明をしておきます。
芸能界にはかつて『軍団山本』と呼ばれる巨大派閥が存在しましたが、実はここ福岡にも軍団山本が存在するのです。
飯塚市の八木山高原に『ピクニカ共和国』という動物園があり、そこの園長が軍団山本のピロリ山本なのです。

全世界の山本ファンの皆様、そして世界各国の軍団山本の一味の皆様。おまたせしました。
今宵はこの男の登場です。

『福岡の軍団山本』を説明させてもらうと、正式名称は『山本クラブ』であり、この軍団はピロリ山本が中心となり、勝手にアウトドア活動や宴、中洲・雑餉隈・親不幸通り・黒崎・小倉、さらには東京の歌舞伎町や大阪のミナミ、沖縄の国際通りパトロールなどを楽しんでいるというよくわからないグループであります。
彼が頻繁に出現する夜の南新地(中洲一丁目)の案内所で、もしもピロリ山本を見かけてしまったら、そっとしておいてください。ピロリ山本もたまには恥ずかしがりやなのです。

※軍団マメ知識1
我々には映画「ALWAYS三丁目の夕日'64」を2人きりで見に行こうかという話があったのです。気持ち悪いので断りましたが。


さて、今宵はピロリ山本と会う予定がありました。
噂のコストコでショッピングをするピロリ山本。
e0002314_23274765.jpg

トリアス久山のコストコにはピロリ山本は頻繁に出現するのです。
他にもホームセンターで買い物を済ませ、夜のピクニカ共和国に向かいました。

実はピロリ山本には自分の車のオイル交換をしてもらうことになっていたのです。
恥ずかしながら、自分は車の整備のことは全然詳しくないので、車通であるピロリ山本に毎回お世話になっているのです。

※軍団マメ知識2
ピロリ山本は普段、例の青いツナギを着ていることから、よく車の整備士に間違われます。

多忙な業務中にも関わらず、私の車のオイルを交換するピロリ山本。
e0002314_23275872.jpg

e0002314_2328838.jpg

さらにはほとんど洗車をしていなかった私の車をピカピカに磨き上げてくれました。ありがたき軍団の友情。

※軍団マメ知識3
普段、ピクニカ共和国ではこのようなサービスはしておりません。これはピロリ山本と私の関係だから行ってくれたのであります。

さて、ピクニカ共和国は3月20日から通常営業に戻ったとのことです(冬場は基本的に閉めています)。楽しい場所ですので、興味のある方は是非、足を運んでください。土日の夕方頃でしたらトンボ調査帰りの自分も滞在していることがたまにあります。

今回の更新のさいにピロリ山本からまたもやメッセージがありました。
『ピロリ菌を除菌しろ』
(※働き過ぎの彼が心配です)

最後まで読んで頂いた方、どうもありがとうございます。
今後もピロリ山本の動向に注目してください。
続く・・。
[PR]

by bobtuck | 2012-04-06 00:03 | ピクニカ共和国の軍団山本 | Comments(7)  

福岡地区 川・湿地散策 花よりトンボ

2012年4月1日
4月になりました。うちの近所では桜の花も満開です。
『女の子が何人か来るよ~』という甘い花見に誘われていたんだけど、トンボ探しへ行くことに。

実は、働き過ぎて体が筋肉痛でボロボロなのです。指を動かすのもつらいほど体を酷使してしまってるのです。ヤゴ探しに行きたかったのですが、運転もしたくなかったので、近場でトンボが羽化していないかチェックしてまわることに。

上流域でムカシトンボを探してみましたが、まだ羽化はしていないようでした。サナエ類の羽化殻もありませんでした。今日は日差しはあったけど、気温が低かったですからね。
ムカシトンボ上陸幼虫。
e0002314_21374479.jpg

目の色も変わっていて、明日か明後日あたりにでも羽化しそうです。

さて、今日はヤゴを探さないと決めていたので、シオヤトンボでも羽化していないか?と思い、昨年の春も来た、風のあたらない湿地へ行くことに。
e0002314_21414787.jpg

湿地の中を小さなガムシが泳いでいるので捕まえていると、シオヤトンボのヤゴが何頭か目に入りました。
シオヤトンボ幼虫。
e0002314_21451835.jpg

丹念に探しましたが羽化殻すら見つからなかったので、ここのシオヤトンボも羽化していないようです。
ついでですので、すぐ横を流れる小さな細流に網を入れてみることに。
e0002314_21543418.jpg

オニヤンマ幼虫。
e0002314_21544954.jpg

アサヒナカワトンボ幼虫。
e0002314_2155284.jpg

たまには、こういう日もあります。
オシマイです。
[PR]

by bobtuck | 2012-04-01 22:01 | 福岡地区 | Comments(2)