<   2012年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 

福岡地区 細流散策 カニ採りのついで

2012年8月26日
前日、YouTubeが大好きなことを言いましたが、YouTubeではよくプロ野球の試合を見ているのです。
特にこれが好き(好きなホームラン第3位)。
多分、秋山の西武在籍での最後のホームランではないでしょうか。これ見るとスカッとするのですよ。バックに流れる応援歌が懐かしいです。
残念ながら、この日は塾の日だったせいで、このシーンは生で見ることができなかったんですよ。
実はですね、昨年、自分の子供の頃が映っているYouTubeを見つけたんです(もう削除されてますが)。鹿児島の鴨池球場で、ホークスにいた岸川選手がライトの守備中にフェンス際のフライをはじいてスタンドにインさせる珍プレーがあったのですが、それに自分が映っていたんです。
(え?そんなこと別にどうでもいいって?でも、自分にパ・リーグトークをさせたら3時間は続きますよ。セ・リーグもいれたら5時間越えますよ)

さて、全く関係ない話題でしたが、今日は食料調達のため、知人とカニ採りをしてました。いわゆる山太郎ガニです。ちなみに、自分はこのカニは好んで食べません(ワタリガニは大好物です)。
普段から川で網を入れてますので、モクズガニが採れても何とも思わないのですが、いざ狙うとなかなか採れないものです。カニ採りって大の大人も夢中になってしまいます。

ただ、自分は少しカニ採りに飽きてしまったので、付近の細流で軽くヤツを探してみることに。
e0002314_22114375.jpg

e0002314_22115312.jpg

e0002314_2212466.jpg

少々雰囲気を感じたのですが、全くいませんでした。

オオウラギンスジヒョウモン♀。
e0002314_2214712.jpg

カトリヤンマ未熟♀。
e0002314_22143048.jpg

リスアカネ♂。
e0002314_22144899.jpg

オニヤンマ羽化殻。
e0002314_2215363.jpg

キボシカミキリ。
e0002314_22151582.jpg

調理の仕方がわからないのでカニは全部あげました。

さて、夏が終わります。今年もトンボ焼けしてしまいました。
気付いてる方もいるかもしれませんが、8月はかなりさぼってました。
9月からは良い物語を作れるよう努力します。

オシマイです。

by bobtuck | 2012-08-26 22:55 | 福岡地区  

福岡地区 細流散策 Look Back Again

2012年8月25日
某所の資料館へ行くついでに開館までの午前中は軽く細流を探していました。
ヤゴ探しの時に見つけといた細流を再びチェックしとくのです。
「Look Back Again」なのです。
ちなみに、自分は矢井田瞳のファンなのです。確か矢井田瞳とはタメ年なのです。YouTube大好きな自分はしょっちゅう矢井田瞳のライブ映像を見ているのですよ。楽しそうに歌いますよね(え?そんなこと別にどうでもいいって?でも、自分に矢井田瞳トークさせたら2時間は続きますよ)

まずは海の近くにある細流に行ってみました。
e0002314_21435191.jpg

とても海に近い川なのですが、オジロサナエがいました。こういうのは面白いです。
オジロサナエ♂。
e0002314_21444593.jpg

ラッキーなことに産卵♀もいました。けど、卵塊がほとんど写っていないのが残念。
e0002314_21452453.jpg

e0002314_21453258.jpg

オニヤンマ♀産卵。
e0002314_21473621.jpg

その後も冬に見といた細流を何本か再訪しましたが成果はありませんでした。
e0002314_21502812.jpg

e0002314_21503544.jpg

細流の見た目で、何かが違うのはわかってるんですよ。でも、『ここだ!』という場所が無いのですよ。
今日の場所は礫が多すぎかな。もうちょっと水量が少ない場所を探してるのです。
という訳で、朝の少しの時間だけトンボを探していました。

帰りに某公園のグランドでラグビーの試合を眺めていたのです。
『暑いのにようやるな』
『ん?あの髪モサモサのオジサン見た事あるぞ』
ずっと昔、花屋でアルバイトしていたのですが、なんと髪モサモサのオジサンはその時の店長でした。当時、人が足りない時は、自分もたまにラグビーの試合に無理矢理連れていかれてたんです。また誘われてしまったので、そのうちラグビーリポートしてきます。

オシマイです。

by bobtuck | 2012-08-25 22:12 | 福岡地区  

福岡地区 川散策 花金

2012年8月24日
花金っすよ!
本日、給料日の会社が多いので、世間は花金じゃないですか!

