<   2013年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 

福岡地区 川散策 ウグイス鳴く

2013年2月24日
買い物やらお墓参りやらとダラダラしていて、昼頃から川へ行ってきました。
思うんですけど、スマートフォンのナビ機能って凄いですね。地図を見る喜びがなくなるから、カーナビはつけてないんですが(お金の問題もありますけど)、ちゃんとナビしてくれますし、航空写真も鮮明で付近の植生もなんとなくわかってしまうし、川の状態もなんとなくわかるし、凄い時代になってるんだと今更ながら思います。

さて、河川上流域めぐりです。本当はムカシヤンマの崖を探して山道をウロウロしていたのですが、今日まわった地区にはそういう水の染み出した場所がなく、仕方なく付近の川で網を入れてみることに。
e0002314_223630.jpg

ヒメクロサナエ幼虫。
e0002314_2232825.jpg

ダビドサナエ幼虫。
e0002314_2234118.jpg

アサヒナカワトンボ幼虫。
e0002314_2235395.jpg

オニヤンマ幼虫。
e0002314_224524.jpg

この市町村ではムカシトンボが生息していそうな環境はここくらいしかなくって、過去にも探したことがあったのですが、今回も見つけられず(それらしい成虫は過去に目撃したことはあります)。もっと上流に砂防ダムがあるのかもしれないです。
それと、この川は花崗岩地域の場所ですので、それも多少は関係しているのかもしれません。でも福岡市近辺の川は花崗岩質の河川が多いんです。いる場所といない場所の違いがまだうまくつかめないので、知るためにもっと色んな川で網を入れるのです。


町を変えてみました。
e0002314_2264219.jpg

ムカシトンボ幼虫。
e0002314_2265538.jpg

ダビドサナエ属sp.幼虫。
e0002314_2271378.jpg

アサヒナカワトンボ幼虫。
e0002314_2272649.jpg

クロサナエ幼虫。
e0002314_2273924.jpg

ヒメクロサナエ幼虫。
e0002314_2275254.jpg

ムカシトンボの終齢はもう上陸する頃かな?と思ってたんですけど、ここの終齢は翅芽はパンパンだけど、まだ水の中にいました。
基本的に毎週末、川の中に入っていますので、川床の生物を見てみると、やはり春が近付いてきていることを感じます。

オシマイです。

by bobtuck | 2013-02-24 22:35 | 福岡地区 | Comments(2)  

番外編 軍団山本 前代未聞

2013年2月23日
朝起きたらですね、
またもピクニカ共和国にいたのでした。
e0002314_2211726.jpg

ピクニカ共和国は3月1日から通常営業に戻ります。新しいHPも実は結構前から出来ています。興味ある方は遊びにいらしてください。

さて、朝起きたら私の左眉毛の皮膚から流血しているのです。
さらに顔に落書きまでされていて我修院達也の眉毛みたいになってまして、家に帰って風呂に入ったら腹にまで落書きされてることを発見しまして・・
そして、とんでもない頭痛だったのです。


・・・


・・・


・・・



飲み過ぎました・・・。
反省しております。
暴動鎮圧山本とスタッフの皆様には多大なご迷惑をおかけしました。申し訳ない・・
二日酔いが酷すぎて夕方までピクニカ共和国で、もがき苦しんでおりました。暴動鎮圧山本ほかスタッフの人達が働いているのに、二日酔いで動けなくて寝てました。大好きなパズドラも出来ないほど、もがき苦しんでいたのです。

後半の記憶がありませんが、どうやら酒に負けてしまった自分が、暴動鎮圧山本にテロをしかけていたようです。テロの様子を動画を撮られていたようですが、怖くて見る勇気がありませんでした。
暴動鎮圧山本は対テロ作戦になぜか精通しています。ピクニカ共和国はそうやって固く守られているのです。

