久留米地区 川・湿地散策 風にあそばれて

2007年9月2日
今日も久留米方面へ行ってきました。今日は久しぶりに登場の通称オグ・ライアンさんと一緒に行ってきました。もともと、この日にオグ・ライアンさんとナゴヤサナエ探しの予定になっていたのです。昨日、私が見つけてしまったので、探す手間がはぶけてオグ・ライアンさんはラッキーですね。
珍しく集合時間より早くオグ・ライアンさんがやって来ました。今日は並々ならぬ意気込みがあったのでしょうか(笑)。しかし、今日は福岡県地方の天気はよくありません。やはり、オグ・ライアンさんは軽めの雨男です。
現地に着いたのは8時半頃です。天気は時々薄日が差したりするのですが、風が強かった。川を双眼鏡で覗いてもウスバキトンボばかりです。
ウスバキトンボ。
e0002314_2017817.jpg

アオモンイトトンボ♂。
e0002314_20182392.jpg

まぁ、待っておけば飛ぶかもしれないということで待つことにしました。
こういう場合、オグ氏と私の待ち方の違いというのがでますね。性格の違いというか。
私は探索型でひたすら動き回って探すギンヤンマ型ですが、オグ・ライアンさんは待ち伏せ型でダビドサナエ型といったところでしょうか。人間面白いものです。
さて、ナゴヤサナエですがオグ・ライアンさんが1頭見ただけです。本人は途中から『もしかしたら違ったかも』とか言っていましたが、オグ・ライアンさんが見たなら間違いなくナゴヤサナエでしょう。
昨日、結構見ることのできたナゴヤサナエが今日ほとんど飛ばなかった原因はやはり天気が悪かったせいでしょう。風が強かったというのが一番の理由かもしれません。やはりサナエ類は秋に見られる種でも晴天無風の日がいいみたいです。草の中を歩いたり、樹木を見たりもしたのですが、見つけることが出来ませんでした。どこに潜んでいるんだろうか。
まぁ、考え方を変えれば、こういう日のデータがとれて良かったということでしょうか。バッチリな姿を見れなかったオグ・ライアンさんには申し訳ないですが・・。

飛ぶ気配がないので、場所を変えることにしました。8月18日に見つけた湿地に行くことにしました。風の影響があまりない林内の湿地でしたが、確認できたトンボは前回とほぼ同じような感じでした。
オオシオカラトンボ産卵。
e0002314_20352827.jpg

カトリヤンマ未熟♂。
e0002314_2036753.jpg

オニヤンマ♂。
e0002314_20362042.jpg

ヒメアカネ未熟♂。
e0002314_20364097.jpg

ここでのヒットはこのチョウでしょうか。
タテハモドキ。
e0002314_20371329.jpg

e0002314_20372233.jpg

産卵行動をしていましたのでメスだと思います。まだ久留米方面でも迷チョウなのかな?現在の北限地はどこあたりなんだろうか。

おまけ。ヒゲコガネの死骸。
e0002314_2040198.jpg

そういうわけで消化不良の感もありますがオシマイです。
オグ・ライアンさん、今日はどうもありがとうございました。ナゴヤサナエ見たくなったらまた行きましょう。
[PR]

by bobtuck | 2007-09-02 20:43 | 久留米地区  

<< 福岡地区 川・池散策 動けない日 久留米地区 川・池散策 オッパッピー >>