しかし・・


・・・


・・・



悲しいことに、何も予定がないのです・・


そんな訳で仕事が終わってダッシュで小川に行ってきました。
e0002314_21393346.jpg

ハグロトンボ♂。
e0002314_21425036.jpg

ハグロトンボ♀。
e0002314_2143935.jpg

カトリヤンマ未熟♀。
e0002314_21432373.jpg

ミルンヤンマ♂。
e0002314_2143361.jpg

最近、朝の匂いが変わってきました。
写真撮ってたらクツワムシの鳴き声がうるさくなってました。
まだ昼間はクソ暑いけど、いつの間にか季節が変わろうとしているのですね。
今夏、BBQセット買ったんですけど、使うことなく終わりそうです。

オシマイです。

by bobtuck | 2012-08-24 21:55 | 福岡地区  

マザー

お盆期間、故郷鹿児島に帰省しておりました。
飼っている魚たちが心配なので、いつもは短い帰省期間なのですが、今回は長めに帰省しておりました。ふるさとの友人達から、『お盆は帰ってくるのか?』と連絡をいくらかもらっていたのですが、今回も家庭の事情でずっと家におりました。すまぬ。でも、そんなふうにまだ連絡を貰えるのはとてもありがたい。

2012年8月13日
通称『チャン・ケイコ』と霧島山へ行ってきました。
本当は久しぶりにチビサナエを見たかったので大隅半島最南端へ行く予定だったのですが、佐多岬方面は鹿児島市内からはあまりにも遠くてチャン・ケイコが嫌がっていましたし、暑かったので、霧島方面へ涼みに行くことになりました。

『え?チャン・ケイコとはいったい何者かって?』
この人はですね、自分を育ててくれた人です。
そう、母親です(笑)
ついに母親までも登場することになりました(笑)。もう何でもアリなのです。
実はとても出たがり屋の母親なのです。
『実はブログに出たいんでしょ?』
と聞いたところ、ニヤッとしていました。けど、チャン・ケイコはインターネットの使い方がわからないから、このブログもほとんど見たこともないのです。ただ、出てみたいだけらしいのです。

不動池を眺めるウチのマザーです。
e0002314_16353146.jpg

自分は子供の頃から『ほがない』(鹿児島弁)と言われ続けていたのですが、これは間違いなく母親からの遺伝でしょう。うちの母親の天然っぷりは物凄く、人の話は聞かない、話題と別のことを突然話しだす、忘れ物が非常に多い、いじけると『イジケイコ』になる等、息子から見ていても大変面白い母親です。「髪を切りなさい」が口癖です。で、自分は性格等は母親に似ていると思います。

親父亡き今、遠出することがなくなったチャン・ケイコなのですが、自分が帰省している時くらいはどこかに連れて行ってあげたいのです。妹夫婦に世話になりっぱなしでは、兄貴としては申し訳ないのです。

えびの高原は下界と違って寒いくらいでした。
e0002314_16515446.jpg

e0002314_16525428.jpg

風が強くてトンボはネキトンボが少しいたくらい。

せっかく、えびの高原に来たので、
『コシマチビゲンゴロウの写真でも撮っておくか』
と探していたのですが、以前教えてもらったピンポイントの場所にどうしても辿りつくことが出来ず、雨も降ってきたので、えびの高原は撤収することに。似た風景ばかりなので、どうも思い出せない。