酒を飲みすぎたのに翌日普通に働く暴動鎮圧山本。
e0002314_22271647.jpg

酒を飲み過ぎ、テロを起こしたうえに、翌日はずっと寝てて何も戦力にならなかった自分(最低だ)を、見捨てなかった暴動鎮圧山本には感謝しているのです。

山本グータンをご覧ください。


今回の更新のさいに暴動鎮圧山本からまたもやメッセージがありました。
『こうやって生きていくんだね』
(※悪いか)

最後まで読んで頂いた方、どうもありがとうございます。
そして、トンボ記事を期待していた方ごめんなさい(せっかくの土曜休みだったのに行くことが不可能でした)。
今後も暴動鎮圧山本の動向にも注目してください。そして、3月から通常営業に戻るピクニカ共和国をよろしくお願いいたします。
続く・・。

by bobtuck | 2013-02-23 22:59 | ピクニカ共和国の軍団山本 | Comments(2)  

筑豊地区 川散策 テンテン

2013年2月17日
この台詞を使うのは恥ずかしかったのですが、もういささか慣れてきました。
朝起きたら、またもピクニカ共和国にいたのでした。

最近、週末のたびにピクニカに宿泊しているので、もしやピクニカで何かBigプロジェクトが進行しているのか?と思われるかもしれません。
ご想像におまかせいたします。

夜ご飯の準備をするシンクロ山本。
e0002314_0183337.jpg

今回は久しぶりに山本グータンをお送りします。アテネ女史は軍団の女性としてはグータン初出演です。
この夜は自分はシンクロ山本に日本酒を飲まされてしまい、かなり酔っ払っております(私は日本酒とワインを飲んでしまうとダメになるのです)。恥ずかしいので見たくない方は見ないでください。使える場所を編集するのにとても苦労しました・・・




本当は長編を作っていたのですが、どうしてもサイズが大きくなってしまい上手く作成できないのです。山本グータンを作る時は2~3時間はかかってしまいます。

朝、起きて軽く二日酔いになってしまったのですが、我々は台所の取り付けを行っていたのです(もはや業者のレベルなのです)。
e0002314_0184732.jpg

e0002314_019030.jpg


さて、そんな訳で今日はずっと作業を手伝っていたんですが、午後から川に行ってきました。
e0002314_0195279.jpg

ヤゴは散々でした。こんな日もあります。

オジロサナエ幼虫。
e0002314_0202224.jpg

アカザ。
e0002314_0203497.jpg


今回の更新のさいにシンクロ山本からまたもやメッセージがありました。
『人生落ちる場所を考えろバカヤロー』
(※落ち武者に気をつけましょう)

最後まで読んで頂いた方、どうもありがとうございます。
今後もシンクロ山本の動向にも注目してください。アテネ女史とテンテン君の再登場にもご期待ください。
続く・・。

by bobtuck | 2013-02-17 23:51 | ピクニカ共和国の軍団山本 | Comments(2)  

筑豊地区 川散策 ノンストップ

さて、日曜日のトンボ記です。

2013年2月9日
そのような訳で日曜日の朝起きたら、またピクニカ共和国で目覚めたのでした。
e0002314_16284625.jpg

今回はダチョウ小屋の補修を少しだけですが、珍しく手伝いました。

自分はいつもはピクニカの仕事を内勤以外は滅多に手伝いません。これはインパクト山本のプライドを守ってるのです。素人の自分は何もしない方がいいと思っているんです。
自分は何でもかんでもに首を突っ込みたくない派ですから。こういうことをするとすぐボロが出てくると思うんで。任せられる人には任せる方がいいんじゃないですかね。仕事もプライベートも生物関係もそうした方が効率が良くて、失敗しないんじゃないですかね。

