人気ブログランキング |

筑豊地区 池・川・湿地散策 豊前が呼んでいる!

2011年7月9日
今回、福岡自然研究部の活動の場に選んだのは・・・
豊前です!
豊前と言えば未開の地!(私の口癖です)
本当はもっと早く行く予定だったのですが事情により延期して、今日行ってきました。

豊前方面は福岡市からはとても遠い地です。滅多に行くことがありません。
土地勘もほとんどない地。普段はヤフー地図の航空写真で良い池をあらかじめ選んでから池巡りをすることが多いのですが、豊前方面は少し住宅地から離れると、航空写真予習もできないという場所。
豊前方面は調査が進んでいない場所ですので、モートンイトトンボやオオイトトンボ、グンバイトンボの生息地が残されているのではないかと常々思っているのです。

そんなわけで、早朝からエネ子女史と調査に行ってきたのであります。
今日は調査中は久しぶりに晴れて、灼熱が痛いくらいでした。

豊前周辺を走っていると
『うぉー!あの池植物がいい感じで茂ってますよー!』
『やっぱり豊前は違いますよー!』
と興奮の連続でありました。

途中、池に寄り道をしながら、かなり怪しい雰囲気を感じた池を見つけました。
さっそく池を覗くと、クロイトトンボではないクロイトトンボ属が飛んでいます。
『エネ子さん!あれきっとオオイトトンボですよ!』
『内陸部だしきっとオオイト間違いなしですよ!』
と自信満々にエネ子さんに予言しました。

この池で調査するエネ子さん。
e0002314_22235329.jpg

で・・
決死の思いで捕獲したところ・・・
・・・
・・・
セスジイトトンボでした・・
ガーン・・・

この池は良い雰囲気でトンボの数も多かったのですが、狙いの貴重種類はやはり簡単には見つかりません。
アジアイトトンボ未熟♀。
e0002314_22342598.jpg


『まぁ、こういうこともありますよ』
『ミヤマアカネをまずは狙いましょう』
とのことで、河川沿いに登っていくことに。
e0002314_22344321.jpg

河川沿いの草地でミヤマアカネの未熟個体が過ごしていそうな場所を探していると・・・
エネ子さんが見つけてくれました。

ミヤマアカネ未熟♀。
e0002314_22392673.jpg

(このブログに福岡県産ミヤマアカネが載るのは初めてです。)
その後、ミヤマアカネは何個体か確認しましたが、全部エネ子さんに先に見つけられてしまったのです・・・。私の肉眼では見えない場所にいる個体までも見つけていました(エネ子さんは以前から福岡のミヤマアカネを追い続けている人なのです)。

その後、河川上流域を色々探しているとヒメサナエが多数いる場所がありました。
e0002314_22482546.jpg

ヒメサナエ♂。
e0002314_22483367.jpg

コオニヤンマ♂。
e0002314_22484848.jpg

その後は他の池や湿地探し等で色々動き回りました。貴重種の方は特に成果はなかったのですが、この地域のトンボ相を少しは知ることができ、良かったと思います。
この地域を調べる時はもっと入念に下調べをしといた方が良さそうです。
今回の記事の詳細は福岡自然研究部のブログでも数日後にアップされると思います。興味ある方はぜひご覧ください。
エネ子さんには車をだしていただきました。本日もどうもありがとうございました。

オシマイです。

by bobtuck | 2011-07-09 23:00 | 福岡自然研究部  

<< 福岡地区 池散策 pain 刺激 >>