人気ブログランキング |

筑豊地区 池散策 バスケがしたいです・・・

2011年11月26日
慌しく過ぎた今年の11月。天気と休日との巡り合わせが悪く、ほとんどまともに調べることが出来ませんでした。しかし、予報によると今回の土日は久しぶりに晴れるとのこと。
今日は久しぶりに青空の下でトンボを探すことができました。

さて。
今回、福岡自然研究部の活動の場に選んだのは・・・
またもや豊前方面です!初秋に続き晩秋も豊前!

目的は福岡県では現在、県東部にしか生息していないと思われるオオキトンボ探しです。ちなみに自分はオオキトンボは生涯でもまだ採集したことも見たこともないトンボです。
福岡のオオキトンボは、ずっと昔には福岡市でも記録があり、ちょい昔には北九州市や久留米市でも記録があるトンボです。ただ、福岡市の記録は相当古いもので標本の所在が不明。北九州の個体はよくわからないですが、久留米の標本はショウジョウトンボ♀の誤同定という噂があったりで、他にも色々ありまして昔の標本の再チェックが難しい感じでもあります。福岡東部にはいるという話はあったんだけど、記録はされていなくて、やっと最近記録されはじめたという、現在の状況がなかなかよくわからないトンボです。

そんな訳で今日もエネ子さんとトンボ調査に行ってきたのであります。
季節的にギリギリかな?とは思っていたのですが、天気の関係で調査日が泣く泣く今日になったのであります。
さて、豊前界隈に着くと、今回準備していた国土地理院の地図を駆使して、物凄い勢いで池探しを急ぎます。もうこの時期なので成虫活動の時間を考えると、未開の地では池をゆっくりとまわっている時間がないのです。
e0002314_2144062.jpg

e0002314_2144819.jpg

e0002314_21441520.jpg

福岡県の場合は生息地に、この時期に水を落としたような池がいいのか、植物が茂っている池がいいのか、まだよくわからないので、迷いに迷いました。さらに、土地勘がまだないので道にかなり迷いました。

調査するエネ子さん。
e0002314_2149953.jpg

もう時期も11月終わりですし、アカネも個体数が少ないですね。
リスアカネ♂。
e0002314_21501319.jpg

ナツアカネ♂。
e0002314_21502463.jpg

キトンボ♂。
e0002314_2153228.jpg

キトンボ産卵。
e0002314_21533931.jpg

目指すオオキトンボはなかなか見つかりません。
エネ子さんに何としても見てもらったし、自分も未見のアカネなので、あまり行わないことにしている既知産地での探索もしたのですが、結局オオキトンボを見つけることはできませんした。

今回の記事の詳細も福岡自然研究部のブログにアップされますので、ぜひご覧ください(オオキトンボ探索についての記事アップは明日以降になるとのことです)。
今回、車中では結構おバカな話ばかりしていたかも。まぁ、調査中も楽しくがいいっすね。

さて、この時期になると成虫探しの場合は、撤収時間も早くなります。
帰路の車中になんとエネ子さんがピクニカ共和国に寄ってみたい!と言ってしまわれたため、ピクニカ共和国に寄ってクリントイーストウッド菌山本に会ってきました。山本ママにも10年振りくらいに会いました。
ピクニカ探索記の詳細も福岡自然研究部のブログでリポートされると思います。

エネ子さん、本日もどうもありがとうございました。ライ。
オシマイです。
※今回のタイトルの意味は福岡自然研究部のブログで明日、明かされると思います。

by bobtuck | 2011-11-26 22:19 | 福岡自然研究部  

<< 北九州地区 池・川散策 録画 筑豊地区 川散策 秋山監督の嬉... >>