さて、ピクニカをあとにして筑豊方面の川へ行くことにしました。河川中流ぶらり旅です。
良い砂底地帯がありました。
e0002314_16434473.jpg

オンガスジシマドジョウがとても多い場所でした。
e0002314_16491231.jpg

ヤマトシマドジョウやスナヤツメは全く網に入らなかったのですが、『この川幅でこれだけの砂底だし』と長時間調べてみることに。

コシボソヤンマ幼虫。
e0002314_16512529.jpg

ダビドサナエ幼虫。
e0002314_16514420.jpg

オニヤンマ幼虫。
e0002314_16515864.jpg

ダビドサナエ属sp.幼虫。
e0002314_16521761.jpg


後ろめたい気分でこの場所をあとにして川を登っていくと、巨大な堰がありました。もっと慎重に下見を行っておけば・・と後悔しました。

さて、午後からはノンストップで支流めぐりです。
ノスリがとても多い地域でした。
e0002314_16584658.jpg

この冬は鳥がとても多いと感じます。確か前の冬はとても少なかったような記憶があります。この冬、鳥が多いってことは今度の成虫シーズンはトンボも多いのではないでしょうか。

いろいろ巡った末にたどり着いた場所。
本当はもっと上流で網を入れたかったんですけど、巨大な砂防ダムがあり、侵入が難しかったので流されてくるムカシトンボ狙いで網を入れることに(実はアカザが一番の目的だったのですが)。
e0002314_16582039.jpg

ダビドサナエ幼虫。
e0002314_173724.jpg

ニホンカワトンボ幼虫。
e0002314_1732670.jpg

ミヤマカワトンボ幼虫。
e0002314_1734052.jpg

ムカシトンボ幼虫。
e0002314_1735229.jpg

ダビドサナエ属sp.幼虫。
e0002314_1741083.jpg

これくらいの上流域が福岡のニホンカワトンボの上流域限界になるんでしょうか。

ヤゴの写真を撮っている時に、地元のおばあちゃんから声をかけられました。
その婆様の子供時代には、ここにアカザが沢山いてよく捕まえていたそうです。アカザのことを『ぎゅう』と呼んでいたそうです。こういう時に会う、人生の大先輩から聞く生物の地方名の話はとても面白いのです。

帰りの車内で、そういえばうちの親はデカいゴキブリ(クロゴキブリ)を「アマメ」、小さいゴキブリ(チャバネゴキブリ)を「カンノサネ」と呼んでたな~、ホオジロが「メジロ」で、メジロを「ハナシ」って呼んでたけど何でホオジロをメジロって呼んでたのかな~、海釣りの時に釣れてた赤いスズメダイのことを「アカピー」って呼んでたな~等々思い出しながら帰路に着きました。

そういう訳で連休2日目は終わったのです。
オシマイです。

by bobtuck | 2013-02-13 18:15 | 筑豊地区 | Comments(0)  

久留米地区 川散策 夜はやはり・・・

さて、3連休でした。まずは土曜日のトンボ記を(他の日はまた後日更新します)。

2013年2月9日
久々に週末の夜を自宅で過ごしました。
久しぶりの土曜休みなので、もう行く場所は決めていたのです。3連休初日なので、疲れを気にしないで思いっきり中流域で網を入れることが出来ます。
しかしまぁ、春は確実に近づいていますね。梅やアブラナもあちこちで咲いていますし、確認するヤゴの翅芽が日を追うごとに大きくなっていってるのを感じます。

この日はニホンカワトンボ未記録の地である矢部川水系を調べることにしていたのです。何度かチャレンジしていますが、矢部川水系のニホンカワトンボはこれまでことごとく失敗しています。

