久留米地区 池散策 大牟田のベッコウトンボ

あ、どうもお久しぶりです。お待たせしました(誰も待っていない??)
え?ゴールデンウィーク中は何をしていたのかって?

GW中はずっと家におりませんでした。ある意味、旅をしていたのです。

その旅のことは記事にするかどうかはわかりませんが、GW期間中、大牟田でベッコウトンボを探していました。そして恐ろしくハードな日々が最近続いておりまして、更新する気力もなかったのです。

2013年5月5日
そういう訳で、この日は大牟田市でベッコウトンボの調査をすることになったのです。急遽、大牟田在住のカボスさんに同行を願いまして、一緒に調査をしてきたのです。自分は大牟田の地理に疎いし、地元のトンボに詳しいカボスさんに目星い環境を案内してもらいました。

大牟田のベッコウトンボですが、おそらく2002年の確認記録以降は生息状況が不明なままでしょう。古くは1971年に初記録があり、その後ポツポツと記録があります。トンボの移植が行われましたが、上手くいかなかったようです。

e0002314_2103849.jpg

e0002314_210562.jpg

沿岸の池に生息地がないものかと探し回りましたが、ベッコウトンボは確認することが出来ませんでした。さらに、私はこの日、トンボの写真を1枚も撮っていません笑。

今度の福岡県レッドデータブックには大牟田のベッコウトンボはいなくなった的なことを記述することになると思います。
ベッコウトンボは自ら新産地開拓をしていくトンボだと思っていますので、またそのうち大牟田にベッコウトンボが移り住んでくるかもしれません。大牟田市周辺にベッコウトンボの隠された産地が残っていることに期待したいです。
この日の記事はカボスさんのブログ『尻切れトンボのごとく』でも書かれております。ご覧ください。
カボスさん、どうもありがとうございました。

オシマイです。
[PR]

# by bobtuck | 2013-05-12 21:09 | 久留米地区 | Comments(2)  

番外編 軍団山本 ゴールデンボンバー

2013年4月21日
先週末の天気予報によると、土曜日は雨。そして、日曜日は気温が低くなるとの予報でありました。
この時期のこういう日は成虫が飛びません。
ヤゴは出来ますが、ヤゴ気持ちが少し落ちていましてハナっから行く気がありませんでした。

こういう日はですね


・・・


・・・



・・・



朝起きたら、やはりピクニカ共和国なのでした。

この土日はピクニカは激務でしてスタッフみな深夜まで働いているのです。ご飯作る時間もないほど夜遅くまで働いていて、心身ボロボロに疲れ果てているのです。
ですので、全員のために晩御飯を差し入れし、自分がラーメンを作ったのです(調理法に失敗し、私はインスタントラーメンも作れない男とのレッテルを貼られてしまいました)。

深夜2時にはしゃぐ、いかりや山本とダニエルをご覧ください。


さて、日曜日は軍団山本の幹部が集合しました(ピクニカのゴールデンボンバー)。
全員集合はかなりレアな風景なのです。ドリフターズが全員揃うくらい珍しいのです。
e0002314_21224182.jpg

ダニエルと私は休日がなかなか合わないため、さらに指揮官は花粉症のこの時期、いつの間にか消えていく場合も多いため、このような光景は珍しいのです。

今回はダニエルと自分とで移動動物園を手伝ってきました。ダニエルがピクニカの営業担当の名札を持っているのが羨ましかったのです。実は私も欲しいのです。
いかりや山本とダニエルは幼なじみですが、いくら友人のためと言えど、長年ピクニカに尽力しているダニエルって偉いと思いませんか?

※軍団マメ知識1
いかりや山本、ダニエル、指揮官は幼なじみなのです。私だけは違うのです。ダニエルや指揮官にはじめて会ったのはいつだったのかも思い出せません。いつのまにかいたのです。

今回はダニエルからメッセージがありました。
『パンティーこそ個人の特色である!!みんな自覚しろ!』
(※まさにダニエルらしいメッセージです)

最後まで読んで頂いた方、どうもありがとうございます。トンボ記事を期待していた方、すみません。
たまにダニエルの動向にも注目してください。
続く・・。
[PR]

# by bobtuck | 2013-04-22 22:03 | ピクニカ共和国の軍団山本 | Comments(6)  

番外編 軍団山本 ♪ハッピーバースデイおっさん♪

e0002314_14314549.jpg
少々時をさかのぼります。
4月12日の出来事です。
今回はキモイオッサン達の画像や動画もいくらか出てきますが、どうか・・どうか今回だけはご容赦ください。これを見るには相当な覚悟が必要な気もするので心してご覧ください。

