筑豊地区 池・川散策 踏んづけちゃう!

2011年9月24日
今回、福岡自然研究部の活動の場に選んだのは・・・
また豊前方面です!夏に続き初秋も豊前!
まぁ、正確には豊前市界隈です。福岡県東部の大分県境の上毛町→豊前市→築上町→みやこ町、さらには嘉麻市と一気に駆け巡ってきました。大変ハードでした。

目的はコバネアオイトトンボの既知産地(上毛町)での再確認と、その他市町村での新産地探しがメインだったのですが、これがなかなか見つかりません。アオイトトンボばかり。
もしもこの既知産地が消滅してしまったとなると、現在のコバネアオイトトンボの県内での確実な産地は1ヶ所のみになってしまう。その確実な産地も現在とても危ない状況ですし・・困った・・。

調査するエネ子さん。
e0002314_21252714.jpg

この写真右側に池がありまして、そこが既知産地と思われる池なのですが写真撮り忘れた・・。
池中央部まで入って調べたら見つかったのかもしれませんが、水量が多すぎて不可でした。
しかも東九州自動車道の建設現場真横という場所です。もしも福岡レッドデータ2001に掲載されていたのなら、もしかしたら違うことになっていたのでは?と思ったのでありました。

ところで今年はアカネ類がとても少なくないですか?みなさんはどう感じているのでしょう?
そして最近県内では、やはりナツアカネがとても減っているように感じます。ナツアカネを見つけて喜ぶというのは変な感じです。福岡市近辺だと特にそう感じる。
ナツアカネ♂。
e0002314_21342239.jpg

ミヤマアカネ♂。
e0002314_21343653.jpg

このあたりでは探せばミヤマアカネが見つかるという感じなので、福岡市内に住んでいる自分からはとても羨ましい場所に感じてしまいました。

はい、そんな訳で、今回もかなりカットして記事にしてます(カットし過ぎでしょうか笑)。
今回の記事の詳細も福岡自然研究部のブログにアップされますので、ぜひご覧ください。

エネ子さんには居眠り運転をしそうな私を眠らさせないため、色々面白い話を提供してもらいました。
今日は時間がなかったので後半は少し運転がシューマッハ化しました(エネ子さんは実はF1好きであることが判明しました)。年齢が近いため(私よりお若いですが)、私のナイトライダーの物真似等が理解されました。
今後は安全運転いたします。どうもありがとうございました。

オシマイです。
※今回のタイトルの意味は福岡自然研究部のブログで明かされるかも?
[PR]

by bobtuck | 2011-09-24 22:11 | 福岡自然研究部  

<< 福岡地区 池散策 エコトーン 筑豊地区 池・川散策 営業 >>