まずは砂底地帯がありましたので、『ひょっとしたら??』気分で、ここで網を入れてみることにしました。
e0002314_22321897.jpg

ここがまたヤゴがとても少ない場所でした。

コヤマトンボ幼虫。
e0002314_22332141.jpg

ヤマサナエ幼虫。
e0002314_22333418.jpg


さて、目的をニホンカワトンボに変えて移動しました。
いかにもニホンカワトンボが好みそうな場所がありました。
e0002314_22352664.jpg

ニホンカワトンボ幼虫。
e0002314_22382130.jpg

e0002314_22384724.jpg

やはり矢部川水系にも生息していました。

ダビドサナエ幼虫。
e0002314_22393985.jpg

ダビドサナエ属sp.幼虫。
e0002314_22395740.jpg

オナガサナエ幼虫。
e0002314_22401137.jpg

ヒメサナエ幼虫。
e0002314_22402553.jpg

ヤマサナエ幼虫。
e0002314_22403851.jpg

コオニヤンマ幼虫。
e0002314_22405339.jpg

コシボソヤンマ幼虫。
e0002314_2241986.jpg

コヤマトンボ幼虫。
e0002314_22412357.jpg

オヤニラミ。
e0002314_22433291.jpg

アリアケギバチ。
e0002314_22434513.jpg

とりあえずは矢部川水系にもニホンカワトンボがやはり生息していることが確認出来て一安心です。今後は県内全域の細かい河川を調べて行こうと思います。少しワクワクしています。

場所を上流方面へ変えました。
e0002314_2245552.jpg

アサヒナカワトンボ幼虫。
e0002314_2246265.jpg

ミヤマカワトンボ幼虫。
e0002314_22464277.jpg

ムカシトンボ幼虫。
e0002314_22465519.jpg

ヒメクロサナエ幼虫。
e0002314_22471038.jpg

オジロサナエ幼虫。
e0002314_22472626.jpg

しかし何たることか、この上流域の支流名をメモし忘れた・・。ネットでどれだけ検索しても出てこないのです。正式な河川名を知るために普段、川にかかる橋や看板には注意しているのですけど、現地で川の名を調べることを忘れていたのです。これだけのために図書館に行くのは面倒なのです。

さて、そんな訳で夜はやはりピクニカ共和国へ向かいました。
山本ベストを公開して、絶好調中のあのピクニカ共和国園長のインパクト山本からメールがきていたのです。
『今日は来るのか?』
『どうせピクニカ泊まるんでしょ』
と。

e0002314_238866.jpg

※軍団マメ知識1
私の携帯メールの受信件数1000件のうち、約700件はインパクト山本からのものなのです。悲しいのです・・

ピクニカが私の別荘になっているのでは?という噂もありますが、そんなことはありません。
快く迎えてくれるし、トンボ調査にも協力してくれる軍団には密かに感謝しているのです。ピクニカはトンボ調査の本拠地でもあるのです。
この夜はインパクト山本に、すき焼きをご馳走になりました。ありがたき軍団の友情。

おやすみ前のインパクト山本をご覧ください。


今回の更新のさいにインパクト山本からまたもやメッセージがありました。
『壁を作ったならば
扉を忘れるなよ
心も一緒だ』
(※扉がある限り我々は駆けつけます)

最後まで読んで頂いた方、どうもありがとうございます。
今後もインパクト山本の動向にも注目してください。
続く・・。

by bobtuck | 2013-02-11 23:31 | ピクニカ共和国の軍団山本 | Comments(0)  

番外編 軍団山本 山本ベスト①

さて、いきなりですが、
『山本ベスト①』を作りました。

これまでの数々の名(迷)言を集めてみたのです。
初めてのムービーメーカーでしたので、このようなものしか作れませんでした。
もしも興味ある方がいましたら、ご覧ください。



こんなに奴の写真を見続けていたので大変です(脳裏に焼きついてしまっている)。

軍団の今後の動向にも注目してください。
そして、トンボ記事を期待していた方、ごめんなさい。
続く・・。

by bobtuck | 2013-02-06 21:13 | ピクニカ共和国の軍団山本 | Comments(7)  

