久留米地区 川散策 バナナマン

2013年3月10日
朝から川へ。今日もいつもの日曜の通り川へ行ってきました。
久留米方面は朝からずっと曇っていました。黄砂と大気汚染物質も混ざっているのでしょうか。とにかく山は真っ暗でしたし、雨も降ってきました。

さて、実は自分は今日もピクニカ共和国の手伝いをする予定だったのです。
で、助太刀が必要な場合はすぐにピクニカに行けるよう準備万端だったのです。しかし、バナナマン山本によると、今日は私の助太刀は必要でないとのことだったので、久しぶりに久留米方面へ行ってきました。

最初の川。
e0002314_20503645.jpg

楽勝を予想し、網を入れますがムカシトンボが全く入りません。ヤゴはダビド属が少し入っただけです。

この場所でヤゴが採れないのはオカシイと思うので、川を登って原因を探っていくことに。
e0002314_2056352.jpg

やはり砂防ダムがありました。
けど、これくらいの規模の砂防ダムがあっても、ムカシトンボは普通は入るはずです。

さらに登っていくと新しい砂防ダムがありました。さらに川の上流域は治山工事の真っ最中でした。
e0002314_20585332.jpg

付近の川に既知産地があるのを知っていたので、ここにもムカシトンボが当然生息しているものと思っていますが、工事中の川ではヤゴを確認することがなかなか難しくなります。一時的な工事の影響でヤゴが減少するのか、自分の気持ちが暗くなってしまう問題なのか。

場所を一気に変えてみました。
e0002314_2135652.jpg

この場所は相当な山奥で、空が異様に暗く、周囲も相当暗いため、網に入ったヤゴを見つけるのも苦労しました。

ムカシトンボ幼虫。
e0002314_214592.jpg

ダビドサナエ属sp.幼虫。
e0002314_2151769.jpg

ヒメクロサナエ幼虫。
e0002314_2152926.jpg

ダビド属はオスも捕獲しているのですが、まだ詳しく見ていません。

私はバナナマン山本とは天気の状態を確認するため、トンボ調査中にも連絡をとりあうことがあります。
移動動物園で今日は赤村に行っていた彼から衝撃の写真が送られてきました(彼以外の写真が出る場合は、もちろんバナナマン山本の承諾を得ています)。
e0002314_21162095.jpg

e0002314_21192519.jpg

バナナマンと名刺交換を行っていたそうです。園長たるもの様々な方との交流が必要なのです。

さて、ピクニカ共和国のHPが新しくなっておりますが、昨日のことで私のことが書かれておりました。もしも興味のある方がいましたら、ピクニカ共和国のHPをご覧ください。

今回の更新のさいに、本日会ってもいないバナナマン山本からまたもやメッセージがありました。
『ゆるキャラ誰か作って』
(※このバナナの着ぐるみは着てみたい)

最後まで読んで頂いた方、どうもありがとうございます。
今後もバナナマン山本の動向にも注目してください。
続く・・。
[PR]

by bobtuck | 2013-03-10 21:46 | ピクニカ共和国の軍団山本  

<< 番外編 軍団山本 ブルースーツ 福岡地区 川散策 上陸 >>