自分の肩から吸汁するヤマキマダラヒカゲ。
e0002314_16585058.jpg


さて、霧島山を降りることにしました。
一気に、現志布志市方面へ行くことにしました。
このあたりにはハネビロエゾトンボの産地が点在していますので、産地だけでも見ておこうと思ったのです。真夏の炎天下にチャン・ケイコを放置しておくことは出来ませんので、産地の環境だけでも見ておきたかったのです。数年前の帰省時に偶然会ったトンボ屋さんにピンポイントの場所を教えてもらっていたんです(トンボの記憶だけは良いのです。)
鹿児島のハネビロエゾトンボはこんな場所にいるのか。
e0002314_1774320.jpg

e0002314_1775891.jpg

ベニトンボ♂。
e0002314_1791492.jpg

オオハラビロトンボ♂。
e0002314_1792869.jpg

細流具合や、底質、水温、周囲の環境を肌で感じてきました。これを今年こそは福岡県のハネビロエゾ探索に生かしたいのですが。

暑いんだからクーラーつけて車の中で待ってたら?という息子の意見を全く聞かず、日陰に避難しているチャン・ケイコ(あくびしてる・・)。
e0002314_1713103.jpg

そういう訳で、ほとんどトンボ探しはしていなかったのですが、移動距離があまりに長くて、チャン・ケイコが少し『イジケイコ』になりそうだったので、帰ることにしました。
さらば大隅!
e0002314_17302421.jpg

下の記事に続く↓

by bobtuck | 2012-08-15 00:00 | 遠い場所  

トンボ兄弟

2012年8月14日
兄とは常に弟の先を行ってなければならない

そういう訳で、この日は通称『オトウト』と南薩方面へ行ってきたのです。
e0002314_17581192.jpg

はい、実は自分には3歳下の弟もいるのです。ちょうど、『宇宙兄弟』の六太と日々人との年齢差です。
自分、これでも実は3人兄弟(自分、弟、妹)の長男なのです。
あまり普段の生活で弟の話をしないので、弟がいることに驚かれますが、実は仲良しなのです。オトウトとは性格が自分とは逆です。でも根本的には一緒です。妹の旦那さんが、自分と弟が実は仲の良い姿を見て驚いていました(笑)

幼少時はいつも一緒に遊んでました。当然、一緒に虫採りをしていました。今回の帰省の目的はオトウトと会うためだったこともあります。

で、オトウトが前々日に
『明日ヒマだしトンボ採りに付き合おっかな~』
と珍しいことを言っていましたので、この日は一緒に南薩へ行ってたのであります。

マル秘の水辺で網を振るオトウト。
e0002314_17551210.jpg

このマル秘の水辺にはネアカヨシヤンマがいますので、
『ネアカ採ったら昼飯おごってやるよー』
と適当なことを言ってたら、ヤブヤンマを捕まえていました。網使いが常人よりは少し上手かったので、少し焦りました。

『アレ、モンキアゲハっしょ!』
昔はオトウトも標本を作っていたので(作らせてた?)、アオスジアゲハやモンキアゲハ等の超基本種のことは覚えています。

オトウトと木を蹴ってカブトムシやノコギリクワガタを捕まえるということをしていたら、子供の頃にタイムスリップしたような感じになりましたね。
e0002314_1845938.jpg

汗びしょりになりながらも、久々のトンボ採りがとても楽しいらしいオトウトは
『何としても皇帝ギンヤンマが採りたい!』
らしいため、南薩の池を色々めぐってみることにしました。
薩摩半島には池がとても少ないため、自分は高校時代には国土地理院の地図を片っ端から眺めて池探しをしていたので、薩摩半島の全ての池の場所が今も頭に入っているのです。

鰻池。
e0002314_18122529.jpg

鰻池のベニトンボ。
e0002314_1812393.jpg

ベニトンボが北上してきてなかった時代に、何回も鰻池のベニトンボにチャレンジしたことがあったのですが、当時は採集できなかったんです。懐かしき思い出。

ひょうたん池やら指宿市の湿地帯やら池田湖やらをめぐって最後にS池に行きました。
e0002314_18205143.jpg

この池ではオオメトンボの記録がありますので(個人的には土着してんじゃないか?と思う)、
『オオメトンボ採ったら晩飯に焼肉白川でおごってやるよー』
とまた適当なことを言って、存分に網を振ってもらうことに。自分はずっと林内で探していましたが。
e0002314_18225685.jpg

リュウキュウベニイトトンボ♂。
e0002314_1823943.jpg

最後の最後で、オトウトは皇帝ギンヤンマを捕まえていました。
捕まえたギンヤンマを嬉しそうに写メに撮っていたオトウトを見ると、たまには兄弟で出かけるのも良いもんだなと思ったのであります。トンボ採りをしながら(自分はほとんど動いていませんけど)、色々な話をしたんです。兄としては、弟と話ができて良かったんです。