筑豊地区 川散策 スターダストボーイズ

2013年2月3日
e0002314_21352734.jpg
今日の朝・・・



起きたら・・・



・・・



恥ずかしながら・・・



・・・



またもやピクニカ共和国にいたのでした。

遡ること数日前のことです。
いつものように自転車で出勤していたところ、朝の8時位にスターダスト山本からメールがあったのです。
『おはようございます』
と。

こんな時間に、こんなキショいメールがくるということは、スターダスト山本が何かを企んでいる時なのです(長い付き合いですので、わかるのです)。

で、要件を聞くと、案の定彼からの頼みごとでした。
自分は冷たい男なので、スターダスト山本からの頼みはだいたい即却下しているのですが、
『ピクニカ存亡の危機だ』
とか大げさなことを言っておりましたので、土曜日の夜に手伝ってあげることに。まぁ困った時はお互い様ですから。

聞けば、急ぎでパンフレットを作らねばならないとのこと。
実は自分はピクニカのパンフレットやら企画書作成やらをたまにやっているのです(もちろん無償で)。学校に配られたりすることもあるようです。
ダニエルや指揮官は現場で、自分は内勤で、他にも色々な人達が色々な形でピクニカを手伝っているのです。
そういうハンドメイドの動物園ピクニカ共和国に興味のある方は春になったらぜひ、足を運んでみてはいかがでしょう??

そんな訳で、パンフレットのタタキを作って、あとは研修生の女の子達におまかせしておりました(こういうパンフレット等は女性の感性の方が良いものができると思う)。

スターダスト山本から鍋をご馳走になり、夜は2人きりで天体観測をしておりました。私は宇宙兄弟にますますハマっているのです。本当に漫画力のある漫画だと思うのです。
e0002314_2144336.jpg

e0002314_21444542.jpg

『あれが土星だ!』
とか言って必死でピントを合わせてたのに、土星は全くの逆方向にあったりとか、実は望遠鏡の使い方がわからなくて、一生懸命逆さまで覗いていたりと、なんともマヌケな夜を過ごしていたのでした。
でも望遠鏡で夜空を覗くと、普段見れないような星がたくさんあることを知りました。星って神秘です。なんで宇宙ってのがあるのだろうか。


さて、朝になり自分はピクニカを出て、例のごとくトンボ探しに行くことに。
直方市のムカシトンボを狙って、川に数本入りましたが採れません。

オニヤンマ幼虫。
e0002314_21564825.jpg

オジロサナエ幼虫。
e0002314_2207100.jpg

ヤマサナエ幼虫。
e0002314_21571818.jpg

ミルンヤンマ幼虫。
e0002314_21573798.jpg

直方のムカシトンボは自分はずっと昔に確認したことがあったのですが、日付をメモしてなかったので未発表です。市町村不明な福智山の記録はありますが、直方市での記録はありません。直方にはまだ確実にいると思いますので、市町村初を狙うにはチャンスですよ。

さて、一気に場所を変えることにしました。全く別の水系に行ってみることにしたのです。
e0002314_2215740.jpg

ダビドサナエ属sp.幼虫。
e0002314_2222916.jpg

クロサナエ幼虫。
e0002314_2224563.jpg

ムカシトンボ幼虫。
e0002314_2225951.jpg

ミルンヤンマ幼虫。
e0002314_2231455.jpg

オニヤンマ幼虫。
e0002314_2232966.jpg

この水系のムカシトンボは県内初確認になります。ムカシトンボのいる水系といない水系が徐々に判明してきました。福岡県のムカシトンボってのは記録が他のトンボよりも記録数がかなり多く、数にして400弱の記録があります。このトンボだけは県内でも昔から調べられているので、過去の記録をもとに分布図を作れますし、幼虫の記録も比較的多いから水系ごとでデータを管理しやすいですし、過去との比較がしやすいのです。

今回の更新のさいにスターダスト山本からまたもやメッセージがありました。
『またのぞくぞ』
(※スケベが)

最後まで読んで頂いた方、どうもありがとうございます。
今後もスターダスト山本の動向にも注目してください。
続く・・。

by bobtuck | 2013-02-03 22:31 | ピクニカ共和国の軍団山本 | Comments(3)