久留米地区 池・川散策 超えなければならないものがある

2011年9月18日
昨日のトンボ記です。

今回、福岡自然研究部の活動の場に選んだのは・・・
八女市です!
旧星野村や旧黒木町(共に現在は八女市)周辺は地図本も広域のため詳細な池のありかもわからず、ヤフー地図も使えない地。
よって国土地理院の地図を前日までに買っておく予定だったのですが、自分が頻繁に通う、ゆめタウンの紀伊国屋には売っていないとのこと・・(博多駅の紀伊国屋にしか売っていないとのこと)。博多駅まで行くのが面倒くさかったので、今回も国土地理院の地図なしで行くことにしました。

自分の今回の目的はオオルリボシヤンマです。
福岡県のオオルリボシヤンマは記録上では県内では2例しかありません。2007~2008年頃にクロギンさんと自分が確認したのみです。県内では幼虫も確認されていなくて、確認例がごくわずか。現段階だと、発生か飛来かもデータ上では釈然としないので、レッドデータで言うところの情報不足になるのでしょうか。
過去の記録地も含め、貴重種の現在の状況を知らねばならないため、この日は八女周辺に行くことにしました。

朝からエネ子さんと八女に向かっていると天気はなんとも言えないような微妙な天気・・。小雨も降っています。
最初に行った池にて『ピピッ』と我々は何か感じるものがあったので、朝も早いし天気も悪いので網入れでもしようとのことに。
リスアカネ♂。
e0002314_10563899.jpg

網を入れた途端、コガタノゲンゴロウが入りました。それも結構な数。
これにはエネ子さんも大喜びで、夢中で網を入れていました。

天気も少しずつではありますが、回復してきましたので、池をまわることに。
調査するエネ子さん。
e0002314_1141237.jpg

ここは昔、クロギンさんに教えてもらった池です。ヒルムシロがこんなに残っている池は県内ではほとんど見たことがありません。

なかなかオオルリボシヤンマの新産地が確認できないので、前にクロギンさんが確認された池に行ってみることにしました。物凄い山奥でした(笑)。よくもまぁこんな場所まで。
e0002314_11113290.jpg

オオルリボシヤンマのヤゴを確認できれば万歳なので網入れをしましたが、ここでもコガタノゲンゴロウが!
e0002314_11124642.jpg

オオルリボシヤンマ♂。
e0002314_11134139.jpg

最近写真に全く力を入れないようになってしまったのでこんな写真しか残っていません・・

その後はこの日の最低目標であったミヤマアカネ(いつも自然研究部の最低目標としている)を探しつつ、池と川をまわりながらプラプラすることに。
ミヤマアカネ♀。
e0002314_11174731.jpg

アキアカネ♀。
e0002314_11175856.jpg

このようにして、八女市内の山中の池を調べまくったのでありました。

かなりカットして記事にしています。
今回の記事の詳細も福岡自然研究部のブログにアップされると思います。ぜひご覧ください。

コガタノゲンゴロウが色んな場所で採れました。やっぱり大きなゲンゴロウが網に入ると嬉しいものです。
やはり網入れは楽しいっす。
福岡自然研究部の目標は『タガメ』です!その日を目指して追い続けます。そして、ついで(?)に県内のトンボ相を調べていきたいと考えています。

オシマイです。
[PR]

by bobtuck | 2011-09-19 11:30 | 福岡自然研究部  

<< 筑豊地区 池・川散策 営業 久留米地区 用水路・川散策 カ... >>