そういうわけで、自分の盆休みは終わったのです。
今回は家族ネタが多かったので少し恥ずかしいですね。

オシマイです。

by bobtuck | 2012-08-14 00:00 | 遠い場所  

宇宙の話をしよう

昨夜(土曜の夜)は天神で飲んでおりました。
自分がたまに行ってた店で『通称ふじまさる』と渋く飲んでいたのです。
e0002314_2274047.jpg

『え?ふじまさるとはいったい何者かって??』
彼は高校時代からの腐れ縁であります。この男とは20代の頃はしょっちゅうつるんでおりました。彼のブログに自分もそのうち登場したいですね。
先日、ふと思ったのですが、自分がよく遊んでいる奴らって自分を含め、みんな血液型がO型なんですよね。ちなみに自分の一族は、自分の知る限り、祖父母の代までみなO型であります。

自分のブログをよく見てくださっている方はおそらく、自分がすごく楽しんでトンボを探しているように思っているものと思われます。実際、そう言われることが多いです。基本的に土日しか更新していませんし、トンボのことしか記事にしないので、多分そう思う方が多いでしょう。

でも、普段は違うのですよ。全然。
孤独だし、耐えきれんことも数多くあるし、油断したら狂ってしまいそうになるし、故郷に帰ってしまいたくなるし。
たまに、ふじまさるに会ってそんな愚痴とかを話しているのであります。
そんなこんなで夜は更けていきました。

2012年8月5日
さて、今日は佐賀県に行ってきました。
実は、今、『宇宙兄弟』にハマっているんです。この漫画は凄く面白いのです。
それで今回、武雄市にある佐賀県立宇宙科学館に行ってきたのです。
e0002314_22505049.jpg

通称『チャン・エリー』(通称ポン・リエにしたら?と意見したら嫌がられた)も前々からここに行ってみたいと言っていたので、共に行ってきました。
『え??チャン・エリーとはいったい何者かって???』
まぁ、以前からのちょっとした知り合いです。もちろん日本人です。
普段、都会からまったく出ることのないチャン・エリーはこんな緑と青の景色を見ただけで心が和むのだそうです。自分には理解できないのですが、もしかしたら普通の人ってそうなのかもしれない。自分が変わってしまっているのかもしれない。
e0002314_2334045.jpg


宇宙です。謎です。考えれば考えるほどに宇宙のことなどよくわかりません。何から何が宇宙なのか全くわかりません。
ただ、小学生の頃は
『宇宙に行きたい!』
と、人に話せない夢を持っていたのは事実です。いつしか、そんな夢があったことさえ忘れていたのですが、宇宙兄弟を見ていると、なにかを思い出すのです。
e0002314_22565148.jpg

e0002314_2257372.jpg

e0002314_22572170.jpg

こんなものを見ていると物凄く心踊ってしまうのです。

ここには初めて来たのですが、科学館とは言っても、佐賀県の自然を広く紹介するスペースがありました。
水槽と写メを撮ってるチャン・エリー。
e0002314_237471.jpg

ここのアブラボテは巨大だった。うちの水槽の個体の2倍は大きい。
e0002314_2372641.jpg

ヤマノカミ。
e0002314_238553.jpg

ワラスボ。
e0002314_2381951.jpg

カワバタモロコ。
e0002314_2383354.jpg

標本スペースもありました。
e0002314_2311537.jpg

e0002314_23111430.jpg

トンボの解説が多いので、さすがはトンボ王国佐賀だなぁと思ったのであります。

e0002314_23212563.jpg
夏休みで、お客さんがとても多かったので、疲れてしまいましたが、たまにはこういう過ごし方もいいのでは?と思ったのであります。
県の博物館等には、その場所にしか置いていない文献を閲覧できたり、購入できたりするので、こういう過ごし方は好きであります。
そういう訳で今回はトンボ探索記事はありません。

※右の写真は決して局部を出して飛び回っているのではないです。月の引力を楽しんで飛び回っている自分です。チャン・エリー撮影

オシマイです。

by bobtuck | 2012-08-05 23:45 | その他