人気ブログランキング |

久留米地区・筑豊地区 池・川・湿地散策 満面の笑み

2011年7月17日
本日は早朝から色々な場所を散策しました。
今回、福岡自然研究部の活動の場に選んだのは・・・
東峰村(旧小石原村、旧宝珠山村)界隈です。

私、福岡県で湿地のある場所を探すために色々な本を読みあさっているのですが、植物のデータ等からこの地区には湿地が多そうであることは知っていました。たまにこの地区を通ると湿地なのか、ただの草地なのかはわかりませんがよく目に入ってはいました。
県内でモートンイトトンボが残っている可能性が高そうな地域であることをエネ子さんに話したところ、この地区での調査が即決されました!
そんなわけで、早朝からエネ子女史と調査に行ってきたのであります。
熱意のある同志が近所にいることは本当に恵まれています。

さて、東峰村を目指しますが、途中、前にトゲオトンボの産地を見つけた場所があったので寄ってみることに。
ヤクシマトゲオトンボ♂。
e0002314_2224261.jpg

環境とトゲオトンボを撮影するエネ子さん。
e0002314_22245938.jpg

トゲオトンボもエネ子さんに先に見つけられてしまいました。
こういう特殊な場所に生息するトンボは実際に生息地を見てもらうことが一番です。

小石原へ向かう途中
『うぉー!あそこヤナギが生えてるから湿地じゃないすか??』
『あのクヌギ林にオオムラサキいないっすかね??』
と、またもや興奮の連続でありました。

旧小石原村、旧宝珠山村には池が少ないことはリサーチ済みでした。この地区もヤフー地図予習が通じない場所です。今回は国土地理院地図で予習をしておきました。地形が読みやすいし、やはり国土地理院地図も便利です。初心を思い出しました。

さて、今日も朝から灼熱です。熱中症対策に、自分はいつも氷入り水筒とクールタオルを持ってきているのですが、昔から使っていた白いボロ帽子を無くしてしまっていたため、冬はダサい変な赤い帽子をかぶっていましたが(正月に買った福袋に入っていたもの)、夏場は頭にタオルを巻いているだけでした。そんな自分の状況を可哀想に思ってくれてたのか、エネ子さんに帽子をいただきました!ありがたいです。これで炎天下でも頑張れます。

さて、よさげな湿地を発見しました。
e0002314_22375772.jpg

ここではおびただしい数のマユタテアカネが羽化していました。
マユタテアカネ♀羽化。
e0002314_22390100.jpg

浅くて良い感じの湿地なんですが、朝がまだ早いためかトンボもあまりいません。
『ここは帰りにまた寄りましょう』
とのことで、池巡りをすることに。

ある池(現在は湿地と化している)上空で妙なトンボが摂食飛翔していることに気付きました。
『あれエゾトンボ系っすよー!!』
『ここは日当たりの良い湿地っすよー!ひょっとしてエゾトンボかハネビロエゾトンボかも!!』
『あれ明らかにタカネトンボより大きいっすよー!』
『あれエゾ系の未熟オスっすよー!!ひょっとして!』
『緊張で足がプルプル震えるっす!』
e0002314_22585996.jpg

で・・

決死の思いで捕獲したところ・・・

運よく捕獲でき・・

満面の笑みで自慢げにエネ子さんのとこに駆け寄り・・

捕獲したトンボを見たところ・・


・・・


・・・


・・・


タカネトンボでした・・
しかもメス・・

ガーン・・・

今日のその後の私は、少しイジケていたそうです(笑)
他にもエゾ系が飛んでいたのですが、捕獲は出来ませんでした。

調査するエネ子さん。
e0002314_23545.jpg

その後はあきらめず池巡りをしたり、道を逆走し間違えて添田町まで行ってしまったので、ついでにグンバイトンボを探したりしていましたが、なかなか成果はありませんでした。
e0002314_2371718.jpg

コオニヤンマ♂。
e0002314_2373465.jpg

帰りに朝の湿地に寄ってみましたが、湿地性のトンボが極めて少なかったです。
すぐ近くの細流で網入れもしました。
オジロサナエ、コオニヤンマ、ミルンヤンマ、シオカラトンボ、マユタテアカネ。
e0002314_2312491.jpg

網入れしていると、自分は川の中で網を入れることが本当に楽しくてしょうがない人間なんだと気付いてしまいました。
そんな訳でトンボ三昧の一日は終了です。今回の記事の詳細も福岡自然研究部のブログにアップされると思います。タカネトンボを採ったのにエゾトンボを採ったと勘違いしている私の満面の笑みがアップされるかもしれません。興味ある方はご覧ください。

東峰村のこの時期の湿地になぜこんなにトンボが少なかったのかエネ子さんと色々と推論をしていましたが、結論は今のところよくわかりません。これから色々な地域の湿地を調べてみたら答えがわかるかもしれません。
エネ子さん、本日もどうもありがとうございました。

オシマイです。

by bobtuck | 2011-07-17 23:32 | 福岡自然研究部  

<< 番外編 軍団山本 時には昔の話を 福岡地区 池散策 pain >>