毎回毎回メッセージを載せているので、ピクニカ共和国の三郎山本のことは色々知れ渡ってきているとは思いますが、念のためにまた説明をさせていただきます。

芸能界にはかつて『軍団山本』と呼ばれる巨大派閥が存在しましたが、実はここ福岡にも軍団山本が存在するのです。
飯塚市の八木山高原に『ピクニカ共和国』という動物園があり、そこの園長が軍団山本の三郎山本なのです。

e0002314_1434364.jpg
全世界の山本ファンの皆様、そして世界各国に在住している軍団山本の一味の皆様。おまたせしました。
今宵もこの男の登場です。

『福岡の軍団山本』を説明させてもらうと、正式名称は『山本クラブ』であり、この軍団は三郎山本が中心となり、勝手にアウトドア活動や宴をしていると見せかけて、基本的にはスーナカパトロールをメインに楽しんでいるというよくわからないグループであったのですが、近頃はお金もないので誘惑の多いスーナカパトロールは控えて部屋飲みに専念しているのです。
彼が半年に1回くらいしか出現しなくなった夜の南新地(スーナカ一丁目)の某ビルで、もしも三郎山本を見かけてしまったら、おごってあげてください。

アテネ女史作の魂のチーズケーキ。
e0002314_14345858.jpg

さて、4月12日は何の日かご存知でしょうか??

皆さん知りたくもないでしょうが、実は三郎山本の誕生日なのです。36歳になるのです。私が彼に出会ったのは彼がハタチになったばかりの頃でしたから、それからもう16年も経ってしまったのです。当時は彼はまだケガレを知らないピュアな青年だったんですけどね・・。自分は軍団の16年間を目の当たりにしてきたのです。
※軍団マメ知識1
実は私は三郎山本、ダニエル、指揮官より年下なのです。1歳だけですが。

そのような訳で、この日は三郎山本の誕生日パーティーがシークレットで開催されたのです。軍団は記念日を大切にするのです!(こういうところは自分も見習わなくては!)
この日のために三郎山本には内緒で、心優しきスタッフ達が水面下で準備を進めていたのです。三郎山本のご両親からも彼宛に手紙を書いてもらって、16小説のラブソング風に披露してもらいました。

肝試しに始まり、ビールかけをしてパイ投げなんかをやって楽しんでいました。我々は既にもういい大人のはずなのですが、こうやってたまには童心に帰ることで現実逃避をしているのですよ。そして、これが我々の進んで行く原動力になるのです。
軍団は、もはやファミリーなのです。
※軍団マメ知識2
軍団ファミリーの中で例えると自分は、言うことを聞かず、帰って来ない時はずっと家に帰って来ない末っ子なのです。三郎山本はそれをわかっているのです。
e0002314_14361513.jpg

e0002314_14363484.jpg

e0002314_14365369.jpg

e0002314_14371075.jpg

e0002314_14372888.jpg

はっきり言って、三郎山本は本当に幸せ者ですよ。みんなが祝ってくれる。こんな幸せなことはありません。両親と仲間に恵まれていて素晴らしいことです。

そういう訳で、怒涛の山本グータン7連発をご覧ください。変態的動画もありますが、今回だけは優しい目でご覧ください。消去される可能性大です。
三郎山本曰く切腹する武士の心境での動画アップです。自分としても拙ブログ『トンボ観測』史上、最大のギャンブルでもあります。マンネリ化を打ち壊すために我々は英断したのです。
※軍団マメ知識3
動画に関しては常に三郎山本と綿密な打ち合わせをするのですが、今回は腹をくくったのです。三郎山本曰く『俺らは芸人だ』と。








一夜明けて






今回の更新のさいに三郎山本からまたもやメッセージがありました。
『ビヤーが目にしみる なんと幸せな人生か
パイも目にしみる あぁなんと饒舌な瞬間か
そして全てが心にしみた
染み込み染み込み旨い煮物のようになった
全てに幸あれ
マスターいじってゴメン』
(※うらやましいぞコノヤローが)

最後まで読んで頂いた方、どうもありがとうございます。
36歳になった三郎山本の動向にも注目してください。彼には心のままを貫いて欲しいと実は私は願っているのです。
そして、ピクニカ共和国をよろしくお願いいたします。
続く・・。
[PR]

# by bobtuck | 2013-04-14 16:42 | ピクニカ共和国の軍団山本 | Comments(7)